臭い玉(膿栓)」カテゴリーアーカイブ

口臭の原因となる臭い玉(膿栓)についての記事を集めています。臭い玉(膿栓)の症状、できる原因、対策について説明している記事をご紹介しています。

膿栓を取りたい女性

臭い玉の除去は病院がおすすめ!扁桃の除去も視野に入れる

「膿栓の取り方を教えてください」というご相談が多いです。膿栓があるために、喉の違和感や口臭で困るからです。

綿棒や箸を使って膿栓を取る人もいますが、喉に炎症をおこしたり出血することもあるのでおすすめできません。たとえ膿栓を除去できたとしても、膿栓があった穴に空洞ができて、余計に膿栓ができる原因になります。

耳鼻科に行かずに、このようにご自分で膿栓を取ろうとするのは、膿栓があることが恥ずかしいからかもしれません。しかし、膿栓は誰にでも出来るものなので恥ずかしがらずに受診し相談される方がいいです。

膿栓の取り方には、昔から民間療法的なものがありますが、あまり効果はありません。下手に膿栓対策を続けていると扁桃炎を慢性化する恐れもあります。

ですから、今回の記事では、膿栓の取り方について耳鼻科の治療法から民間療法までご紹介します。膿栓を取りたいけれど取れないとお困りでしたら、ぜひご参考にしてください。

臭い玉を除去するのは病院がおすすめ

慢性扁桃炎で膿栓ができる

口臭がひどいとか喉の違和感が続く場合には治療が必要かもしれないので、耳鼻科を受診されることをおすすめします。

耳鼻科での治療・洗浄

膿栓を取り除くために耳鼻科にかかると、腫れや痛みなど炎症がひどくない場合は、「そのまま何もしないでも大丈夫!」と言われるか、吸引や洗浄によって膿栓を除去する治療を行うことがあります。

→ 耳鼻咽喉科で「膿栓はほっておきなさい」と言われたが解決しない!そんな時の解決法はこうする

耳鼻科での膿栓の取り方

この図は、耳鼻科で臭い玉(膿栓)を取る方法です。臭い玉(膿栓)が表面に出ている場合は、ピンセットで取ります。穴の中にある臭い玉(膿栓)は、専用器具で吸引したり、扁桃を圧迫して外に押し出します。

耳鼻咽喉科で相談すれば、膿栓を取ってもらえるかもしれません。

ただし、ケースバイケースです。多量に臭い玉(膿栓)があるとか、高熱を出すとか、口臭で困っている場合でないと簡単には取ってもらえないようです。

吸引法で臭い玉(膿栓)を取ってもらうと、治療費は保険(3割負担)で120円です。でも、耳垢を取るのと同じで、膿栓がたまるたびに取る必要があるので、そのたびに何度も耳鼻科に行かないといけません。

膿栓がよく溜まるために何度も除去することを繰り返している人もいます。しかし、膿栓を除去しても根本原因を治さない限り、解決することはないでしょう。

臭い玉(膿栓)がよくできる場合は「臭い玉(膿栓)を出来なくする方法!」をご参考にしてください。

扁桃の除去手術

扁桃腺の除去手術

耳鼻科で膿栓が出来ないようにする方法があります。

それは、口蓋扁桃摘出手術 です。

でも、口臭ぐらいでは、手術はしてもらえません。手術をしてもらうためには、条件として何が必要なのでしょうか?

それは…

  • 扁桃肥大で、睡眠時無呼吸症やいびきがでやすい場合
  • 慢性扁桃炎で風邪を引きやすかったり、急性中耳炎、蓄膿症が治らない場合
  • 腎炎や関節リウマチなどとの合併症で体に悪影響を及ぼす場合
  • 悪性リンパ腫良性の扁桃腫瘍ができた場合

口蓋扁桃の除去手術を行うためには、この内のどれかが当てはまる場合です。臭い玉(膿栓)をできなくしたいのであれば、勇気をだして耳鼻咽喉科でご相談されてはいかがでしょう。

うがい

うがいで膿栓がとれる

耳鼻科の医師によると、口蓋扁桃の除去手術が怖い場合には、「うがい」がいいそうです。うがいを行い喉を清潔に保つことで、臭い玉(膿栓)ができにくくなるからです。詳しくは『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

うがいだけでなく、いびきを直したり舌苔の清掃をすると、かなり膿栓を予防できるのでおすすめします。

うがいやマスク、また鼻呼吸を心がけたり、歯や舌の汚れを取ったりするなど、口の中を清潔にすることで、通常の膿栓はかなり予防することができます。
引用:福井新聞 喉から臭い塊、口臭気になる 福井県立病院耳鼻咽喉科医長

できれば、イソジンなど殺菌効果のあるうがい薬を使用すると、喉を清潔にできます。でも、毎日使うのは抵抗があるかもしれません。

膿栓の取れるタイミング

但し、うがいで取れるのは一部の臭い玉(膿栓)だけです。臭い玉(膿栓)が扁桃の表面にポツンと付いていて、いつでも取れそうな状態にあるものだけです。

アルカリイオン水のうがい

私からのおすすめは、アルカリイオン水を使ってうがいを行う方法です。アルカリイオン水といっても、美息美人(びいきびじん)でないとだめです。

美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水は強アルカリのために、汚れを取りやすため、臭い玉(膿栓)も取れやすいです。

膿栓が溶かされる

また、毎日アルカリイオン水でうがいを行うことで、喉の清潔を維持できるため臭い玉(膿栓)の予防にもなります。

膿栓ができなくなる

喉のうがい方法について詳しくは『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

それに、無添加のため安心して毎日うがいができます。臭い玉(膿栓)でお困りでしたら、ぜひお試しください。

臭い玉の民間療法

これからご紹介するのは、科学的根拠がないけれど一部で効果があるといわれている民間療法による膿栓の取り方です。おすすめではありませんが、このような方法もあると言うことだけでも知っておくと良いかもしれません。

のどぬーるスプレー

扁桃の膿栓がある部位をめがけてのどぬーるスプレーを吹き付ける。

すごく苦いんですけど、のどぬーるスプレーというのがって喉の奥にびゅってかけると殺菌してくれるやつです。これがバッチリ膿栓にあたると1,2日でなくなります。でも当てるのがめちゃ大変だし苦いんですよね・・・
引用:Yahoo!知恵袋

漢方薬

膿栓は免疫低下と関係があるため、民間療法として漢方薬を飲む人がいます。

荊芥連翹湯が効くのではないかと思います。荊芥連翹湯を調べてご自身の症状、体質に合いそうでしたら飲んでみる価値はありますよ
引用:Yahoo!知恵袋

緑茶でうがい

緑茶や紅茶でうがいを行う人がいます。お茶に含まれるカテキンの殺菌作用に期待をしているからだと思いますが、実際はうがいによる洗浄効果の方が高いです。

予防法は『緑茶や紅茶でのうがい』
これは、緑茶や紅茶に含まれるカテキンの効果で、膿栓のもととなる、細菌やウィルスの増殖をある程度防ぐことが出来るというものです。
引用:Yahoo!知恵袋

まとめ

膿栓(臭い玉)の取り方について、耳鼻科の治療から民間療法までご紹介しました。

しかし、膿栓は厄介です。たとえ膿栓を除去したとしても、慢性扁桃炎などの疾患が治らないと何度でもできるからです。

膿栓対策で大事なのは膿栓の除去もありますが、根本的な原因になっている疾患やドライマウスを改善することが重要です。喉の疾患が慢性化しないためにも、喉の違和感が続く場合は耳鼻科を受診されることをおすすめします。

歯磨きしても気になる女性

膿汁(のうじゅう)が口臭になっている!取り方と予防の方法は?

丁寧な歯磨きや歯周病治療をしても口臭が治らない。それどころか、定期的な歯科検診までしても口臭が改善しないし、歯医者さんに口臭のことを相談しても、「特に問題ありません。」と言われるだけで原因が分からない。

もし、そのような場合には、一度、膿汁(のうじゅう)を疑ってみてください。膿汁は字のごとく「膿の汁」ですから、腐敗臭を発生します。そのため、口臭の原因になります。

一般的に「膿汁」というのは、副鼻腔炎になるとたまる膿のことを言いますが、扁桃炎によっても膿が生まれます。扁桃の陰窩(いんか)にたまる膿は食べかすなどと固まると膿栓になります。

膿汁は、後鼻漏などの粘液と混じり喉や舌に付着すると口臭原因になります。何をしても口臭が治らないときは、膿汁(のうじゅう)を疑ってみてはいかがでしょう。

今回の記事は、口臭の原因となる膿汁の除去法と予防についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

膿汁とは

膿汁は口蓋扁桃の陰窩(いんか)や腺窩(せんか)と呼ばれるくぼみにたまります。固まると乳白色や黄色の塊「膿栓」になります。膿汁は細菌や細胞の死がいが腐敗したもので臭く、口臭の原因となります。そのため、「膿汁を取りたい」という人が多いのではないでしょうか。

膿汁があると、唾液も臭くなり口臭もひどくなるのでご注意ください。

関連記事:布団に付いたよだれの臭いの原因と対策

膿(うみ)

膿汁は膿(うみ)の汁と書きます。細菌が集まってできるので、汚い、臭いというイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、膿汁は、喉に入ってきた細菌やウイルスをやっつけて防御する「扁桃の免疫プロセス」の結果として生まれる副産物です。

私たちがけがをした時、傷(きず)が化膿(かのう)して、膿(うみ)が出ることがあります。膿は、侵入しようとする細菌を防ぐために、白血球が闘った跡(あと)なのです。白血球のような食細胞は、体内に入り込もうとする細菌を食べることで、病気の感染を防いでいます。

引用:日本製薬工業協会

喉にできる膿汁も、傷が化膿したときの膿と同じものです。だから、膿汁は臭く、口臭原因になるのです。

喉に細菌が増えて膿汁ができる

喉の奥にある口蓋扁桃(扁桃腺)をはじめとした咽喉内の扁桃は、進入してくる細菌やウイルスなどを殺し、体内への侵入を防ぐ働きがある。

引用:Wikipedia

膿が固まると膿栓になる

扁桃で生まれた膿汁が固まると、扁桃結石(膿栓、臭い玉)と呼ばれるようになります。

膿栓は扁桃腺で免疫システムが細菌などと戦った結果の産物や食べ物のかすなどが合わさったものと考えられます。

引用:板谷耳鼻咽喉科

扁桃のくぼみに、細胞の死がい、細菌の死がい、食べ物カスが溜まり膿汁が固まると膿栓ができます。膿栓は汚れがたまると大きく成長して扁桃の表面に出てきて見えるようになりますが、扁桃の形や膿栓の状態によっては、隠れて見えないこともあります。

扁桃腺に膿栓ができる

扁桃の表面にある腺窩と呼ばれる小さな穴に、剥脱上皮、リンパ球や白血球、細菌塊、炎症性崩壊産物、脂肪酸、コレステリン、燐酸石灰、食物残渣などが溜まることにより(膿栓が)形成される。

引用:Wikipedia

→ 口臭の元、膿栓がよくできる人の根本原因と予防策!

→ 臭い膿栓の取り方にはコツがあった!安全で嘔吐反射しない方法とは

痰に混じる膿汁

膿栓の取り方…咳

扁桃の膿汁だけでなく、喉の粘液(痰や後鼻漏)に混じる漿液粘膿性の膿汁もあります。

専門的には「喀痰(かくたん)」といわれます。「痰(たん)」と言うと分かると思いますが、それでは痰についてどれだけご存知でしょうか?

いろんな喀痰

  • 粘液性:白くねばねばした痰
  • 膿性:黄色い色で強い粘りがある
  • 粘膿性:粘液性と膿性が混じった痰
  • 漿液(しょうえき)性:水のようにサラサラで無色透明
  • 漿液粘膿性:漿液性と粘液性と膿性がまじった痰
  • 粘性線維素性:粘りがあり、透明感のある鉄さびのような赤茶色の痰
  • 血性:血の混じった痰(痰はなく血だけが出てくるのは喀血(かっけつ)と言います)

引用:長寿科学振興財団

この場合の膿汁は、痰に膿が混じる「膿汁」と理解してください。舌の奥(根本)には舌扁桃があるため、この部分に膿汁がよくできます。

舌扁桃にできる膿汁

この他にも、副鼻腔炎になると、副鼻腔にたまった膿が喉に落ちる(後鼻漏)鼻汁も膿汁と読んでいます。

→ 鼻の中が臭い!原因不明の場合は蓄膿症に注意、「3割の裏にある後鼻漏」

後鼻漏

痰の症状には咳があります。気道に痰がからむと咳をして外に出そうとしますよね。これは、痰(膿汁)があると、喉がイガイガするからです。

→ 喉の奥がネバつくのは膿汁が原因だった!?膿汁を出なくする方法とは?

膿汁・膿栓ができる原因

喉が粘つく女性

膿汁・膿栓は、鼻や喉に細菌やウイルスが感染することからできます。

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 気管支炎
  • 気管支拡張症
  • 肺炎
  • 肺水腫
  • 副鼻腔炎(ちくのう)

引用:長寿科学振興財団

慢性的に膿汁がある場合は、慢性扁桃炎が原因かもしれません。慢性扁桃炎には、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎でドライマウスの人がなりやすいです。膿汁が治らない場合は、耳鼻咽喉科を受診されることをおすすめします。

→ 扁桃腺は膿栓の溜まり場だった!?膿栓が溜まる理由と対処法とは?

膿汁が口臭原因になる

えっ!臭くない?

細菌が口臭を発生する

膿の中にある細菌は、食べ物カスや唾液に溶け込んだタンパク質を分解し、メチルメルカプタン、硫化水素などの揮発性硫黄化合物を生み出します。この臭い物質が気化して口臭となります。

口を閉じたままにしていると、喉に口臭が充満し、しゃべると口臭が一辺に外に出ます。だから、膿汁があると口臭がよくします。

膿汁は舌苔の原因になる

膿汁は、舌の根本付近に良く付着します。そのため、舌に細菌が感染し舌苔(ぜったい)を作ります。舌苔からも硫黄化合物ができるために、口腔が乾燥すると口臭が発生します。

多くの場合、舌のずっと奥のところに白い膜が現れるが、それはこのような硫黄化合物の固まりである。もしその膜が黄色く変わり始めたら、症状が慢性化してきている、という徴候である。(硫黄の色は黄色い。)
引用:Dr. Harold Katz の 口臭バイブル

→ 舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

膿汁の除去方法

喉うがいで口臭予防

膿汁や膿栓は、耳鼻咽喉科で除去してもらうことができます。耳鼻咽喉科では、扁桃の周りを圧迫して出したり、吸引や洗浄することで扁桃の陰窩の中の膿汁や膿栓を取り除きます。

しかし、膿栓や膿汁を除去しても一時的なものなので、軽度の場合には「膿栓を取る必要はありませんよ。」と言われることも。口臭や喉の違和感がひどい場合は、相談すると「膿栓を取ってくれる」お医者さんもおられます。

膿栓が出来る時には、喉や扁桃に炎症が起きているので、炎症を抑える薬または抗生剤と、うがい薬を処方されるのが一般的です。

自分で膿栓を除去している人もおられますが、喉を傷付けるリスクもあるのでおすすめしません。

>>口臭の元「膿栓」を取り除き・予防する方法を知っていますか?

膿汁を除去するには、アルカリイオン水を使用してのうがいがおすすめです。うがいによって口臭を予防できるようになります。

膿汁・膿栓の予防

膿汁と膿栓をできないように予防するには、唾液腺のマッサージなどで唾液の分泌を促すことが有効です。また、歯磨きと舌ケアを丁寧にして口内環境を清潔することも大切です。

膿汁の予防は、根本原因となる疾患の治療を受けることが大事ですが、それ以外にも自身でできるケア方法があるのでご紹介します。

  1. 歯磨きケアによるプラークコントロール
  2. 喉うがい
  3. 舌清掃
  4. 口呼吸・いびきなどの改善
  5. タンパク質(乳製品、赤身の肉、豆類)を避けた食事
  6. 睡眠不足、過労、ストレスをためない
  7. 降圧剤、抗うつ剤、抗コリン剤など唾液が減少する副作用の薬を見直す
口臭が気になる女

口臭の元「膿栓」を取り除き・予防する方法を知っていますか?

次の症状で困っていませんか?

歯磨きしても口臭がする
>歯科治療しても口臭が治らない
>喉がイガイガする
>喉に白い粒が見える
>くしゃみをしたら、黄色い玉が出てきた
>喉の奥からねばねばが出てくる

もし、このような症状がありましたら、膿栓(臭い玉)の可能性が高いです。

臭い玉はどこ?

膿栓が出来ると、どんなに歯磨きをしても口臭が治りません。そのため、このような問題が起きるかもしれません。

口臭が気になる女性

  • 朝おきるとドブ臭い!
  • 妻や子供から口臭を指摘される!
  • 接客や営業の障害になっている!
  • 恋人をつくることに消極的になっている!
  • 友達と明るくしゃべれない!

喉からの口臭を解決するためには、膿栓を取り除くしかないのです。しかし、膿栓を取ることは、様々なトラブルの原因になるのでおすすめできません。

膿栓の取り方…爪楊枝

たとえば、、、

  1. のどを傷付ける、出血する。
  2. ばい菌に感染する。
  3. 喉に炎症を起こし発熱する。
  4. 膿栓がたまる扁桃の穴が大きくなり、悪化する。

口臭を解決するためには、膿栓を除去しないといけない。でも、膿栓を取るのは危険です!

それではどうすれば良いのでしょう?

安全に膿栓を取るためには、耳鼻科で除去するのが良いかもしれません。耳鼻科では専用の器具を使用して吸引や洗浄してくれるでしょう。

しかし、この方法は、喉に物を入れられると「おぇ。」となる嘔吐反射が強い人には不向きです。

それだけではありません。膿栓が厄介なのは、何度取ってもできることにあります。膿栓対策で最も重要なのは、「膿栓を出来なくすること」です。

完全な膿栓対策をするためには…

  1. 膿栓を除去する
  2. 膿栓を予防する

この二つが効果的にできると、喉のイガイガとドブ臭を解決できるようになります。

膿栓の除去と予防で効果を上げているのが、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のアルカリイオン水です。方法は、喉のガラガラうがいをするだけです。

喉の奥に届くようにうがいをする

どうしてうがいだけで「膿栓が取れて予防まで出来るの?」と疑いたくなりませんか?

それは、アルカリイオン水の働きにあります。次の図はアルカリイオンが膿栓(臭い玉)の表面のタンパク質を溶かすイメージです。

膿栓ができた

膿栓が溶かされる

膿栓ができなくなる

膿栓が取れた後も、アルカリイオン水を使ってうがいを行うと、喉を清潔に保つことになり膿栓が予防できます。

それでは、実際にアルカリイオン水を使用して効果を上げている人たちの声をご覧になってください。

hahajun様 ★★★★★

私は、小さいころより扁桃腺が大きくて、風邪を引けば喉を腫らして苦しんできました。
その挙句、中年以降に扁桃腺に白い塊が入り込んで、それが口臭になっていたのですが、耳鼻咽喉科でも相手にされず苦しんでいました。

ネットで調べてそれが膿栓(のうせん)というものだとわかりました。たまたま美息美人に出会ったときに、膿栓に効いたという書き込みに出会い、すぐに注文しました。それ以降もう数年になります。

最初に使用したころの事を思い出しました。
使い始めて10日ほどで膿栓が少しずつ歯磨きのたびに簡単に取れるようになり,やがて膿栓が出来なくなりました。
それでも、体調が悪い時には、臭うように感じる時などありましたが、その都度美息美人でウガイして治しました。

膿栓の苦しい思いを2度としたくありませんので私は一生この美息美人を使い続けます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

BARNEYS様 ★★★★★

正直、何十年も自分の口の臭いが気になり、たくさんの歯医者や歯磨き粉など色々と試してきました。
しかし、虫歯は無いし、歯周病が少し位で、悪いところは無かったのですが、口臭が気になり、人と話す時には自然に手で口を抑える様になっていました…。

たまたま、調べていたらこちらのサイトを見て何故口臭が起きるのか、何が原因でどうしところたらよいか…など、丁寧に書かれていて、膿栓と言う言葉も初めて知りました。

知って良かったです!美息美人を使用して、膿栓と口臭が気にならなくなり、人と自信を持って話せる様になりました!
私の場合、鼻も悪いのでそちらの治療もしつつ、この歯磨き粉はもう手放せません。本当に試してみて良かったです。

みみこ様 ★★★★★

5年ほど前から膿栓に悩まされていました。それと同時に口臭が気になっていました。
膿栓は、耳鼻咽喉科で取ってもらってもすぐに膿栓ができたり、舌が真っ白だったので口臭予防にマウスウォッシュでうがいをしてましたが、効果がなかなか続かなかったりで何年も悩んでいました。

2年ほど前にネットで検索してたら「美息美人」を見つけダメ元で注文して使ってみました!
2~3週間経った頃から膿栓が出にくくなり、コットンで舌を拭き取っていくうちに白い舌もきれいになってきました。

今では膿栓はほとんどできなくなり、口臭も気にならなくなりました!これからもずっと使い続けていきたいと思います!

はな様 ★★★★★

以前からずっと口臭が気になっていました。朝、一生懸命歯磨きをしてもすぐに口の中が不快になり、匂いがあるような気がしていました。

人と話すと鼻を覆うような仕草をされることも多々あり、悲しい思いをしてきました。

しかし、美息美人を使い始め、すぐに口の中が不快な感じがすることが減りました。食後すぐに歯磨きができない環境でも、うがいだけするだけで、かなり効果が感じられました。人と話すのが少し怖くなくなりました。
ぜひ使い続けたいと思います!

今ご紹介したコメントは、1,500件以上あるコメントのほんの一部です。

もし、膿栓や口臭でお困りでしたら、一度「口臭予防歯磨き粉美息美人」のレビューをご覧になってみてください。

この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書きました。

膿栓がうがいで改善する美息美人

膿栓をアルカリイオン水のうがいで取る

膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

膿栓が取れるアルカリイオン水について

臭い玉「膿栓」は口臭の原因になるため一日も早く取り除きたいと思っていませんか。しかし、「膿栓が上手く取れない」、「取ってもすぐにたまる」と困っている方が多いです。

その理由は、膿栓は扁桃の小さな穴の中にたまるため容易には取れないからです。無理に膿栓を取ろうとすると、喉粘膜に炎症を起こすなどのリスクもあるのでおすすめではありません。

それに、膿栓を除去しても慢性的な扁桃炎があると、何度でも膿栓は出来ます。耳鼻科での治療も大切ですが、臭い玉「膿栓」はうがいで取れます。

うがいにアルカリイオン水を使うと、膿栓が取れやすく、また毎日アルカリイオン水でうがいを行うことで、うがい薬よりも膿栓の予防効果が高まります。

それは、アルカリの作用に秘密があるからで、どのアルカリイオン水でうがいをしても良いという訳ではありません。

今回の記事は、膿栓を取ることができるアルカリイオン水の種類についてと、アルカリイオン水うがいの方法についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

膿栓はうがいで取る

口臭が気になる、喉の違和感がつらい。そのため、膿栓を取りたいけれど取れないとお困りではないでしょうか。簡単に膿栓が取れない理由についてご説明します。

扁桃腺に膿栓ができる

膿栓は、喉の扁桃腺にある「腺か」や「いんか」と呼ばれる小さな穴の中にたまります。そのため、「見えないけれど臭い。」など訴えられる人が多いのです。

そのような膿栓ですから、容易には取れません。しかし、扁桃腺の穴に汚れがたまり膿栓が大きくなると、扁桃腺の表面に見えるようになります。この時期になると食事や咳などで取れてしまいます。

それでも、膿栓の粘着力が強くいつまでも残ると、喉の違和感が続きストレスがたまることでしょう。そのような時には、小まめに「うがい」を行うことをおすすめします。見えている膿栓のケースでは、うがいによって取れることがあります。

関連記事

臭い玉って聞くけど何?人には聞けない口臭の元、臭い玉について教えます
扁桃腺は膿栓の溜まり場だった!?膿栓が溜まる理由と対処法とは?
膿栓が見えない時の取り方と注意点について

膿栓をアルカリイオン水うがいで取る

うがいは水でも構いませんが、アルカリイオン水を使う方が膿栓の除去が容易になります。

うがいの仕方

膿栓をアルカリイオン水のうがいで取る

うがいが最も安全に膿栓(臭い玉)を取る方法であることは間違いなく、またそれだけではなく外から入ってくるウイルスや細菌などの異物を取り除く効果があります。

しかし意外と知られていないのが、「正しいうがいの仕方」。

「うがいなんて、なんとなく口に含んでガラガラしておけばいいのでは?」と考えている人が多いのですが、それは間違いです。正しいうがいの仕方を確認しておきましょう。

アルカリイオン水を口に含み、唇を閉じて頬の筋肉を動かして、グチュグチュと口の中を洗って吐き出します。

これでまず、口の中の汚れを除去します。いきなりうがいをすると、喉をさらに汚してしまうことになるからです。

口の中の洗浄ができれば、その後に喉うがいを行います。うがいは「ガラガラ」とか「ア~」ではなく、「オ~」と発声します。「オ~」と発声することで喉の奥まで水を含ませることができるのです。

正しくうがいをして、つねに口腔内を清潔に保ち、膿栓(臭い玉)を予防しましょう。

関連記事

口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

舌苔うがい!口臭を防ぎ成人病まで遠ざけるすごい健康法

うがいのコツ

膿栓(臭い玉)を取るコツ

うがいをしたからといって、膿栓(臭い玉)は簡単に取れないことの方が多いです。それは、膿栓(臭い玉)の一部が扁桃の穴の中に埋まっているからです。

また、人によっては、膿栓(臭い玉)が粘膜にしっかりと付着している場合もあります。だから、うがいにはコツが必要です。

うがいは臭い玉をねらう

【うがいのコツ】

  1. 水が扁桃に当たるように、首を傾けてガラガラとうがいを行う。
  2. 膿栓(臭い玉)ができやすい方の扁桃を集中的に当てる。
  3. 水を吐き出すときに、痰を切るように吐き出す。
  4. うがいは、喉を傷めるまでし過ぎないこと。

関連記事
臭い玉・膿栓が簡単に取れるコツについて具体的な方法を教えます

アルカリイオン水の効果

膿栓(臭い玉)が出来ないようにしたい

アルカリイオン水というと「重曹水」を連想するかもしれませんが、実際、重曹のpHはというと弱アルカリ。この程度のアルカリでは、消臭効果はあるかもしれませんが、プラークなどの汚れを落とすのは困難です。

市販のアルカリイオン水のアルカリ度は…
・キリンアルカリイオン水…ph8.8~9.4(弱アルカリ)
・美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水…平均ph10.5(強アルカリ)
・重曹…ph8.4(弱アルカリ)
・整水器…ph7~10(弱アルカリ)

引用:アルカリイオン水のうがいは、口臭予防になるのだろうか!?

何度も申しますが、水でうがいをしても膿栓(臭い玉)は取れません。イソジンのうがい薬でも水と同じで膿栓(臭い玉)を取ることはできません。

このように言うと、「水(又はイソジン)でうがいした時に膿栓(臭い玉)が取れた。」と仰る方がおられますが、この時の膿栓(臭い玉)は特にうがいをしなくても自然に取れる状態にあったと考えられます。

膿栓(臭い玉)と臭い粘液(膿汁のうじゅう)の二つを同時に取り除くことが大事です。これを除去しない限り、膿栓(臭い玉)は何度でも出来、喉の違和感や口臭を改善することはできないからです。

効果的にうがいを行うには、アルカリイオン水がおすすめです。

口臭が消える美息美人

膿栓(臭い玉)を効率よく対策する方法としては、アルカリイオン水でうがいを行なうことが有効です。

アルカリの作用でタンパク質からできている膿栓(臭い玉)や膿汁を粘膜からはがしやすくします。

次の3つの図は、アルカリイオン水でうがいを行うことで膿栓(臭い玉)が取れ、その後もうがいで洗浄すると膿栓ができないように予防できるということを表したイメージ図です。

扁桃腺に膿栓(臭い玉)ができています。

膿栓ができた

アルカリイオン水でうがいを行うと、膿栓(臭い玉)の表面が溶かされるので、粘膜から外れる。

膿栓が溶かされる

その後もうがいを行うと、膿栓(臭い玉)ができなくなる。

膿栓ができなくなる

水うがいで膿栓を取ることは難しいのですが、「アルカリイオン水」でうがいを行うと膿栓が良く取れます。どうしてだと思いますか?
膿栓や粘液(膿汁)はたんぱく質からできているため、アルカリイオンの作用で膿栓の表面を溶かすからです。
だから、水うがいで取れなかった膿栓が、アルカリイオン水で取れるようになります。

それでは、美息美人でなくても、市販のアルカリイオン水でも同じ効果があるのでしょうか?
中性で生きる口内細菌は、強い酸性と強いアルカリでは死滅します。ですから、美息美人のようにph(アルカリ度)が強くなければ効果は少ないのです。

引用:美息美人はアルカリイオン水の歯磨き粉!効果や使い方について

関連記事

膿栓はうがいで取れる!喉うがいで口臭予防ができます
舌が白い!!それならアルカリイオン水でうがい!?

うがいで予防

口臭をアルカリイオン水で消す

アルカリイオン水で毎日うがいを行なうことで、膿栓(臭い玉)が取れやすくなります。膿栓が扁桃のくぼみから出ていると、うがいをするだけで膿栓が取れることがありますが、おすすめはアルカリイオン水です。

うがいで喉(のど)がきれいになると、膿栓(臭い玉)と口臭を予防できます。

うがいの効果については、サラヤHPに載っていたのでご紹介します。

    • 適度の刺激が粘液の分泌や血行を盛んにする
    • のどに潤いを与え、粘膜の働きが弱まるのを防ぐ
    • ホコリなどを粘液とともに上気道から洗い流す
    • 口腔粘膜への細菌の付着を抑え、定着しにくくする
    • のどや口腔を消毒する※
    • セキを抑え、タンを除去します。のどの痛みを抑える
    • 口臭の元になる汚れを除き、口臭の発生を防ぐ
    • 口腔内を殺菌・消毒し、虫歯を予防する※
    • さわやかな後味が、口腔内に清涼感を与え、口臭を抑える※
  • かぜの予防効果が実証されている

※うがい薬使用時
引用:サラヤ株式会社

また、うがいを行うと膿栓も予防できると耳鼻科医師もすすめています。

(膿栓が)気になる人は、うがいでのどを清潔に保つことが一番です。水かうがい薬で4回以上のうがいを1日3度ほどすれば、細菌の増殖は防げるはずです。

引用:かみむら耳鼻咽喉科

うがいをするだけでも膿栓の予防になるかもしれませんが、アルカリイオン水のうがいだと、より膿栓(臭い玉)を予防することができます。アルカリには、たんぱく汚れを分解する働きがあるため、喉を清潔に保つことができるからです。

そのため、膿栓(臭い玉)と粘液(膿汁)できにくくなり、口臭の予防にもなるのです。

膿栓を取るアルカリイオン水とは

膿栓は、容易には取れないものだということが理解できたのではないでしょうか。また、膿栓を除去しても、根本原因である扁桃炎などの鼻・喉の疾患を治療しないことには、口臭は改善できないのです。

ところが、アルカリイオン水でうがいを行うと膿栓が取れやすく、それだけではなく、膿栓の予防にもなります。このアルカリイオン水について誤解されていることが多いようなので、詳しく説明させていただきます。

>>口臭の元になる「膿栓」は、取り除くだけでなく予防することが重要!その方法とは?

アルカリイオン水とは

「アルカリイオン水」という名称はアルカリ電解水の略称ですが、特にアルカリイオン整水器などを用いなくても、アルカリイオンが溶け込んだ水は作ることが可能です。

元々、アルカリイオン水という名称は、PH6.0からPH8の中性より高いPHの水をいいますので、自然界にも存在しています。

一般的には、PH9.0以上の水をアルカリイオン水と言うようです。

※PH値は、PH0~14まであり中性より低くなると酸性、高くなるとアルカリといいます。

アルカリイオン水の働き

アルカリイオン水には、H2Oから生じる水酸化イオン(OH-)と水素ガス(H2)を含んでいる
引用:ウィキペディア

水酸化物イオン(OH-)の作用…界面活性力や表面張力の変化(浸透圧の低下)

アルカリイオン水には界面活性力があるために、汚れを落としやすくする働きがあります。また、浸透圧を低下させる作用によって、菌の水分を吸い出して衰弱させることができると言われています。(根拠・仮説)

引用・アルカリイオン整水器協議会

飲料用のアルカリイオン水

飲料用のアルカリイオン水は、PH9~PH10です。「キリンアルカリイオン水」のpHは、pH8.8~9.4です。

重曹水は飲料ではありませんが、うがいに使うと口臭予防に効果があると言われています。この重曹水のPH値はPH8.2(弱アルカリ)ですので、中性の水道水と大差がありません。

それどころか、キリンアルカリイオン水よりもかなり低いのです。

注意)PH値が1大きいと濃度は10倍増える。PH値が2大きくなると、濃度は100倍になる。

関連記事

重曹うがいの舌苔除去効果は?正しく舌をケアして口臭予防する

うがい用のアルカリイオン水

風邪予防のうがいに用いるのであれば、水道水でも十分かもしれません。しかし、膿栓や膿汁の除去のために使用するには、PH10以上の強アルカリが必要になります。

電解水生成器でも強アルカリイオン水を作ることができますが、抗菌や洗浄作用が認められているホタテ貝焼成パウダーから作られるアルカリイオン水がおすすめです。

ホタテ貝の養殖が盛んな青森では、年間五万トンの貝殻が放棄される。その有効利用研究を進める中で、粉砕し高温で焼成、酸化させてできたセラミックスが化学物質軽減分解機能や除菌、消臭など驚異的なパワーを有することを証明した。

引用:八戸工業大学(生物環境化学工学科) ホタテ貝殻の消臭・除菌力実証

参考

美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水について

アルカリイオン水の長所

  • 器具を使用しないので安全
  • うがいをするだけなので、だれでも簡単にできる。
  • アルカリの作用で膿栓(臭い玉)がよく取れる。
  • 膿栓(臭い玉)が取れた後も、膿栓(のうせん)ができにくく、口臭予防になる。
  • 無添加の自然のうがいなので、安心して使用できる。
  • 場所を選ばずどこでもうがいができる。
  • うがいの他に歯磨きにも使用できるので口腔全体を清潔にできる。

アルカリイオン水を使用するうがい方法を行なうことで、たとえ、膿栓(臭い玉)ができたとしても容易に除去できます。そして、その後もずっと膿栓(臭い玉)を予防でき口臭の心配がなくなるので一度お試しになられてはいかがでしょう。

まとめ

安全に臭い玉(膿栓)を除去する方法としてのアルカリイオン水うがいについてご紹介しました。

臭い玉(膿栓)の取り方は、ネットでもたくさん紹介されていますが、ご自分で膿栓を取ろうとすると、喉を傷付けたり菌に感染するかもしれないのでおすすめできません。

耳鼻咽喉科に行っても、慢性扁桃炎による膿栓の場合には何度でもたまるからとか、特に問題がないという理由から膿栓を取り除かないことが多いようです。

そのような場合には、アルカリイオン水を使用してうがいを行うことをおすすめします。うがいのタイミングが合えば膿栓が取れるかもしれません。しかし、うがいの効果は、膿栓を取り除く以上に予防ができることにあります。

予防するには殺菌効果のあるうがい薬が良いかもしれませんが、ずっと使うわけにもいきません。安心して膿栓除去と予防を期待するのでしたら口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」によるアルカリイオン水のうがいがおすすめです。

口臭がうがいでスッキリする美息美人

【参照リンク・参考文献】
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク802
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用
日本耳鼻咽喉科学会 代表的な病気
日本口臭学会 口臭への対応と口臭治療の指針2014
日本口腔ケア学会
順天堂大学医学部付属順天堂医院 耳鼻咽喉・頭頸科
日本耳鼻咽喉科学会 愛媛県耳鼻咽喉科医会 におい玉(扁桃膿栓)のお話
京都大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 習慣性扁
NHK健康チャンネル
Amazon

膿栓の診断

耳鼻咽喉科で「膿栓はほっておきなさい」と言われたが解決しない!そんな時の解決法はこうする

膿栓は耳鼻科で取ってくれない!その理由について

膿栓は咳やくしゃみをした時に口から飛び出ることがあるので、初めて膿栓を見た人にとっては、変な形や色に驚くかもしれません。でも、膿栓の問題は口臭と喉の違和感にあります。

膿栓ができると、喉から下水臭がするようになったり、いつも喉に何かが詰まっている感じになり息苦しくなるかもしれません。そのため、膿栓を綿棒やシャワーで取ろうとするのでしょうが、取れずに喉に引っかかっている感じが続く人が多いようです。

膿栓による喉の違和感が我慢できないようになると、勇気を出して耳鼻科へ膿栓を取ってもらいに行かれる人も。

ところが、喉の違和感に困り耳鼻科を受診しても、「膿栓はないですよ。」とか、たとえ膿栓が見つかっても、「ほっておきなさい」と言われたことはありませんか?

今回の記事は、「どうして耳鼻科に行っても膿栓が解決しないのか?」という質問が知恵袋に多くありましたので、その理由と膿栓が出来ないようにする解決方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書きました。

膿栓の原因

昨晩、71歳の兄から電話がかかってきました。「喉に白い塊ができたけど何やろ?」
細かく症状を聞くと、「喉に何かが引っかかっているようで違和感がある。」、「痛みも熱もないが、唾を飲むと喉がイガイガして少し痛くなる。」
引用:喉の白い塊って知っていますか? 

膿栓は臭い玉と呼ばれて口臭原因の代表のように思われています。しかし、膿栓は誰にでもできるもので、大抵は害がなく耳鼻科でも除去しないなど問題にしないことが多いのです。

口蓋扁桃(へんとう)や喉(のど)の奥に「白い苔」または、「膿栓(のうせん)」がついていますが、これは喉で炎症が起こり、そこで戦いが起こり、死滅した細菌とかそれを殺した白血球などの残骸や細菌と白血球の戦いの最中かも知れません。

喉(のど)に細菌が多いと、細菌と戦うために白血球やリンパ球が多く集まります。
その結果、膿栓(のうせん)が出来るのです。ですが、膿栓(のうせん)だけでは悩むほどの口臭にはなりません。ここが大事なところです。

膿栓ができる原因

  1. 喉に痰がへばりつきばい菌が増える
  2. 後鼻漏(こうびろう)により喉にばい菌が増える。後鼻漏は、蓄膿症(副鼻腔炎)や花粉症で膿や鼻水が喉に落ちることをいいます。
  3. 唾液が少なく喉が乾燥すると、喉のばい菌が増える
  4. 舌苔(ぜったい)ができていると、喉にばい菌が感染する
  5. 逆流性食道炎で喉にばい菌が増える

膿栓について詳しくは『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

耳鼻科で膿栓を取ってくれないのは

膿栓(のうせん)ができると、自分でも口臭が分かりますし、周囲にも悪臭が漂います。ですから、耳鼻咽喉科で定期的に膿栓(のうせん)を取ってもらっている方もおられます。

でも、ふつう耳鼻咽喉科で「膿栓(のうせん)を取ってください。」とお願いすると、「膿栓(のうせん)は取ってもすぐにできるので、取らない方が良いですよ。」と断られるほうが多いようです。

膿栓は放置しておいて特に問題はありませんが、一度耳鼻科でご相談下さい。
引用:妙典さいとう耳鼻咽喉科

その理由は、膿栓ができるのは病気ではないからです。(注意:一般的な膿栓ができる原因は慢性的な口蓋扁桃炎が多い)

膿栓ができても、お医者さんからすれば、耳くそ、鼻くそ程度のものなのです。だからといって、患者さんからすれば、膿栓を取らないとこれからもずっと口臭で悩まないといけないので、大きな問題です。

膿栓は健康に害がない

健康な人でも風邪をひくと膿栓はできることがあります。そして、知らないうちに(飲み込んで)膿栓がなくなっている。このように、大抵の膿栓は健康に害がないのです。だから、耳鼻科の先生に「膿栓を取ってほしい」と訴えても、取ってくれないことが多いのです。

それでも、耳鼻科で膿栓を除去するケースがあります。それは、扁桃炎で喉が腫れている発熱しているとか、膿栓が大量にできる、という場合には、健康に害があるため、膿栓の除去を行うようです。

膿栓が見えない

膿栓は、扁桃の穴(いんか・腺か)の中にできて、大きく成長すると穴の外に出てきます。穴の中にある膿栓は見えないために、耳鼻科の先生も「見たけど膿栓はありませんでした。」と答えられることも。

これでは、いい加減なお医者さんのように思うかもしれませんが、扁桃が腫れてなければ膿栓があったとしても問題がないからです。このことが、耳鼻科の先生が膿栓を取らない理由です。

膿栓を取っても何度でもできる

膿栓は、たとえ除去しても何度でもできます。膿栓ができる時は、喉や鼻に疾患があることが多いので、その原因となる疾患を治さない限り根本的な対策にはなりません。

(膿栓は)除去を行ってもまた再度産出されることが多いようですので、やはり一度耳鼻科を受診した上で、専門医の判断を仰ぐことが重要です。
引用:妙典さいとう耳鼻咽喉科

このように、膿栓(のうせん)が何度も出来るには理由があります。
そのことを知らないと、何度膿栓(のうせん)を取っても直ぐにできるので無意味です。それどころか、膿栓を取ると、それまで膿栓が出来ていた所にぽっかりと穴があきます。その部分に汚れがたまるため、余計に膿栓ができることになるのです。

また、取れにくい膿栓を無理に除去していると、ばい菌に感染したり炎症や出血を起こすかもしれないのでご注意ください。

お医者さんも、膿栓については「取らなくても大丈夫です」と教えてくれるのですが、これより突っ込んだ詳しい説明がないことが多いです。でも、耳鼻科のお医者さんにすれば、膿栓は「取っても解決しないから。」が本音だと思います。

>>臭い玉の取り方って知っていましたか? 

→ 膿栓には取れるタイミングがある!無理なく取る方法とは

→ 臭い膿栓の取り方にはコツがあった!安全で嘔吐反射しない方法とは

膿栓を取ってくれる耳鼻科

膿栓を取ってくれない耳鼻科のお医者さんが多いのですが、ネットで探すと「膿栓は口臭原因になるから取った方が良い。」、「膿栓があると違和感が治らないから取った方が良い。」といわれている病院もあります。

膿栓を取ってくれる耳鼻科を探しましたのでご参考にしてください。

大阪…耳鼻咽喉科 長谷川クリニック

東京…笠井耳鼻咽喉科クリニック

東京…慶友銀座クリニック 耳鼻咽喉科

東京…とくなが耳鼻咽喉科

神奈川…鴨居なのはな耳鼻咽喉科(要相談)

神奈川…反町耳鼻咽喉科

埼玉…うざわ耳鼻咽喉科クリニック(要相談)

埼玉…さない耳鼻科クリニック

愛知…いのうえ耳鼻咽喉科

広島…隅田耳鼻咽喉科

千葉…妙典さいとう耳鼻咽喉科(要相談)

兵庫…友藤耳鼻咽喉科クリニック

こちらの耳鼻科では、高圧洗浄治療ですべての膿栓を取り除くそうです。

膿栓が溜まってお困りなのですね。そういう嫌な物は一刻も早く取り除かなければいけません。当院では(高圧)洗浄治療によって残っている膿栓のすべてを取り除きます。
費用は初診で2850円、再診で340円です。お待ちしております。

引用:とくなが耳鼻咽喉科

耳鼻科で膿栓を取る場合は、専用の吸引器具で膿栓を除去するそうです。また、2~3か月に1回程度定期的に来院することをお勧めしていました。膿栓は取っても何度でもできるからですね。

耳鼻科での膿栓除去は次のようにします。

  1. 扁桃の周囲を押して膿栓を取りだす
  2. 見えている膿栓はピンセットで取り除く
  3. 器具を使い膿栓を吸引して取る
  4. 生理食塩水で扁桃を洗浄して膿栓を洗い流す

耳鼻科で膿栓を取ってもらえない時の対処

膿栓をできないようにするには、喉(のど)や口中をきれいにすれば良いです。だから、耳鼻科のお医者さんには、膿栓ができると必ず「うがいをしてください。」と言われるのです。

喉をきれいにするための役割を、本来は唾液がします。唾液がたくさん出ると、喉にばい菌が増えることはありません。それに、弱アルカリ性の唾液が充分に分泌していると、細菌が好きな酸性状態にはなりません。

ところが、唾液が出ないとか口呼吸などによってドライマウス症になっていると、喉のばい菌が増えるばかりで、清潔な状態をつくれないのです。ドライマウスを改善するには、『歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!』をご参考にしてください。

このように、膿栓をできなくするためには唾液が大切なのですが、もし、ドライマウス症の場合にはそれが難しいかもしれませんよね。そのような時には口臭予防歯磨き粉「美息美人」のアルカリイオン水がおすすめします

美息美人でうがいを行い喉をきれいにすることで、膿栓を予防できます。
もし、ご関心があれば、口臭予防歯磨き粉「美息美人」公式サイトをご覧ください。

口臭対策

喉からひどい口臭がするので鏡を見ても「膿栓が見えない」という人が多いです。また、YAHOO!知恵袋の相談者の中には、口臭と喉の違和感が気になるので、「耳鼻科で鼻からカメラを入れて調べてもらっても、膿栓はなかった。」という方もおられます。

どうしてだと思いますか?

考えれることは2つあります。一つは、「膿栓がなくても口臭はする。」からです。喉から口臭がしていても、その原因は膿栓だけではありません。膿汁(のうじゅう)があると、下水臭がしますし、また、膿汁の粘液が喉にべっとりとつくため、違和感が強くなります。膿汁について詳しくは、『喉の奥がネバつくのは膿汁が原因だった!?膿汁を出なくする方法とは?』をご参考にしてください。

膿栓の予防

膿栓は、口腔ケアやうがいで細菌が増えないようにすることでかなり予防できますが、喉が乾燥しないように保湿したり、小まめに水を飲むことで、より膿栓が予防できます。

口腔ケア

歯磨きケアが基本ですが、舌のケアも大切です。舌苔があると細菌が喉に感染するので、舌ブラシで優しくなぜて舌をきれいにすると良いでしょう。
また、歯周病や虫歯がある場合は、治療することも大事です。

うがい

うがいは、膿栓予防に効果があります。起床時は喉・口の中に細菌が多いのでうがいで洗浄することが大切です。また、喉の違和感や口臭が気になる場合は、うがいを行うことで軽減できます。

鼻呼吸

口呼吸(いびきや開口)をしていると、喉が乾燥するため膿栓ができやすくなります。鼻呼吸になるように工夫することも大切です。

小まめに水を飲む

水を飲むと、喉の細菌や汚れを飲み込んでしまい、喉を清潔にできます。また、喉を潤す効果もあるので、喉が乾燥しやすい場合は、ペットボトルを持参して小まめに水を飲むようにすると良いでしょう。

阿川佐和子さんのトーク

阿川佐和子さんの膿栓は食べ物のカスがたまったモノ?

膿栓のできやすい食べ物について

膿栓は口臭の原因になるので、その予防のために膿栓のできやすい食べ物を探していたら、阿川佐和子さんのエッセイが見つかりました。

阿川佐和子さんの場合には、膿栓(のうせん)がたまることを心待ちにしていたとのことに驚きました。阿川さんのエッセイを読むと、膿栓のことを「食べ物のカス」と書いていましたが、果たして膿栓は食べ物カスなのでしょうか?

膿栓が食べ物カスというのは半分合っていますが、半分間違いです。膿栓のあとの半分は、白血球と細菌の死がいです。だから、膿栓は乳白色の色をしている。

でも、膿栓の半分が食べ物カスだとしたら、どんな食べ物が膿栓をできやすくするのでしょう?興味ありますよね。

今回の記事は、膿栓のできやすい食べ物についてお伝えします。膿栓予防のご参考にしてください。

膿栓は食べ物のカス?

扁桃に膿栓がたまると口臭の原因になることがあります。膿栓の数が一つや二つであれば問題ありませが、多量にあるとか毎日出る場合には口臭が強くなるでしょう。その場合は、膿栓を除去することで口臭の予防ができます。

膿栓ができるのは、扁桃の免疫システムが関係しています。口からウイルスや細菌が喉に侵入すると、免疫システムが作動して戦い体を守ります。その結果、扁桃腺のくぼみの中に白血球や細菌の死がいが溜まり膿ができます。そして、くぼみの中には、食べ物のカスやはがれ落ちた細胞などの汚れも溜まり、固まって乳白色の膿栓ができるのです。

だから、膿栓は、食べ物も一部混じっているというのは間違いではありませんが、膿栓が臭いのは細菌がタンパク質を分解発酵させるからです。食べ物だけではあのような悪臭は発生しません。

阿川佐和子さんの膿栓

阿川佐和子さんも膿栓がよくたまるそうですが、私たちと違うのは膿栓がたまるのが楽しみなこと。

ところで、エッセイの中に「(膿栓は)喉のひだにひっかかった食べ物のカス」と書いていましたが、本当でしょうか?

膿栓は扁桃から分泌される粘液が主体で、食べかすなどは粘液に一部混じっただけですので誤解ないようにしてくださいね。それでは、阿川佐和子さんの体験エッセイをご紹介します。

扁桃膿栓症に関する阿川佐和子さんのエッセイ(抜粋)

喉オタク

・・・・・・・
あるとき、いつものように口腔観察に熱中していると、喉の奥にプツンと白いかたまりが付着しているのを発見した。
小さなかたまりは一つだけでなく、よく見ると二つ、三つと見つかった。口内炎の一種だろうか。しかし、それにしては痛くない。痛みを感じないデキモノとは、もしかしてガンかもしれない。そう思うと、急に心配になった。
・・・・
そこで今度は直接、かたまりに触れてみようと決心し、人差し指を突っ込んだ。当然、「オエッ」となるのだけれど、我慢しなければ。なにしろ生死にかかわっているかもしれないのである。
ようやく指先が問題の地点に到達したかと思われたとき、ふいに、プルンとかたまりが飛び出した。
この話をすると、皆、「そんなこと、あるもんか」と胡散臭そうな顔をするが、嘘じゃない。どうやらそのかたまりは、喉のひだの間に挟まった食べ物のカスだったらしい。
そうとわかったとたん、悩みは一転して楽しみに変わった。気分も軽く、プルン、プルンと指先で一つずつ取り除き、喉のなかをきれいに掃除する。そして数週間、次のかたまりが溜るまでじっと待つ。そろそろかなと思う頃、期待に胸を膨らませながらふたたび喉を覗いてみる。これが案の定、溜っていたときの喜びといったら、なんとも表現しがたいものがあった。
・・・・・・・

喉オタクからの手紙
・・・・・・・
ご存じない方のために、かいつまんでお話ししておきますと、私は子供の頃、自分の喉を観察する趣味があった。ある日、いつものように手鏡を片手に大口を開けて喉観察に専念していると、奥のほうに白いかたまりを発見。それが実は、喉のひだにひっかかった食べ物のカスとわかり、以来、その白力スを採取するのが楽しみになった。
・・・・
そう、どういうわけか私を含め、これは若い頃の現象で、最近は見掛けなくなったという方が多い。押し並べて皆さん、「扁桃腺が腫れたときに喉を覗いた」のがきっかけだそうで、「白いかたまりは喉の奥でもひだの間でもなく、小さい頃よく腫らした扁桃腺にくっつくのです。扁桃腺のなごりのクレーター部分にくっつくのです」
そして、
「風邪のごくごく初期、喉の痛みを感じる前の少し腫れた時に、いつもはスムースに食べ物が喉を通るのに、ほんのわずか腫れたためにカスがくっつくのでしょう」
・・・・
白いカタマリの名はわかりませんが、その穴の名は゛扁桃陰窩″といいます。英語ではtonsillar cryptです。指や綿棒を使わなくても、喉の奥に力を入れることによって口腔内に出すことも出来ます。つぶすと舌苔や歯垢と同じ臭いですので、食餌カスであたっていると思います。
・・・・・・・

きりきりかんかん 文春文庫 著者 阿川佐和子 2000年1月10日 第一刷
初出「週刊文春」1991年1月3日号~1992年1月16日号
単行本 文藝春秋刊

この記事を読むと、「膿栓(のうせん)は自分だけではなかった!」と、少し安心するのではないでしょうか?

そして、喉に違和感があり、「もしかしたら、膿栓(のうせん)かも?」と心配していたのでしたら、納得したかもしれませんね。

しかし、

間違いを犯さないように一言付け加えますと、阿川さんのようには、決して喉に手を入れて膿栓(のうせん)を取ろうとしないことです。一つ間違えると、喉の粘膜を傷つけ化膿するかもしれません。

膿栓(のうせん)については沢山の情報が出ていますが、正しい知識を持たないと、この記事のような間違いが起きます。

そのようなことのないように、この記事を読んで、膿栓(のうせん)の正しい知識を知ってほしいと思います。

関連記事

口臭の元、膿栓がよくできる人の根本原因と予防策!

口臭の原因になる膿栓には取れるタイミングがある!

臭い玉・膿栓が簡単に取れるコツについて具体的な方法を教えます

臭い玉はどこ?

普通は膿栓ができると恥ずかしくて誰にも言えないという人が多いのですが、阿川佐和子さんだから、膿栓ができたこと、膿栓を取る様子について、面白おかしく記事にできたのでしょうね。

でも、膿栓は隠されていて秘密の部分が多く、膿栓の取り方について知りたい方にとっては、良くも悪くもご参考になる記事だと思いますよ。

>>臭い玉の取り方って知っていましたか? 

関連記事

臭い玉って聞くけど何?人には聞けない口臭の元、臭い玉について教えます

膿栓の原因

喉には、ばい菌やウィルスから体を守るために、免疫組織があります。いわゆる扁桃扁桃腺(へんとうせん)というものですが、喉の両脇にある口蓋扁桃と喉の上部にある咽頭扁桃の陰窩(いんか)という穴に膿栓(臭い玉)ができます。

ですから、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎で後鼻漏がある人や舌苔が厚い場合は、喉に細菌が繁殖しやすいです。
舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

しかし、誰でも口や鼻から異物やばい菌が侵入してきます。それなのに、膿栓がよくできる人とできない人がいるのは何故でしょう?

膿栓のよくできるのは、ドライマウスが原因です。唾液量が減ると口と喉が乾燥し細菌が増殖します。そのことが膿栓ができる原因になるのです。

睡眠中に臭い玉ができる

ここに膿栓(のうせん)ができる理由があります。

膿栓のできやすい食べ物

膿栓の正体は、細菌の死がいのかたまりと「食べ物カス」です。

(扁桃の)小さな穴の奥には細菌の死骸である細菌塊や食べ物のカスがたまってきます。このカスを、膿栓「のうせん」と呼びます。

引用:いのうえ耳鼻咽喉科

それでは、膿栓ができやすい食べ物というものはあるのでしょうか?

動物性タンパク質

喉の奥(膿栓)に集まる嫌気性細菌は、動物性タンパク質を分解して発酵させます。(菌はタンパク質をエサとします。)そして、膿栓を大きく成長させるのです。

肉や牛乳も、食後、口腔内を清潔に保たないと、口臭が発生します。これは口腔内の細菌が舌や歯に残った食べかすを栄養源として繁殖するからです。

引用:順天堂大学医学部附属順天堂医院

高タンパク質の食べ物

膿栓ができやすい(大きくする)食べ物は、たんぱく質の豊富な牛乳や肉、チーズです。

魚介類:鮭、マグロ、ツナ缶

肉類:鶏肉、豚肉、牛肉

他に、卵、大豆、乳製品があります。

膿栓の予防法

膿栓は、喉に細菌が増殖することによってできるものなので、喉うがいの他、歯磨きや舌清掃を行うことで予防ができます。
引用:喉の白い塊って知っていますか?

膿栓がよくできる人の場合は、たいてい扁桃炎が慢性化しています。そのため、たまっている膿栓を何度除去してもすぐに出来てきます。

ですから、膿栓をできないように予防することが大事です。膿栓の予防法としては、唾液に分泌量を増やすなどして口と喉の乾燥を防ぐことが効果的です。

関連記事

膿栓をできなくするのは可能!?よくたまる人に朗報!

水を小まめに飲む

扁桃のくぼみに汚れがたまり乾くと、固まって膿栓ができます。膿栓は喉が乾燥するとできやすくなるので、水やお茶を飲むことで食べかすなどの汚れが溜まるのを防ぐことができます。

うがいで膿栓を予防する

アルカリイオン水のうがい

膿栓と膿汁を取ることができれば、口臭も解決するかもしれません。しかし、先ほどもご説明したとおり、喉に指や綿棒などを突っ込んで膿栓を取るのは危険ですし、逆効果になるかもしれません。

そこでおすすめなのは、「ガラガラうがい」です。

喉の左右の扁桃腺(へんとうせん)に水が当たるように、ガラガラとうがいを行い、「おぇ!」という感じで水を吐き出します。

イソジンなどの「うがい薬」を使用する方もおられます。うがい薬には殺菌作用があるので、喉のばい菌を減らす効果があるのですが、膿栓や膿汁を取る効果は水と大差ありません。

痰のようにネバネバした膿汁は、うがいでも取るのが難しいです。膿汁や膿栓を効果的に除去出来るのは、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水がおすすめです。美息美人は、アルカリの力で汚れを浮かす力があるので喉をきれいに出来ます。

試しに、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水で、こまめにガラガラうがいを続られてはいかがでしょう。

知らない間に、膿栓(のうせん)もなくなり、周囲の反応も変わっているかもしれません。

膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

鼻呼吸をする

意外と喉の乾燥原因に多いのは、いびきや睡眠時の開口(口呼吸)です。いびきや口呼吸を自覚していない人が多いので、朝起きた時に口や喉が乾燥していたら、要注意です。

口呼吸の対策法としては、唇にいびき防止テープを貼ることや、歯科でマウスピースを作ってもらうことをおすすめします。

えっ、本当?いびきで口臭になるってご存知でしたか?

舌の体操

唾液の分泌をよくする方法としては、舌を出したり引っ込めたりする「舌の体操」や、唾液腺をマッサージで刺激する方法も有効です。

唾液腺が痛い!腫れる!唾液腺マッサージで予防!

口臭を防ぐには唾液を出すツボを押せ!

扁桃腺の切除

根本から膿栓をできないようにする方法としては、扁桃腺摘出手術がありますが、1週間ほどの入院しなくてはいけないなど容易ではありません。

扁桃腺の手術をすれば膿栓が出なくなるのは本当か?専門医に聞いてわかったこととは?

【引用】

きりきりかんかん 文春文庫 著者 阿川佐和子 2000年1月10日 第一刷
いのうえ耳鼻咽喉科
順天堂大学医学部附属順天堂医院

急に膿栓が出るようになった

膿栓が大量に出てきた!!大量にたまる原因と対策は?

膿栓(臭い玉)が大量に出てきたら

膿栓が大量に溜まっている場合には、扁桃腺の周りを指で押すと大量の膿栓がグチュグチュと出てきます。膿栓(臭い玉)が大量に出てきたら不安ですよね。膿栓は口臭の原因だともいわれているので、膿栓が沢山でると「口臭もひどいのでは?」と心配するかもません。

それに、一般的な膿栓の場合は、「膿栓が口に一つ出た!」とか、「膿栓があるようですが見えない。」というように、どれも大量に膿栓が出たというケースは少ないのではないでしょうか。

膿栓が大量に出てきたとか、急に膿栓が出るようになったという場合は喉の病気が考えられます。膿栓は扁桃腺炎になると出来るものですが、咽頭炎や喉頭炎など喉の疾患が影響しているかもしれません。その場合は早目に耳鼻科を受診するようにしてください。

また、膿栓を取ってからも、膿栓の出るのが止まらなくなる人がいます。この場合も心配だと思います。

今回の記事は、膿栓が大量に出てきた時の対策や予防法についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

膿栓が大量に出る原因

膿栓ができても、食事の時や咳・くしゃみ等で自然に取れてしまうのでご安心ください。
ところが、膿栓が長期にわたり扁桃腺にたまると、口臭の原因になることがあります。
引用:喉の白い塊って知っていますか?

膿栓ができる原因

喉の奥からドブ臭がする男

膿栓は、のどの奥にたまった細菌やウイルスの死骸が固まったものです。膿栓ができると喉にイガイガするなどの違和感があり、口臭の原因になることもあるため、膿栓ができると直ぐにでも取りたいという人が多いです。

ノドの左右にある扁桃(へんとう)には、直径3~4mmほどの腺窩(せんか)という穴がいくつも開いています。
この穴にたまった白い塊が、ある日、咳をした時に、ころんと口の奥に落ちることがあります。

のどの脇についている膿栓(のうせん)を鏡で見て、腫ようではないかと不安に思う人もいますが、そうではありませんのでご安心ください。膿栓(のうせん)は慢性扁桃炎になると多くできます。

慢性扁桃炎は、炎症が続いたままになる状態で、軽ければ自覚症状はありません。

扁桃(へんとう)は通常でも細菌と戦って膿(うみ)が出ているのですが、慢性扁桃炎になると膿の量が増え、扁桃腺の周囲が赤く腫れます。

扁桃腺切除手術を行う

もし、扁桃(へんとう)を切除してしまったら膿栓(のうせん)はできないのでは?

そう思われるかもしれませんが、

じつは、扁桃(へんとう)を取ると、代わりになるリンパ組織が周囲に発達してきます。その部分に同様の炎症が起き、くぼんだ部分に膿が溜まるケースもあるようですので、短絡的に扁桃を切除してはいけません。

膿が出るようになると、口にネバネバした液が入ってくることがあります。この粘液には、ばい菌が混じっているため、口が苦くなったり舌苔ができる原因になります。口臭がひどい場合には膿栓を除去することも必要です。

>>臭い玉の取り方って知っていましたか? 

扁桃腺炎が膿栓の原因

膿栓が大量に出る時の原因は、耳鼻科の病気から扁桃炎をこじらせているかもしれませんので、その場合は耳鼻科を受診することが大事です。

また、何日も続けて膿栓が何度も出てくる場合には、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎にドライマウスが影響しているケースが多いです。また、膿栓がよくたまる人の場合には、膿栓がたまる扁桃のくぼみ(穴)が大きく汚れがたまりやすいことも。

膿栓がたまらないようにするためには、膿栓ができる原因を知る必要があります。膿栓の原因を理解して効果的な予防や対策をしてください。

大量の膿栓は慢性扁桃炎が原因

副鼻腔炎でつらい女性

膿栓ができるのは扁桃炎が原因ですが、膿栓が大量に出るとか常に溜まる場合は、扁桃炎が慢性化しているかもしれません。

慢性扁桃炎で膿栓ができる原因として多いのは、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎による後鼻漏です。後鼻漏は、鼻汁が鼻ではなく喉のほうに垂れる症状です。鼻汁が喉の壁につくことで喉にばい菌が増えます。そのことから扁桃炎を引き起こし膿栓ができることが多いです。

このほか、膿栓は風邪でもできます。しかし、個人差があります。それは、口呼吸とドライマウス。そして、病気、疲れ、ストレスによって免疫力の低い場合です。

膿栓ができやすい体質があります。体質として鼻炎など鼻アレルギーの人風邪をひきやすい人、また歯磨きなどオーラルケアを怠る人に多い傾向があるようです。

このほか、一般的に口呼吸するくせのある人や、ドライマウスの傾向のある人は、口の中が乾燥しやすいので膿栓ができやすいと言われています。そして、今の時期、空気の乾燥する冬場にもできやすい傾向にあります。

先ほどお話ししましたが、扁桃腺(へんとうせん)が腫れやすい人や、若い人ほど膿栓ができやすいと言われています。

大量膿栓の要因

痰ができる原因

膿栓ができる原因は、痰ができる原因とよく似ています。

膿栓(のうせん)が急に増えた、大量に出てきた、というご相談が多いです。今まで、「膿栓って何?へ~。」と言っていた人が急に膿栓が出来るようになる。それどころか、膿栓が大量に出るようになり困っているケースがあります。どうしてだと思いますか?

先ほどもご説明しましたが、膿栓が出来るのは次のことが原因になっています。

  • ばい菌、ウイルス
  • チリやほこり
  • 細胞のはがれはがれ落ちたもの
  • 食事の食べかす

喉に付着したタンパク質をエサとしてばい菌が増えることで、膿栓ができるようになります。

実はこれ以外にも、舌磨きを行うと膿栓の原因になるかもしれません。その理由は、舌磨きを行うと細胞がはがればい菌の栄養になるからです。舌磨きを行う人が余計に舌苔(ぜったい)ができるのは、そういう理由からです。詳しくは、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

膿栓が大量に出るのは

でも、これまで説明したことが膿栓ができる原因だったら、誰にでも膿栓ができるはずです。しかし、膿栓が急に増えるとか大量に出るようになるには、そうなる理由があるのです。

耳鼻科の治療

それは、こういう理由からです。喉が不衛生になりばい菌が増えやすい環境だからです。具体的には次のようなことがあると、膿栓が出来やすくなります。

  1. 口呼吸
  2. 後鼻漏(蓄膿症、アレルギー性鼻炎などで汚い鼻汁が垂れる)
  3. ドライマウス(加齢、薬の副作用で喉が乾燥している)
  4. ドライマウス(更年期で口腔乾燥をおこしている)
  5. ドライマウス(ストレスなどで自律神経が乱れ口腔乾燥をおこしている)

ドライマウスで口の中を見せられない

じつは、喉や口腔が乾燥するとばい菌が増えます。どうしてかというと、唾液がなくなるからです。唾液の成分には抗菌作用があるので、唾液が多く分泌している人の場合には、口も喉もキレイ。ところが、唾液がないとばい菌が多量に増えるので、喉や口中は汚くなります。

もう分かったと思いますが、「膿栓が急に出来るようになった」とか、「膿栓が大量に出るようになった」のは、先のことが原因になっている可能性が高いでしょう。

まとめ

膿栓が大量に出る場合は、慢性扁桃炎が原因になっていることが多いです。扁桃炎が慢性化する場合には、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎など耳鼻科疾患になっているかもしれません。

膿栓を除去しても、次から次へと出る、すぐに膿栓が溜まる場合は、早目に耳鼻科を受診されることをおすすめします。

臭い玉が簡単に取れる

膿栓がたまるのは扁桃炎だから!?予防法はお口と喉のケア

臭い玉(膿栓)は、取ることができても何度でもたまります。どうしてかと言うと、臭い玉(膿栓)のたまる原因の多くが、慢性扁桃炎(まんせいへんとうえん)によるものだからです。

慢性扁桃炎の人は1年に5度以上も扁桃が腫れたり高熱を出します。この時に臭い玉(膿栓)ができるのです。それだけではありません。ドライマウスや口呼吸であれば、軽度の扁桃炎でも臭い玉(膿栓)がたまります。

ですから、臭い玉(膿栓)を取ることも大切ですが、扁桃炎の予防が大事なのです。

今回の記事は、慢性扁桃炎の予防方法についてお伝えします。膿栓でお困りでしたら、是非ご参考にしてください。

膿栓の原因

歯磨きをしても口臭がする

口臭の原因となるものはさまざまですが、その中で最近、話題となっているのが「臭い玉」と呼ばれるものです。臭い玉は、喉の両脇にある扁桃にできる「白いつぶつぶ」です。

引用:OMRON ヘルスケア

臭い玉は、扁桃(へんとう)のいんかという小さなくぼみの中にたまり、大きくなると扁桃の表面に出てきます。臭い玉の大きさは米粒ほどで、つぶすとドブのような悪臭がするため臭い玉(正式名称は膿栓)と呼ばれます。

臭い玉(膿栓)は、扁桃のいんかというくぼみに白血球や菌の死がいがたまったものです。汚れと混じり臭い玉(膿栓)が大きくなると、扁桃の表面に付いた状態で見えます。この状態になると喉に違和感を感じることがあります。

しかし、たいていは健康に問題がなく、耳鼻科でも取らないことがあります。でも、口臭がひどい、喉の違和感が治らない場合は、耳鼻科で臭い玉の除去など処置をしてもらえるので、一度ご相談されてはいかがでしょう。

関連記事

喉の奥に白いものが見えたらそれは口臭の元です。正しく取る方法とは?

のどの奥の白い塊は口臭原因になる。膿栓が見えたときの対策と予防とは?

膿栓がたまるのは扁桃炎が原因

膿栓の取り方…咳

臭い玉(膿栓)は、扁桃があれば誰にでもできるモノです。ところが、臭い玉(膿栓)がよくできる人とできない人がいます。

実は、臭い玉(膿栓)がよくたまる人の場合は、慢性扁桃炎になっていることが多く、また、ドライマウスや口呼吸で喉が乾燥することが影響しています。

(慢性扁桃炎とは)急性扁桃炎を繰り返し細菌感染が慢性化したため、扁桃腺が細菌の住処になってしまった状態です。

引用:横浜総合病院

扁桃炎

扁桃炎は、喉にウイルスや細菌が感染して扁桃に炎症を起こす病気です。子どもに多いのですが、大人でも扁桃炎になることがあります。

扁桃炎は治ると何度も再発しないのが普通です。ところが、扁桃炎が治りきらずに患部が刺激を受けると慢性の扁桃炎になることがあります。

扁桃腺は膿栓の溜まり場だった!?膿栓が溜まる理由と対処法とは?

膿栓がよくできる人に多いのは、慢性扁桃炎です。慢性扁桃炎の症状としては、喉の違和感、喉の痛み、喉の乾燥、口臭です。慢性扁桃炎(習慣性扁桃炎)になると1年に5回以上も扁桃が腫れて高熱を出します。そのため、臭い玉(膿栓)ができやすいです。

急性扁桃炎は、初期は咽頭違和感程度ですが、病態の進行と共に急激な咽頭痛、嚥下痛を生じるようになります。全身症状として高熱、全身倦怠感、食欲不振などを呈します。時に扁桃周囲に膿瘍を形成し、呼吸困難も来すことがあります。 慢性単純性扁桃炎は、持続的なのどの痛み、乾燥感、違和感、微熱などの症状があるものです。習慣性扁桃炎は、急性扁桃炎を年に3〜4回以上繰り返すものです。
引用:関西医科大学附属病院

扁桃炎に罹ったからといって、抗菌剤を服用するケースとしてはいけないケースがあるのでご注意ください。溶連菌が無い場合は抗菌薬を処方しない。溶連菌が見つかった場合には、ペニシリンなどの抗菌薬を処方することを推奨しています。

扁桃炎の治療方法について、厚生労働省ではこのように説明しています。

・急性咽頭炎・扁桃炎と診断した場合は、A 群β溶血性連鎖球菌(GAS) の検査を実施する。 ・迅速検査または培養検査で GAS が検出されていない急性咽頭炎・扁桃 炎に対する抗菌薬投与は行わないことを推奨する。 ・迅速検査または培養検査で GAS が検出された急性咽頭炎・扁桃炎の治 療では(基本) ペニシリン G 内服 10 日間 または アモキシシリン 内服、10 日間 (軽症のペニシリンアレルギーがある場合) セファレキシン 内服 10 日間 (重症のペニシリンアレルギーがある場合) クリンダマイシン 内服 10 日間
引用:厚生労働省

患者さんによっては、抗菌薬をほしがる人がいます、そして、お医者さんも患者さんの要望に応えて抗菌薬を処方する。しかし、抗菌剤は、薬剤への耐性を作ってしまい薬が効かなくなる恐れもあるので、むやみに薬を飲まない方がいいかもしれません。

風邪のほとんどはウイルスが原因。ウイルス性のものに抗菌薬を投与しても意味はありません。それでも、患者さんが欲しがるので、併発する咽頭炎や扁桃炎などの炎症の診療報酬名をつけて処方してしまっていることもあると聞きます
引用:プレジデントオンライン

ドライマウス

唾液の分泌が少ないドライマウス症の場合には、喉や口内が乾燥するため、細菌が増殖しやすくなります。そのため、扁桃炎にもなりやすく臭い玉(膿栓)がたまる原因になります。

→ ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

口呼吸

ドライマウスでない場合でも、睡眠中にいびきや開口していると喉が乾きます。睡眠中の開口は自覚していないため、扁桃炎の原因だと認識していない人が多いのではないでしょうか。

膿栓がたまらなくするには扁桃炎を予防する

臭い玉(膿栓)がよくたまる場合には、耳鼻科で扁桃炎や副鼻腔炎などの疾患を治療しなければ、根本的な解決にはなりません。

ところが、耳鼻科を受診しても、軽度の炎症であればうがい薬を処方されて終わるかもしれません。よほど臭い玉(膿栓)で困っていなければ、除去してもらえないかもしれません。

だからといって、喉の違和感や口臭で困ると臭い玉(膿栓)を取らないわけにはいきませんよね。そのような方のために、「臭い玉(膿栓)の取り方」をご紹介します。

取り方というと語弊があるかもしれないので詳しく説明しますと、、、

臭い玉(膿栓)がよくたまる場合は、慢性の扁桃炎が原因かもしれません。その場合は、臭い玉(膿栓)が取れたとしても何度でもできます。

だから、臭い玉(膿栓)の対策で大事なことは、臭い玉(膿栓)を取り除くこと。そして、臭い玉(膿栓)が出来ないように予防すること。

関連記事

臭い膿栓の取り方にはコツがあった!安全で嘔吐反射しない方法とは

膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

取れづらい膿栓が簡単に取ることができる5つの方法とは?

口腔ケア

舌苔を取る方法…薬用歯磨き

臭い玉(膿栓)の対策に、口腔ケアは関係ないように思うかもしれませんが、喉と口はつながっているため、口腔が不清潔だと臭い玉(膿栓)ができる原因になります。

うがいや、歯や舌の汚れを取るなど、口の中を清潔にすることで、通常の膿栓はかなり予防することが出来ます。

引用:いのうえ耳鼻咽喉科

口腔ケアで大事なのは、歯磨きです。細菌は、歯ブラシが届きにくい狭い箇所にプラークとして残ります。具体的には、歯肉溝(歯周ポケット)や歯間部などにプラークが付くので、歯ブラシだけではなく、フロスや歯間ブラシ、ワンタフトブラシなどを使用することも大切です。

舌のケア

口内細菌の多くは、舌の表面に舌苔(ぜったい)として棲息します。歯磨きだけで舌のケアをしなければ、細菌が増えます。

舌のケア方法といえば、舌磨きを想像するかもしれませんが、過剰な舌磨きは舌を傷付けてしまい舌苔を悪化させるのでご注意ください。舌のケアは優しくきれいにするのがコツです。

関連記事

舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・

全然、舌苔が取れない人に共通する「6つの特徴」

舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

喉のうがい

ガラガラうがい

臭い玉(膿栓)がよくたまる場合は、喉に粘液(痰と膿汁)がくっついています。粘液(痰と膿汁)には細菌が無数にあるので、そのままにしてはいけません。

粘液を取る方法としては、「うがい」が効果的です。

(膿栓が)気になる人は、うがいでのどを清潔に保つことが一番です。水かうがい薬で4回以上のうがいを1日3度ほどすれば、細菌の増殖は防げるはずです。

引用:かみむら耳鼻咽喉科

アルカリイオン水

うがい薬を毎日使用するのは気が引けるかもしれません。また、うがい薬には殺菌作用があり予防には良いのですが、臭い玉(膿栓)を取る効果はないので誤解しないでくださいね。

おすすめなのは、アルカリイオン水。アルカリの働きによって、粘液(膿汁)や臭い玉(膿栓)を取りやすく、毎日使用しても安心で予防ができます。

膿栓が溶かされる

↓ ↓ ↓

膿栓ができなくなる

関連記事

美息美人についての説明

美息美人(びいきびじん)はお店で買えないの?ネット通販だけの理由

口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

水を飲む

うがいだけでも、臭い玉(膿栓)の予防になりますが、うがいの水が届く部分には限界があります。喉の奥にはうがいの水は届かないので、完全には洗浄できません。

そのような時でも、水を飲むと汚れを洗浄できます。また、喉が乾燥したときでも、水を飲むことで細菌が増えるのを防ぐことができます。

ペットボトルを持参していれば、いつどこでも水を飲むことができるので、喉が乾燥する前に小まめに水を飲むと良いでしょう。

口呼吸の改善

睡眠中に開口し口呼吸になる場合は、歯科でマウスピースを作ってもらえるので、一度歯科でご相談されてはいかがでしょう。いびきをかく場合は、横向きに寝ると良いかもしれませんが、ひどい場合は、無呼吸症候群の可能性もあるので病院で診察を受けることをおすすめします。

鼻の疾患の治療

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が臭い玉(膿栓)の原因になっている場合は、その治療が必要です。

後鼻漏対策としては、鼻うがいが良いかもしれませんが、勝手にしないでお医者さんの指示を受けるようにしてください。

関連記事

鼻の中が臭い!原因不明の場合は蓄膿症に注意、「3割の裏にある後鼻漏」

後鼻漏が口臭の原因だった!?副鼻腔炎の症状を改善する方法

喉がイガイガするのはエヘン虫が原因?対処はこうする!

うがいで膿栓を取るにはコツがいる

膿栓対策は耳鼻科に行く!膿栓の予防はうがいが簡単!

膿栓があると口臭が強くなったり喉の違和感に困ることに。そのため自分で膿栓を除去しようとする人がいますが、扁桃炎の原因になりかえってよくありません。

膿栓で困ったときは、耳鼻科で膿栓除去や治療など対策を行うようにしてください。また、膿栓を取り除いた後も、膿栓が何度もたまる人がいます。膿栓対策で重要なのは、膿栓の予防です。

今回の記事は、膿栓の対策と予防についてです。是非ご参考にしてください。

膿栓とは

膿栓(のうせん)は臭い玉、においだま、匂い玉といわれるため、口臭の原因になると思われています。果たして、膿栓があると口臭が発生するのでしょうか?
結論からいうと、膿栓自体は口臭原因になることはありません。しかし、膿栓がよくできる人の場合は口臭が強くなります。

そのため、一日も早く膿栓を取り除きたいかもしれませんが、膿栓は食事の時に自然に取れてしまうものです。

植木鉢への水やりに使う「丸形洗浄瓶」というのが人気のようですが、大量の水と共に臭い玉や痰が食道に流れてくるので、えづいてしまいます。嘔吐反射の強い人には不向きです。

引用:臭い玉の取り方って知っていましたか?

関連記事

口臭の原因になる膿栓には取れるタイミングがある!

臭い膿栓の取り方にはコツがあった!安全で嘔吐反射しない方法とは

膿栓ができる部位

扁桃腺にできた膿栓

膿栓は、喉の左右にある口蓋扁桃(へんとう)にある数十個の小さな穴の中に膿がたまり、その後、食べかすや汚れがたまり、固まって穴の外に押し出されてきます。膿栓は、耳垢と同じような感じで成長します。膿栓が大きくなると喉がイガイガしたり違和感を感じるようになります。

膿栓は扁桃腺で免疫システムが細菌などと戦った結果の産物や食べ物のかすなどが合わさったものと考えられます。

引用:板谷耳鼻咽喉科

膿栓は、扁桃(舌扁桃、咽頭扁桃、耳管扁桃)であればどこにででも出来ますが、良くできるのは口蓋扁桃です。
穴の外に出てきた膿栓は、食事や唾の嚥下によって取れて飲み込んでしまうことが多く、咳やくしゃみで取れることもあります。

舌扁桃にできる膿栓は取れやすく、口蓋扁桃のようにたまることはありません。

膿栓対策は耳鼻科で

扁桃腺の診察

膿栓が気になったら、自分で取ろうとしないで耳鼻咽喉科に行き相談するようにしてください。

ほとんどの膿栓は、(慢性の)扁桃炎が原因です。特に高熱や喉が痛いなどの症状がなければ、耳鼻咽喉科で膿栓を除去する必要はありません。

患者さんから、喉の異物感や異常感の訴えがある場合には膿栓を除去することがあります。

膿栓は扁桃は表面だけでなく奥の方にもあり、前口蓋弓という手前の襞をめくってみないとわからないこともあります。

引用:慶友銀座クリニック 耳鼻咽喉科

しかし、膿栓がたまることで全身疾患(皮膚・関節・腎臓)の原因になることも。

膿栓除去

耳鼻科での膿栓の取り方

【耳鼻科による膿栓の除去方法】

  • 扁桃(へんとう)を圧迫して膿栓を押し出す
  • 見えていない膿栓を吸引して取り除く
  • 見えている膿栓はピンセットで取り除く
  • 薄めた食塩水で膿栓を洗浄する

引用:高知大学医学部附属病院

関連記事

耳鼻咽喉科で「膿栓はほっておきなさい」と言われたが解決しない!そんな時の解決法はこうする

膿栓(臭い玉)を取り除く方法はこれがオススメ!予防する方法5つ

耳鼻科疾患の治療

耳鼻科の治療

耳鼻科疾患にかかっていると膿栓は何度でもできます。そして自然に取れる。これを繰り返すので、疾患を治療することが大事です。

炎症が慢性化すると、なかなか治りにくいのですが、白い塊が落ちてくるだけで、発熱や痛みなどほかの症状がなければ、それほど心配はありません。

引用:かみむら耳鼻咽喉科

膿栓は、扁桃に細菌やウイルスが感染し炎症を起こしたときに出来る副産物です。ですから、インフルエンザの後にできやすく、風邪でも出来ることがあります。普通は、病気が治ると喉の炎症も治るため、その後膿栓は出来なくなります。

ところが、アレルギー性鼻炎や蓄膿症で後鼻漏があると、慢性的に扁桃炎になっていることがあります。

慢性扁桃炎が続くと膿栓がよくできるようになるので、炎症を慢性化させないことが大切です。また、慢性扁桃炎の場合には、扁桃摘出手術を行うことがあります。

関連記事

口臭の元、膿栓がよくできる人の根本原因と予防策!

扁桃腺は膿栓の溜まり場だった!?膿栓が溜まる理由と対処法とは?

阿川佐和子さんの膿栓は食べかすがたまったモノ?

耳鼻科による膿栓対策後の予防

耳鼻科で扁桃の洗浄

膿栓を除去した後、膿栓がたまらないように予防しないといけません。一番確実なのは、定期的に耳鼻科に行き扁桃を洗浄してもらうといいです。

舌を清潔に保つ

一見すると、舌と膿栓は関係がないように見えるかもしれませんが、舌の上には細菌が多くあり、菌が喉に感染します。

舌の奥には菌が多くあり、舌苔ができていると、膿栓もできやすくなります。ですから、膿栓を予防するためには、常に舌をきれいに保つことが大切です。

舌苔を治すためには、丁寧なブラッシングとPMTC(歯のクリーニング、歯石除去)をおこなうことが大切ですが、重要なのはドライマウス対策です。

引用:舌が白い!舌苔の治し方って知っていますか?

→ 舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

膿栓の予防

膿栓をできないようにするためには、一番に根本原因となる鼻や喉の疾患を治すことが大事です。そして、喉と口内を清潔に維持することが予防のポイントになります。具体的な予防法としては次をご参考にしてください。

  1. 歯磨きケアによるプラークコントロール
  2. 喉うがい
  3. 舌清掃
  4. 口呼吸・いびきなどの改善
  5. タンパク質(乳製品、赤身の肉、豆類)を避けた食事
  6. 睡眠不足、過労、ストレスをためない
  7. 降圧剤、抗うつ剤、抗コリン剤など唾液が減少する副作用の薬を見直す

膿栓を予防する方法としては、喉のうがいが効果的です。おすすめは、アルカリイオン水を使って朝晩2回ガラガラうがいを行うことです。ぜひお試しください。

膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

臭い玉(膿栓)が口臭原因になる

口臭は膿栓があるから!?喉からの口臭対策6つ

膿栓による口臭対策

膿栓がたまると口臭原因になります。(実際は、膿栓になる前の段階の「膿汁」が口臭の原因になっていることが多いです。)

ところが、膿栓は除去しても何度でもできるため、根本的な対策にはなりません。ですから、口臭を改善するには、膿栓(膿汁)の予防が最も大事なのです。

今回の記事は、膿栓が原因の口臭対策についてお伝えします。喉からの口臭が気になる場合は、ぜひご参考にしてください。

膿栓とは

腺かに膿栓ができる

喉の奥(扁桃)にある白いものを嗅ぐとドブのような口臭の場合には、膿栓(のうせん)がある可能性が高いです。

喉から出てきた白いものをそのまま嗅いでも少しにおいがしますが、つぶすと、、、白いもの(膿栓)は、強烈に臭い!だから、この白い塊を「臭い玉」と呼ぶようです。

上図で喉の奥の左側に見える白いモノが膿栓(のうせん)です。膿栓は、扁桃にある直径3~4ミリの腺かという穴にたまった細菌やウイルスの死がいが固まって出来たものです。

臭い玉を手に持つ

膿栓のくぼみにたまった膿栓が大きくなり外に出てくると、何かの拍子に口にポロリと落ちてくることがあります。もし、喉(のど)から乳白色の白い米粒状の物体が出てきたら、それは、膿栓(のうせん)かもしれません。

膿栓(のうせん)は、「臭い玉」、「ニオイ玉」とも呼ばれます。

膿栓(のうせん)というのはこれです。あなたの喉(のど)から出てきた白い塊は、こんな形をしていませんか?

ものさしで膿栓の大きさを測る
出典:ウイキペディア 膿栓

膿栓があると、喉からの口臭が気になりますよね。でも、膿栓を取るだけでは口臭対策にはならないかもしれません。その理由をご説明します。

関連記事

臭い玉・膿栓が簡単に取れるコツについて具体的な方法を教えます

喉の奥に白いものが見えたらそれは口臭の元です。正しく取る方法とは?

口臭の元、膿栓がよくできる人の根本原因と予防策!

膿汁が膿栓になる

口臭を治したい女性

膿栓が残っていると、喉に違和感があり咳もよく出るかもしれません。しかし、膿栓があるからといって口臭が発生するわけではありません。

喉から口臭がひどい場合には、喉に炎症があり膿汁が付着しているからのほうが多いです。

耳鼻科の病気(扁桃炎、副鼻腔炎など)は炎症が鼻や喉にあると、菌や膿汁が流れ込んでしばしば口臭を発生させる。

引用:マイナビニュース

喉の膿汁は、扁桃のくぼみで固まると膿栓になるので、膿汁が多いと膿栓も出来やすいと言えます。喉の奥が臭くて違和感がある場合には、膿汁の対策が必要なのです。

関連記事

喉の奥がネバつくのは膿汁が原因だった!?膿汁を出なくする方法とは?

膿栓ができると口臭が出るのはなぜ?

膿栓は白血球と細菌の死がいに汚れが固まってできたものです。そのため、膿栓をつぶすと強い臭いがありますが、そのままの状態である時には、口臭になることは少ないです。

膿栓は、ばい菌のかたまりです。扁桃炎になるとリンパ球とばい菌が戦い死がいができます。それが固まってできたのが膿栓です。ところが、戦いが長引くとなぜかT細胞は、体のあちこちにいる免疫細胞に間違った指令を出して自分の体を攻撃してしまいます。
つまり、全身にさまざまな病気を引き起こしていたのは、ニオイ玉ではなく、自分の扁桃にいる免疫細胞が犯人だったのです。
引用 NHKためしてガッテン!ホームページ

ただし、膿栓が多量にある場合には、口臭に発展することもあります。このように、膿栓自体が口臭原因にならないのであれば、何が口臭を起こしているのでしょう?

口臭を発しているのは、膿栓になる前の膿汁が原因です。膿汁は細菌の集合体のようなもので、膿の中のタンパク質を分解した時に、強烈な臭いを発生します。

膿栓がよくできる人は、当然ながら膿汁も多くあるので、喉からの口臭が強くなりやすいのです。喉に細菌が増えると、舌苔もできやすくなり、さらに口臭が強くなることに。

膿栓が原因の口臭対策

口臭原因が膿栓にある場合の口臭対策法をご紹介します。

耳鼻科を受診する

膿栓ができるのは、喉に細菌が増えて炎症が起きている時です。ですから、膿栓が良くできる時には、扁桃炎など喉や鼻の病気になっていることが多いのです。

膿栓がいつまでも出来る場合には、耳鼻科を受診されることをおすすめします。膿栓や口臭の程度によっては、耳鼻科で除去してもらうことも可能です。

扁桃腺にできた膿栓

しかし、膿栓があっても、耳鼻科では除去しないことの方が多いようです。その理由は、膿栓は耳垢と同じように、たとえ除去したとしても、その後に何度もたまるからです。

軽度の扁桃炎であれば、抗菌薬の内服や「うがい薬」の処方で終わることが多いです。

しかし、膿栓の量が多く違和感が辛いとか、口臭で困っているケースでは、膿栓の除去を行うこともあるので、先ずはお医者さんにご相談されてはいかがでしょう。

耳鼻科での膿栓除去は、専用の器具を用いて膿栓を吸引して取り除いたり、扁桃を洗浄する方法が一般的です。

アルカリイオン水うがい

ガラガラうがい

見えている膿栓は、食事の時に食べ物と一緒に飲み込んでしまうものです。そのようなタイミングの時には、うがいでも取れますが、アルカリイオン水を使用すると、より取れやすくなります。

⇒ 膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

膿栓(のうせん)と舌の奥にできる舌苔(ぜったい)は、喉に細菌が増えることで出来ます。ですから、膿栓を予防するためには喉を清潔にすることが大切です。

そのためには、喉のうがいが効果的です。

膿栓をアルカリイオン水のうがいで取る

喉には、ウィルスだけではなく、花粉や黄砂、埃などを吸い込み付着します。

ですから、毎日うがいをされることをおすすめします。鼻炎や喉に炎症などある方の場合は、特に小まめにうがいを行ないほこりや細菌を洗い流す必要があります。

また、乾燥すると細菌が増えるので、小まめに水を口に含むことも大事かもしれません。

喉(のど)からの口臭を予防するには、アルカリイオン水がおすすめです。アルカリ効果によって喉の汚れを落としてくれます。

膿栓が取れるイメージ図

 

鼻うがい

鼻炎や蓄膿症の場合には、膿栓が出来やすいです。それは、鼻汁が喉に落ちる後鼻漏が原因です。鼻汁が喉に付着すると細菌が増えるために膿栓もできやすくなります。

その場合の対策として、鼻うがいが有効です。水を鼻うがいに用いると鼻が痛くなるので、生理食塩水が良いと言われていますが、作るのが面倒な人は、市販のうがい薬が簡単ですし、安心して使用できるかもしれません。

鼻うがい薬は、Amazonで800円~1,000円程度で購入できます。

鼻呼吸を心掛ける

喉が乾燥すると膿栓ができやすくなります。いびきや開口で口呼吸をしていると膿栓の原因になるので、対策としては、唇にテープを貼るとかマウスピースをはめて寝るようにするといいです。

マウスピースは、歯科で相談すると製作してくれる所が多いです。

歯科でのマウスピース作成費用は1万7,000円ほど(3割負担の場合)です。
引用:いびき治療・いびき外来 慶友銀座クリニック

膿栓を除去する

膿栓を取り除くと口臭は半減します。(ただし一時的です。)そのため、膿栓を取り除きたい人が多いのですが、直接手で取ろうとしたり箸などを使う行為は、危険なのでおすすめできません。

膿栓を取るいろんな器具がありますが、その中でも、水を当てて取る「ハンディクラウン」と「シリンジ」が安全かもしれません。コメントを読むと、「良く取れた」というものがあれば、「取れない」「嘔吐反射して使用できなかった」というものも。

これらの水流で取れる膿栓であれば、扁桃の表面にあり食事で飲み込んでしまうタイミングの膿栓だということを知っておくと、良いと思いますよ。

扁桃の摘出手術

完全に膿栓をできないようにするためには、扁桃摘出か扁桃凝固の手術しかありません。しかし、扁桃の手術は、入院期間や費用の負担などのリスクを伴いますので、お医者さんにご相談されてはいかがでしょう。

手術と入院にかかる費用の平均は、7日~9日入院した場合、8万円~10万円です。それ以上高い場合でも、高額医療費(高額療養費)が使えると合計から約8万円安くなるようです。

引用:扁桃腺の手術をすれば膿栓が出なくなるのは本当か?専門医に聞いてわかったこととは?

膿栓の予防方法

喉の奥に白い塊が見えるとか多量に膿が付いている場合には、口臭がしている可能性が高くなります。

急に膿栓が出るようになった

では、あなたに質問です。

(問題)のどに付いてるこの白い塊は、口臭の元になると思いますか?

こたえは…口臭の元ではありません!白い塊をつぶすとあまりにも臭いので、これが口臭の元だと勘違いする人が多いです。しかし、口臭の原因は固まる前の粘液(膿)です。

喉の奥がネバつくのは膿汁が原因だった!?膿汁を出なくする方法とは?

この臭い粘液(膿)が口中に入ると、どうなると思いますか?

今想像したとおり、粘液(膿)が口に流れ込むと唾液までが臭くなります。その臭い液は口全体に広がり、口が渇くと硫黄ガスが口臭となり出てきます。これが、よくいわれる「喉(のど)からの口臭」です。

白い塊は誰でもできるものですので、白いモノがあるからと言ってすぐに口臭に結びつくわけではありません。喉の炎症が治まれば、白い塊もなくなるのでご安心ください。

口臭が気になる場合は、一番に喉と口を清潔に保つことが大切です。そのための方法としては…

  1. 歯磨きケア
  2. 喉と口のうがい
  3. マウスウォッシュ
  4. 小まめに水を飲む
  5. 喉・口を保湿して乾燥させない

関連記事

口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

喉の奥に白いものが見えると口臭も強く不安になるかもしれません。白い塊は扁桃から出る膿の場合が多く、原因は扁桃炎によるものがほとんどです。慢性扁桃炎の場合は治療しても何度も白い膿ができます。

白い膿の対策としては治療や予防が大事ですが、喉と口のうがいを毎日行うなど口臭対策することも大切です。

【参照リンク・参考文献】
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク802
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用
日本耳鼻咽喉科学会 代表的な病気
・日本口臭学会 口臭への対応と口臭治療の指針2014
日本口腔ケア学会
日本耳鼻咽喉科学会 愛媛県耳鼻咽喉科医会 におい玉(扁桃膿栓)のお話
順天堂大学医学部附属天堂医院 口臭
京都大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科