臭い玉(膿栓)」カテゴリーアーカイブ

口臭の原因となる臭い玉(膿栓)についての記事を集めています。臭い玉(膿栓)の症状、できる原因、対策について説明している記事をご紹介しています。

たかが膿栓(のうせん)と考えるのは危険!?扁桃摘出手術になることも

膿栓は誰でもできるが、放置してはいけない

膿栓は誰にでもできる。」と言われると、変に安心してしまうかもしれません。安心というと語弊がありますが、膿栓の怖さではなく口臭で心配することにフォーカスしてしまいがちです。

でも、膿栓ができる仕組みを知ると…膿栓は怖い!

膿栓は、元々、喉に入ってきたほこりやばい菌を扁桃(一般的には扁桃腺)でくい止めることで出来ます。

口の菌

扁桃から免疫物質である粘液がばい菌をやっつけて、死骸などが固まって出来たものが膿栓です。

ですから、風邪をひいた時などに、膿栓は出来やすい。
だから、「膿栓は誰にでもできる。」は間違ってはいません。

しかし、その後も膿栓ができ続けるとか、白い膿が扁桃腺にくっついている場合には、扁桃に炎症が起きているかもしれないのです。

喉を覗くと赤くなっていたら、炎症が起きているということです。いわゆる扁桃炎です。
昔から、風邪をひいてお医者さんにいくと、喉を覗かれましたが、その理由は扁桃腺の炎症を調べていたのです。

扁桃腺が腫れたままほっておくと、「扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう)」という怖い病気になるかもしれません。これは扁桃腺の中のばい菌が増えて扁桃腺の周囲まで広がって膿がたまる病気です。

この病気の怖いのは、この膿が扁桃腺から喉に広がって気管にまで垂れて息がしにくくなります。そのため窒息することがあるようです。

それだけではありません。膿栓ぐらいといって放置していていると、石化して扁桃結石ができることがあります。扁桃炎をなんども繰り返していると、扁桃の中で膿が固まり結石になることも。

ケースとしてはまれのようですが、扁桃結石ができると痛みが出るかもしれません。治療も難しく扁桃摘出手術になるようです。

ですので、膿栓がひどい場合やいつまでも喉に違和感や口臭がある時は、耳鼻科で診てもらうことが大事です。詳しくは『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

→ 膿栓には取れるタイミングがある!無理なく取る方法とは

… 後鼻漏だからとほっておくと怖いです。

後鼻漏は、喉に鼻汁がたれる症状なので軽く考えている人が多いです。しかし、後鼻漏になるのは、主に副鼻腔炎や鼻炎が原因です。それらを放置しておくと慢性化するのでよくありません。

また、後鼻漏があると、喉に細菌が増え炎症を起こすことがあります。ですので、膿栓や後鼻漏が気になる時には、一番に耳鼻咽喉科で受診してください!

とても重要なことなので、是非ともお伝えしたかったことです。

耳鼻咽喉科医師

耳鼻咽喉科で診てもらって、「膿栓は誰にでもできるので大丈夫ですよ。」とお医者さんから言われたのなら、それはそれで安心です。そんな時には、口臭を予防するために口臭予防歯磨き粉「美息美人」のアルカリイオン水でケアをすればいいのですから。

でも、扁桃が腫れて炎症が起きている時には、治療が必要です。

軽い場合には炎症部に薬を塗布するだけで済むようですが、扁桃炎が悪化している場合には腫れている部位を2センチほど切開して膿を出すようです。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

蓄膿症の治療

また、鼻から粘液が垂れる後鼻漏が気になる場合にも、鼻の奥にある上咽頭という部位に薬を塗れば治るようですよ。

膿栓も、人によっては扁桃の穴がふさがり見えてないことがあります。
そのようなケースでは、うがいでも取れないかもしれませんので、お医者さんで除去してもらう必要があります。

そうでないと、いつまで口臭で悩むことにもなります。

悩むよりも、先ずは耳鼻咽喉科で受診するのが賢い方法です。

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

臭い玉(膿栓)と舌苔をとる良い方法を知っていますか?

40年も悩んでいた口臭がたった2週間で消えたので、夢かとおもった。でも、1ヶ月半たった今、家族から「オナラした?」といわれなく…

臭い玉(膿栓)や舌苔(ぜったい)ができると、下水やオナラの臭いがすることがあります。くさい口臭で悩んでいる時に、家族や友達から「オナラした?」といわれて困ったことはありませんか?

もし、口臭で悩まれているのでしたら、まずは、こちらのクライアントさんの体験談をお聞きください。

パチパチママ様の体験談より

52才主婦です。口臭を気にしだしたのは中学生の時からです。
教室で便臭騒ぎになり、まさか自分の口からオナラの臭いや便臭などがしていたのはショックでした。
自覚はありませんでしたが、いつも騒ぎになりました。でも、学校では私だと指摘されたことはありません。
男の子が「誰だ?オナラしたやつ!」というだけでした。
でも家では、家族から「オナラした?クッサイな!」と言われ続けていました。
毎日、毎回臭いわけでもないようで『どうか臭いが出ませんように』と祈るだけでした。
そんな私でも結婚でき、子供も孫もいますが、職場や家などでは誰からの臭いかわからないようで、「臭い臭い、どこから臭いがするんだ?」となります。
その臭いはその時それぞれですが、便臭の他は獣の臭い、チーズの臭い、ドブの臭いのようです
車内では自分でもわかる時があります。
かれこれ40年来の悩みです。勿論、お金は結構かけました。
歯じゃないなら体臭なのかとあきらめていました。
喉の奥から臭うのかもしれないと、このサイトを見てから思うようになりました。
美息美人(びいきびじん)を使い始めて2週間頃から深呼吸を鼻から出す時、いつも感じていた臭いがしなくなりました。
人と会話する時に感じていた自分の鼻からからの臭いも感じなくなりました。
でも、その頃はまだ家族からは「おならした?」と相変わらず言われいましたが、1ケ月半たった今は、「オナラした?」と言われていません。
舌は、奥がまだ少し白いですが、全体的にピンクになっています。
密室が大っ嫌いで恐怖でしたが、自信が出てきました。
もっと若いうちに出会えてたら違う人生だったかな?と思ったりしました(笑)

その口臭、もしかしたら、膿栓と舌苔が原因かもしれません。

もし、膿栓で困っていてもきれいな喉になれば…口臭が消えます!

それだけではありません。

もし、舌が真っ白くなっていても…(舌苔がはりついて舌が臭い状態は、強い口臭が発生します!)

もし、舌がきれいになれば…

あなたの人生が変わるかもしれません!

歯磨きや舌磨きがなぜ解決策にならないのか?

毎日、なにげなく使っている歯磨き粉や、舌ブラシでは永遠に口臭を消すことはできません

もちろん、この方法で虫歯の予防はできるでしょう。そして、舌を磨くと白い苔が少しだけ取れるかもしれません。…。

↑一時的には、舌苔がとれるかもしれない。

でも、この記事をお読みのあなたなら、このようなことをしても口臭は解決しないことを知っているはずです

歯磨きは誰もが行っている毎日の習慣ですが、歯をきれいにしても口臭は消えませんよね。それに、舌を磨くと舌の角化を進行させるため、一時的にきれいになっても、それ以上に悪化するかもしれません。

今すぐ、この間違いに気づいてください!

歯医者で教えてくれないこと

口臭対策で最も重要な「舌のケア」と「喉のケア」のやり方は、歯医者さんでは教えてもらえません。何故なのでしょう?でも、舌と喉を綺麗にしないことには、口臭を消すことは不可能です。

舌を磨かないでピンク色の舌にするやり方はまともではないように思えますが、この方法こそが、今まで舌がきれいにならなかった人たちを正しい方向に導いた秘密のカギです。その理由は…

間違いだらけの舌ケア

舌を白くする原因の1つは、糸状乳頭の角質化です。

角質化とは、毎日新しい細胞が生まれてきて、古い細胞がはがれおちていくプロセスをいいます。

はがれ落ちる前の細胞は白くなるので、舌苔と間違える人が多いです。それどころか、舌をきれいにしようと、舌ブラシでこするとどうなると思いますか?

間違いなく乳頭が傷つきます。

舌を白くしている原因の2つ目は、舌苔(ぜったい)です。

舌苔は、舌のコケと書きますが、舌の上に白い(黄色い)コケが生えたようになります。舌苔は、舌からはがれ落ちた細胞に細菌が繁殖してできたものです。岩に生えるコケと同じで、苔が乳頭にへばりついています。

この苔を取ろうと、舌ブラシでゴシゴシこすっても取れるはずがありません。もし、きれいに取ろうとすると、乳頭まで削り取ってしまうことになります。

これで、「舌を磨いても白い舌は治らない」ということがご理解いただけたのではないでしょうか。

だからといって、舌苔を取らずにそのままだと、白くなった舌は何も変わりません。口臭だってひどいまま。口臭を解決するには舌苔を除去しないといけないのです。ただし、舌磨きとは違う方法で。

口臭対策で最も重要なポイント、それは喉からの口臭を遮断すること

口臭というと、口から出ているものとイメージしますが、口と喉はつながっています。ですから、口に細菌が増えれば、喉にも細菌が増えているのだと考えるのが賢明です。

喉に細菌が増えると、扁桃腺のところに臭い玉(膿栓)ができます。この臭い玉(膿栓)が口臭を発生します。

喉から口臭を感じる場合の90%以上は、臭い玉(膿栓)が原因です。

その臭い玉から発する口臭は、下水やどぶのような強烈な悪臭だから困るのですよね。

臭い玉ができると

  • 喉がイガイガする
  • 喉に白いかたまりが見える
  • 咳やくしゃみをしたときに小さな乳白色のかたまりが出る

などの症状がおきます。

このような症状がしているときには、臭い玉ができているかもしれません。この臭い玉を取ることが、口臭を解決するにはかかせないのです。

もっと大切なのは…

膿栓ができないようにすることが、膿栓を取ることよりも重要です!

ところが、膿栓を取っても何度でも出てきます。この問題をクリアしないことには、将来にわたり口臭がしないようにはできません。

「口臭で迷惑をかけていないだろうか」と心配していませんか?

  • 家族や友達にまで「口臭がしていないだろうか?」と気になる。
  • 好きなひととキスをすることもできない。
  • 営業や接待業の仕事なので困っている。
  • 車に同乗した時に、窓を開けられるかもしれない。
  • 朝起きた時に息が臭いのでテンションが下がる。
  • 口が苦くなり不快になる。

このように、口臭が気になると、「周囲に迷惑をかけていないだろうか?」と不安と恐怖におびえることに。

一日も早くそのような不安を払拭し、これからの人生を楽しくしたいと思いませんか。

口臭対策は、「ニオイのごまかし」から「ニオイの元を断つ」に!

消臭剤のコマーシャルで、「ファ○リーズで洗おう」というのがあります。一昔前までは、消臭剤ではなく「芳香剤」が主流でした。芳香剤は、良い香りを振りまき、ニオイをごまかすというやり方です。

それが、現在は悪臭を消すという方法に変化しています。当然といえば当然です。この流れは、お口のエチケットにもいえます。

以前は、チューインガムを噛むと口臭予防になると考えられていましたよね。ガムを噛むと、ハッカやミントによってスッキリします。そのニオイを感じることで、口臭も消えたように思ったものです。

歯磨き粉の成分にも同じようなスッキリ成分が入っているので、磨いた気持ちになります。しかし、歯磨きが十分にできないというリスクがあります。

そのため、数年前から自然の無添加歯磨き粉が売られるようになってきました。無添加歯磨きはスッキリ成分が含まれていませんが、しっかりと歯磨きができると利用者が増えています。

私がおすすめしている歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」も、ホタテ貝殻だけを使用した完全無添加の歯磨き粉です。

8年半前に販売した当初は、香料や発泡剤が入っていない歯磨き剤のために、違和感を感じる方が多く、受け入れられるのが困難でした。

世間に無添加歯磨き粉が認知されると、年々、利用者が増えていきました。

しかし、一番の理由は、膿栓がとれた!舌がピンクになった!というお客さまからの声が増えたからです。

プラークが取れ「お口がスッキリする!」と、本物の良さを実感していただけるようになったのです。

でも、この話を聞いても信じられませんよね。

「お客さまからの感謝の声」

膿栓で困っていたアヤさまからの感謝の声です。

喉の奥から下水のようなニオイがするのが悩みでした。自分ではなかなか膿栓を取れないので、耳鼻科で取ってもらっていました。

美息美人(びいきびじん)を使うようになってからは、大きな膿栓がポロポロと出てくるようになりました。たまっていたのが出たんじゃないかと思います。

その後、美息美人でうがいをするようになってからは一度も病院には行っていません。本当に感謝しています!

舌苔で困っていたゆかさまからの感謝の声です。

中学のときからずっと口臭に悩まされてきました。大学病院の口腔外科や口臭の専門歯科、ドラッグストアに売っている口臭対策品などあらゆるものを試しましたが、私にはイマイチ効果が表れず…

舌苔をキレイにしようと、ネットで発見した「美息美人」を購入。最初は半信半疑でしたが、使ってみると、、「あれ?ちょっと舌がピンクになってる・・?」2回目には、「ピンク色になってる!!!白い苔が洗い流されている!!??」…

磨いたあとは口のなかがスッキリして、こんなきれいな舌の状態は久しぶりの感覚です。…出会えてよかった!ありがとうございました。

※結果には個人差があり、すべての人に同様の効果がでるとはかぎりません。

「これって、どれだけ信頼できるだろうか?」と思っていませんか。

おっしゃるとおりです。多くのお客様の声のなかから一部だけを紹介されても、それが全てを保証するものではありません。ですから、このサイトでは、これ以上「お客様の声」をご紹介することは省かせていただきます。

じつは、信ぴょう性を見極めるには、「お客様からのコメント」が参考になります。コメントが多いか少ないか。そして、コメント内容が濃いか薄っぺらなものかで判断ができるからです。

一般的なコメントで多いのは、「迅速ていねいな対応に満足しています」ではないでしょうか。これでは、商品の良さが伝わってきませんよね。

一度、美息美人(びいきびじん)のコメント欄をご覧いただくと分かりますが、商品を使用された実感や思いが切々とつづられています。ぜひご覧ください。

コメント662件の中からの一例です。

skymido3様

使い始めて3ヶ月、何となく良くなってきた感じです。
私の原因は副鼻腔炎による膿と後鼻漏、それによる舌苔 です。根本的な部分が改善されないと治らないのはわかっているものの、すがる思いで(美息美人を)使い始めました。
うがいを何度も繰り返しているうちに喉の膿臭さは減りました。そのためか前より口臭がましになったと思います。
もっとよくなりたいので続けて使用する予定です。

りんりん様

舌苔がぶ厚くついていまして半信半疑で購入しましたが、いざ使用してみたら、臭いが減っていて舌も少し綺麗になってました。

使用して2ヶ月経過してまだまだ舌の奥が白いですが、以前よりはよくなりました。今後も使い続けたいです。
上林様はメールでの相談にすぐに返信をくださり、親身になってくれます。是非、オススメです。出会えて良かったです。

それでも信じられない

  1. 美息美人は、9年間の販売実績がある。
  2. 効果は、662件のコメントが実証している。
  3. (財)日本食品分析センターでの試験結果が証明している。

これだけの事実があっても、信じられないのはごもっともかもしれません。これまで沢山の努力をされ、だまされてきたのであれば尚さら。この説明だけで信じろというほうがどうかしているかもしれません。

ですから、歯磨き粉としては異例の「90日間全額返金保証」をお付けさせていただいています。

その理由は、美息美人のような良い商品でも、個人差があり直ぐに良くなる人もいれば、何ヶ月かかっても少ししか変化がおきないかもしれません。

そのため、美息美人で口臭を解決する基準は、90日を目安に考えています。

90日までに良くならない場合には、全額を返金させていただいております。その場合、商品送付にかかった送料(返品送料は自己負担)だけではなく、返金手数料も当社で負担させていただきます。それだけではありません。すべての特典は返品の必要ありません。

「ノーリスクの歯磨き粉!」このような歯磨き粉を今までに聞いたことがあるでしょうか。

このチャンスはいつまであるかわかりません。それに、明日に引き伸ばしても、何の得にもなりません。それどころか、勇気を出して試してみることで、人生が変わるかもしれません。

もし、これまでの努力が実っていないのでしたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」についてお確かめになってはいかがでしょう。

⇒ 美息美人で口臭対策

膿栓(のうせん)と舌苔(ぜったい)の深い関係!同時に改善する方法はコレ!

膿栓(のうせん)でお困りですか?それとも、舌苔(ぜったい)でお困りですか?

じつは、膿栓(のうせん)と舌苔(ぜったい)は深く関係しています。このことをご存知でしたか?

どちらも口臭を発生する大きな原因となるので、口臭が気になると膿栓(のうせん)と舌苔(ぜったい)の存在が気になるかもしれません。

ですから、舌が白くなったときには舌磨きを行い、膿栓(のうせん)が出来きたときには膿栓(のうせん)を取ろうとするのではないでしょうか。

しかし、膿栓(のうせん)と舌苔(ぜったい)、この2つのことを別々に考えては、いつまで経っても改善することができません。その理由は、膿栓(のうせん)と舌苔(ぜったい)は深く関係しているからです。

それに、膿栓ができる扁桃(へんとう)と舌は隣りあわせの場所です。口臭菌が隣に移動してもおかしくないのです。だから、解決するためには、膿栓と舌苔を同時に治さないといけないのです。

今回の記事は、膿栓(のうせん)と舌苔(ぜったい)の関係とその対策についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

膿栓ができる人は舌苔もできる!?

「美息美人を使うようになり膿栓ができなくなったのですが、副鼻腔炎と鼻炎で後鼻漏が悪化して、よくなりかけてた舌苔がまたふりだしです。かなりショックです」これは、私のところへ来た相談の一つですが、この相談者は、元々、膿栓と舌苔ができて悩まれていた人です。

このブログを読まれる方であればご存知かもしれませんが、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎になると、喉に鼻汁が垂れるので膿栓(のうせん)ができる原因になります。

そして、膿栓ができる人の場合は、臭い膿(うみ)の汁「膿汁(のうじゅう)」ができます。膿汁について詳しくは、『喉の奥がネバつくのは膿汁が原因だった!?膿汁を出なくする方法とは?』をご参考にしてください。

この膿汁(のうじゅう)にはばい菌がいっぱい生きているので、舌苔(ぜったい)の原因になると考えられます。

この他にも、美息美人のサイトの中にある『お客様の声』には、「のどから下水臭がするし、舌の奥が白くなっている。」というコメントが多くあります。

このように、「膿栓ができる人は舌苔もできる」というのは偶然でしょうか?

口臭の元…膿栓(のうせん)

ある日、咳をしたときに乳白色の米粒大の玉が口から飛び出てきて驚いたことはありませんか?

この乳白色の玉を指で押さえつぶすと、凄い悪臭。。。
これが膿栓(のうせん)です。

あまりに臭いために、その日から、膿栓(のうせん)を取ることに躍起になってしまう人が多いようです。膿栓を取ったことのある人ならわかっていることですが、膿栓は取ってもすぐにできます。耳垢や鼻くそと同じです。

膿栓を取るだけでは、根本的な処置にはなりません。二度とできないようにすることが大事なのです。詳しくは『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

口臭の元…舌苔(ぜったい)

舌が白くなったと悩まれている方の場合でも、ある日、歯磨きをしているときに、偶然、口の中を覗いてみると、舌の奥の方が、真っ白くなってる。。。。

不安になり、それ以降、歯磨きの時には必ず舌も磨くようになってしまう人が多いようです。

ですが、白くなった舌は治ることはなく、舌磨きによって慢性的に白くなることが多いのです。舌に苔ができると舌も臭くなり口臭も強くなります。

だから、舌を磨いてしまう。このようにして悪い循環になっている人が多いです。

舌磨きが良くない理由は、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

膿栓(のうせん)と舌苔(ぜったい)は関係している

この膿栓(のうせん)が出来たり舌が白くなる人達は、それぞれが、「膿栓(のうせん)の治し方」や「舌苔(ぜったい)の取り方」について別々に相談されます。

ですが、理解してほしいことがあります。膿栓(のうせん)と舌苔(ぜったい)は密接に関係しています。

この絵のように、舌とのどはつながっているからです。どこからがのどで、どこからが舌なのか、素人では見極めがつかないほどつながっています。

ここ(扁桃)から、粘液のような免疫物質を常に出して感染防御を行っています。そしてその結果として、白色から茶褐色のネバネバとした免疫副産物ができて痰(場所・形態により膿栓と呼ばれたりする。)のように絡みます。これ自体をもし取り出せば悪臭がします。この免疫副産物は通常、唾液の働きや舌の運動によって胃に運ばれるのですが、発咳によって反射的に外部に吐き出されることがあります。この扁桃細胞は、口蓋扁桃の他にもこの付近の舌の奥の部分にもたくさんあります(舌扁桃)。舌の一番奥の、食道へ連絡する境界線あたりにはぎっしりとあります。また、その他にも、喉の周囲には喉を取り囲むようにして、同様の器官や細胞がひしめき合っています。 口蓋扁桃が病的に肥大している場合や、常に口呼吸習慣のある人では、この扁桃細胞をはじめとする免疫器官や細胞群は乾燥に非常に弱く反応が過敏になってしまい、ちょっとしたことで、反応するようになり、常にこの付近に免疫副産物を作り出すことになります。(アレルギー状態・過敏状態)

引用:Dr,HONDA 口臭バイブル 膿栓や喉の奥の不快からくる口臭に対する解決法

膿栓(のうせん)ができるのは、のどの扁桃(へんとう)です。扁桃に細菌が繁殖することで、膿栓(のうせん)も増え、そこから出る粘液にも、細菌と臭いが混じる。

細菌が混じった粘液「膿汁」が口に流れ、舌に細菌が感染し繁殖をはじめます。

嫌気性細菌は空気が嫌いな細菌です。そのため、舌の奥のほう、のどに近い部分を好んで棲みつきます。

ですから、舌が白くなっている人に状態を尋ねると、必ずといっていいほど、「舌の奥の方が白くなっている。」と答えられます。
あなたもそうではないですか?舌の奥に舌苔が出来ている場合は、『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?』をご参考にしてください。

このように、のど(膿栓)の細菌と舌の細菌は、同じ細菌なのです。棲んでいるところが違うだけだったのです。だから、喉だけきれいにしてもダメで、舌だけきれいにしてもダメだったのです。

あなたが今まで行ってきた膿栓(のうせん)と舌苔(ぜったい)に関する対策は、間違っていたのです。そのために、今まで改善されなかったかもしれませんね。のどと舌はつながっているのですから。

→ 口臭は膿栓があるから!?喉からの口臭対策6つ

膿栓(のうせん)と舌苔(ぜったい)が出来やすい人の性格

口臭症の人の特徴は、思いやりの気持ちが強く、自分を抑えて我慢しているタイプの者が多い傾向であった。

※日本口臭学会学術大会で、東京歯科大学千葉病院総合診療科と東京歯科大学歯科保存学講座の山倉大紀先生ほかの一般口演で発表されたものからの抜粋です。

このように優しい性格のために、口臭が気になると人よりも悩んでしまうのかもしれません。
ところが、この性格が膿栓(のうせん)や舌苔(ぜったい)を作る元になっているとしたら、どう感じますか?

実は、膿栓(のうせん)や舌苔(ぜったい)は、唾液の分泌が減少することで出来やすくなります。そして、その唾液は自律神経(交感神経・副交感神経)によって左右されているのです。

以外にも、精神の状態によって唾液が分泌したり出なくなったりしていたのです。

食事をしているときのようなリラックス状態の時には、多量の唾液が分泌されるのですが、心配や緊張などのストレスが多いときには唾液が出なくなるのです。

ご存じのように、唾液には殺菌作用があります。そのことで、口腔内の清潔を維持できるのですが、唾液が出なくなると細菌が沢山増えてしまいます。

もうお分かりかと思いますが、ストレスが多いと膿栓(のうせん)や舌苔(ぜったい)ができやすくなるのです。

→ 舌苔が取れないのはストレスが原因!ストレス解消と舌のケアはこうする!

膿栓(のうせん)と舌苔(ぜったい)を同時に改善するには

耳鼻咽喉科に行って膿栓(のうせん)だけを取ってもらっても…
舌に細菌がくっついているので、細菌はすぐにのどに移動します。

ですから、舌が白いからと、舌だけをきれいにしても…のどの細菌が、舌に移動して舌乳頭にくっつき繁殖をはじめます。このことが、膿栓(のうせん)も舌苔(ぜったい)も改善できないという大きな理由なのです。

膿栓(のうせん)や舌苔(ぜったい)を治したいなら、この両方を一度に治すしかありません!口の中、舌、喉、唾液、これらをいっしょにキレイにしないといけないのです。

それでは、具体的にはどのようにすれば良いのでしょう?

その方法とは…

  1. 口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で朝晩歯磨きをする。
  2. 歯磨きの時に、アルカリイオン水で、充分うがいをする。うがいの方法は、ゴロゴロうがいを多めにするのがコツです。
  3. 日中も小まめに、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のアルカリイオン水でゴロゴロうがいと、ブクブクうがいを行う。

以上です。じつにシンプルです。詳しくは『美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに』をご参考にしてください。

膿汁・膿栓を予防するためには、ガラガラうがいが有効です。

臭い玉(膿栓)について詳しくは『臭い玉が喉にできる人とできない人の特徴とは?その違いについて教えます』をご参考にしてください。

→ 膿栓には取れるタイミングがある!無理なく取る方法とは

当たり前といえば当たり前なことなのですが、口とのどと舌は、つながっています。
ですから、歯を磨く。舌をきれいにする。のどを清潔にする。この3つを行わない限り口臭は予防できません。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」が口臭予防に効果をあげているのは、こんな簡単な理由だったからです。でも、そんなことの出来る歯磨き粉は、世界中で口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」だけかもしれません。

もし、膿栓と舌苔の両方でお困りでしたら、今すぐ美息美人をお試しになられることをおすすめします。

歯垢(プラーク)が臭い

歯が臭くなるのはプラークが原因だった!?プラークを溶かし除菌する方法とは?

口臭の元プラークとは?プラークはどこにある?効果的にプラークを除去する方法を紹介します

「歯が臭い!」、「口臭が気になる!」とお困りではないでしょうか。口臭がしている場合、9割以上は口内に原因があります。そして、そのすべての原因が、プラークだと知ったらどうされますか?

当然ですが、口臭を解消するためにプラークを除去しようとするのではないでしょうか。しかし、チョット待ってください。

口臭原因がプラークだと知っている人たちは非常に多いのですが、いつまでも「歯が臭い!」と言って口臭を解決できていないからです。どうしてだと思いますか?

それは、プラークのことをほとんど知らないからです。そして、プラークを効率よく取る方法についても知らないからです。

この記事を見つけていただいたあなたには、そのような失敗をしないで効率よくプラークを除去し、「歯が臭い!」なんて言ってほしくありません。そのためには、プラークの事を知ってもらい、効果的に口臭を改善してほしいと思います。プラークを溶かし除去する方法についても、是非ご参考にしてください。
この記事は、現役歯科衛生士の上林ミヤコが書きました。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯が臭くなるプラークとは

歯が臭い原因はプラークです。歯医者さんに行くと、「プラーク」という言葉を良く耳にされるかもしれませんね。でも、歯医者さんによっては、プラークではなく、「歯垢(しこう)」と呼ぶ場合があります。

プラークと歯垢は、違うものなのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。プラークと歯垢はまったく同じものですのでご安心ください。

しかし、誤解しないでほしいのは、「食べかす」とプラークは異なるものです。プラークは、細菌のかたまりで、ネバネバしたものです。このネバネバが歯にくっ付くので厄介です。

厄介というのは、プラークの中にある虫歯菌や歯周病菌が悪さをするからです。虫歯や歯周病になるだけでなく、細菌たちは口臭も作るので、プラークが出来ると、「歯が臭い」となるのですね。

「食べかす」も臭いが出ますが、細菌が作る臭いのような悪臭ではありませんので、口臭を予防するために重要なのは、プラークを取り除くことです。

プラークはどこにある?

先ほど、プラークは歯にくっ付いていると申しました。そして、ほとんどの人が、プラークは歯に付着しているものと思っています。間違いではありませんが、細菌のかたまりプラークは、歯以外の場所にも存在します。

それは、舌の上と喉の粘膜です。プラークが舌の上に付着すると、「舌苔(ぜったい)」と呼ばれます。そして、喉にあるプラークは、「膿汁(のうじゅう)」と呼ばれます。膿汁は固まると、膿栓(臭い玉)になります。

舌苔、膿汁、膿栓、どれも悪臭を放ち口臭原因となります。このように、プラークは、「歯が臭い」だけではなく、舌や喉も臭くするし、唾液まで臭くなるのでご注意くださいね。

プラークは取れにくい

歯のプラークは、ネバネバによってしっかりと付いているため、簡単には取れません。プラークを取るためには、しっかりとブラッシングするのが一番効果的だと言われています。

しかし、通常の歯磨きではプラークは完全に除去できなく、「磨き残し」が出来ます。どうしてだと思いますか?

それは、歯のプラークは、歯と歯ぐきの境目の溝(歯周ポケット)の奥深くに出来ることが多いからです。歯周ポケットの中は狭く、歯ブラシの毛先が入りにくく、ふつうに磨いた程度では取れないのです。そのため、歯磨きをしていても、歯周病になるし口臭がするのですね。

歯周ポケットの他に磨き残しが出来やすいのは、歯と歯の間です。「歯間ブラシが臭い」と思ったら、プラークが付いているかもしれません。対策としては、次の記事『正しい歯間ブラシを使った歯の隙間の磨き方とは?臭いと出血を抑えます』をご参考にしてください。

それに、舌のプラークは、舌のザラザラ面にびっしりとくっ付いているため、舌磨きをしてもすべてを取り除くことはできません。だから、舌苔で困っているいる人が多いのです。

また、喉のプラークは、歯磨きをしても効果がありません。毎日、喉うがいなどを行い清潔を保つことが、最低限必要になります。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

取りにくいプラークはアルカリで分解除菌できる

何をしても口臭が治らない。。」そのようにお困りの場合、その原因のほとんどのケースがプラークが原因になっています。歯垢、舌苔(ぜったい)、膿栓(のうせん)、膿汁(のうじゅう)が関係しているのです。

当てはまらない場合は、この他にも口臭原因があるので、そのような時はこちらの記事『口臭はアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

どれも臭いが強く、周囲の人にもわかるほどの口臭を発します。だから、歯垢、舌苔、膿栓、膿汁を除去しないことには、口臭を解決することにはならないのです。

しかし、問題なのは舌苔と膿栓が歯科疾患ではないことです。舌が白くなり歯医者さんに行っても「舌ブラシで磨いてください。」としか相手にされませんし、膿栓ができても、口臭程度であれば耳鼻科では取ってもらえないことが多いようです。

それに、たとえ膿栓を取ってもらったとしても、膿栓はその後何度でもできます。このように、舌苔と膿栓が口臭の二大原因だと分かっても解決法がなく困っていたのではないでしょうか。

この後、口臭の二大原因である舌苔と膿栓の除去法と予防の仕方についてもお伝えするので、是非ご参考にしてください。

舌苔(ぜったい)を治せない理由

舌磨きで白くなった舌

舌苔を取ろうと舌磨きをしたり、マウスウォッシュでクチュクチュした経験はありませんか?

ところが、これらの方法で舌苔が取れた方はラッキー(というよりも、一時的な舌苔だった可能性が高い)ですが、多くの方が効果がなく困っているのではないでしょうか。

それでは、舌磨きとマウスウォッシュが、どうして舌苔除去に効果がないのかについてご説明しますのでご参考にしてください。

舌磨きでは舌苔は取れない

舌ブラシで舌磨きを行う

舌苔ができると真っ先に行うのが舌磨きかもしれません。しかし、舌磨きをしても舌苔は取れません。たとえ取れたとしても、舌がきれいになるのは一時的で、舌はすぐに白くなりますよね。その理由は、、、

舌の角化

舌磨きをしても容易には舌苔は取れません。そのため、何度も磨く。その結果、舌乳頭が傷つき角化が進みます。そして、傷にばい菌が繁殖し舌苔ができます。その結果、舌がヒリヒリしたりパサパサに乾きます。

闊瑚渠縺ョ蝗ウ隗」

舌苔が治らない場合には、ほとんどがこの舌磨きによる悪循環におちいっています。舌磨きをしてはいけない理由について詳しくは、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

舌磨きを行うと、一時的に口臭は緩和しますが、すぐに復活します。
さらに、過剰な舌苔は、より一層ついてくるようになります。
引用:Dr.HONDA口臭バイブル 舌を磨くことと舌の臭気

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

舌苔はマウスウォッシュでは取れない

うがいをする女性

舌苔はばい菌が原因になっています。だから、うがい薬やマウスウォッシュで舌をキレイにしようと思ったのではないでしょうか。

しかし、舌苔はどれだけ殺菌力が強いうがい薬を使用しても取れません。マウスウォッシュでも同じです。うがい薬で舌苔が取れない理由は、舌苔の構造にあったのです。

抗菌薬は浮遊している細菌を殺菌することはできても、スクラムを組んだバイオフィルムの中に浸透して、内部の細菌を十分に殺菌することはできません。つまり抗菌薬を使ってもバイオフィルムの殺菌はとても難しいのです。
引用:サンスター Mouth & Body PLAZA プラークとバイオフィルム

舌苔のプラーク

舌苔の正体はプラークです。歯に付いているプラーク(歯垢)と同じ種類のものです。ばい菌が集まるとプラークを作りますが、プラークの表面にはバイオフィルムという膜がはっています。バイオフィルムは、外からの攻撃からばい菌を守るためにあります。

上図のように、たとえ抗菌剤でもはね返します。だから、うがい薬やマウスウォッシュを使っても、口中を浮遊しているばい菌には効くかもしれませんが、舌苔(プラーク)には効かないのです。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

膿栓(臭い玉)がなくならない理由

膿栓(臭い玉)の写真

膿栓(のうせん)は臭い玉とも言います。膿栓ができると喉がイガイガするため除去しようといろんな努力をされたのではないでしょうか。

しかし、膿栓は除去できたとしても、何度でもできます。人によっては、毎日のように出ることもあります。もしかしたら、耳鼻科を受診しうがい薬を処方してもらい、うがいをしたことはありませんか。

しかし、膿栓が減ったのは一時的だったのではないでしょうか。それは、こういう理由からです。

痰がつまる

膿栓は元々はネバネバした痰のような粘液です。粘液ができると、のどにへばりつきエヘン虫が出るなど違和感を感じるようになります。

舌の奥3分の1より後には、扁桃腺と同じような細胞がぎっしりあって、常に、口から入ってくるゴミやホコリ、細菌を駆除しています。
したがって、その付近は常にネバネバした粘液が出ておりその時の状態に応じて反応しています。 よくタバコを吸う人や口呼吸をする人は、常にネバネバしていて、緊張して口を閉じたりすると不快感や自覚的な臭気を感じるでしょう。慢性的な耳鼻科的問題がある場合も、気持ち悪いはずです。
引用:Dr.HONDA口臭バイブル舌の奥の構造について

この粘液は、扁桃(へんとう)から分泌されるリンパ球などの免疫物質とばい菌の死がいなどが混じったものです。粘液は腐敗し膿のようなので膿汁(のうじゅう)と呼ばれることがあります。

粘液(痰、膿汁)

このばい菌だらけの粘液は、歯に付くプラーク(歯垢)と同じネバネバした構造をしています。先ほどの舌苔のプラークと同じ構造です。ネバネバした粘液は喉の壁に付着すると、容易に取ることが難しくなり、乾燥することで膿栓(臭い玉)になります。

膿栓(臭い玉)ができると、さらにばい菌が増えるため、粘液(膿汁)ができるというように、悪循環になるので困ったものです。

この悪循環が、膿栓が治らない大きな理由です。膿栓の取り方について詳しくは、『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

プラークを分解除菌すれば解決する

舌苔と膿栓(膿栓の元となる粘液)は、プラークを壊し除菌することで解決できます。しかし、そのような方法があるのでしょうか?

これまでは、下図のように、うがい薬やマウスウォッシュを使っても舌苔や膿栓には効果がありませんでした。

舌苔のプラーク

ところが、たんぱく質からできているプラークは、強いアルカリで溶解します。たんぱく質はアミノ酸が結合してできていますが、アルカリはアミノ酸の結合を切って分解したりゆるめて、構造を変化させます。そうなるとタンパク質はもろくなり、舌苔は歯ブラシで軽くなぜるだけでも取れるようになります。

それだけではありません。喉にネバネバした粘液がくっ付いている場合は、ガラガラうがいを行うと粘液が取れるので、膿栓(臭い玉)の予防になります。

プラークを溶かす

プラークを溶かすと、中に潜んでいるばい菌もアルカリを使うと簡単に殺菌できます。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

プラークを分解除菌する美息美人(びいきびじん)

理論的には、素晴らしい方法です。しかし、そのようなモノがあるのでしょうか?

調べていると、東京の霞が関の有名な歯医者さんも、これと同じ手法を取り入れていました。

しかし、私はアルカリイオン水の口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をおすすめします。その理由は、効果が実証されているからです。こちらの試験結果をご覧ください。※試験機関:(財)日本食品分析センター

開始時:歯周病菌(ジンジバリス菌)の菌液に美息美人の溶液を入れる。

30分後、赤い底の上に黒い点状にまばらに残っているのが歯周病菌です。この時、菌数は、開始時の2,500分の1まで減っていたのです。

美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水は、PH11.4の強アルカリです。ですから、皮膚刺激や口毒性を心配される方が多いです。

こちらも、(財)日本食品分析センターにおいて、うさぎとマウスを用いて試験した結果がありますので、ご参考にしてください。

  • 皮膚一時刺激性試験でも刺激なし
  • 急性経口毒性試験でも人体に問題なし

美息美人(びいきびじん)の効果的な使用法

1、美息美人のアルカリイオン水を口に含み、20秒ずつブクブクうがいとガラガラうがいをして吐き出します。

繝悶け繝悶け縺・′縺・r陦後≧

(始めは臭い味や刺激があるかもしれませんが、それはアルカリイオン水がプラークを溶かし味や刺激を感じるためです。使用回数を重ねてプラークが減ると、味と刺激は弱くなっていくのでご安心ください。)

2、吐き出したあと、水でゆすがず何もつけずに歯ブラシで歯を磨きます。歯磨きをしながら、アルカリイオン水で何度もブクブクうがいを行うと効果的です。

3、歯磨きが終了したら、水でよくお口をゆすぎます。(この後は、できるだけ歯磨き粉を使わないほうが、舌苔も膿栓もできにくいです。)

水を飲む女性

美息美人(びいきびじん)の使用方法は、基本的にはたったこれだけです。もし、何をしても口臭が治らないとお困りでしたら、美息美人をお試しください。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報