口臭原因」カテゴリーアーカイブ

口臭にならない人!3位ていねいに歯磨きをする。2位よく喋る。1位は?

口臭がしないひとの生活習慣をまねしてください

口臭がして困っている人にとって、口臭がしない人がうらやましくないですか?

同じものを食べていても、口臭になる人とならない人がいます。タバコを吸っても、特別口が臭い人と、単純にタバコのニオイだけがする人がいます。一日に何度歯磨きをしても、息が臭い人と臭くない人がいます。

この違いは知りたくないですか?今回は、口臭がしない人の共通点をお伝えします。口臭を改善するためのご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

口臭がしない人は就寝前の歯磨き時間が長い

一日に何度も歯磨きをしている人がいます。OLの方は、朝、昼、夜の食後に歯磨きをするのが常識のようです。しかし、これだけ歯磨きを行っても口臭予防にはなりません。

その理由は、食事中は多量に唾液が分泌されます。唾液には口臭予防効果があります。唾液が汚れを洗い流す、唾液が口臭原因菌を殺菌する、唾液が粘膜を保湿し乾燥から守るからです。

だから、食後に歯磨きをすると唾液も洗い流すことになり、口臭予防にとっては、逆効果になります。

口臭菌がもっとも活発になるのは、唾液がでない就寝中です。歯磨き効果を期待するのなら、寝る直前にていねいに歯磨きをおこなう必要があります。

一般的に寝る前は、眠気が襲うため歯磨きがおろそかになります。夜、歯磨きをしない人もいるのは、そのためです。

でも、口臭予防をするには、寝る前に時間をかけてすべての汚れを落とすくらいの気持ちがいります。そのように歯磨きを行った朝は、口がスッキリします。粘つきもなく口臭もしないので気分までスッキリすることでしょう。

効果的な歯磨きについては、『歯磨きしているのに、虫歯・歯周病・口臭になるのは何故?結果を出す歯磨きの仕方はコレ!』をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

口臭がしない人はよく喋る

よく喋る女性

口臭がしない人の共通点を調べると、楽観的でストレスの少ない人が多いです。友達も多くよく喋ります!

この明るさが、口臭予防には重要です。じつは、ストレスが口臭に影響していることがわかっています。

ストレスは、自律神経の乱れをおこし唾液を出なくします。また、免疫力まで低下させます。そのため、舌苔や歯周病の間接的原因になります。楽観的で明るくよく喋ることは、口臭予防には大事だったみたいです。

「よく喋る」効果は、それだけではありません。口臭がする人は、周囲が気になるため、無口になります。無口を続けると、口の中で臭い息が充満する。その人が喋ったときには、強烈に口臭がします。

ですから、普段から口に悪臭が充満しないようにガス抜き(会話)が大切かもしれません。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

口臭がしない人は健康

ジムで運動する女性

口臭がしない人の共通点の1位は、健康であることです。

口臭にもっとも影響しているは、健康です。不健康であれば、免疫力が低下するため、口臭原因菌が増えます。

健康というのは、心身ともに健康であることをいいます。ふだん健康でも、仕事で疲れたり、前日に飲み過ぎると、いっぺんに口臭が出ます。これは、免疫が下がったからです。

口臭がしないようにするには、普段から健康を意識した生活を心がけることが大切です。

体と精神状態は、お互いに影響を受けます。病気になると精神状態も悪くなるし、ストレスがたまると病気になるかもしれません。

精神的にも健康であることは、免疫力を高めるには重要です。免疫が高まると、口臭も予防できます。心身ともに健康になる生活習慣が大事です。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

口臭がおきる原因

口が粘つく

口臭になる人の大きな原因は?

その答えは、ドライマウス症です。

ドライマウス症というかドライマウス体質という方が適切かもしれません。
ドライマウスというのは、唾液の分泌が少なく口が渇きやすい体質のことです。

ドライマウスになると、口の中がネバネバします。
もし、口がネバネバして困っていたら、ドライマウス症の可能性が大です。

ドライマウスであると、プラーク(歯垢)ができやすくなります。
プラークというのは、細菌が集まってできたネバネバ状のものです。

口のなかで細菌が繁殖するのは、主に歯周ポケット舌の表面です。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

歯周病による口臭かもしれません。

歯周病のレントゲン写真

歯周ポケットの中で歯周病菌は、食べ物カスや細胞の死骸、血液などのたんぱく質を食べます。
細菌がたんぱく質を食べるというのは、腐敗のことです。

歯周病菌がたんぱく質を腐敗させると、メチルメルカプタンというガスを発生します。
このメチルメルカプタンは、とんでもない臭いです。

ですから、歯周病になると、口臭がするわけです。

でも、わたしは定期的に歯医者にかかっていて、歯周病ではありません。それなのに、口臭がするのは何故?
そのような方が、多くおられます。

その場合は、舌苔が原因の口臭かもしれません。

舌磨きで白くなった舌

ドライマウス体質で口が渇く人は、唾液の分泌が少なく細菌を洗い流すことも容易ではありません。

また、唾液が少なくなると、口中が酸性に傾くので、細菌が増殖しやすくなります。

すると、細菌がすみやすい所というと、舌の粘膜です。
舌の粘膜は、凸凹状になっていて、凹のところには、酸素が入り込みにくく嫌気性細菌が住みやすい環境です。

特に舌の奥は、酸素も届きにくく嫌気性細菌にはもってこいの場所です。
ですから、舌の奥には舌苔ができやすくなります。

口中には、嫌気性細菌だけではなく酵素も常在していますので、舌苔(細菌)が増えると、腐敗が進み悪臭成分の硫化水素を発生します。硫化水素ができやすいのは、口が乾いた時です。

寝ている間や緊張、ストレスなどで口が乾いた時に口臭がするのは、そのためです。口臭原因について詳しくは『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

ですから、口臭予防歯磨き粉「美息美人」の使用方法で、お勧めしているのは、起床時と就寝前の歯磨きだけではなく舌磨きもして、口臭の原因となる細菌を除去すること。

そして、口が乾きやすいドライマウス体質の方には、ブクブクうがいとゴロゴロうがいをお勧めしているわけです。

ドライマウスについては⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

何をしても、唾液がネバネバして困っているのなら、
口臭予防歯磨き粉「美息美人」を使用することをおすすめします。

口臭が出る人の特徴38

口臭が出る人の特徴38!その場合にしてほしい口臭対策

口臭になる4つの特徴ーあなたはどのタイプ?

口臭といっても、原因は人によって様々です。
自分の口臭原因が分かれば、治す方法も見えてきます。下の項目で当てはまるものがありますか?

当てはまる項目があれば、避ける・やらない・反対のことをやる、などのようにすれば改善に近づきます。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

唾液が少ない、口が乾く、唾液が臭い

舌が白くなった女性

唾液が少ないと口臭が起きます。唾液には口臭菌が増えないようにできる抗菌作用があるからです。ところが、唾液が少ないと口内が酸性化するために口臭菌が増え、舌苔ができたり、歯周病になるなど、口臭がおきる原因になります。

唾液の分泌が少ない人の場合には、食事のとき噛まないことが唾液腺を刺激しないことが大きな原因。詳しくは『唾液が臭い原因と臭わなくする方法』をご参考にしてください。

また、肉類などたんぱく質を多く食べることで口臭菌が増えやすい。魚介類などのアルカリ食品を摂ると口内の酸性化を防ぐことができるため、口臭予防になります。また、野菜は繊維質のため、咀嚼回数が増え唾液がよく出るし、口内の掃除もできます。

次のような食生活は、唾液が少なくなり臭くなるのでご注意ください。

a. 食事が不規則
b. 早食い
c. 肉が好き
d. 魚介類、海草、野菜をほとんどとらない
e. ペットボトルが手放せない
f. 食事のとき、水分を多くとりがち
g. 空腹でないのに食べることが多い
h. たばこ・コーヒー・コーラ・ジュースをよくとる
i. スナック・ポテトチップなど油を使ったお菓子が好き
j. 何を食べてもおいしいと感じない

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

舌が白い、舌苔がよくできる、舌が臭い

舌磨きで白くなった舌

舌苔ができると口臭菌が増え口臭が発生します。舌苔ができやすい人は、どのような特徴があると思いますか?

舌は胃腸と関係しています。胃腸はストレスがかかると病気になりやすい臓器ですが、舌も似ています。ストレスが多いと、舌苔ができやすくなります。

また、胃腸が弱ると免疫力も低下しますが、その影響で舌苔ができます。このように、胃腸と舌は関係しています。

他にも、舌苔ができやすい人は、舌を動かさない、会話をしない、加齢などによって、舌筋が衰え唾液の分泌も減少していることがあります。そのため、舌が臭くなるなんてことに。詳しくは『舌が臭い原因はこれ!対策はこうする!』をご参考にしてください。

舌が白くなると、舌磨きを行う人がいますが、そのことがかえって舌粘膜を傷付け、舌苔ができることになっていることも。

次のような場合には、要注意です。

a. 舌苔が人より多い
b. 舌苔が黄色っぽい(内臓が弱い人)
c. 歯磨き・食事をしても舌苔がほとんど残る
d. 普段からあまりあまりしゃべらない
e. 同世代と比べてしゃべり方が幼い・舌っ足らず
f. 会話をしているとよく何を言ったか聞き返される
g. 50音のうちうまく発音できない音がいくつかある
h. 同世代より顔が老けてみられる(とくに口元)
i. 甘い物をよくとる・だらだらと間食をする
j. 歯ブラシでごしごしと舌苔をとっている

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

歯肉炎、出血する、歯ぐきが腫れる

歯磨きに困る

歯周病になると口臭が強くなります。歯周病菌が作るVSCガスは口臭の中でも最も強いニオイ。

歯周病になると、歯ぐきが腫れますが、その後腫れがひいても歯周ポケットができます。この歯周ポケットの中には膿がたまり血なまぐさいニオイがします。詳しくは『歯周病の口臭、出血、歯茎の腫れに効く歯磨き粉の選び方』をご参考にしてください。

歯周病になる人の多くは、忙しく歯磨き時間が短く、ていねいに磨けていないことが原因になっています。また、定期的に歯科で歯石除去などのメンテナンスも行っていないことも。

毎日歯磨きを行っていれば、歯医者で歯石除去をしてもらう必要がないと思うかもしれません。しかし、歯磨きだけでは磨けないところがあり、ほとんどの人は歯石がつきます。ですから、定期的な歯石除去やクリーニングは必要です。歯磨きについては『唾のにおいにクラッ!口臭をなくす歯磨きの仕方』をご参考にしてください。

他にも、ドライマウスや血行不良なども歯周病になる原因となります。

a. 歯茎がはれぼったい
b. 歯茎がしばしば痛くなる
c. 歯茎を歯ブラシでこすると出血することがある
e. 歯磨きしない日がある・歯磨きの時間が3分以下
f. 力を入れて磨くことが多く、知覚過敏が何カ所かある。
g. 定期的に歯石を取っていない
h. 歯磨きにむらがある・フロスかウォーターピックをやらない
i. 10年以上、顎関節症
j. 背中・首・腰がよくこる
k. ふだん運動らしい運動をしていない

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

膿栓・膿汁ができる、喉が臭い

喉に膿栓ができる、喉から粘液が出る、喉から鼻にかけて下水臭がする場合は、喉に細菌が増えるで膿栓・膿汁ができる原因になっています。

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などで鼻汁がのどに垂れると、喉にばい菌が増え膿栓や膿汁ができるようになります。ドライマウスや口呼吸の人は、風邪でも膿栓ができます。詳しくは『喉が臭い!…原因が分からない。…どこに行けば?臭い玉など7つの原因』をご参考にしてください。

次のような場合は要注意かもしれません。

a. マスクをしてくしゃみをするとかなりにおう。
b. 午前中などや思いがけないときに声がかれる
c. 顔を上を向けて首を伸ばすと痛むところがある
d. 喉の決まったところに違和感がある・ひっかかる感じがある。
e. 喉の部分の決まったところに吹き出物ができる・太い毛が生えている
f. 軽い不快感が続き、咳払いをよくやる。
g. 喉も渇いていないのに絶えず水分をほしがる。
h. 喉を指先で軽く押すと、強い痛みがある部分がある。
さて、あなたに当てはまる項目があったでしょうか?

上の中でも、特に口内環境の舌と歯茎に問題がある場合には、口臭予防歯磨き剤『美息美人(びいきびじん)』が、効果を発揮します。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

まとめ

口臭がおきる原因はたくさんありますが、大きく4つのタイプに分けることができます。

  1. ドライマウス(唾液量が少ない、口呼吸によって口・喉が乾燥する。唾液がねばねばしている。口が苦い。)
  2. 舌が白い(舌苔ができている。舌磨きをしても舌苔が取れない。舌の奥に特に厚い苔ができる。)
  3. 歯周病(歯肉炎によって歯ぐきが腫れる。出血している。差し歯やブリッジから臭いがする。)
  4. 臭い玉・臭い粘液(膿栓や膿汁ができ口臭原因になっている。副鼻腔炎などから後鼻漏になっている。扁桃炎になっている。)

これら4つのタイプに当てはまる場合は、口臭がしている可能性が高いです。その場合は、歯科や耳鼻科などで治療を受けることが大事ですが、ていねいな口腔ケアが必要です。

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

口臭は加齢が原因だからしかたない!?加齢でも口臭が治る方法とは

治らない口臭は舌苔と膿栓が原因!加齢だけが原因ではありません

「50代主婦です。美息美人(びいきびじん)を使って1週間経ちますが、口臭もまだしているし、白い舌もピンク色には程遠い。まだ改善されてないんです。加齢だからしかたないのでしょうか?」

お客さまから、このようなご相談をいただきました。もしかすると、同じような悩みを持たれている方が多いのではと思いご紹介させていただきました。

たしかに、加齢は口臭が発生する一要因かもしれません。しかし、口臭の原因はそれだけではありませんし、改善できるものです。

今回の記事は、「加齢だからしかたない」と口臭を治すことをあきらめている方のためにお伝えします。

口が臭い時の予防については「口が臭い原因は5つしかない?口臭の原因を詳しく解説します」をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

口臭は加齢だからしかたない

「美息美人(びいきびじん)で歯を磨いた直後はさっぱりしていいのですが 、しばらくすると舌苔(ぜったい)はすぐ溜まり、舌が白いし以 前と変わらない状態です。寝てる間は、特に唾液が少なくなるため舌が真っ白になります。これを 改善する方法は無いですよね?
小学生の頃から口臭があります。40歳を超えてから年齢と共に唾液も少なくなり粘着性のある唾液のため 余計に気になります。膿栓(のうせん)も溜まります。やっぱり年齢が関係しているのでしょうか?あきらめるしかありませんか?」

この方の事例をまとまると…

  1. 美息美人(びいきびじん)を使った直後は口がさっぱりとする。
  2. すぐに舌が白くなる。
  3. 睡眠中が特に唾液が少なく舌が真っ白になる。
  4. 小学生の頃から口臭がしている。
  5. 加齢により唾液が少なくなり粘ついている。
  6. 膿栓(のうせん)がたまる。
  7. 結局のところ、加齢だからしかたない!?

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

加齢が影響する口臭原因

加齢とともに、体が老化し健康に影響を与えるようになります。その一つに口臭があります。

老化すると次のようなことが起きます。そして、それらが間接的に口臭に影響しています。このことを知っているのと知らないのでは、大きく違ってくるでしょう。

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

唾液分泌が減少する

加齢によって唾液が減る人が多いです。その理由は水分摂取が少ないわりに排尿が多い。そして、顎や舌を動かすことが少なくなり、唾液腺を刺激しないなどが唾液が減る原因だといわれています。

加齢とともに会話が減る、歯が抜けるなどで噛まなくなることも、顎や舌の筋肉、唾液腺が衰える原因です。

対策とすれば、よくしゃべる、よく噛む、お口の体操を行うことが良いです。

他にも、唾液が出なくなる原因として薬の副作用があります。多くの人は加齢とともに様々な病気になりやすくなります。病気になると、薬を服用するようになりますが、薬には副作用があります。

特に、降圧剤、睡眠誘導剤、安定剤には、「唾液が減る」副作用がある薬があるのでご注意ください。加齢だから唾液が出ないと思っていたら、実は薬の副作用だったということが多いのです。唾液が臭いのを治す方法については、こちら「唾液が臭いのは舌が汚れているから。うがいで口臭を洗い流す方法とは?」をご参考にしてください。

もし、それらの薬を服用して口腔乾燥になっていたら、かかりつけのお医者さんに相談されることをおすすめします。副作用の少ない漢方薬に代えてもらえるかもしれません。

加齢とともに、悩みや不安などストレスが多くなるかもしれません。若い頃とは違い、健康の不安、仕事の不安、人間関係の悩みが増えるかもしれません。そして、若い時とは違い発散することができなく、ストレスがたまることが多くなる人がいます。

過剰にストレスがかかると、自律神経に悪影響をあたえるので唾液の分泌が減ります。

口臭対策には、上手にストレスを発散することが大切です。ストレスが減ると唾液も出やすくなります。詳しくは、『唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策』をご参考にしてください。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

免疫力が低下する

風邪にかかった女性

ストレスは若い人でもあります。しかし、若い場合には友達とさわいだり、会話や運動することで発散できます。ところが、社会に出る機会がへり孤独が増えると、不安やうつなどストレスがたまったままになりやすいです。

ストレスは健康に影響します。免疫力が低下する原因の一つにストレスがあります。そして、ストレスから健康を害すると免疫力が低下します。加齢は、このように悪循環になることが多いのです。

このように、免疫力を低下させているのは、ストレスと病気です。

ストレスや病気によって免疫力が低下すると、口内細菌を抑制することもできなくなります。細菌が増えると、歯周病、舌苔(ぜったい)、膿栓(臭い玉)、膿汁ができます。これらはすべて口臭が強くなる原因です。

免疫力が低下すると、喉や舌にばい菌が増えてもやっつけることができないのです。膿栓や舌苔ができる原因の一つにストレスがあったのです。詳しくは『臭い玉が喉にできる人とできない人の特徴とは?その違いについて教えます』をご参考にしてください。

膿栓と舌苔は口臭の大きな原因ですので、ストレスをためないことが大事です。これらのことが口臭の本当の原因なのですが、加齢だからとあきらめる人が多いのです。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

口臭がする本当の原因

唾液が少ないこと、舌苔(ぜったい)と膿栓(のうせん)ができていること。これらは全て口臭が発生する条件です。口臭で悩んでいるほとんどの方は、この条件に当てはまっているかもしれません。

口臭が出るようになるのは、人によって原因が違います。また、状態も異なります。ですから、すぐに治る人もいれば、人によっては、簡単には治らない方もおられます。

この方の場合は、小学生の頃からずっと口臭で悩まれているとのことです。
もしかすると、口呼吸(または、いびき)をしているとか、唾液の分泌が悪いことが影響しているかもしれません。

というのは、子供の頃からずっと口臭が強いという場合には、唾液の分泌が悪いなどの体質的なことが影響していることがよくあるからです。

口が乾くと、細菌が増殖するため、舌苔(ぜったい)や膿栓(のうせん)ができやすくなります。そのことで口臭も発生します。

寝ているときには、健康な人でも唾液がほとんど出ないのですが、いびきをかく習慣があると、口腔と喉が乾燥します。そのため、舌の細菌が増殖します。舌苔(ぜったい)は細菌が増えた結果で、朝起きると舌が真っ白くなるのかもしれません。

ですから、いびきをしないようにお医者さんにご相談することも大事です。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

口臭を改善する方法

    口臭を改善するためには、舌苔(ぜったい)と膿栓(のうせん)ができないようにすることが重要です。そのためには、次のことを実行してみてください。

  1. 寝る前に「美息美人」でしっかりと歯磨きを行う。
  2. その時に、舌も歯ブラシで優しくなぜるように磨く。
  3. 日中も、小まめに水を飲む。但し、コーヒーやジュースは逆効果で 舌の運動をする。舌を上あごにこすり付ける。
  4. 「パタカラ」と、20回発音する。
  5. 唾液腺のつぼを押す。
  6. 1日の内に何度も、「美息美人(びいきびじん)」で、ゴロゴロうがいとブクブクうがいを行う(濃栓にも効果があります。)
  7. 神経質にならない。神経質になってストレスがたまると、唾液の分泌が悪くなります。

ドライマウス(口腔乾燥症)は、体質的なものですので治りにくいかもしれません。でも、今ご紹介したことを小まめに実行すれば、口臭や舌苔(ぜったい)は治せます。実行されてみてはいかがでしょうか?
舌が白くなり困っている場合には、こちらをご覧ください。
⇒ 舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

ゲェ当てはまるかも…「歯磨きの泡」に頼ると口臭になりやすいことが判明

歯磨き不足が口臭の原因

歯磨きの泡やスッキリ感で歯磨きが出来ていると勘違いしていると、口臭を発生することになるかも。口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を販売している当の本人がこんなことをいうのは、おかしな話かもしれません。

私が申し上げたいのは、歯磨き剤がダメだというわけではなくて、どんなに良い歯磨き剤を使っているからといっても、「それだけで安心していてはダメですよ!」ということです。

「毎日、歯磨きをしているのに歯周病になった。」とか、「ていねいに歯磨きをしているのに虫歯になった!」と、口臭で悩まされている方が多いのです。何故だと思いますか?

もちろん、口臭がおきる原因は、歯磨き不足だけではありません。人によって、口臭がおきる原因は違います。口臭原因について詳しくは、『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

毎日、歯磨きをきちんとしているにも関わらず、どうして、虫歯や歯周病や口臭になると思いますか?不思議ですよね。

その訳は…一般的な歯磨き剤には研磨剤が入っています。だから、軽く磨いただけで歯についた汚れを落とすことができます。

それだけではなく、歯磨き粉には発泡剤が入っているので歯磨きをすると泡が立ち、表面張力の効果が汚れを落としやすくしてくれます。

ところが、これが歯磨きが上手にできない落とし穴なのです。泡が良くたつと、それだけでなんか磨けた感じがしてしまいませんか。だから、歯磨きが不足する。

それだけではありません。歯磨き剤にはミントなどの香料も入っていますので、歯磨きを少ししただけで口がさっぱりします。

ですから、歯磨きをすると、この香料のお蔭で気持ちも爽快になれるのですが、このスッキリ感にごまかされてしまい、「ていねいに歯磨きする」ことができなくなることが多いのです。

このように言うと、「いいえ!私の歯はきれいに磨けています。」と仰るかもしれません。

それは、歯肉から上部に出ている歯の表面がきれいだということだけで、口臭がしていないと安心してはいけません。専門的になりましたが、歯磨きで重要なことは、磨きにくい箇所を磨かないといけません。

磨きにくい箇所というのは、歯周ポケットの中です。

歯周病にかかり歯肉に炎症ができると、歯と歯ぐきの間にポケットができます。これが、歯周ポケットです。歯周ポケットは、歯周病の進行とともに深くなるので、歯磨きが困難な場所。だから、歯石ができプラークが増えるので臭い。それに、歯周ポケットには、炎症により歯ぐきがからしみ出る血や組織液などがたまり歯周病菌のエサになる。

そして、腐敗臭が発生するのです。

歯茎のニオイが気になる場合については⇒⇒歯茎が臭いそれは歯周病から口臭に発展した証拠。うがいで口臭を消す方法とは?

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

次に歯磨きが難しいのが、奥歯の奥の部分。

奥歯の奥には、一般的に使っている歯ブラシでは、毛先が入りにくい。たとえ歯ブラシが入ったとしても、毛先を歯面に垂直に当てられないのです。そのため、磨き残しができるのです。このようなところは、歯間ブラシとかワンタフトブラシなどの特殊な歯ブラシを使うときれいに磨けます。

ブリッジの食べ物カスがたまりやすくなっている部分も磨き残しができる場所です。

また、銀歯などのクラウンやインレーをかぶせている場合には、どうしてもクラウン・インレーと歯肉との境目に食べ物カスがたまりやすくなります。
この部分をていねいに歯磨きしないといけません。

差し歯のニオイが気になる場合については⇒⇒差し歯が臭いのは口臭菌が取れてないから。重曹に期待しすぎてはいけない!

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

磨き残しがあると、食べ物カスが細菌によって腐敗され、くさいガスを発します。これが口臭です。この口臭の毒ガスによって歯肉を傷つけていることを知っていましたか?これが歯肉炎になる原因なのです。

歯肉炎が悪化すると、口臭もひどくなります。そして、毒ガスによって歯周ポケットも深くなっていき、さらに磨きにくくなってしまうという悪循環がおきるのです。これで、納得してもらえたでしょうか?

ですから、どんな歯磨き剤を使用する場合でも、この磨きにくい箇所を重点的に歯磨きすることが基本です。

「泡がたつので、磨く場所が見えにくい。」という場合には、一度うがいをして水だけで歯磨きすれば磨きたい場所が良く分かります。

また、水ですから、いつまでもていねいに歯磨きをすることができます。
じつは、口臭予防歯磨き剤「美息美人(びいきびじん)」が、水歯磨き剤というのは、このように実用的に使えるようにと考えたからです。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

まとめ

口臭がおきるのは、細菌のかたまりのプラークが増えるからです。プラークがなくなれば、口臭は発生しない。一応、理屈ではそうなります。

だから、毎日かかさず、プラークがたまらないように歯磨きを行っています。しかし、そう簡単にプラークを取り除くことができないのが現状です。

その最大原因として、歯磨き剤の泡や香料がありました。これら歯磨き剤の添加物は、ブラッシングができていなくても「できた!」と感じさせる力をもっています。歯磨き剤を口にいれてうがいしただけで、スッキリするはずです。このスッキリ感と爽快感にだまされて歯磨き不足になっている人が多いのです。

そして、歯磨き不足のもう一つの原因。それは、就寝前の歯磨きです。歯磨きで最も重要なのは、就寝前です。細菌は寝ている間に一番増えるからです。だから、寝る前にできるだけプラークを落とすことで、細菌が就寝中に増えないようにできるのです。

ところが、この時間帯は眠いので、サッサと歯磨きを済ませてしまう。このことが、歯磨き不足を作っています。歯磨きを効果的にするには、就寝前の歯磨きをていねいに行うことです。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

口臭は体質だとあきらめていませんか?口が臭いときには、唾液の質を改善することが重要です

たとえ口臭体質でも、きれいな息になれる方法があります。
今回の記事は、今まであなたが知り得た知識の中には無い内容かもしれません。

もし、口臭で悩んでいて…

自分だけではなく家族も口臭がしている、
ていねいに歯磨きをしているのに口臭がする、
歯医者に行っても治らない、

だから、「私の場合は体質なんだ!」と思っているのでしたら、今回の記事をご参考にしてくだされば幸いです。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

口臭体質ってあるの?

今まで色んな努力をしても口臭がなくならないと、ついつい、「体質なんだろう。」とあきらめてしまうかもしれません。

そんな時に周囲を見渡すと、兄弟も親もみんな息が臭い。

友達は、自分と同じような生活をしているのに息が臭いと感じたことはないし、その友達の家族も臭くない。

「やっぱり、口臭は遺伝なんだ!体質なんだ!」

ちょっと待ってください。口臭を体質だと決めつけるのは早合点です。その前に、口臭体質について考えたいと思います。明確に口臭体質といえるのは、魚臭症ぐらいしかありません。
口臭が起きる大きな原因としては、次の3つがあります。

  1. 歯周病
  2. 舌苔(ぜったい)
  3. 喉にできる臭い玉(膿栓のうせん)

これらの病気や症状はすべて菌が増殖して出来ます。だから臭いが発生するのですが、臭いは菌が作るからです。菌は食べ物のカス(タンパク質)や口内細胞が剥がれたものをエサとします。

虫歯や歯周病になるのは、「唾液が少ないから」が一番の理由です。唾液には免疫物質が含まれているので抗菌力があります。それだけではありません、唾液の99%以上が水なので、口の中をきれいに洗い流す役目も果たしています。

ところが…

唾液が出なかったら、菌は増え放題に。
菌が増えると、虫歯にもなるし歯周病にもなります。

唾液の分泌が少ないと口やのどが乾燥します。
すると、舌に苔が出来たり、喉には臭い玉(膿栓のうせん)が出来るかもしれません。

どれも、口臭が起きる原因です。ここまでの説明で何か気づいたのではないでしょうか?

唾液が出にくい人は、口臭が起きやすいのですが、それ以外にも虫歯や歯周病になりやすく、舌は白くなりやすいし、臭い玉(膿栓のうせん)も出来やすいという特徴があるということです。

だから、体質と考えてしまうのかもしれませんが、口臭を体質だというのは短絡的な考えです。それよりも、唾液が出にくいことのほうが問題になります。

唾液が出ないことを体質と考えることができますが、病的な原因もあるので一概に体質とはいえません。

→ 歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!
→ 舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?

唾液を出すように改善する

唾液が出にくいのは、体質の場合もあります。唾液の分泌量に個人差があるからですが、健康に害が出るほど唾液が分泌されないのなら、シェーグレン症候群のような病気かもしれません。

一般的に唾液量が少ない場合は、水分の摂取が少ないことがあります。体に入れる水分が少なければ唾液も少なくなるからです。

そして、多量に唾液が分泌されるのは食事の時です。これは、食事で噛むことで脳に刺激が行くからだそうです。ところが、唾液の分泌が少ない人の場合には、噛む回数が少ないそうです。唾液を出すためには、良く噛むことが大事です。

だから、お医者さんに唾液が出にくいことを相談すると、「水を沢山飲んで、食事はよく噛むようにしてください。」と言われます。

しかし、唾液を出すためには、もっと重要なことがあります。

それは、ストレスをなくすことです。
最近、特に目立ってストレスがあることで唾液が出ないドライマウスの人が増えています。

ドライマウスというと、加齢が原因のように思われるかもしれませんが、ストレスが原因となることが多いです。(美息美人のお客様を調査)

ストレスといってもいろんなストレスがありますが、ドライマウスになる場合には、過剰な心配・不安を抱えることが問題となります。

よく胃が痛くなると「胃がんかもしれない」と不安になり、胃酸が活発に分泌され胃炎が悪化することがあります。

それと同じように、口臭がするとか、舌が白くなると、「どうしてなんだろう?どうして治らないのだろう?」と心配に。すると、唾液が出なくなりよけいに悪化することになります。このケースが意外と多いのです。

過剰に不安を抱えていると、たとえ、舌の体操をしても唾液が出るようにはなりません。自律神経で唾液を出ないように指令を出しているのですから、唾液線の周りの筋肉を動かしたくらいでは出ないのでしょう。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

唾液の質を改善する

唾液を出すためには、ストレスを軽減することが大切です。リラックス状態をつくれば、努力をしなくても唾液は出るものです。

口臭がしないようにするためには、ただ唾液が出ればいいというものではありません。唾液には交感神経の働きで分泌するネバネバ唾液と、副交感神経が働いているときに分泌するサラサラ唾液があります。

粘ついた唾液がでれば、口が乾き口臭がします。反対にサラサラ唾液がでれば、口臭菌や汚れが洗浄されるので口臭もしなくなります。だから、副交感神経を刺激することが口臭予防には重要なのです。

楽しくおしゃべりをして、おいしく食事を楽しみ良く噛めば、唾液は多量に出ます。これは、副交感神経を刺激するからです。もちろん、楽しくお口の体操を行なうことも唾液分泌を促すためには良いことです。

口臭が起きる最大原因は唾液ですが、それ以外にも口臭原因はあります。

口臭原因について詳しくは、『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

【口臭原因】

  • 口呼吸
  • 耳鼻咽喉科疾患がある
  • 内科疾患
  • 薬の副作用
  • 胃腸が悪い

これらの内どれかがあると口臭が起きることがあります。それは、これらのことが原因となって唾液も減少するからです。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

正しい口臭対策はストレスの軽減

ストレスをためないこと、ストレスを軽減することが口臭対策では重要です。
そのためには、あらゆることを楽しむように考え方を変えると良いです。そのことでリラックス状態ができ自然と唾液が出るようになります。

これだけでも、かなりの改善効果が見込めるはずです。

さらに欲をいえば、今まで行っていた口腔ケアの方法を見直すと良いかもしれません。このように言うと、ほとんどの方は、「歯科にもかかっているし、歯もていねいに磨いている。」と仰られます。

でも、現在、歯周病になっているとか、舌が白くなるとか、口臭が治らないのであれば、改善の余地があるかもしれません。舌苔については『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?』をご参考にしてください。

もし、本気で口臭対策を考えているのでしたら、一度、口臭歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお試しになられてはいかがでしょう?


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

ケーキが口臭を悪化させる??

ケーキを食べても口臭の心配をしなくていい方法

もしかすると、あなたはケーキなど甘いお菓子が好きなのでは?

不思議なことに、口臭で困っている人はケーキが好きです。この事実を知っていましたか?じつは私もそうなのです。

この記事では、ケーキやお菓子が口臭に良くない理由と、ケーキを食べても口臭を心配する必要がなくなる方法についてお伝えします。ぜひ、ご参考にしてください。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

ケーキが大好きな私の嗜好品

keiki

わたし上林が好きな食べ物。それは…

ヨーグルト、チーズ、アイスクリーム、牛乳、そして、ケーキです。

特にケーキは大好きです。ケーキが嫌いな人がこの世の中に存在するのだろうかと信じているほどのケーキ好きです。

だから、親しい人にお土産として持参するときでも、ケーキが多いです。

この他、普段の食事はというと、今でも、毎朝、かかさずヨーグルトを食べます。ヨーグルトは、腸の働きを良くするので、便秘体質の私にはかかせません。ですので、昔からよく食べてます。

そして、チーズも大好きです。チーズを朝食のパンに野菜と一緒に乗せて食べます。

さらに、アイスクリームやケーキは、子供の頃からの大好物です。寒い冬でも、アイスクリームを食べます。

冷えている牛乳をぐいと飲むのが好きです。ただ、最近は牛乳について是非がいわれていますので控えています。

でも、毎晩、食事の前に晩酌をするのが習慣になっています。

sake

アルコールは、利尿作用が強く飲酒後は口や喉が乾きます。だから、口臭が気になる人にとっては、余計に口臭を強くしてしまうので、お酒を飲む時と後には水分補給するなどの注意も必要です。

今から考えると、「美息美人(びいきびじん)」を使う以前は、こんな食事をしていたから、口臭が中々治らなかったんだと反省しています。

あっ!口臭と食べ物の関係の説明があとになってしまいました。口臭予防歯磨き粉のおすすめは、こちら「簡単にできる口臭対策8つ!歯磨き粉、食べ物、ガム、効果的なのは、、」をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

ケーキが口臭発生の原因になる理由

ケーキ好きの人たちにとっては、「ケーキが口臭発生の原因になる。」ということを知ってショックかもしれません。でも、あとで口臭で困らないためにも、このことを知って対策をすることが大事です。
じつは、ケーキだけではなくヨーグルトなどの乳製品は、タンパク質が豊富な食べ物。このタンパク質は、口中細菌にとっても大好物だったのです。

細菌がこれらのタンパク質を分解すると、口臭の元である硫化水素(腐った卵の臭)やメチルメルカプタンという臭気をつくります。

これが、乳製品が口臭を発生する仕組みです。でも、それだけではありません。ケーキに含まれるたんぱく質と砂糖は、口に残り酸性化します。

ご存じのように、口臭を発生する細菌は酸性の環境で活発になります。だから、ケーキを食べると、その後ずっと口臭が続くことになるのです。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

口臭を発生しないようにするには

ケーキを食べると口臭がする理由が理解できたでしょうか?

でも、口中細菌が少ない場合には、ケーキを食べても口臭がしません。

その理由は、いくらケーキを食べても、それを分解する細菌の数が足らなければ、分解できないからです。ここが重要です。

ですから、子どもや若い健康な人の場合、唾液の分泌量も多く細菌が少ないため、たとえケーキを食べても口臭は発生しにくいのです。

これで、同じようにケーキを食べても口臭がする人としない人がいる理由が分かったと思います。
それでは、ケーキを食べても口臭が発生しないようにする方法をご紹介します。

口臭対策の方法

  1. 普段から、丁寧に歯磨きケアを行ない口内を清潔にしておく。(細菌をコントロールする。)
  2. 舌をきれいにしておく。(舌苔が出来ていると、食べかすが付着するから。)
  3. ケーキを食べた後、よく水でうがいをして洗い流す。(水を飲むのも良い)

このことを守れば、ケーキを食べても口臭が発生することはありません。
できれば、普段から口中細菌が増えすぎないように口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で歯磨きをしてコントロールしていれば、安心して好きなケーキを食べられます。

いろんな努力をしても口臭が改善しなかったという場合には、こちらもご参考にしてください。

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

口臭を発生しやすいタイプ?やさしい性格、不規則な生活、偏食、腸が弱い

口臭を発生しやすいのはこんなタイプ

口臭がまったくしない人もいれば、子供の頃からずっと口臭がしている人もおられます。

それは、性格、体質、生活習慣、食事、健康面が影響しているからだということを知っていましたか?

口臭になりやすいタイプが存在していることが分かっています。それでは、口臭が起きやすいタイプにはどのようなものがあるのでしょう。

自分がどのタイプなのかが分かれば、適切に対策ができるので、今まで消えなかった口臭が改善できるかもしれません。

というのも、多くのお客さまが、そのことが分かっただけで改善されたからです。

今回の記事では、口臭が起きやすいタイプについてお伝えします。是非、ご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

口臭症になりやすい性格

口臭症の人を調べると、周囲のことを配慮できる優しい性格の人が多いといわれています。でも、どうして、優しい人が口臭症になりやすいのでしょうか?詳しくはこちら『その性格が口臭に影響しているかも?』をご参考にしてください。

周囲のことを考える人は、視点を変えると「周囲のことが気になる」性格です。そのため、口臭がしているかどうか自覚がなくても、口臭がしていないだろうかと「周囲が気になる」。それがストレスとなるのですね。

常に「口臭がしてないだろうか?」と考えていたら、恐怖心が増し、「心臓がバクバクする」ほどのすごいストレスとなります。その結果、自律神経の乱れをおこし免疫力が低下する。

ご存知のように、抵抗力が落ちると口内環境が乱れ舌苔(ぜったい)ができる、歯ぐきが腫れるなどの症状が起きやすくなります。
抵抗力がないと、どれだけ舌のケアをしても、歯周病の治療をおこなっても、完治することができません。だから、口臭も完全に治ることができないのですね。

性格が原因による口臭の場合の対策

たとえ、性格が口臭原因になっていても、性格を変えることは難しいですよね。

だからといって、そのまま変えないことには、口臭も治らないかもしれません。では、どうすれば良いでしょうか?

その場合には、先ずストレスが口臭原因になっているという現実を受け止めないといけません。そして、そのストレスは、性格ではなく「考え方」に問題があるということ認めると行動に移せるかもしれません。

考え方というのは、「口臭がしているかもしれない」という考えをのことです。「しているかもしれない」は、考え方を変えると「していないかもしれない」になります。このように、考えていることが正しくないかもしれないのに、想像に振り回されていることが多いのです。ストレスの多くは、想像が膨らみ恐怖に発展して生まれます。だから、悪い想像を断ち切らないと口臭症は解決できないかもしれません。

口臭がしているかどうかを調べることから始めてください。事実を知ることで考え方が変わると思います。
口臭を調べる方法については、『口臭チェッカーで測ると安心できます』をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

口臭症になりやすい生活習慣

先ほどのように、口臭になる原因には免疫力の低下がありました。精神的ストレスも免疫力低下を起こしますが、悪い生活習慣からも免疫力の低下が起こります。

では、悪い生活習慣とは具体的にどのようなものがあるでしょうか?

  1. 仕事が忙しすぎる
  2. 睡眠不足が続いている
  3. 休養がないので慢性的に疲労がたまっている
  4. 良くお酒を飲むとか良く食べるなど暴飲暴食が多い
  5. 喫煙本数が多い
  6. 仕事や人間関係によるストレスが多い

これらのことが多いと心身に疲労が蓄積します。その結果、免疫が低下するのですが、そのことが、歯周病、舌苔、膿栓、膿汁などを引き起こし口臭を作るのです。

生活習慣が原因による口臭の場合の対策

免疫力低下を起こしている生活習慣が口臭を作っているので、口臭を治すには、原因となっている生活習慣を改善しないといけません。詳しくはこちら『生活習慣を変えれば口臭を予防できる!?』をご参考にしてください。

生活習慣を改善するための具体的な方法としては、次のように行うことをおすすめします。

  1. 1週間に一度は、疲労を回復するように休日をとる
  2. 良く寝る
  3. 良く食べる。偏食を避け栄養バランスの良い食事を心がける。
  4. よく喋り、よく笑う
  5. 飲酒量を減らす、休肝日をもうける
  6. 禁煙する、できなければ、喫煙本数を減らす
  7. ストレスにならないように考える、ストレス発散をする
  8. 趣味や運動などで、人生を楽しむ

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

口臭症になりやすい食習慣

唾液が少ないと口臭が出やすくなります。その理由は、唾液には口臭菌をやっつけたり口内を洗浄する作用があるからです。

唾液がよく出ていると、虫歯や歯周病になりにくいし、口臭も発生いにくい。ところが、唾液が少ない人の場合には、口内が汚れたままになり口臭が強くなります。

ですから、口臭がしないようにするには、唾液がよく出るようにすれば良いのですが、その一番効果のある方法が、食事のときに「よく噛む」ことです。

良く噛むと、舌と顎が良く動き、唾液腺が刺激されます。食事のときに唾液が多く出るようになると、普段も唾液が出やすくなります。

ところが、現在人の食事は加工食品が多くどれも柔らかい、噛まなくても飲み込める食べ物ばかりです。このことが唾液を出なくしているのです。

このような食習慣の対策とすれば、野菜など繊維が多いとか、小魚など固く噛まないと食べられない食べ物を入れると良いかもしれません。

現在、一口にたいして5~6回しか噛んでいないのであれば、10回以上噛むようにされてはいかがでしょう。これだけでも、口内環境はかなり改善されるはずです。詳しくはこちら『食後に口臭がするのは何故?臭いがする原因と予防方法』をご参考にしてください。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

たんぱく質中心の食事が口臭を起こす

口臭を産生する細菌は、たんぱく質をエサとします。
そして、細菌がたんぱく質を分解するときに、口臭の元となる臭い物質を産生します。

ですから、たんぱく質が多い食事が多い人は、口臭も発生しやすくなります。

たんぱく質の多い食べ物

  • 乳製品
  • 大豆

ほかに、お菓子やジュースなど砂糖を多く摂取することも良くありません。口腔内が酸化することで口臭の原因となる細菌が増えるからです。

砂糖やタンパク質を多く摂った後は、歯ブラシに何もつけず、軽くブラッシングすると良いです。

その時に、舌を上あごに擦りつけて汚れを落とすと、尚良いですね。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

唾液の分泌が少ないタイプ

舌が白くなった女性

唾液の分泌が減少すると、口中や喉に細菌が繁殖しやすくなり口臭が発生します。

唾液が少なくなることが、口臭が起きる最も大きな原因です。こちらの記事『唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策』もご参考にしてください。

唾液の分泌が減少する原因

  1. 加齢
  2. ストレス
  3. 緊張や不安など精神的な影響
  4. 良く噛まない食事
  5. 会話の不足
  6. 全身疾患(シェーグレン症候群,糖尿病,甲状腺機能充進症など)
  7. 薬の副作用(降圧剤、抗うつ剤、安定剤、睡眠薬など)
  8. 口呼吸
  9. いびき
  10. 胃腸が弱い

など。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯みがき不足のタイプ

歯みがきが充分にできていないと、歯周病や虫歯になりやすくなります。

歯周病(歯肉炎・歯周炎)

歯周病菌は、悪臭の強いメチルメルカプタンを大量に産生します。ですから、歯周病(歯肉炎・歯周炎)による口臭は強烈です。

歯みがきの時に出血するとか、歯ぐきがブヨブヨした感じになったら、歯科治療を受けることが大事です。

虫歯タイプ

詰め物や被せ(銀歯・差し歯など)をしてから、ある程度期間が経っている場合には、2次カリエスになっていることがあります。

詰め物や被せの内側で虫歯になっていると、腐敗臭(口臭)を発生します。

歯科でレントゲン撮影をすることで、2次カリエスになっているかどうかが分かります。

しかし、歯磨きをしても口臭が出ることがあります。何故でしょう?詳しくはこちら『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

水分摂取が少ないタイプ

唾液は、1日に1~1.5リットル程度の量が分泌されています。(安静時で700~800ミリリットル程度の量が分泌)

唾液の99.5%が水分ですから、最低でも1日に1~1.5リットルの水を飲む必要があります。

だからといって、緑茶やコーヒーには利尿作用があるので、逆効果になりますのでご注意ください。

また、唾液の分泌が少ない人の場合には、口中や喉の細菌を胃に洗い流すことが難しくなるので、水を飲むことが大切です。

ドライマウスについては⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

まとめ

今回は、口臭症になる人をタイプ別にご紹介しました。口臭に悩んでいて、紹介したタイプに当てはまるものがあれば、ご参考にしてください。

効率よく対策できるので、今まで何をしても治らなかった人でも、改善しやすくなります。

それでも、改善が難しい場合には、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のご使用をぜひおすすめします。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

これで口臭原因がハッキリ!

あなたの口臭原因はこれ!

ずっと、口臭原因が分からず悩んでいる。

歯医者にかかったけれど口臭が治らない。耳鼻咽喉科でも診てもらったけれど口臭が治らない。毎日、丁寧に歯磨きをしているのに口臭がしている。わたしの口臭原因はどこにあるのだろう?

自身の口臭がしている原因が分かれば、対処の仕方もあるのですが、原因が分からないとどうすることもできません。

このような方がたくさんおられます。
そのような訳で、この記事では口臭原因についてお伝えします。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

口臭原因トップ6

口臭原因については、口腔内の疾患が原因だとかいろいろ言われていますが、私とお客様の経験から独断と偏見で順位をつけてみました。ご参考にして下されば幸いです。

口臭原因の一番⇒ 歯周病

歯周病になると歯周ポケットが深くなり、そこに食物カスがたまり、細菌がそれらを分解することで腐敗臭がします。
この歯周病菌による口臭が、口臭原因では断トツのトップです。

歯周病が原因の場合の対策は、歯科治療とポケットの内まで歯磨きすることです。ですが、普通にブラッシングしても歯周ポケットの中まではきれいに磨けません。

歯周ポケットの中をきれいに磨くためにお勧めしているのは、ワンタフトブラシです。歯科医院やドラッグストアで販売されています。
ワンタフトブラシについてはこちらを参考にしてください。

もう一つは、硬い毛先の歯ブラシではなく、極細毛の歯ブラシを使用することです。ブラッシングするときのコツとしては、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットの中を磨くようにします。

そして、できれば、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のイオン水で歯磨きすることが大切です。歯周ポケットの中をきれいにするには、美息美人のような水歯みがきで磨くことが有効です。

口臭原因のトップ2⇒ 舌苔

写真のように舌が白くなると口臭も強くなります。
舌苔は、舌乳頭の間や舌の表面にプラーク(細菌や食べかすなど)が付着した状態をいいます。

舌苔は誰でも薄らと着いているものですが、舌苔が厚くなることで口臭は強くなります。
逆にいうと、舌苔を減らすことができると、口臭も減少できます。

だからといって、舌磨きでゴシゴシと磨くと舌乳頭まで傷つけてしまうことになります。舌を傷つけたり、合成界面活性剤や発泡剤のような舌粘膜に刺激のある歯磨き粉を使用していると、いつまで経っても舌苔がなくなることは困難かもしれません。

舌磨きが良くない理由は、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

口臭原因のトップ3⇒ 虫歯

虫歯ができると、そこに細菌が増殖し腐敗臭を発するので口臭の原因となります。
ところが、虫歯がないと思っているのに口臭があるので気になり、歯医者さんで診てもらうと、こんな場所に虫歯があったというケースがあります。

それは、銀歯(またはインレー)がかぶさっている内側で、虫歯が進行している場合です。被せがあると表面上はきれいに見えるために、被せの内部で2次カリエスが起きていて腐敗しているとは想像できません。

また、レントゲンを撮るとわかるのですが、歯根膜炎のように歯の根尖部に細菌が増殖し、膿がたまっている場合にも、口臭の原因となります。

以上の口臭原因のトップ3だけで、口臭原因全体の8割近くを占めています。
その他にも、このような口臭原因もあります。

口臭原因のトップ4⇒ 後鼻漏

写真の白く見えるかたまりは、鼻汁です。

鼻汁がのどの奥に流れると、そこに口臭原因菌が繁殖します。細菌が増えると、免疫である粘液(のちに臭い膿汁や膿栓をつくる)が分泌されます。

鼻炎や蓄膿症の場合には、このことが繰り返されるために、口臭も続くことになります。これが、後鼻漏による口臭のメカニズムです。

後鼻漏が原因の口臭対策は、耳鼻咽喉科で治療をうけることが先決です。そして、喉に細菌が増えないように清潔を維持することも重要なポイントです。できれば、美息美人のアルカリイオン水で小まめにうがいを行うようにすると良いです。

口臭原因のトップ5⇒ 胃腸の病気

胃腸の調子が悪いと、腸内に入ってきた食物が発酵しガスを発生します。
腸内でできた臭いガスは血液中に吸収され、肺を通り呼気として出てくるために息も臭くなります。これが、胃腸が原因による口臭です。

ですが、この事以外にも胃腸が悪いときには、唾液の分泌も減り舌苔が出来やすくなります。舌苔は口臭を発生しますので、呼気と舌からの両方で口臭を作ることにもなります。ですので、胃腸の調子を整えることは口臭予防には不可欠といえます。

胃腸の調子が悪い場合には、消化の良い食事を摂ったり、趣味や運動を行うなどストレスをためないことも大切です。
胃腸を健康にすることによって、口臭を抑えることが可能になります。

口臭原因のトップ6⇒ 膿栓(臭い玉)

のどの左奥に見える白い玉が、膿栓です。

扁桃の穴に食べ物カスや細胞の死骸がたまり、細菌が繁殖することで膿栓ができます。
膿栓は臭い玉ともいわれ、実際、つぶすと凄いニオイを発生します。

ところが、膿栓はのどの扁桃部分にあり、他人に対しては臭いものではありませんが、ご本人にとっては白い塊が見えることと鼻にとおる悪臭が気になります。

じつは、膿栓よりも膿栓の元となる膿汁の方が口臭原因となります。
膿汁についてはこちら

膿栓については⇒⇒ 膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

以上が、口臭原因の代表的なものです。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

他にも、内科疾患抗生剤・降圧剤などの服薬によって口臭が起きる場合もあります。

そして、先ほど挙げたすべての口臭原因にドライマウス症が密接に関係しています。ドライマウス症は口や喉が乾く症状です。

ドライマウス症になると唾液分泌が悪くなり、口腔内やのどの細菌が増殖します。その結果として、歯周病や虫歯はもちろん、膿栓や舌苔もできやすくなります。

口臭を根本から改善するためには、ドライマウス症を治すことが重要かもしれません。ですが、ドライマウスを改善するのは難しい部分があります。

だからといって、口臭を我慢する必要もありません。口臭を予防することは可能だからです。そのために、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお勧めしています。

口臭を予防するには、喉と口腔内をきれいにすること。そのためには、美息美人のアルカリイオン水で歯磨き。のどをキレイにするには、ゴロゴロうがいをすることです。

ドライマウスについては⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

今回の記事は、口臭原因についてでした。口臭原因が分かれば改善方法もはっきりします。でも、原因がハッキリしない場合には、本当の口臭原因と適切な対策  を参考にしてくだされば幸いです。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

自臭症と口臭症の違い

自臭症は脳の病気!慢性口臭症を治す認知行動療法とは?

もしかして自臭症?いいえ、それは慢性口臭症!

口臭がしているかどうか不安になり口臭外来に行っても、「臭っていませんよ。」と言われ、鼻の病気が心配になり耳鼻咽喉科を受診しても、「鼻や喉に問題ありません。」と言われたことはありませんか?

その後も原因が分からず、もしかしたら、自臭症かもしれないと悩んでいませんか?

自臭症といえば、自分の臭いが頭から離れず、その不安から幻覚(幻臭?)や思い込みが起きる症状だと一般的にはいわれています。それって精神障害では?

そんなことはありません!
今まで自臭症が治せなかった理由が、NHKスペシャルを見て分かりました。

DL

もし、歯科治療をした後3か月以経っても口臭が消えないのでしたら、脳のDLPFC(背外側前頭前野)が正しく機能していないかもしれません。

あなたが自臭症だと思っているのは誤りで、DLPFCが原因で実際に口臭を感じているかもしれないのです。

今回の記事は、口臭を脳から科学します。認知行動療法を用いた慢性口臭症の治し方を伝授いたします。今まで治らなかった口臭が改善するかもしれません。ぜひご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

治らない腰痛は脳に原因があった

自臭症を解決するために、今から重要なことをお話しします

NHKスペシャル「腰痛治療革命」を見ていて愕然としました。慢性腰痛の原因は腰ではなく脳にあったのです。目からうろこが落ちるとは、正にこのことです。

番組の内容をかんたんに説明しますと、腰痛は今や日本だけではなく世界中の問題になっていて、健康保険が赤字になる原因にも。

ということで、世界中で腰痛を治すための研究がされているそうです。その中で最先端の治療方法が、今からお話しする「脳のリハビリ」。

その前に、脳の仕組みについて。

sutorsu

脳には扁桃体という部位があり、恐怖感、不安、悲しみ、喜びのほか、直観力など情動の処理を行っています。

扁桃体があることで、恐怖を記憶して危険を避けることができます。ですから、とても重要な役割を担っているわけです。

ところが、一日24時間ずっと恐怖や不安などが続くと、人間にとってはストレスになります。そうならないように、脳には、DLPFC(背外側前頭前野)という部位が存在し、興奮を抑えることができています。

このDLPFC(背外側前頭前野)のお陰で、痛みや恐怖、不安が和らいでいるのです。
慢性腰痛症の場合には、ぎっくり腰など腰痛を経験した後に病気が治ってからも、痛みが続くので、今までは原因不明だといわれていました。

ところが、研究によって、じつは扁桃体が暴走したことが原因だということが分かったのです。扁桃体が暴走した結果、病気がないのに痛みだけが起きるのです。

どうしてかというと、恐怖・不安を抑える役目のDLPFC(背外側前頭前野)が働きすぎて、ただしく活動できなくなっているのです。このことによって、痛みが治まらない。それが原因不明の「慢性腰痛症」だったのです。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

原因不明のヘルペス(帯状疱疹)後の神経痛

余談ですが、ヘルペス(帯状疱疹)をご存知ですか?

80歳を過ぎた義父がヘルペスにかかりました。お医者さんにかかり、ヘルペスは3週間ほどで治ったのですが、その後も痛みは続きました。続いたというよりも、半年過ぎても痛みがなくならない。

尋常の痛みではなく、足腰が立たななくなり、トイレに行くにも床を這って行くという状態に。

寝床に入っても、痛みがひどく寝られない。それで、睡眠薬を服用したのですが、それでも痛みが勝り熟睡できない状態が続いていました。

お医者さんに相談すると、「原因ははっきりしていないが、脳が痛みを記憶していてそれが恐怖となって痛みとなっているのです。」ということでした。

その時は、こんなことがあるのかと疑いましたが、老人の「神経痛」もそういう原理だそうです。なるほど。。。

この記事のあとでご説明しますが、脳のリハビリを行ない間違った記憶を解いたことで、義父の痛みは消えていったのです。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

脳のリハビリ作戦

扁桃体の暴走を止めるには、DLPFC(背外側前頭前野)の機能を正常に戻し恐怖や不安を取り除くこと。

正常に戻すには、DLPFC(背外側前頭前野)のリハビリが必要だったのです。

テレビで紹介していたリハビリ方法は、まず、慢性腰痛について正しい知識を持ってもらうことから始まりました。(いつも私が言っている口臭についての正しい知識を持ってもらうのと同じことをしていました。)

「すでに腰痛症は治っている」もしくは、「腰痛症は自然治癒する」ということを脳で理解してもらうために、本人のレントゲン写真や大学病院の説明ビデオ見てもらいます。

このほかにも、体でも感じてもらうために、腰に手を当て(痛くない程度に)体を後ろにそらします。

実際、慢性腰痛の場合には、痛みなくそらすことが可能です。そのことが自信となり、今まで脳に持っていた恐怖を信じていたことに不信感を持つようになります。

すると…機能していなかったDLPFC(背外側前頭前野)が、活動しはじめたのです。その結果として、徐々に痛みが軽減しいつもよりも体を動かすという全循環に。

慢性腰痛で健康保険が苦しくなったオーストラリアでは、この「脳のリハビリ作戦」を国をあげてテレビコマーシャルで流したそうです。その結果、大幅に保険費用が削減されたとのことでした。

日本の健康保険の場合、腰痛治療には国が定める指針があります。じつは、マッサージ・鍼灸・手術などの療法は、上から2番目のグレードBです。そして、脳のリハビリ(認知行動療法と一部の薬物治療は一番上のグレードA。

このように、日本でも脳のリハビリが認められていたのです。知らなかったのは私だけでしょうか?

DLPFC(背外側前頭前野)の疲労が口臭を起こしている

口臭を意識しだしたのは、いつからですか?

人によっては、子供の頃に母親から「あなたの口くさい!」といわれたのがきっかけとなり、何十年も続いている場合があります。お母さんは、歯磨きをしてもらうために言っただけなのですが、ご本人にとっては、心にナイフをぐさりと刺されたほどの痛みだったかもしれません。

このような辛い経験が、自臭症になる原因です。

その大きな痛みの体験から、周囲のどんな出来事でも口臭と結びつけてしまうことにも。毎回、「咳払いをしたのは、私の息がくさいからだ。」と心配するように。

ところが、家族やお医者さんに相談しても、「気にするほどではありませんよ。」と言われ、一人悩み、「もしかしたら、自臭症では?」と思うように。

このような不安状態になると、人と会話するだけで緊張が増します。過度の緊張は自律神経に影響し唾液が出なくなるので口が乾いてしまう。これでは、だれが口臭を発生してもおかしくありませんか。

でも、そのことで脳は確信を持つのです。
やっぱり、私は口臭をしている!」と。

この状態になると、DLPFC(背外側前頭前野)は完全に機能することができなくなっています。すると、扁桃体が暴走して脳は恐怖でいっぱいに。他人に口臭を感じられることにビクビクしている時には、どれだけ些細な臭いでも酷い臭いとして感じるかもしれません。

他人からは、自臭症と思われているかもしれませんが、本人には確かに臭いと感じ、そして、緊張したときには本当に酷い臭いが出ている。このギャップが自臭症という訳の分からない病名かもしれません。

このことが口臭症を悪化させる悪循環を起こしているのです。


もう一ついうと、
口臭は嗅覚ではなく脳で認知されます。
においは鼻で嗅ぎますが、その感覚を神経系統を通っていき、最終的ににおいは脳で認知されます。

このように、口臭を感じているのは脳なのです。
脳が厄介なのは、臭いというにおいに感情を結びつけることにあります。

同じにおいでも、「好きなにおい」の場合には良い香りに。「嫌いなにおい」は悪い臭いに感じるわけです。悪い臭いだとストレスに感じると扁桃体が恐怖へと暴走します。

これで、自臭症の原因が分かったのでは。
それでは、自臭症を治す方法についてお話しします。

もし、あなたが心配している自臭症が慢性口臭症であれば、DLPFC(背外側前頭前野)を機能させないといけません。
DLPFC(背外側前頭前野)が正常に活動をはじめると、ストレスによって発生していた口臭がなくなります。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

認知行動療法

(自臭症だと思っていた)慢性口臭を改善するには、DLPFC(背外側前頭前野)のリハビリが必要です。その方法が認知行動療法というものです。

認知行動療法では、ご自身が自臭症ではないことを理解する必要があります。

→ 口臭が治らない原因を誰も教えないのは何故?本当の原因を知らないから?

自臭症を疑ってもらうために、先ず行ってほしいことがあります。

それは、簡易口臭チェッカーで充分ですから、自分の口臭レベルを確認してほしいのです。口臭が確認できれば自臭症ではないからです。

そのとき、口臭レベルが5段階で2以下だったら、慢性口臭症の可能性が高いです。(レベル0で無い限り自臭症ではありません。)

慢性口臭症の場合には、普段は口臭がしていないのに、人と会うとか話をするときになると怖くなり、急に口臭がします。ですから、歯科でも分かりにくいのです。もちろん、リラックスできる家庭では分からないかもしれません。

慢性口臭症は、リラックスできれば臭わないレベルの口臭だということを知ってほしいのです。その口臭は脳で作られています。

だから、脳のリハビリを行うことで(自臭症だと思っていた)慢性口臭症は改善できます。

脳のリハビリは、次のようにしてください。

人はなにか物事が起きたときに、瞬間的に考えやイメージが浮かびます。これを「自動思考」といいます。私たちの思考や行動は、そのときに浮かんだ思考によって影響を受けます。たとえば…

鼻を押さえた→ 私の息がくさいから。

このように自動思考することが原因となって、扁桃体が暴走しDLPFC(背外側前頭前野)が働かなくなっているのです。

そうならないためには、事実と認知(意味づけ)を切り離すことが大切です。たとえば、こうです。

相手が鼻を押さえたときの考えられる理由を考えます。

鼻を押さえた→理由①私の息がくさい。理由②鼻がかゆい。理由③鼻を押さえる癖がある。理由④偶然。理由⑤私以外のにおいを感じた。理由⑥相手自身が口臭を心配している。理由⑦鼻毛が気になった。

事実はどれか分からないのですが、慢性口臭症(自臭症)の場合には、「自動思考」をしてしまいます。意識しない限り、人の考えは習慣だからです。

相手が鼻を抑えた時にどう感じましたか?思い出してください。

・自分は嫌われているかもしれない。→不安・つらい・さびしい

・鼻を押さえるなんて非常識だ。→腹が立つ・怒り

もし、①以外の理由だったら、どう感じますか?

・誤解して申し訳ない→少しの安心・ゆったり

このように、認知(意味づけ)と感情を分けて考える訓練が、認知行動療法です。

不安で緊張しているときに、「緊張しないように」と言われてもできないのが普通です。認知行動療法では、緊張したとき認知(意味づけ)と感情を別々に考えるようにします。

この訓練を繰り返すことで、過剰な心配・恐怖を克服することが可能になります。

そして、これまで自臭症と勘違いしていた「慢性口臭」が克服できます。

自臭症ではなく、口内細菌が原因で口臭がしている場合には、丁寧に歯磨きやうがいを行うことが大切です。その場合は、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がお勧めです。

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

美息美人(びいきびじん)で歯磨きを行うと、すぐに歯がツルツルします。これは、歯垢が取れたからです。歯垢は細菌のかたまりですから口臭の原因になっています。じつは、歯磨きやうがいをしたときに、歯に着いている歯垢だけではなく、舌に付着しているプラークや喉の細菌も除去されているのです。

歯がツルツルしたことを実感することで、本当に口臭が改善されるということを脳で理解してもらう。これが脳のリハビリになります。

だから、口臭が改善される人が多いのですね。

番組内容はこちらから : NHKスペシャル「腰痛・治療革命」


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

頑固な口臭が簡単に治る方法

頑固な口臭が治った方法とは

私が話しだすと必ず鼻を手で押さえられていたーしかし、美息美人(びいきびじん)を使い出すと…

これは、私の体験談です。

今でこそ、口臭チェッカーで測ると口臭レベル0(臭い時でも1~2が最高値)だということを自慢にしている私ですが、口臭で悩んでいた時期がありました。

口臭チェッカー

その頃一番嫌だったのが、私が話し出すと相手の人が、鼻を手で押さえる仕草です。

これって、「お前の息、臭い。迷惑だ!」と言われているのと同じです。時には、仕事の車に同乗していた人が、鼻を「くんくん」と嗅ぐので、「やっぱり、臭っているんだ。」と、至近距離で人と話す自信がなくなりました。

営業で話すことが仕事の私にとっては、「話すこと」を封じられたのと同じで、仕事になりませんでした。仕事で人と会っても、話す内容よりも「口臭がしてないだろうか?」と気になっていたのです。

そんなことから、口臭に効きそうな歯磨き粉を片っ端から使いました。口臭予防歯磨き粉のおすすめは、こちら「簡単にできる口臭対策8つ!歯磨き粉、食べ物、ガム、効果的なのは、、」をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法



でも、どれも、効果は表れず。。。。

やっぱり、歯医者にかかって虫歯や歯周病をきちんと治療しないと口臭は治らないんだ。」と、虫歯も歯周病も治療したのですが、話す相手の鼻と手で触る仕草は依然として変わらず。
歯はきれいになったけれど、口臭は治ってない。」ということです。歯周病におすすめの歯磨き粉は、こちら「歯周病に効く市販の薬と歯磨き粉はコレ!正しい使い方はコレ!」をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

それから、口臭に関する記事や書物は片っ端から読み研究しました。ついには、日本口臭学会にも入会しました。今も会員です。

ここまで、私の体験を読まれて、何かを感じられたのではないでしょうか?お金と時間をかけてこれほど努力したのに口臭が治らなかった私が、どうして、ある日を境に簡単に治ったと思いますか?

頑固な口臭が簡単に治った2つの理由

一つは、口臭原因が分かったことです。口臭原因が分かれば、口臭を治すことは可能です。ですから、口臭原因が分かったことは大きな収穫でした。

ここでは、口臭原因をかんたんに説明します。
口臭原因について詳しくは、『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

大きな口臭原因は4つ

膿栓の図解

◎舌苔
◎喉(膿栓・膿汁)
◎唾液
◎歯周病

健康な歯ぐきと歯周病の歯ぐき

この4つの口臭原因は、すべて唾液の分泌が少ないドライマウスによって起きています。ですが、ドライマウスになる理由は、精神的ストレスや糖尿病、シェーグレン症候群、薬の副作用など、対策がかなり困難なものばかりなのです。

これが、口臭が簡単には治せない理由です。特に喉からの口臭は、人によって原因も様々なので、より困難を極めます。

喉の図解

一言で「喉からの口臭」といっても、蓄膿症や花粉症が原因で後鼻漏になっているケースもあれば、痰や胃食道逆流症が口臭の原因になっていることもあります。

健康な人でも痰はでます。それなのにどうして口臭が発生する人としない人がいるのでしょう?

肺や気道から分泌される痰は、ふつうは唾液で洗い流されます。ですから、口臭が起きることはありません。ところが、ドライマウス症の場合には唾液が少ないために、痰を洗い流すことが出来ず、喉にへばりつきばい菌が増えます。

喉にばい菌が増えれば、膿栓や膿汁(のうじゅう)ができるので口臭はひどくなります。臭い玉をうがいで取る方法については「膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?」をご参考にしてください。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

ネットで調べても、今私が言っていることまでは説明されているのですが、「じゃあ、どうすれば治るのか?」という具体策を教えてくれるものは皆無と言ってもいいくらいです。

最終的には、「口臭外来に相談してください。」でしめくくられているのです。
口臭になる原因は分かっても、「じゃあ、どうすれば治るのか?」という具体策がないと、口臭は治りません。

そこで、思案の末に開発したのが、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」だったのです。

歯磨き指導
これが、頑固な口臭が簡単に治った2つ目の理由です。

美息美人はホタテ貝殻を成分にしています。99.8%が、歯のエナメル質と同成分のカルシウム、リンなどのアパタイト成分からなります。

これを水に投入すると、強い自然のアルカリイオン水ができます。アルカリイオン水でうがいをすることで、口腔内の汚れを除去しやすくなります。

バイオフィルム

うがいとブラッシングによって、歯周ポケット、舌の表面、喉、口の頬、唾液に付着した口臭原因菌や菌のエサとなるたんぱく質を簡単に落とせるのです。

すると、どうなると思いますか?

口腔内と喉が清潔になるために、口臭がなくなるのです。

当然と言えば当然ですが、口臭を治す方法はじつにシンプルだったのです。

この2つのことを手に入れたことで、口臭が激減し私の人生は変わりました。
私だけではなく、その後、頑固な口臭で困っていた多くの人達も同じように、改善されているのが何よりの証拠です。お客様の声もご覧ください。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報