口臭予防」カテゴリーアーカイブ

口臭は内臓に原因があるから!腸内フローラを整えると解消する!

口臭が気になり、「胃が悪いから?」と不安になっていませんか?

口臭の原因は、胃腸など内臓の健康と関連付けされることが多くありますが、本当でしょうか?

確かに、ていねいに歯磨きケアを行っても口臭が改善されないと、「胃炎が原因になっていないか?」疑いたくなるかもしれませんね。しかし、本当は胃の病気が原因ではなく、ストレスなどによって腸内環境が悪化していることの方が多いのです。

今回は、口臭原因となる腸内環境の改善についてお伝えします。

胃が悪いから口臭がする?

食道は一方通行のため、胃に入った食べ物が原因で口から臭いがすることはありません。例えばニンニクなどの臭い食べ物でも、臭気物質は血管内に取り込まれて肺と気管を通り、息は鼻から出ます。

胃が悪くなると、胃もたれ、げっぷ、吐き気、胸やけ、胃痛などの症状がおきます。

【胃の病気】
胃炎、機能性ディスペプシア、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん など

そのため、胃の病気になっても、直接口臭がすることはありませんが、げっぷをすると胃の中の匂いが出ることがあります。また、逆流性食道炎の場合は、喉に細菌が増えて口臭が強くなります。

口臭は内臓に原因がある

口臭が発生する一番の原因は、唾液の分泌が減る「口腔乾燥」にあるからです。唾液が減ると、口腔洗浄ができなくなり細菌が増殖します。そんな時、虫歯や歯周病などがあれば、嫌気性細菌による悪臭成分の産生が多くなります。

口臭をコントロールする「唾液」の量を左右するのが、自律神経に働く「腸の健康」です。

胃腸など内臓の不調が口臭の原因になっているのです。ですから、腸内環境を改善しないかぎり、口臭を完全に解決することは不可能だと知っておくことが大事です。

「腸」に原因があるため、舌磨きや歯磨きなど丁寧なケアをしても、臭いは一時的にしか抑えることにしかならないのです。

関連記事:舌磨きしないほうがいい ❘ 正しい舌磨きの方法はこうする!

胃腸が悪いと唾液が減る

(日本口腔外科学会の発表では)病的口臭の90%は口腔内にあるといわれています。歯科疾患による病的口臭の原因は、歯周ポケット、カリエス部、口内炎、歯垢、舌苔などです。

また、舌苔から発生するにおいは、口臭全体の6割以上を占めるといわれています。舌が臭い理由は、舌乳頭の隙間に(揮発性硫黄化合物が含まれている)臭い唾液が溜まるからです。そして、細菌のかたまり「舌苔」ができるからです。

実は、これら口臭原因になる舌苔、歯周病、虫歯になるのは、唾液が少ないことが原因です。その理由はこうです。

唾液には、口の中を清潔にする「自浄作用」、病気に打ち勝つ免疫としての「抗菌作用」、細菌の活動を抑える「pH緩衝作用」があります。これらの作用によって口臭菌をコントロールしています。
ところが、その唾液の分泌が減ると、口内の細菌が増えてしまうのです。

内臓(腸内環境)を改善して口臭を解消する

口臭を予防するには、舌苔をつかなくするとか、歯周病や虫歯にならないようにすることが大事です。そのためには、自律神経のバランスを整えて、質のよい唾液の分泌を充分にする必要があるのです。

腸内フローラのバランスを崩す原因

腸内細菌叢がバランスを崩し、腸のバリア機能が低下すると、血中に細菌が作りだす毒素量が増加することがわかってきました。
”リーキーガット”とは腸の粘膜に穴が空き、菌・ウイルス・たんぱく質が血中に漏れだす状態にある腸のことを指します。

腸内フローラのバランスを崩す原因として、悪玉菌を増やしてしまうような食生活や、加齢による善玉菌の減少などが挙げられますが、ストレスも大きな要因のひとつです。精神的なストレスは、「腸内フローラ」のバランスを乱してしまいます。

便秘を解消すると唾液が良く出る

副交感神経が唾液を分泌させます。便秘が解消されると副交感神経の働きがよくなることが最近の研究で報告されています。反対に腸内環境が悪くなると、副交感神経の働きが下がり唾液の分泌を減少させます。

ストレスを減らし自律神経を整えると腸の働きがよくなり、腸内環境をよくすることが自律神経を整えることにもなる。このように腸内環境と自律神経には相互に影響し合っています。

腸の炎症を治すと舌苔が改善できる

腸が炎症を起こすと修復しようと新しい細胞ができる、腸の延長である舌の細胞も作られ、乳頭が伸びます。案外、このことが舌苔の原因になっているケースが多いのです。
ですから、腸が健康になると、自然と舌苔も治っていきます。

腸内フローラを整えるには

善玉菌を含むプロバイオティクス、その善玉菌の栄養源となるプレバイオティクス、の両方を含む食べ物を摂ることで、腸内フローラの整う効果が期待できます。腸内フローラを整えるには、次のような食品がおすすめです。

  • 発酵食品(ヨーグルト、ぬか漬け、納豆、キムチ、味噌、チーズなど)
  • 整腸剤・サプリメント・漢方薬(さまざまな種類の乳酸菌やビフィズス菌が凝縮されている)
  • 食物繊維(野菜類、納豆、さといも、こんにゃく、海藻・きのこ類、果物など)
  • オリゴ糖(玉ねぎ、ごぼう、ねぎ、にんにく、アスパラガス、バナナ、大豆など)

これらの食べ物を摂取するほかに、疲労・ストレスの解消、睡眠不足を解消することも大切です。
また、お菓子など糖分の摂り過ぎやアルコールの飲み過ぎは、腸内フローラの敵です。そして、内臓疾患がある場合は、内科や胃腸科の治療を受けることも大事です。

腸内環境を改善して口臭の悩みが解消されることをお祈りします。

えっ?歯磨きしたのに口臭が治らない

私の口、もしかして臭い!?気になる「舌苔」を今すぐ予防する方法

会話の時に感じる、お口のニオイ。もしかして相手の人も気付いているかも…?と不安に感じることってありますよね。

じつは、口臭の7割が、舌苔が原因だと言われています。

どうして舌が白くなってしまうのか、どうすれば舌苔と口臭を予防できるのかについてご紹介します。
歯科衛生士のミヤコが、舌苔について詳しくご説明します。

舌苔の原因となる生活習慣をしていませんか?

いつもは、きれいなピンク色の舌をしている人でも、舌が白くなる時があります。舌苔が出来ると口が臭くなりますので、すぐに、口臭は舌苔があるからだと思いますよね。

⇒ 健康なピンク色の舌にするための方法

でも、口臭の元である「舌苔」が出来る原因についてまで、考えたことがあるでしょうか?

舌苔は誰にでもできますが、次のような日には特に白くなります。それは、暴飲暴食してお酒を飲んで夜更かしした翌朝です。

朝起きて鏡を見ると、舌の奥には白い苔がべっとりついて、唾は粘つき、きつい口臭がしたという経験はありませんか?

でも、この経験から分かることがあります。それは、病気でなくても体が疲労して免疫が低下すると、舌苔がよくできるということ。
そして、唾液の分泌が減ると、口内細菌が増えて、舌苔ができ、口臭が出るということです。

舌苔ができやすい生活習慣をご紹介すると…

喫煙やいびき・開口による口腔乾燥や、偏食、暴飲暴食、唐辛子など辛い食べ物が多い食習慣。寝不足やストレスが多い、、このような生活習慣があると舌苔がよくできるのでご注意ください。

舌苔の症状には個人差がある

舌が白いとか舌苔ができていると言っても、「舌苔」の程度は大きく異なります。そのため、症状にも違いがあります。

舌の上にびっしりと舌苔があると、口臭で迷惑をかけてしまうかもしれません。また、舌苔の色が、黄色や茶色のように濃い場合には、さらに口臭が強くなるので気をつけましょう。

舌が白くても、、舌の表面に白く薄いカーテンが被っている程度では、ほとんどニオイの心配はありませんのでご安心ください。

じつは、このように薄い舌苔ができるのは、舌乳頭の角化が原因です。食事で舌がすれたり、老化した細胞が角化したことで、舌が白く見えるのです。

しかし、舌苔ができる人は、(唾液量が少ない)口腔乾燥のことが多く、口が粘ついたり、舌がぴりぴりと痛む症状に悩まされることがあります。

口臭の原因は、舌苔そのものではなく「菌」にあります

舌が白いと、口臭を心配して舌みがきを行う人がいますが、舌苔そのものが口臭原因ではありません。

ニオイは、細菌が口内のたんぱく汚れを分解することで発生するガスです。口臭の元となる嫌気性細菌は、汚れとかたまると舌苔になりますが、本当は唾液中に多く存在しています。舌がきれいでも口臭がある場合は、口内環境が悪いからかもしれません。

唾液は、スポンジ状の舌苔に浸透し臭いを発しますが、舌みがきで舌苔を除去しても、口臭は完全にはとることは難しいです。

口臭を完全除去するには、舌清掃だけではなく、歯磨きやマウスウォッシュを使い口腔ケアをして口内を清潔に保つことが大切です。

口腔ケアは、唾液中の雑菌を減らし、間接的に誤嚥性肺炎の予防にもつながります。

関連記事:よだれの臭い(布団、マスク、キス)を消す方法!唾液の臭い予防と対策について

口臭が気になるなら、舌苔ケアを見直してみましょう

口臭になる一番の原因は唾液量の不足です。ストレスがたまらないようにして、唾液の分泌量を増やすように心がけましょう。

また、寝不足、喫煙、飲酒、お菓子の食べ過ぎなど生活習慣を見直してみることも大切です。

口臭が気になる方へのおすすめは、洗口剤によるうがいと、白湯などを飲むなどして水分補給するといいです。

口腔ケアに、舌苔を溶かす「アルカリイオン水」の口臭予防歯磨き粉「美息美人」をうがいに使うと、舌苔をできにくくします。

舌苔の予防

舌が白いと、すぐにでも舌磨きをして綺麗にしたいと思うかもしれません。しかし、たとえ舌磨きをしても、舌苔を完全に取り除くことは不可能です。

根本的原因を改善しない限り、舌は白くなります。また、過剰な舌磨きによって、舌がヒリヒリしている時には、舌は磨かないようにして舌用の保湿ジェルを塗布するようにしましょう。

口臭を改善するには、舌みがきで舌苔を除去することが有効です。だからといって、歯ブラシでゴシゴシと何度も舌をこすると、舌の粘膜を傷つけてしまい、かえって舌苔の原因になるのでご注意ください。

【正しい舌の磨き方】

1,舌みがきは、朝か夜、どちらか一回にする。
2,専用の舌ブラシを使用する。
3,鏡を見ながら舌の汚れた部分だけを磨く。
4,舌の奥から前に舌ブラシを3~4回動かす。この時、優しくなぜるように磨くのがコツです。
5,舌苔は完全に除去できません。一度に舌をきれいにしようとしないで、毎日の舌清掃で少しずつ改善するようにしましょう。

⇒ 舌磨きしないほうがいい ❘ 正しい舌磨きの方法はこうする!

⇒ 舌磨きがダメな理由5つ。コットンにあるものをつけて舌を拭く方法とは?

舌苔は一度に取れない

舌磨きの経験がある人であればよく知っていることですが、歯ブラシで舌を磨くと、白い糸状乳頭が逆立ち絨毯のようになります。舌磨きを行う前よりも、舌の状態が悪くなりショックを受けられる人が多いと思います。

舌苔は一度に綺麗にできないことを理解し、舌ケアを行わないといけません。舌苔が多くあっても、一変に舌苔を取ろうとしないで、毎日少しずつケア(舌磨きなど)を行うのが正しいやり方です。

舌にひび割れがあるケース

舌の中央に縦に走る溝があることがあると、舌苔ができやすくなります。溝状舌には、先天性の溝と口腔乾燥などから後天的にできるケースがあります。

溝が深いと汚れがたまり臭くなります。また、舌苔の原因にもなります。対策とすれば、舌の溝を清掃することが大切ですが、磨き過ぎると逆効果になりますのでご注意ください。

柔らかい歯ブラシで、溝部分を2~3回なぜるようにして清掃するといいです。この時、完全に取らないようにしてください。

最後に、コットン(綿花)に美息美人のアルカリイオン水を湿らせて、溝部分に塗布すると、口臭予防になります。効果の高い時間帯は、就寝前と朝起きてからの歯磨き時です。

看護・介護の舌苔ケア

重症患者の看護や寝たきり高齢者などの介護の現場では、自身で口腔ケアを行うことができないため、口腔衛生が悪くなり舌苔ができます。多量に舌苔ができると、誤嚥性肺炎や口臭の原因になるので、毎日舌ブラシで舌を磨いて綺麗にする必要があります。

免疫力を高める

免疫が高いと舌苔ができにくくなります。免疫力を高める食べ物を進んで食べるようにしましょう。納豆、漬物、ヨーグルトなどの発酵食品や、海藻類やキノコなどの食物繊維が免疫をアップする効果があります。
また、体を温めると免疫が高まるので、生姜、にんにく、とうがらしを食べたり、お風呂にゆっくりと浸かるのもおすすめです。

まとめ

舌が白い時は、体調が良くないサインだと思った方が良いです。そのためには、毎朝、歯磨きの時に鏡を見て、「舌が白くないか?」確認しましょう。

また、舌苔は細菌の塊であるため、舌が白くなっていると、外からの菌やウイルスに感染しやすくなります。口内の衛生状態が悪いと新型コロナウイルスの感染リスクも高くなると言われているので、毎日舌磨きなど舌ケアを行うことも大事です。

舌が白い場合でも、その原因がカンジダの異常増殖や白板症など癌の初期のことがありますので、放置せず病院を受診されることをおすすめします。。

口臭が気になる女

マスクが臭くなるのは口臭が原因!対策のポイントは?

マスクが臭いときの口臭対策

新型コロナウイルスの感染予防にマスクの着用が必須となりましたが、マスクを長時間着けると臭いが気になりませんか?

マスクが臭いなんて、今までは気にしていませんでした。たとえマスクが臭いと感じたら、使ったマスクは捨て、新しいマスクに替えていたからです。

ところが、新型コロナが流行してからはマスクを粗末にはできません。だから、長時間使うのはもちろん、マスクを一度使ったら捨てずに洗濯して何度も使うようにしています。

ですが、洗ったマスクを着けると、唾液のニオイが気になることが。このマスクが臭い理由は、歯周病などの歯科疾患が原因かもしれませんが、マスクが臭い時には、たいてい口臭も強くなっているので注意が必要です。

今回の記事は、マスクが臭いときの原因と対策についてです。マスクの臭いでお困りでしたら、ぜひご参考にしてください。

マスクが臭くなる理由

マスクが臭くなる原因は、吐息の水蒸気や会話のときに唾液の飛沫がマスクの内側に付くからです。唾液中には雑菌が含まれているので、高温多湿のマスクの内側で菌が増殖します。

この菌の増殖によってマスクが臭くなるのですが、それでも、マスクが臭くなるのは個人差がありますよね。どうしてだと思いますか?

マスクが臭くなる理由…

1位:口臭が強い

2位:マスクを着けたままよく会話をする

3位:長時間、マスクを着けている

4位:何度もマスクを洗って使っている

5位:マスクを洗濯した後、除菌していない

マスクが臭くなる理由の1番は、口臭です。ですから、マスクが臭いと感じたら、マスクを外した時に相手に口臭を放つことになるかもしれないので、ご注意ください。

口臭の原因はさまざまで、歯科疾患のほかにも、舌苔や膿栓などが関係していることがあります。自分の口臭原因がわからない時は、こちらをご参考にしてください。

>>口臭の原因がわからない!?よくある口臭原因と適切な対策方法

マスクが臭くなる原因は、唾液中の雑菌の繁殖によるものです。そのため、マスクを長時間着用していると、菌を増殖させニオイを発生させるのです。

マスクを洗っても、除菌しないかぎり繊維の中に菌は残っています。菌が残ったマスクを使用すると、呼吸と会話でマスクの中が高温多湿になり、唾液が一変に臭くなります。

関連記事:マスクや布団に付いたよだれの臭いを消す方法

マスクをすると口臭が強くなる

新型コロナの感染予防に「マスク」を着用することは効果的です。しかし、マスクを着けることで、それまで口臭がしていなかった人でも口臭が出るようになることがあります。

口臭が起きる大きな原因は、大きく口を開けて会話しなくなるからです(会話が減ることも)。会話をすると、口を動かし唾液の分泌が増えるので口臭が予防できますが、口を閉じる時間が長く続くと、口内と喉に臭い息が充満します。そのため、喋ると強い口臭がマスクの端から出ることに。

また、新型コロナによって暗いニュースが多いことと、楽しく会話する機会が減少したことも、ストレスがたまり自律神経を乱す原因になっています。このようにストレスが口臭を強くするので気をつけてください。

たまにはマスクを外して、深呼吸することも大切です。

マスクの臭いが気になる時の対策

マスクが臭くなる原因は雑菌。そして、使ったマスクが臭くなる理由は、雑菌が増殖するからです。ですから、マスクの臭いが気になった時の対策ポイントは、「雑菌を増殖させないこと」です。

雑菌を増殖させなければ、何度洗って使ってもマスクが臭くなることはほとんどありません。食事の時の食べ物がマスクに付いたら臭くなるかもしれませんが、その場合は口臭とは違うにおいです。

対策のポイント

  1. 口臭のケア:歯科治療などによって口臭を治すとともに、舌苔ケアをしたり、喉うがいなどで喉の清潔を保つことも大切です。
  2. マスクを替えるタイミング:営業など会話が多いときには、こまめに新しいマスクに替えるようにしましょう。
  3. 毎日、マスクを替える:短時間のマスク使用でも、付着した雑菌が増殖するので、翌日には替えるようにしましょう。
  4. マスクを除菌する:マスクを洗った後は、そのまま乾かさず、(除菌スプレーや除菌剤などで)除菌してから乾燥させましょう。
  5. マスクの種類:飛沫予防の観点からは不織布マスクの使用がおすすめですが、(菌が繁殖しやすい)布マスクを使う場合は、しっかりと洗濯と除菌をするようにしましょう。
  6. マスク自体が臭い場合:海外の安価マスクの場合には、始めからマスク自体が臭いことがあります。

マスクをしていても口臭がする

口臭が気になるとマスクをするかもしれません。それは、マスクをすると口臭を遮断できると考えるからですよね。はたして、マスクで口臭は遮断できるでしょうか?

口臭の9割以上は、口から吐き出す息によるものです。蓄膿症(副鼻腔炎)など鼻の病気にかかっている場合は、鼻から臭うこともありますが、ほとんどの口臭は、口から吐き出す息が原因です。後鼻漏が気になっている場合は、こちらの記事『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』もご参考にしてください。

ですから、マスクをかけることで口臭を遮断できるはずです。しかし、現実は、マスクをしていても臭う人がいます。どうして、マスクをかけているのに相手に臭うのでしょう?

【マスクをしているのに相手に臭う理由】

  1. マスクを長時間かけているため、マスクに唾液が付着して臭くなっている。
  2. マスクと口の間にすき間がある。
  3. マスクが臭いを通すような生地でできている。

マスクをしてても口臭が相手に臭う一番の理由は、唾がついたマスクを長時間かけているからです。

口臭がしている場合は、マスクが臭くなる!

普段、口臭の心配がない人でもマスクは臭くなります。ところが、口臭が強い人の場合には、よけいに臭くなる傾向があるので誤解しないようにしてくださいね。

その理由は、口臭がある人の唾液には細菌がいっぱい。それだけではありません。唾液自体も臭い。だから、息をする度にマスクには細菌と臭いが沢山着くことに。

マスクの臭いが酷いと感じたら、普段から口臭もしていると考えた方がいいかもしれません。

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

マスクで口臭を予防する方法

今までの説明を読むと、マスクをしても口臭予防にはならないと思いませんか?

そのようなことはありません。実は、口臭の原因の一つに、口呼吸があります。口呼吸をしていると口と喉が渇き、口臭菌が増えます。

そのため、いびきや開口で寝ている間、口呼吸をしているしている人の場合は、口がからからに乾き、唾が苦く感じる、そして、息が臭い!いびきの改善方法については、『えっ、本当?いびきで口臭になるってご存知でしたか?』をご参考にしてください。

このように口呼吸をしている場合は、口臭菌が増えているため、歯磨きを行ってもすぐに口臭がします。口呼吸をしていると、一日中口臭がする原因になります。

このような口呼吸が原因の口臭対策として、部屋の中が乾燥しやすい冬には、マスクをかけて寝られることをおすすめします。マスクをすることで、口腔が乾燥するのを予防することができます。

ドライマウスについては⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

マスクスプレーの効果

マスクの臭い対策のための除菌スプレーが売られています。マスクが臭くなるのは、口臭菌が混じった唾液が気化するからです。ですから、除菌や抗菌の効果があるスプレーをマスクの外に吹きかけることである程度の効果が期待できるかもしれません。

しかし、口臭の心配がない人が使う分には良いのですが…

口臭が強いケースでマスクスプレーを使うのは、はっきりと、「邪道だ!」と申し上げます。

口臭症の人のマスクの中には細菌がいっぱいあるのですから、使い捨てにするのが賢明です。

マスク用の防臭スプレーをしても臭いはなくなりません。多少臭いが減ったとしても対策にはなりません。そんなことをするよりも、新しいマスクに付け替えるほうが効果があります。

もっと言うなら、マスクをどうこうする前に、口臭原因を突き止めて対策する必要がありますよね。口臭の原因を解決すれば、マスクが臭くならないようにすることができるかもしれません。

嘘だと思ったら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用してみてください。マスクの臭いが軽減します。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

口臭チェッカーで口臭を測る

口臭チェッカーあてにならない…効果的な使い方とは

口臭は会話の時に、吐く息によってもたらされます。口臭ガスは、飲食物や病気など体調の変化によって発生します。口腔内や鼻腔内の嫌気性菌や臓器による飲食物の代謝の老廃物、内臓疾患に由来する不良な代謝産物などが口臭の原因となります。

しかし、自分のニオイには慣れてしまい、嗅覚が麻痺することで「周囲に迷惑をかけてないだろうか?」と不安になる人が多いようです。そんな時には、口臭チェッカーで計測することで、過度に心配することが減るかもしれませんが、実際に測ってみると、予想していた値よりも低く器械の精度に不安を持つ人もいます。

また、口臭は体調によって変化するので、時間帯によっても計測値が違うこともあります。

今回の記事では、口臭チェッカーの精度と正しい口臭の確認方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

口臭チェッカーの仕組み

口臭チェッカーの代表的な商品に、タニタ社のブレスチェッカーがあります。

簡易口臭チェッカー(ブレスチェッカー)は、揮発性硫黄化合物を測る口臭センサーによって、口臭が出ているかどうかを調べる装置です。しかし、口臭外来にあるような精密な計測器ではないので、期待し過ぎるのはよくありません。あくまでも、口臭があるかどうかを調べる程度のモノだと思っておく方がいいでしょう。

関連記事

口臭チェッカーで測ると安心できます

仕組み

口のにおいを分析すると、主なガスは、揮発性硫化物や、炭化水素系ガスなどです。「ブレスチェッカー」では、呼気中のにおいの主成分を総合的にはかり、レベル0(低い)~レベル5(強い)で表わします。
口臭チェッカーに息を吹きかけると、「においセンサー」が完治する仕組みになっているので、センサーが汚れると誤作動の原因となります。

使用方法

口臭チェッカーの使用方法は、簡単です。どこのメーカーでも大差はありません。今回は、タニタ社のブレスチェッカーの説明書に書かれているものをご紹介します。

  1. キャップを持ち上げて電源ON
    ピピピッと音がしてカウントダウンを開始します。
  2. カウントダウン中4~5回振る
    内部にたまっているにおいや湿気を取り除きます。
  3. 約5秒間待つ(準備中)
    センサーのクリーニング中です。「START」が表示し、ピピピッっと音がするまで口を閉じてお待ちください。
  4. 吸い込み口に正面から息を吹きかける。
    ①ピピピッと音がするまで息を吹きかける(約4秒間)。
    ②判定を表示
    5秒間点灯し、その後3秒間点滅して自動的に電源が切れます。
  5. 本体をふってキャップをしめる

精度

タニタ社のブレスチェッカーの判定表示は、次のようになっています。

レベル0:口臭は感じません

レベル1:弱い口臭を感じます

レベル2:口臭を感じます

レベル3:強い口臭を感じる時があります

レベル4:強い口臭を感じます

レベル5:非常に強い口臭を感じます

口臭チェッカーの説明書の備考には、「判定は目安です一日の内でも口臭は変化します。」また、「ブレスチェッカー」では検知できないガスもあります。と掲載されていました。

出典:タニタブレスチェッカー

口臭チェッカーが故障している?

判定が高めに出る場合に考えられることは…

●歯磨きの直後に測ると、センサーが香料を感知して高くなることがあります。

→歯磨き後40分~1時間程度経過してからはかってください。

●飲食した直後に測ると、食べ物の匂いが影響することがあります。

→飲食後20分以上経過してからはかってください。

●機器ににおいが付いていると、高くなることがあります。

→機器を数回振ってにおいを取り除くようにしてください。

→においがある場所ではかると、正確に測れません。

→臭いのない場所に変えるようにしましょう。

判定が低い場合に考えられることは…

●約4~5秒間、息を吹き込まないと正しく計測できません。

●風のある場所ではかると、正しく測れません。

判定が一致しない場合に考えられることは…

●口臭は時間帯によって変化するため、時間差があると値に差が出ることがあります。

口臭チェッカーが信じられない原因

精度に問題

タニタの口臭チェッカーは、私も10年ほど使っています。営業など人に会うときに口臭が気になったら、測るようにしています。器械で測ると数値(レベル0から5)で口臭が確認できるので気に入っています。

ところで、このタニタ社のブレスチェッカー。(どこのメーカーもほとんど同じ)口臭をニオイセンサーで察知するようにできています。

メーカーの説明書によると、代表的な口臭であるVSC(揮発性硫黄化合物)を検知して計測できるとあります。

ただし、家庭用の口臭チェッカーですから、口臭外来にあるような精度の高い口臭計測器とは比べものにはなりません。だからといって、口臭がしているか程度はわかります。そうでないと信用問題になりますよね。

タニタの口臭チェッカーのような簡易口臭チェッカーでは、判定は目安に用いるのが基本です。

周囲の反応と違うから

口臭チェッカーで測ったとおりに、他人は反応しません。

「口臭チェッカーで0だったのに、相手から鼻に手をあてられた経験から、話をするのが怖くなった。」 とのご相談がありました。

私も同じ体験をしたことがあります。話しているときに鼻に手を触る仕草は嫌なものですし、会話することが怖くなります。しかし、詳しくお尋ねすると、 「鼻を手で触る仕草」は、口臭だけが原因でない場合もあったのです。

口臭で悩む人の多くは、他人が口や鼻に手を当てるしぐさを見て、自分の口臭に反応している=自分が臭い・・と考えてしまう傾向にあります。

ですので、口や鼻に手を当てる人の何割かは、 逆に自分の口臭が他人に迷惑しないかと気になって、そのような仕草をしていることがあります。

話をしている側も口臭を気にしていると、 つい自分の息が臭っているからだと勘違いしてしまうのですね。
そのために、人ごみの中や会話をする時になると、 緊張から唾液の分泌が減少してしまい、口臭が強くなったりします。

このような対策としては、自分の口臭レベルを知ることが大切です。そのためには、このまま口臭チェッカーで測ることをおすすめします。客観的な事実を知ることで判断材料がふえます。

口臭チェッカーで測り、レベル3以上であれば気をつける必要があります。でも、レベル2までは周囲に気づかれることもありませんので 安心ください。顔がくっつく距離だったら別ですが。

ですから、口臭チェッカーで調べることで、 大丈夫なんだと安心することも口臭予防には大事なことです。

関連記事

口臭による周囲の反応が気になっていませんか?不安な口臭を改善する方法

人が鼻を触るのは口臭がしているからだけではない!自臭症の原因と克服法

一日の間に口臭は変化するから

口臭は変化するものです。だから、測る時間帯によって口臭値が違ってもご安心ください。

口臭は一日の内にかなり変化します。歯磨きをした後は、臭いがしていなくても、お腹がすくと唾液が減り口臭が起こります。
また、仕事で緊張したときには口が乾き、口臭がすることは誰でもあります。もちろん、睡眠中は唾液が出なくので、朝起きた時が最も口臭がします。

でも、口臭値が測るたびに大きく違っていたら安心できませんよね。測るたびに口臭値が変わる一つの理由は、始めに口臭を測るまで、口を閉じていることにあります。

口を閉じていると、口腔にガスがたまっているため、口臭チェッカーに息を吐きかけると、臭いも強くなります。

そして、その後に何度も息を吐きかけ計測するとときには、始め臭かった息が空気で薄まり口臭値が低くなるのが普通です。

ですから、1回目と3回目の計測では、口臭値に違いができることがあります。口臭値を比較するときには、今日1回目であれば、明日も1回目で測るようにしないといけません。

もし、1回目で測った値が「3」で、5回目の値が「1」であっても不思議ではありません。ここから考えられることは、会話をしていない状態(ずっと口を閉じている)の時には、レベル3の口臭がしている。しかし、会話をすると、レベル1の口臭になるということがわかります。

口臭チェッカーの効果的な使い方

口臭があるかないかチェックする

口臭チェッカーの最大メリットは、「口臭がしているかどうか分かること」です。

簡易口臭チェッカーは、口臭外来の計測器のように、正確には計測できません。だからといって、「口臭がしている」、「していない」程度は分かるようになっています。

口臭値が0から3であれば正常な範囲です。口臭値が3から5であれば周囲に気を付けないといけないレベルかもしれません。

計測値を他人と比較する

口臭チェッカーで測った結果、口臭値が低くても、次の方のようによけいに心配になる人がいます。

「よほどではないかぎり口臭チェッカーの数値は常に0です。口臭チェッカーできちんと測れているのか不安です。家庭用なので測れないこともあるのでしょうか。口臭チェッカーで0なのに、口臭がすることもあるのでしょうか?」

このように、不安になる場合は、家族で同じ口臭チェッカーを使ってみることをおすすめします。そして、計測値を比較することで、口臭チェッカーの精度を信じられると思います。

口臭の変化に対応する

口臭は一日の間(起床時、空腹時、緊張時)に変化します。それだけではありません。長時間、人と会わないでいると、口腔に臭いガスがたまったままになります。

その状態で、話を始めると、たまっていた口臭が出るために臭いも強いのが普通です。同じように、口臭チェッカーでも、始め口臭値が高くても、何度も息を吐くうちに口臭が薄くなっていきます。

だから、口臭チェッカーの値も違って当然。これらのことを理解しておかないと、「口臭チェッカーはあてにならない」というように思ってしまうかも。

口臭チェッカーを上手に利用するには、先に深呼吸を行うとか水を飲むと良いでしょう。

唾液を嗅いで確かめる

タニタの口臭チェッカーで何度測っても「口臭チェッカーは0」なのに、人と会話すると、相手から鼻に手を当てられます。それから、人と接したり会話するのが怖くなるという方がおられます。

人と会わなければならなかったり、人混み等に行くと極度に緊張し、口の中が乾いてしまい口臭が発生することがあります。

このような場合に一番良いのは、他人に息をかいでもらうことです。実際にかいでもらい口臭を確かめるのが良いのですが、他人に息をかいでもらうのは引け目を感じるものです。

その様な時におすすめすなのは、自身で唾液のニオイをかぐ方法です。唾液のニオイをかぐ方法は、腕をなめ乾燥したあとに嗅ぎます。

口臭がしていなくても、唾液にはぬか臭いニオイがします。口臭がしている場合は、下水臭や腐敗臭、生臭いニオイがします。

【唾液の臭いを嗅ぐ方法】

①左腕を舐めて自然に乾かします。
②右手を嗅いでニオイを確かめます。
③左手を嗅いで右手の時との違いを確かめます。
この方法で感じたこと(どんなニオイか、どれくらい臭いニオイか?)を ノートに記録すると、どれくらい臭っているのかという事実を把握でき、改善状態も分かりますので、安心できると思いますよ。

関連記事

唾液が臭いのはなぜ?口臭をチェックする方法

口臭セルフチェックで口臭原因と対策が分かる!?

まとめ

口臭はじつに厄介です。自身では自分のニオイが分からないからです。そのため、周囲の反応を見て必要以上に悩むことにもなります。

口臭予防を行うには、まず自身の口臭がしているかどうか。そして、どれくらいのニオイなのかを知ることが大事です。そのためには、口臭チェッカーを使われてはいかがでしょう。

寝る前に歯磨きを忘れたから朝口の中が気持ち悪い

朝、口が気持ち悪い!口の中の不快な原因と対策

朝、起きたときに口の中が粘つき口臭があると、一日中、気分が悪く不快ですよね。

寝起きの時から口がスッキリしている人は少ないと思いますが、、、朝は一日の始まり。できれば気分よく朝食を食べたいものです。

ところが、ある調査によると成人の8割が、「起床後に、口の中が気持ち悪い。」と答えています。口の不快症状については、口が苦い、口が乾く、口が臭い、口が粘つく、、、などが多かったのです。口の不快感は、40歳代から急激に増えます。

口の中がまずいのは年齢と関係しているかもしれませんが、ドライマウス、味覚障害、口臭は、年齢以外にも原因があることが分かっています。

今回の記事は、朝起きた時の「口が気持ち悪い原因と対策方法について」お伝えします。もし口の不快感に悩まされていましたら、是非、ご参考にしてください。

朝口が気持ち悪い

起床後すぐは、ほとんどの方は口が気持ち悪いのではないでしょうか。口の中が唾液が糸を引くように粘り強くしたり、変な酸っぱい味がしたり、生臭い臭いがしたり、舌が白くなっていたりと、とにかく、朝は口の中がまずいなど症状は様々です。

口の中が不快になるのは、病気などの体調不良が原因だけではありません。口がねばねばするのは、唾液不足が原因だったりと、口がまずくなる原因は人によって異なっています。朝起きた時に気分もスッキリするように、口がまずくなる原因と対処法をご紹介させていただきます。ご参考にしてください。

朝口が気持ち悪くなる原因

朝起きた時に口が気持ち悪く感じる理由は、寝ている間に細菌が増えるから。

口臭原因となる嫌気性菌は、粘膜からはがれた上皮や食べかすなどのタンパク質を分解してVSC(揮発性硫黄化合物)を作り出します。VSC(揮発性硫黄化合物)が唾液中に溶け込むと、唾液が粘つき苦くなり口臭がするようになります。

人が寝ている時には、唾液の分泌が止まるので細菌が一辺に増殖します。そのため、朝起きて直ぐは、口の中が苦く口臭もひどくなりやすいです。

就寝前に歯磨きをしない

歯磨きで困っている女性

起床時に口がネバネバして、自分でも口が臭いと感じていたら嫌ですよね。それに、朝から口が臭いと、大好きな家族からも鼻をつまみ嫌な顔をされてしまうかもしれません。

これでは、朝から憂鬱になってしまいませんか?

このようなことになってしまわないように、起床時の口臭対策をご紹介します。

それは…
寝る前の歯磨きです。

たった、これだけです。えっ? それだけ?
「そんなことは誰でも知っている」と仰るかもしれませんが、就寝前にきちんと歯磨きをしていない人があまりにも多いのです。

三女(歯科衛生士)「口臭の原因は、やっぱり、歯磨きの不足。歯にびっしりプラーク(歯垢)が付着している患者さんもいるけど、そんな場合はひどい臭いがしてるよ。」
私「口臭があることについて、歯医者さんはどんなふうに言うてる?」
三女(歯科衛生士)「口腔乾燥の場合には(虫歯や歯周病になっても)仕方ないけど、歯磨きが出来ていないから歯周病や舌苔になり、口臭も強くなるって。」

引用:舌苔の取り方って知っていましたか? 

たとえ、寝る直前に歯磨きをしていても、眠いのでいい加減だったりします。だから、きれいに磨けていないのですね。

知っていることと、実行することは違います。ダイエットでもそうです。甘いもの、カロリーの髙いものを食べるのは良くないのは誰でも知っています。

でも、ついつい食べ過ぎてしまう。そして、太ってしまい後悔をすることに。

同じように、昼間の仕事疲れで、「朝、歯磨きをするからいいや。」と寝る前の歯磨きがついついおろそかになってしまうことが多くなります。

しかし、口の中の細菌が最も増えるの時間帯は睡眠中です。日中は、食事や飲み物をとるので、飲食とともに口の中の細菌が洗い流されます。それに、日中は、会話や口を動かすことが多く、唾液も豊富に出ます。

このように唾液が出ると、細菌を洗い流し口中が中性に保たれ、細菌が増えるのをコントロールされるのです。

しかし、睡眠中は唾液の分泌が少ないために、口中が酸性に傾き、細菌にとっては大好きな環境となります。そのような状態で、歯磨きをしないで寝るとどうなると思いますか?

口の中には食べ物カスがいっぱいあるので、細菌がその食べ物カスをエサにして、一気に増殖するわけです。細菌にとってはいたれりつくせりです。

だから、歯磨きをしない結果が朝表れます。どんな状態かというと、口が苦い、乾く、口がネバネバする、唾液が臭い、、、

もちろん、プラーク(歯垢)ができ細菌がいっぱいなわけですから、口臭も強くて当然かもしれません。

この場合の対策は、就寝前にきちんと歯磨きをすることが一番大切です。

→ その口臭、歯垢が原因かも? 

前日の暴飲暴食

食べ過ぎ、飲みすぎは、口が気持ち悪くなる元です。前日に多量に飲酒したりごちそうを食べすぎると、胃腸に負担がかかり身体の免疫が低下します。そのことが原因となり、舌苔(ぜったい)ができたり唾液が粘つくことに。

唾液が粘つくと口がまずくなり口臭の原因になります。

睡眠不足

寝不足すると、舌が白くなり気持ち悪い。健康のためには、十分な睡眠が必要になります。ところが、寝不足してしまうと免疫が低下し、口が苦くなり口臭原因になります。

口がまずい原因と対策

口が気持ち悪くなる原因は沢山あります。えっ?と思うかもしれませんが、誤解のないようにお伝えしないといけないので、正しく言います。

  • 口が苦くなる原因
  • 逆流性食道炎などで胆汁が口に入り苦く感じる
  • 亜鉛が不足して口が苦く感じる
  • 舌苔(ぜったい)ができ、臭い物質が唾液に溶け込み苦くなる
  • 虫歯や歯周病の場合でも、苦く感じることがある
  • ストレスによって味覚異常がおきる
  • 扁桃炎などが原因で粘液(膿汁)が分泌されることで苦くなる
  • 薬の副作用で、口が苦くなる

口が苦くなる原因について詳しくは、口が苦い、口が臭いと思ったら読んで実践してほしい5つのことが参考になります。他にも、舌が白くなると口が気持ち悪くなります。
>>舌が白くなる原因が何なのか知っていますか? 

このような原因から、口が気持ち悪くなることがあります。しかし、普段は口が苦く感じていないのに、朝だけ特に苦いという場合は、寝る前に歯磨きができていないからかもしれません。

でも、同じように歯磨きをしていても、口が苦くなる人と苦くならない人がいます。それは、口腔環境の違いです。

口腔環境というと難しく聞こえますが、唾液がよく出ているか、出ないかの違いです。唾液には口内を洗浄する機能があります。ですから、唾液がよく出ている人の口はいつも清潔が保たれます。

しかし、唾液が少ないと、細菌などの汚れが口にたまります。汚れがあるのに歯磨きをしなかったら、最悪の結果を生みます。

夜寝ている間に、細菌が活発に活動し臭い物質を作ります。この臭い物質が舌の上に沈着するため、味覚が苦くなるのです。

唾液が臭いのを治す方法については、こちら『唾液が臭いのは舌が汚れているから。うがいで口臭を洗い流す方法とは?』をご参考にしてください。

口の中が乾燥している

納豆が臭い

口腔が乾燥すると、口の中が気持ち悪くなります。その理由はこうです。

口が粘つく、乾燥する原因は、大きくわけると、唾液の分泌が少ないか口呼吸かのどちらかです。

口が乾燥する原因については、『歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!』をご参考にしてください。

「元々、口腔乾燥なのでしかたないのでは?」そのように思われていませんか?あきらめてはいけません。

唾液が少ない、口呼吸であることで口腔乾燥になっている人が、「寝る前に歯磨きをしなかったら?」どうなるでしょう?

今よりももっと状態を悪くします。

口腔ケアをしないと、口内が汚れ口腔ストレスが生まれます。ストレスは、精神的なモノだけではありません。環境ストレスもあるからです。

ストレスがかかると、自律神経に悪影響をあたえ免疫低下や唾液分泌の減少を起こします。このように悪循環を起こすのが歯磨きの不足です。

ストレスと口臭の関係については、こちら『ストレスが口臭原因かも?口臭を改善するためのポイントについて』をご参考にしてください。

薬の副作用

意外かもしれませんが、薬の副作用で唾液の分泌が減少している場合があります。そのため、口が苦くなるなど味覚障害を起こすことも。薬の種類としては、降圧剤、睡眠誘導剤、精神安定剤など他にもありますので、もしお薬を服用されている場合には、お医者さんにご相談されてはいかがでしょう。

歯周病になっている

歯周病になると、口が気持ち悪くなります。それは、歯周病になると歯周病菌が増え口臭物質を作るからです。歯肉溝や歯周ポケットから出血や膿が出るために、口の中が臭く苦く感じるようになります。

朝起きた時に、歯と歯の間や、歯茎の溝から、ネバネバしたまずい味がしたら、歯周病が原因が考えられます。歯周病は歯科治療が必要ですが、軽度の歯肉炎や応急処置の場合には、シュミテクトやサンスターのガムなど薬用歯磨き粉の使用をおすすめします。

就寝前の歯磨きの仕上げに、患部に薬用歯磨き粉を塗るのがコツです。ワンタフトブラシの先に歯磨き粉を米粒ほど付け、臭い歯茎の部分に塗りつけます。薬用歯磨き粉を塗るのが目的ですので、ゴシゴシと磨く必要はありません。うがいは軽く1~2回行い、塗布した薬用歯磨き粉が流れないようにします。

これで、朝起きたときには、口がすっきりするようになります。これでも、すっきりしない場合は、早目の治療が大事です。

喫煙

タバコを大量に吸うと口が気持ち悪いですよね。喫煙は、口内の粘膜にたばこのヤニが付着します。そのために口が苦いということもありますが、実はたばこの害はそれだけではありません。

たばこを吸うと毛細血管が収縮する、免疫が低下する。そのため、歯周病になりやすいといわれています。歯周病になると、歯茎から膿が出て口が苦くなります。

口臭が強いから

口内の細菌

口臭がしていると、口が気持ち悪くなります。朝起きた時に口臭がひどいのは、寝ているときに細菌が増え活動するからということが分かったと思います。

口臭がひどくなるのは、寝ている時だけではありません。唾液が減り口が乾燥すればいつでも口臭は強くなります。たとえば、次のような時です。

  • 人の前で会話するために緊張した時
  • 不安・心配があり、過剰にストレスをかかえて人の中に入った時
  • 夕方などお腹がすいた時に唾液が減る
  • 薬の副作用で唾液が出ない
  • 糖尿病などの疾患で唾液が減っている

口臭原因は人によって様々。こちらの『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

起床時の口臭対策は『「朝の口臭」はヤバい!唾液がネバネバ!前夜と当日の朝にしてほしい対策とは』をご参考にしてください。

まとめ

歯肉

口が苦い、口が気持ち悪いなどの不快症状がおきる原因は、人によって様々です。ところが、夜寝る前に歯磨きケアを行っていないと、さらに悪化します。

ですから、対策で一番大切なことは、寝る前に歯磨きをていねいに行うことです。

起床時の口臭がひどいとか口が粘つく場合には、就寝前に口臭予防歯磨き粉「美息美人」で歯磨きをしてから、軽く舌磨きとイオン水でゴロゴロうがいをすることが一番のお勧めです。
お口だけではなく、喉もきれいにすることがポイントです。
口臭は、口と喉の両方から発生しますので、この方法がベストだといえます。
口臭が治り、きれいな息になれば、夫婦関係や恋人関係も変わるかもしれません。

歯磨きしても気になる女性

膿汁(のうじゅう)が口臭になっている!取り方と予防の方法は?

丁寧な歯磨きや歯周病治療をしても口臭が治らない。それどころか、定期的な歯科検診までしても口臭が改善しないし、歯医者さんに口臭のことを相談しても、「特に問題ありません。」と言われるだけで原因が分からない。

もし、そのような場合には、一度、膿汁(のうじゅう)を疑ってみてください。膿汁は字のごとく「膿の汁」ですから、腐敗臭を発生します。そのため、口臭の原因になります。

一般的に「膿汁」というのは、副鼻腔炎になるとたまる膿のことを言いますが、扁桃炎によっても膿が生まれます。扁桃の陰窩(いんか)にたまる膿は食べかすなどと固まると膿栓になります。

膿汁は、後鼻漏などの粘液と混じり喉や舌に付着すると口臭原因になります。何をしても口臭が治らないときは、膿汁(のうじゅう)を疑ってみてはいかがでしょう。

今回の記事は、口臭の原因となる膿汁の除去法と予防についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

膿汁とは

膿汁は口蓋扁桃の陰窩(いんか)や腺窩(せんか)と呼ばれるくぼみにたまります。固まると乳白色や黄色の塊「膿栓」になります。膿汁は細菌や細胞の死がいが腐敗したもので臭く、口臭の原因となります。そのため、「膿汁を取りたい」という人が多いのではないでしょうか。

膿汁があると、唾液も臭くなり口臭もひどくなるのでご注意ください。

関連記事:布団に付いたよだれの臭いの原因と対策

膿(うみ)

膿汁は膿(うみ)の汁と書きます。細菌が集まってできるので、汚い、臭いというイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、膿汁は、喉に入ってきた細菌やウイルスをやっつけて防御する「扁桃の免疫プロセス」の結果として生まれる副産物です。

私たちがけがをした時、傷(きず)が化膿(かのう)して、膿(うみ)が出ることがあります。膿は、侵入しようとする細菌を防ぐために、白血球が闘った跡(あと)なのです。白血球のような食細胞は、体内に入り込もうとする細菌を食べることで、病気の感染を防いでいます。

引用:日本製薬工業協会

喉にできる膿汁も、傷が化膿したときの膿と同じものです。だから、膿汁は臭く、口臭原因になるのです。

喉に細菌が増えて膿汁ができる

喉の奥にある口蓋扁桃(扁桃腺)をはじめとした咽喉内の扁桃は、進入してくる細菌やウイルスなどを殺し、体内への侵入を防ぐ働きがある。

引用:Wikipedia

膿が固まると膿栓になる

扁桃で生まれた膿汁が固まると、扁桃結石(膿栓、臭い玉)と呼ばれるようになります。

膿栓は扁桃腺で免疫システムが細菌などと戦った結果の産物や食べ物のかすなどが合わさったものと考えられます。

引用:板谷耳鼻咽喉科

扁桃のくぼみに、細胞の死がい、細菌の死がい、食べ物カスが溜まり膿汁が固まると膿栓ができます。膿栓は汚れがたまると大きく成長して扁桃の表面に出てきて見えるようになりますが、扁桃の形や膿栓の状態によっては、隠れて見えないこともあります。

扁桃腺に膿栓ができる

扁桃の表面にある腺窩と呼ばれる小さな穴に、剥脱上皮、リンパ球や白血球、細菌塊、炎症性崩壊産物、脂肪酸、コレステリン、燐酸石灰、食物残渣などが溜まることにより(膿栓が)形成される。

引用:Wikipedia

→ 口臭の元、膿栓がよくできる人の根本原因と予防策!

→ 臭い膿栓の取り方にはコツがあった!安全で嘔吐反射しない方法とは

痰に混じる膿汁

膿栓の取り方…咳

扁桃の膿汁だけでなく、喉の粘液(痰や後鼻漏)に混じる漿液粘膿性の膿汁もあります。

専門的には「喀痰(かくたん)」といわれます。「痰(たん)」と言うと分かると思いますが、それでは痰についてどれだけご存知でしょうか?

いろんな喀痰

  • 粘液性:白くねばねばした痰
  • 膿性:黄色い色で強い粘りがある
  • 粘膿性:粘液性と膿性が混じった痰
  • 漿液(しょうえき)性:水のようにサラサラで無色透明
  • 漿液粘膿性:漿液性と粘液性と膿性がまじった痰
  • 粘性線維素性:粘りがあり、透明感のある鉄さびのような赤茶色の痰
  • 血性:血の混じった痰(痰はなく血だけが出てくるのは喀血(かっけつ)と言います)

引用:長寿科学振興財団

この場合の膿汁は、痰に膿が混じる「膿汁」と理解してください。舌の奥(根本)には舌扁桃があるため、この部分に膿汁がよくできます。

舌扁桃にできる膿汁

この他にも、副鼻腔炎になると、副鼻腔にたまった膿が喉に落ちる(後鼻漏)鼻汁も膿汁と読んでいます。

→ 鼻の中が臭い!原因不明の場合は蓄膿症に注意、「3割の裏にある後鼻漏」

後鼻漏

痰の症状には咳があります。気道に痰がからむと咳をして外に出そうとしますよね。これは、痰(膿汁)があると、喉がイガイガするからです。

→ 喉の奥がネバつくのは膿汁が原因だった!?膿汁を出なくする方法とは?

膿汁・膿栓ができる原因

喉が粘つく女性

膿汁・膿栓は、鼻や喉に細菌やウイルスが感染することからできます。

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 気管支炎
  • 気管支拡張症
  • 肺炎
  • 肺水腫
  • 副鼻腔炎(ちくのう)

引用:長寿科学振興財団

慢性的に膿汁がある場合は、慢性扁桃炎が原因かもしれません。慢性扁桃炎には、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎でドライマウスの人がなりやすいです。膿汁が治らない場合は、耳鼻咽喉科を受診されることをおすすめします。

→ 扁桃腺は膿栓の溜まり場だった!?膿栓が溜まる理由と対処法とは?

膿汁が口臭原因になる

えっ!臭くない?

細菌が口臭を発生する

膿の中にある細菌は、食べ物カスや唾液に溶け込んだタンパク質を分解し、メチルメルカプタン、硫化水素などの揮発性硫黄化合物を生み出します。この臭い物質が気化して口臭となります。

口を閉じたままにしていると、喉に口臭が充満し、しゃべると口臭が一辺に外に出ます。だから、膿汁があると口臭がよくします。

膿汁は舌苔の原因になる

膿汁は、舌の根本付近に良く付着します。そのため、舌に細菌が感染し舌苔(ぜったい)を作ります。舌苔からも硫黄化合物ができるために、口腔が乾燥すると口臭が発生します。

多くの場合、舌のずっと奥のところに白い膜が現れるが、それはこのような硫黄化合物の固まりである。もしその膜が黄色く変わり始めたら、症状が慢性化してきている、という徴候である。(硫黄の色は黄色い。)
引用:Dr. Harold Katz の 口臭バイブル

→ 舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

膿汁の除去方法

喉うがいで口臭予防

膿汁や膿栓は、耳鼻咽喉科で除去してもらうことができます。耳鼻咽喉科では、扁桃の周りを圧迫して出したり、吸引や洗浄することで扁桃の陰窩の中の膿汁や膿栓を取り除きます。

しかし、膿栓や膿汁を除去しても一時的なものなので、軽度の場合には「膿栓を取る必要はありませんよ。」と言われることも。口臭や喉の違和感がひどい場合は、相談すると「膿栓を取ってくれる」お医者さんもおられます。

膿栓が出来る時には、喉や扁桃に炎症が起きているので、炎症を抑える薬または抗生剤と、うがい薬を処方されるのが一般的です。

自分で膿栓を除去している人もおられますが、喉を傷付けるリスクもあるのでおすすめしません。

>>口臭の元「膿栓」を取り除き・予防する方法を知っていますか?

膿汁を除去するには、アルカリイオン水を使用してのうがいがおすすめです。うがいによって口臭を予防できるようになります。

膿汁・膿栓の予防

膿汁と膿栓をできないように予防するには、唾液腺のマッサージなどで唾液の分泌を促すことが有効です。また、歯磨きと舌ケアを丁寧にして口内環境を清潔することも大切です。

膿汁の予防は、根本原因となる疾患の治療を受けることが大事ですが、それ以外にも自身でできるケア方法があるのでご紹介します。

  1. 歯磨きケアによるプラークコントロール
  2. 喉うがい
  3. 舌清掃
  4. 口呼吸・いびきなどの改善
  5. タンパク質(乳製品、赤身の肉、豆類)を避けた食事
  6. 睡眠不足、過労、ストレスをためない
  7. 降圧剤、抗うつ剤、抗コリン剤など唾液が減少する副作用の薬を見直す

口臭予防:シチュエーション別…これで完璧かも!

口臭予防!簡単に口臭ケアする方法

口臭は自分だけの問題ではありません。周囲の人や話し相手の人に迷惑をかけるかもしれません。ですから、日ごろからエチケットとして口臭対策をしておくのはもちろんですが、彼氏とのデートの時や営業に行く前には、しっかりと口臭予防をして安心して人と会いたいものです。

タブレットで簡単に口臭予防する

食後は、口臭が気になるものですよね。歯磨きを行えばいいのですが、営業で外食したときなどは、歯磨きをするのは難しいです。そんな時におすすめなのは、モンダミンやミンティアなどのタブレットです。

焼肉の後にガムを噛むのはOKですが、お昼の食後にガムをくちゃくちゃと噛むのはマナー違反になるので、気をつけましょう。

お家を出る前の口臭予防

たとえ歯磨きをしていても、お家を出る前にはお口をすすいで、口内の雑菌を洗い流しましょう。できるだけ菌を減らすことで、菌増殖を防ぐことができます。

お口をゆすぐ「うがい」には、リステリンなどのマウスウォッシュが便利ですが、アルコールが含有しているものは、口内が乾燥し口臭原因なるため、避けるようにしましょう。

人と会う直前の口臭予防

人を会う前は、緊張から口が乾燥して唾液も粘ついてしまいます。この状態が口臭の一番強くなる時です。

ですから、人と会う前に緊張して唾がネバネバだと感じたら、水を飲むようにしましょう。いつでも水が飲めるように、ペットボトルを持参することをおすすめします。

水が飲める状態にない時は、口内の粘膜を舌でべろべろと舐めて唾液を出すようにしてください。

口臭ケアは人と会う前のエチケット

人に会うときって口臭が気になりませんか?

そのために、毎日、口臭予防には気をつけていると思います。

でも、それだけ口臭予防に配慮していても…

大好きな恋人に会うときには、「口臭がしていたらどうしょう。」と不安に。

もし、口臭がしていて嫌われたらどうしょう。」と考えていたら、キスもまともにできないのではないでしょうか?

また、接客業の仕事をしていたら、「お客さんを不愉快にさせたらどうしょう?」と心配になるのでは。人によっては、「口臭がするようになってから営業成績が落ちた。」という方もおられます。

接客の仕事でなくても、友達と会う場合でも口臭がしていないか気にするのは、エチケットを大切にする社会人であれば当然のことです。

「もし、口臭がしていたら、エチケットもできないだらしない人。」だと軽蔑されるかもしれないと、友達に会うのを恐れるかも。ですので、口臭がしないように予防するのは、何がなんでも大事なことなのでは。

シチュエーション別口臭予防

至近距離の会話での口臭予防

恋人とデートで会話するとき。接客のしごとでお客と顔を合わせて話をするとき。
どちらも、相手との距離が近いので、少し口臭があっても相手に口臭が感じるかもしれません。

だから、よけいに口臭がしているかどうか不安になります。

そのために、恋人と会う前や仕事に行く前には、いつもより以上に口臭予防に気をつけているはずです。

でも、心配で。不安。。。

じつは、この心配や不安、緊張、という感情が起きると、自律神経に影響を及ぼし唾液が出なくなり口内が乾燥してしまう。そのために、口臭が発生するという思いがけない事態に。

ですから、大切な人と会う前には、不安や緊張などのマイナス感情にならないようにすることが、口臭を予防するためには大事になります。

では、どうすれば良いでしょう?

お勧めは、自分の口臭レベルを知っておくこと。

口臭レベルを知るための簡単な方法は、簡易口臭チェッカーで測ることです。

心配していても、実際、口臭チェッカーで測ってみると、普通だということが多いです。

このようにして、自分の口臭がどれだけあるのかを知っていれば、過剰に心配することがなくなります。そして、大切な人と会うときでも、「口臭がしているかも?」というような余計な心配がなくなるかもしれません。

食後の口臭を予防するためには

食事を摂ったあとは、「口臭がするのでは?」と心配して歯磨きをする人が多いです。食後の歯磨きは社会人のエチケットのように思われているようです。

しかし、食後歯磨きをしても、口臭予防にはならないかもしれません。

というのは、日本口臭学会の発表では、「食事をすると多量に唾液が出るため、口臭が軽減する」といわれているからです。

一日の内で、最も口臭がしないのは、食後だったのです。

では、どうして、食事の後に食べ物のにおいがするのでしょう?

臭うのは、一部の人だけなのです。一部の人というのは、舌苔(ぜったい)がある人。

舌苔(ぜったい)ができていると、食べ物カスが苔に付着します。そして、それをエサにして細菌が活動するのです。その時に臭いを発生します。

だから、舌苔(ぜったい)がある人の場合には、食事をしたあとに口臭がするのです。ですから、食後に歯磨きをしても、口臭予防にはならないのです。口臭原因が舌にあるのですから、歯磨きは意味がなかったのです。

食事のあとの口臭を予防するには、舌苔(ぜったい)ができないように予防することが大事です。

舌苔については⇒⇒『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

もし、舌が白くなっていましたら、舌苔(ぜったい)の予防には、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がお勧めです。

寝起きの口臭を予防するためには

寝起きは、一日の間で最も口臭が強くなる時です。

でも、寝起きに口臭が強いと、家族や恋人からひんしゅくを受けるかもしれません。

たとえ、独り身であっても、寝起きから自分の口臭を感じたら、トーンダウンしますよね。

では、どうして、寝起きは口臭が強くなるかというと、睡眠中は唾液が出なくなるため細菌が増えるからです。

ですから、寝る前に歯磨きを十分にできていないと、磨き残しの細菌が寝ている間に一気に増殖。

朝起きたときには、唾液が粘つき苦く、口臭も最高に。
これが、寝起きに口臭が強い理由です。

寝起きの口臭を予防するには、寝る前に5分から10分時間をかけて丁寧に歯磨きを行なうようにすること。

寝る前の歯磨きを習慣化することで、寝起きの口臭がかなり改善されるはずです。

それでも、口臭がある場合には、虫歯や歯周病のほか、喉(のど)の膿栓(のうせん)や舌苔(ぜったい)が、口臭原因になっているかもしれません。

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

喫煙・飲酒による口臭を予防するには

喫煙や飲酒が好きな人は、口臭の原因になることは分かっていてもやめられない。

だからといって、そのことで口臭がすることが悩み。

喫煙や飲酒で口臭が強くなるのは、どうしてだと思いますか?

喫煙をするときには、口呼吸になっています。そのため、口が乾き口臭が発生するのですが、そのときにニコチンやタールの臭いも交じるために、ひどい口臭に。

また、アルコールは唾液を気化させる作用があります。そのため、飲酒をすると、口が乾き口臭が。そして、お酒の臭いも交じりひどい臭いに。

喫煙や飲酒による口臭を予防するには、口が乾燥しないようにすることです。

そのためには、喫煙や飲酒をするときには、水の入ったコップを隣に置き、ちょびちょびと飲みながら、喫煙や飲酒すると良いかもしれません。

かもしれないというのは、口臭の予防が完璧ではないからです。でも、何もしないよりは、ましです。禁煙できない、禁酒できない場合にはお試しください。

ドライマウスについては⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

今回の記事「シチェーション別口臭予防」はご参考になったでしょうか?

口臭を予防したいけれど、生活習慣があるので難しいという方が多いのではないでしょうか?

簡単に口臭予防をしたいのでしたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお勧めします。

お家で口臭対策する方法…意外と簡単で効果のあるのは?

治らない口臭の原因と対策

もし、口臭対策で悩まれているのでしたら、この記事がお役に立つことでしょう。

「口臭」と言っても、ニオイの程度も違えば、口臭原因も異なります。今回は、いろんな歯磨きやリンスを使っても「口臭が治らない」方のために、口臭の治らない原因と対策についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

この記事は、現役歯科衛生士のミヤコと、口臭予防歯磨き粉「美息美人」開発者の上林登が書いています。

口臭が治らない人の症状

丁寧に歯磨きをしているのに口臭がひどい場合は、口がまずい、唾液がねばねばするなどの症状があるのではないでしょうか?

※口臭が酷い場合には…生ごみの臭い、ドブ臭、便臭などの口臭がすることもあります。

朝起きた時には、口が粘つき、息が臭く、自分にもわかる臭いニオイで、朝から鬱になっていませんか。

それどころか、お子様のある家庭では、子どもから「お母さんの口臭い!」なんて言われて落ち込んでいる方もおられます。

口臭の原因

口臭が治らないと、「口臭があるのは胃腸が悪いから?」と思われるかもしれませんが、食道と胃の境界には逆流防止機構が存在しているため、胃の臭いが口に出てくることはほとんどありません。

一番多い口臭原因は歯周病

歯科の常識では、口臭原因の90%は口内にあると言われています。歯周病菌(嫌気性菌)が、口内のたんぱく汚れを餌にして口臭(揮発性硫黄化合物)を発生させているのです。

歯周病が原因であるのなら、歯科で歯周病治療を受けると、口臭はしなくなるはずですよね。(もちろん、口臭原因が歯周病であれば、歯科治療によって口臭が治ります。)

ところが、歯科治療で治らない「原因の分からない口臭」で悩まれている方は、意外と多いのです。

歯科で治らない厄介な口臭原因

当社への相談の中でも、「歯科治療をしても治らない」と困っている人は、半分以上おられます。その方たちに症状をお伺いすると、ほとんどが「舌が白い」、「喉の奥に白い粒が見える」、「痰が臭い」、「唾が臭い」と言われるのです。

これらの症状は、何が原因でおきるのでしょう?

これらの症状について、下記にその原因をお伝えしますので、ご参考にしてください。

【厄介な口臭の症状と原因】

  • 舌苔(ぜったい)…舌苔ができる原因は、病気や疲労による免疫低下ですが、ほかにも、口呼吸で口腔乾燥になったり、喫煙習慣やストレスによって自律神経が乱れていることが原因になっていることもあります。

>>舌が白くなる原因、舌苔が治らない原因は?

  • 膿栓(のうせん)…膿栓があると、喉から口臭が発生するため臭い玉とも呼ばれます。膿栓のほとんどは扁桃炎によるものですが、慢性化していることが多く、そのため定期的に膿や膿栓ができて、ドブのような口臭になるケースがあります。

>>喉の奥に白いものが見えたらそれは口臭の元です。

  • 蓄膿症(副鼻腔炎)…蓄膿症になると、副鼻腔に膿がたまり、後鼻漏(膿)となり鼻から喉に落ちてきます。特徴は鼻水が緑色をして膿臭いことです。蓄膿症になると、鼻や喉から膿臭い口臭を感じます。

>>鼻の中が臭い!原因不明の場合は蓄膿症に注意、「3割の裏にある後鼻漏」

口臭が治らなかった理由

今まで何をしても口臭が治らなかった原因が分かり、スッキリされたのではないでしょうか?

舌苔が厚く付いていると、口臭が発生します。日本口臭学会や日本歯科医師会でも、口臭の6割は舌苔から発生していると発表されているのです。

ところが、この口臭原因の舌苔を除去しないで歯磨きだけに労力をかけても、口臭は改善できません。

また、意外かもしれませんが、扁桃にできる膿栓や、喉粘膜にくっ付いている痰(膿汁)が、口臭原因になっていることがあります。喉にある膿栓や痰(膿汁)をそのままにして、口腔ケアをしても、口臭は改善しなかったというわけです。

もちろん、蓄膿症(副鼻腔炎)や咽頭炎など耳鼻科疾患がある場合には、その治療を受けないと口臭は治りません。口臭の根本原因となっている疾患が治癒すれば、自然と口臭が改善されます。

お家での口臭対策

これまでの説明から、口臭対策で重要なのは「歯周病」対策だとお分かりになったと思います。歯周病は、歯周病菌が感染することにより歯肉や歯周組織に炎症をおこす病気です。

菌が原因であるため、歯周病は治ったと思っても疲労やストレスで再発するため、歯茎が腫れる原因になります。また咬合せが悪いと、歯周組織に過剰な圧がかかり、歯肉炎を起こし歯茎が腫れます。歯周病が再発すると、膿や血が出て口臭が強くなるのですが、この口臭原因が一番多いのです。

ですから、歯周病を再発させないことが一番の口臭対策になります。その方法が歯磨きによるケアです。

2番目の口臭対策は、舌苔のケアです。口臭原因となっている舌苔を、舌ブラシを使って除去します。この時、舌を傷つけると逆効果になるので、舌磨きはし過ぎないようにしましょう。

3番目の口臭対策は、喉の細菌と膿を除去して、喉を清潔に保つことです。喉が清潔になると、口臭原因となる膿栓はできなくなります。

ブラッシングケア

歯磨きの目的は、口臭の原因菌の集合体であるプラーク(歯垢)を取り除くこと。ですから、どれだけ丁寧に歯磨きを行うかで、口臭予防効果に違いが生まれます。

歯磨きを効率よく行うには、良く磨ける歯ブラシを用いることです。電動歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス、ワンタフトブラシを使用するとブラッシング効果が高まります。

市販の歯磨き粉は、大きな違いはありません。というよりも、界面活性剤や発泡剤、香料があることで、磨けてなくても「磨いた気持ち」になるデメリットがあります。歯磨きで大事なのは、歯磨き粉ではなく「ブラッシング」にあります。

ブラッシングのコツは、就寝前に歯磨き、鏡を見ながら歯磨き、歯間ブラシのニオイを嗅ぐ、です。

舌苔ケア

舌苔のケア方法は、舌苔の状態によって変える必要があります。舌に薄っすらと白くなっている程度の舌苔であれば、何もしない方がいいです。薄い舌苔は、口臭の原因にはならないのでご安心ください。

舌苔で舌が白くなっている場合には、指に保湿ジェルを付けて、舌をマッサージするといいです。

舌苔が厚くびっしりと付いている場合には、コットン(綿花)にアルカリイオン水を湿らせて舌苔に塗布します。

>>舌苔の取り方…コットンで拭く方法

どの場合にも舌磨きはしない方が良いのですが、舌苔が厚い時は、舌ブラシを使い、舌の奥から2~3往復軽く舌を磨きます。

喉のケア(喉うがい)

喉を清潔にするには、喉うがいが簡単で効果的です。喉のうがい薬には、イソジンなどがありますが、毎日の薬剤使用には不向きかもしれません。

>>安心して喉うがいに使えるアルカリイオン水

唾液の分泌を促進

口臭の予防と対策に最も効果があるのは、唾液です。唾液の分泌を促すためには、水を飲むことが大事です。少量の水を何回にもわけて飲むようにしましょう。コーヒーやアルコールは利尿作用があるので、側に水を置いて飲むといいです。

深呼吸や入浴でリラックス状態をつくると、自律神経を整えるので唾液分泌量を増やすことができます。

また、口の中で舌を動かしたり唇をなめると、唾液腺を刺激して唾液が出すことができます。

運動と会話

口臭は、心身が不健康になると強くなります。口臭は「健康状態が悪い時のサイン」と言われるのは、体調がおもわしくない、ストレスで自律神経が乱れているからです。

ですから、口臭対策と運動や会話は、一見関係なさそうですが、大いに関係があります。人が健康を維持するためには、適度な運動と、人との良いコミュニケーション(会話)が必要だからです。

軽い運動で気持ちのいい汗をかき、友達と楽しくおしゃべりをする、この二つのことも忘れないようにしましょう。

臭いのきつい食べ物を食べない

ニンニクやニラなど臭い食べ物を摂取すると、口臭や体臭の原因になります。これら臭い食べ物を食べても口臭は一時的ですが、毎日ニンニクを食べると、口臭と体臭が慢性化するのでご注意ください。

 

※文中の、舌ケアと喉うがいに使用できるアルカリイオン水はこちら。

>>頑固な口臭には、無添加の口臭予防歯磨き粉『美息美人(びいきびじん)』がおすすめです

口臭が治らない女性

簡単に口臭を消す!口腔ケアのポイントとは

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

朝起きた時に口がネバネバしていると口臭が気になりませんか。口臭があると周囲の反応が気になり、一日不快な気分になりますよね。

口臭を簡単にケアできる方法がありますので、原因と対策についてご紹介します。

口臭の原因

口臭には様々な原因がありますが、主な原因としては、ブラッシング不足による食べかすの付着によりできる歯垢(細菌)です。

歯に歯垢が付くと、虫歯や歯周病、舌苔のトラブルを起こします。また、これら口内疾患の原因は、唾液の分泌が少ないことなのです。

口臭を正しく予防・対策するためには、正しく口臭の原因を理解すると効果が上がります。

>>口臭の原因がわからない!?よくある口臭原因と適切な対策方法

簡単な口臭ケアの方法

うがい

喉うがいで口臭予防

口臭が気になったときに、一番簡単で効果があるのは「うがい」です。口臭が発生するのは、口腔が乾燥して口内細菌が増えたからです。ですから、「うがい」で口内洗浄すると、口臭が軽減します。

ただし、うがいによる予防方法は、根本的な口臭改善にはならないので誤解しないでくださいね。

>>口臭がアルカリイオン水のうがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

舌清掃

舌苔は嫌気性菌のかたまりなので、舌苔が付着すると口臭を発生します。専用の舌ブラシで舌を磨いて清掃すると、口臭予防が期待できます。

ただし、舌磨きをし過ぎると舌粘膜を傷つけて口腔乾燥の原因になるので注意しましょう。

>>舌磨きはコットンが効果的!?

夜寝る前の歯磨き

口臭予防をするためには「歯磨き習慣」が重要です。口内の汚れを除去してプラークを付かないようにできるからです。

プラークは寝ている間に最も増殖します。睡眠中は唾液が出ないからです。そのため、就寝前にていねいに歯磨きを行うことが大切なのです。
寝る前に歯磨きをする人としない人では、起床時の口臭に大きく差が出ることでしょう。

水を飲む

ドライマウスだから水を飲む

水を飲む効果は、唾液量(体の水分量)を増やすだけではありません。水を飲むことで口内を洗浄することができるからです。

口がすっきりすると、副交感神経が刺激されてサラサラ唾液の分泌を促す効果も期待できます。

お茶には抗菌作用がありますが、利尿作用というデメリットもあります。唾液を出しやすくするには、水よりも温かい白湯のほうが、リラックス効果があります。

舌を動かす

唾液が舌を洗浄

何度も申し上げますが、口臭は口が乾くと発生します。ですから、口臭をしないように予防するには、唾液を出して口内を潤すことが大事です。

人間の体は、舌を動かすと唾液腺が刺激されて、唾液が出るようになっています。食事の時にはよく噛んで、会話にもたくさん参加して、舌を良く動かすようにすることが大切です。

また、口の渇きが気になったら、口の中で舌を動かし、唇を舐めることもおすすめします。

タブレット・ガム

タブレットやチューインガムを噛むと、一時的ですが口臭を消すことができます。

しかし、タブレットなどの効果は香料で匂いをごまかすだけですので、口臭と混じり余計に臭いが強くなるかもしれません。

チューインガムの場合は、噛み続けると唾液がよく出て、根本的な口臭対策にもなるので試す価値があります。

 

 

口臭を消す方法

「口臭を消す方法」というと、口臭で悩まれている方であれば胡散臭く感じると思います。それは、口臭を消すために、今まで色んな方法を試しても効果がなかったからではないでしょうか。

誤解のないように申しますと、今回ご紹介するのは「緊張時の口臭」を消す方法についてです。

緊張している女性

歯周病などの歯科疾患や耳鼻科・内科疾患など病的な口臭の場合は、根本原因を治さないと口臭を消す(予防する)ことはできないでしょう。

しかし、一般的に多いのは、普段は口臭がしていない(歯科でも問題ない)けれど、会話の時に発生する口臭です。緊張すると口臭が起きるのは、無口になることが原因です。

口を閉じると、口臭原因となる嫌気性菌が増殖し揮発性硫黄化合物が産生されます。そして、緊張によって口腔乾燥がおこり口臭ガスが発生するのです。

口臭を消そうと思っても簡単には消せないのは、そういう理由だからです。だからといって「口臭を消す」ことをあきらめる必要はありません。どのようにするかと言うと…

口やのどにたまっている口臭ガスを外に出す、汚れた唾液を新鮮な唾液に入れ替える、そして、口腔を保湿する。この3つで口臭を消すことが可能になるのです。

今回の記事は、簡単に口臭を消すことで自分に自信を持っていただこうと思って書いています。緊張した時の口臭でお困りでしたら是非ご参考にしてください。

口臭の原因

口臭を感じる

口臭に気づく女性

口臭(におい)は自分では、中々分からないものです。

自分の口臭の強さは主観が入ったり、慣れがあったりするので、自分で判断するのは困難です。本院の口臭外来では、検査によって、「歯科医師が息を嗅いで悪臭を感じる場合や、息の中に口臭物質が高い濃度で含まれている場合」に「口臭がある」と診断します。
引用:大阪大学歯学部附属病院

口臭は、口やのどから発生するガス(臭気)です。発生した口臭ガスは口腔にたまっているのですが、会話などで口を開けた時に口臭が口の外に出ます。(一部の口臭は、のどから鼻を抜ける)

外に出た口臭を鼻に吸い込むと自分でも口臭を感じますが、のどから鼻に抜けるニオイによっても自分の口臭を感じます。

口臭の発生する原因

(口臭測定では)揮発性硫黄化合物のうち、特に口臭の主成分である硫化水素、メチルメルカプタン、硫化ジメチルの(ジメチルサルファイド)の濃度を測定します。それぞれどの成分の濃度が高いかによって口臭の原因の傾向が異なってきます。
引用:東京医科歯科大学 息さわやか外来

口臭は様々な原因で発生しますが、その中でも多いのは口やのどの嫌気性菌が産生する揮発性硫黄化合物によるニオイです。揮発性硫黄化合物は、卵が腐ったような臭いの硫化水素、野菜の腐ったような臭いのメチルメルカプタン、ごみ臭のメチルサルファイドなどからなります。

→ 口臭と口臭症の分類

唾液から口臭ガスる図

起床時や緊張した時には唾液が出にくくなり口が乾燥してニオウことがあります。加齢や全身的な病気の治療のための薬の影響で唾液が出にくい人もいます。
引用:日本歯科大学新潟病院 いき息さわやか外来

嫌気性菌は、酸素(唾液中の酸素)の少ない、歯肉溝、歯周ポケット、舌乳頭のすき間、口蓋扁桃のいんかなどに繁殖します。そして、口臭原因になる嫌気性菌の繁殖をコントロールしているのが唾液なのです。

唾液の働き

口臭の発生要因

ドライマウスで口の中が不快

注意したいのが脱水や唾液の分泌の減少による口の中の乾き。口腔内が乾くと、においを発生させる雑菌が繁殖しやすくなり、口臭につながります。
引用:サワイ健康推進課

唾液と反対に、揮発性硫黄化合物の産生を助けているのが口腔乾燥(舌など粘膜の乾燥)で、食いしばり癖による口腔容積の減少、口呼吸、唾液量の減少が口臭の原因となります。

また、過剰な歯磨きや舌磨き、刺激の強いマウスウォッシュの使用、不規則な生活、不適切な食習慣があると嫌気性菌の増殖を招き口臭原因となります。

他にも、花粉症やアレルギー性鼻炎が粘膜の防御機能を低下させ口臭原因となる菌を増殖させる要因となることも。

→ 口臭原因は口臭の種類で分かる!どぶ臭?酸っぱいにおい?生臭い?

口臭が強くなる原因

マスクのニオイを嗅ぐ女性

口臭を心配すると無口になり自然と口を閉じてしまいますよね。そのことが、口腔乾燥にしてしまい嫌気性菌を増やすことになってしまうのでご注意ください。

引用:日本口臭学会 会誌「口臭症患者における舌診初見の分析」

口臭を消す方法

勘違いしてはいけないので始めにお伝えしますが、口臭原因には病的や精神的なものがあります。そのような口臭の場合には、根本原因から対策しないと口臭を消すことは不可能です。(一時的に口臭を軽減することはできるかもしれませんが。)

この記事ではそのような口臭ではなく、誰にでもある生理的口臭で緊張時におきる口臭の予防法についてです。

(生理的口臭は)誰にでもあるにおいで、起床直後(起床時口臭)、空腹時(飢餓口臭)、緊張時(緊張時口臭)は特に口臭は強まります。
引用:日本口腔外科学会

関連記事

その口臭対策は効果ありますか?口臭の原因を無視しては効果はでません

口臭原因のまとめ

ドライマウスだから口臭がする

先ほど口臭の原因についてお伝えしましたが復習すると、こういうことです。

  1. 口臭に不安があると無口になり口腔乾燥を起こす
  2. 口臭原因となる嫌気性菌が増殖
  3. 嫌気性菌が揮発性硫黄化合物を産生
  4. 口腔乾燥によって唾液の水分が蒸発しガス(臭気)が発生する
  5. 閉じている口内やのどに口臭ガスがたまる
  6. 会話を始めたときに口臭ガスが口の外に出る

これを見ると、「わたしもそう!」と変に納得してしまいませんか?

口臭を消すためのポイント

唾液が舌を洗浄

不安と緊張によって、たいていの人が口臭を発生させます。それでは、どうすれば緊張時の口臭を消すことができるかというと、まとめるとこうです。

  1. 口内やのどにたまっている口臭ガスを排出する
  2. 汚れている唾液(揮発性硫黄化合物が溶け込んでいる)を洗浄する
  3. 新鮮な唾液を出す
  4. 口腔乾燥を予防する

たったこれだけで(緊張時の)口臭を消すことができます。

口臭を消すための具体的な方法

では具体的にはどのようにすればいいのでしょう。今から具体的な方法を説明しますね。

うがい

喉うがいで口臭予防

うがいは、口内のブクブクうがいとのどをきれいにするガラガラうがいを行います。

うがいによって、口内の汚れや汚れた唾液を洗浄できます。うがい効果はそれだけではありません。口を開けて呼吸する度に口臭ガスを吐き出すことができます。

歯磨きを行うと更に口臭予防効果が高まりますが、この時歯磨き粉は使用しないほうが良いです。使う場合は、無添加歯磨き粉(美息美人のアルカリイオン水)がおすすめです。

美息美人で口の中がスッキリ

ガムを噛む

シュガーレスガムを30分ほど噛みます。(舌で転がすだけでも良いです)ガムを口で転がすことで唾液の分泌を促進する効果があります。ガムがない時は昆布などでも代用できます。

舌にジェルを塗る

舌苔を取る方法…舌ジェル

(清潔な)指で舌にジェルを塗り込み、うがいして舌の汚れを吐き出す。
再度、舌にジェルを塗り舌の乾燥を予防する。

水を飲む

ドライマウスだから水を飲む

小まめに水を飲むのが口臭を予防するコツです。水を飲む理由は、リラックス、口腔乾燥を予防する、唾液量を増やす、唾液腺の刺激など口臭予防に効果があるからです。

ケースによる口臭を消す方法

口臭を治したい女性

「口臭を消す方法」といっても、どのケースにも効果があるわけではありません。どうしてかというと、口臭には種類があるからです。

口臭原因によって口臭を消す方法も違うので、ケースによる「口臭の消す方法」をご紹介します。

一瞬で口臭を消す

タブレットで舌がきれいになる?

今までに、一瞬で口臭を消すためにあなたはどんな方法をとったことがありますか?もしあるとすれば、次のような方法ではないでしょうか。

  • ガムをかむ
  • 牛乳を飲む
  • 口臭サプリを飲む
  • 消臭タブレットや飴をなめる
  • 舌ブラシで舌を磨く
  • ていねいに歯磨きを行う
  • 口臭スプレー
  • マウスウォッシュでクチュクチュする
  • 緑茶でうがい
  • ヨーグルトを食べる

など…ありますが、どれか一つでも一瞬で口臭が消えたものがあったでしょうか。たとえ、行なったその時だけ効果を感じたとしても、ほんの短時間で口臭がするようになります。もし、効果がずっと継続するのでしたら、元々、口臭がしていなかったと思いますよ。

現在、私が知る限りでは、残念ながら一瞬で口臭が消えるものは存在しません。ですから、一部の情報に騙されないようにしてくださいね。

→ 「口臭サプリ」を信じたらダメ!正しい口臭対策はコレだ!

ニンニクの臭い

お肉で元気をつける

ニンニクを食べる臭い物質が生成され、口から発生する臭いと体内に吸収されて出る口臭の2つに分かれます。

ニンニクによる口臭は、食後3時間程度で自然と消えます。しかし、体内に吸収された臭いは翌日も口臭となって出ることが問題ですよね。

ニンニクを食べた翌日の口臭対策として効果があるのは、食後や就寝前の牛乳だそうです。牛乳を飲むと腸粘膜に牛乳の膜が張り、臭い成分を吸収しにくいといわれているので、ニンニクの他にも、においが強い料理の時には牛乳を飲むと良いでしょう。

唾液の臭い

唾液が臭いと口臭を発生します。その理由は、口内細菌がつくった臭い物質が唾液に溶け込んでいるからです。

唾液が臭くなる説明図

ですから、口臭チェックをするときには、指をなめて「唾液のにおいを嗅ぐ」とよく分かります。

口臭を消す(対策)には、唾液のにおいを無臭に近づけることなのです。そのための方法をご紹介します。

  1. 唾液を出す(ストレスを減らしリラックスを心掛ける、舌を動かすなど。)
  2. 小まめに水を飲む
  3. 虫歯・歯周病の治療と定期的に検診を受ける
  4. 口腔ケア(はみがき・うがい)をていねいにする。
  5. 舌をきれいにする
  6. 喉のケアをする(膿栓、膿汁の予防)

唾液が臭いを消す方法は、「唾液が臭いのは舌が汚れているから。うがいで口臭を洗い流す方法とは?」をご参考にしてください。

舌の臭い

舌の白いのが取れない

舌苔(ぜったい)ができると口臭を発生します。口臭の6割以上が舌苔が原因だといわれています。ですから、口臭対策をするには舌苔対策が重要です。

舌磨きのし過ぎで舌がヒリヒリする

だからといって、舌ブラシで舌を磨いても舌苔を取ることはできません。それどころか、過剰に舌磨きを行うと舌苔が悪化するのでご注意ください。

→ 舌が白い!舌苔の治し方って知っていますか? 

角化した乳頭に菌の根が張ってできた舌苔

舌苔を取るには、次のように行うといいです。

  1. アルカリイオン水でうがい、歯磨きを行う
  2. 就寝前の口腔ケアは、特にていねいに行う
  3. 厚く舌苔が付いている場合は、コットンにアルカリイオン水を湿らせて拭く
  4. 唾液を出す
  5. 小まめに水を飲む

舌苔の取り方について詳しくは、「舌が白い!!それならアルカリイオン水でうがい!?」をご参考にしてください。

喉からの臭い

口臭原因

喉から口臭がしている場合は、臭い玉(膿栓)と膿汁が原因のことが多いです。ですから、喉からの口臭を消すには、臭い玉(膿栓)と膿汁の対策が重要です。

臭い玉(膿栓)や膿汁ができるのは、後鼻漏(副鼻腔炎、鼻炎による)とドライマウスが原因になっていることが多いです。

ですから、副鼻腔炎や鼻炎の治療と、ドライマウス対策をすることが大事です。しかし、慢性的に臭い玉(膿栓)や膿汁ができる場合は、その対策をしないと臭いを消すことはできません。

【臭い玉(膿栓)と膿汁の対策と予防法】

  1. アルカリイオン水による喉のうがいを毎日行う
  2. 膿栓が取れてからも、うがいを行い予防する
  3. 唾液を出す
  4. 小まめに水を飲む

⇒ 取れづらい膿栓が簡単に取ることができる5つの方法とは?

食後の口臭

牛乳を飲むと口臭が強くなる

  • ニンニクや玉ねぎなどの臭い食べ物を食べた後。
  • お酒やビールなどアルコールを飲んだ後。
  • 喫煙の後。
  • 胃腸で消化不良を起こし過剰にガスが発生した時。

食事や飲酒のあとにニンニクの臭いなどがしても、それほど心配する必要はないかもしれません。口臭がしても、時間の経過とともに自然消滅するからです。でも、大切な人に会う前には、ニンニクなど臭いの強い食べ物は避けたほうがいいでしょうね。

菌による口臭

歯周病菌のイメージ

  • 歯周病や虫歯
  • 舌苔
  • 膿栓・膿汁や後鼻漏・蓄膿などにより喉に細菌が増殖

これらのケースでは、口臭原因は細菌です。ですから、たとえ臭いを消したとしても、細菌がある限り、何度でも口臭が発生します。かんたんに口臭が消せないのは、こういう理由からです。

最初にお話しした「口臭をあっという間に消す方法」が可能だとすれば、食べ物が原因の口臭にだけです。食べたものが臭いの原因なら、市販の口臭グッズで消えるかもしれませんよね。

しかし、

細菌が口臭原因になっているケースでは、100%ぱっと口臭が消えることなどありません!99%ではなく100%です。

歯磨きをしても消えない口臭

歯磨きしているのに口臭が気になる

口が臭い時に歯みがきをすれば、一瞬だけ口臭がなくなります。しかし、口臭が消えるのは、ほんの一瞬だけです。一瞬というのは大げさかもしれませんが、口臭がなくなるのはほんの数分です。これが現実です。

その証拠に、「歯磨きをしたほんの数分だけニオイが消えているのですが、すぐにクサく臭ってきます。」という相談が多いのです。

これは、口臭原因が細菌であるためです。歯磨きで細菌や汚れを落としても、すぐに細菌が元どおりに増えてしまうからなのです。

たとえていうと、こんな感じです。

生ごみを入れたバケツの生ごみを捨てても、バケツの中のニオイまで捨てることはできません。
生ごみを捨てると、多少はニオイも減少しますが、バケツにふたをして数分間放置したあと、ふたを開けて中のニオイを嗅いでみると、くさ~い!

それでは、生ごみが入っていたバケツの臭いを消すために、あなたなら何をしますか?

旦那の口臭がうんこ臭い

多分、生ごみを捨てた後、カラになったバケツに水をかけブラシでこすって洗うと思います。それも、何度も何度も水で洗いながらゴシゴシと。

口の中も、バケツと同じです。ガムをかむ、タブレットをなめる程度では口臭は取れませんし、うがいをしても口臭は取れません。歯磨きをしたとしても、2~3分程度の軽いブラッシングでは、効果がありません。(最低でも10分以上のブラッシングが必要)

それどころか、唾液が少ないなど口腔乾燥がある人の場合には、歯磨き粉に含まれている添加物が口臭の原因になることもあるのでご注意ください。
歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

だから、私は常々、「口臭は厄介な病気です。」という表現を使います。しかし、口臭をなくすことをあきらめる必要はありません。

口臭が消える美息美人

口臭は、口腔環境がキレイになればなくなるからです。先ほどからお話しているように、細菌が減りキレイな環境になれば、臭いもしなくなる。これは当然のことです。ですが、キレイな状態で細菌バランスが定着するには、ある程度の日数を要します。善玉菌が定着する日数には、個人差があります。ですから、焦ってもいけません。ストレスをかかえると唾液が減り、口臭にとっては逆効果になるからです。

ですから、口臭をなくすにはコツコツと口腔ケアを続けるしかないということです。できれば、無添加でアルカリイオンの「美息美人(びいきびじん)」がおすすめです。

な~んだ。歯磨き粉の宣伝か~。と思われるかもしれませんが、今、私が自信を持って申し上げられるのは、それしかないのです。

もし、口臭が気になるようでしたら、美息美人(びいきびじん)をお試しになってはいかがでしょう。

口臭を消す食べ物

世間で口臭を消せるといわれている食べ物をご紹介します。果たして効果はあるのでしょうか?

緑茶

緑茶にはポリフェノールやフラボノイドが含まれています。これらの成分は、殺菌作用があるため口臭予防が期待されて飲む人が多い。お茶を飲むことで口内の汚れが洗い流されるので、口内環境を整えるためには良いことです。

しかし、緑茶を飲んでも、はっきりと口臭予防に効果が出るほどの殺菌力はありません。口臭菌は、緑茶に含まれているポリフェノールやフラボノイド程度では殺菌できないからです。

また、緑茶には利尿作用もあるので、緑茶を飲むと血管内の水分も減少し唾液も減るというリスクもあるということを知っておいてください。

牛乳

焼き肉などニンニク料理を食べる前に牛乳を飲むと、ニオイを消すといわれています。

しかし、普段から口臭がしている場合には、牛乳を飲まないほうが良いかもしれません。その理由は、口臭がしている6割以上の人の舌には舌苔(ぜったい)が出来ています。

舌苔は、口臭菌が集まってできているため、牛乳を飲むと、菌がたんぱく質を分解し口臭ガスを発生することになります。そして、元々白い舌がよけいに白くなることにも。

舌苔ができている場合は、たとえニンニク料理を食べるときでも、牛乳は飲まないほうが良いかもしれません。牛乳を飲まなくてもガムを噛んだほうが即効性があると思います。

梅干し・レモン

梅干しやレモンには多量の酸が含まれています。この酸が口臭菌が食べるたんぱく質を分解するため口臭予防になるといわれます。

しかし、それ以上に、梅干しやレモンを食べると唾液がいっぺんに分泌されます。口臭を消すためには、唾液を出すことが一番です。

→ ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

口臭は消せない

口臭を消しても直ぐに臭い

口臭がすぐに臭くなる理由は、口臭がどのようにして発生するのかを理解すると分かります。

口臭は菌が作ります。口臭は身体や口が作っているのはなく、身体や口に棲みついている菌が作っています。じつは、常在菌が口臭を作っているのです。

常在菌は人と共に生きているので、無くなることはありません。身体の状態によって菌は増えたり減ったりします。だから、決して無くなることはありません。菌は無くなったら無くなったで、人の健康にも問題なのです。

簡単な話をすると、たとえば風呂場のカビ。カビ落し剤を使いきれいに風呂掃除をしても、日にちが経てば、いつのまにかカビが生えています。口の中の菌も同じです。

たとえきれいにしても、菌が活性化しやすい環境が整うと一晩で増えます。いつも口が乾く人であれば、舌磨きをして一時的にきれいにしても、すぐに舌が白くなるのはそういう理由からです。

舌磨きが良くない理由は、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

喉(のど)の菌も舌の菌と同じです。うがい薬で喉(のど)をきれいにしても、口呼吸やいびきをかく人はすぐに菌が増えます。詳しくは『 膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

その結果、口臭も!「だったら口臭は一生消えないのでは?」そう考えていませんか?諦めるのはまだ早いです。

ガム・タブレットで口臭は消せない?

一般的に、口臭を消すために使われるといえば、ガムとタブレット。実際、この二つの効果はどれだけあるのでしょう?

結論からいうと、どちらも口臭を消せません。その理由は口臭を消すために開発されたものではないからです。

ガムとタブレットの成分には、香料が含まれています。香料の目的は、口臭のような不快なニオイをマスキング効果(悪臭をごまかす)にあります。詳しは、『あなたの口臭予防は間違っている!?歯磨き粉、ガム、タブレット、あめ。効果の出る方法はコレ!』をご参考にしてください。

しかし、口臭予防のためにガムを噛むことについては賛成です。その理由は、口臭が発生する大きな原因として口腔乾燥があります。唾液分泌が減少するなどによって口内が乾燥すると、口臭菌が増える。このことが口臭が出る大きな原因です。

ドライマウスについては⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

ですから、口臭を消そうとするのなら、唾液を出すことが必要です。ですから、ガムを噛み唾液を出すようにすることをおすすめします。

しかし、間違っても砂糖の入っているガムでは逆効果になります。糖は口内を酸性にします。口臭菌は酸性が大好きです。唾液を出すためにガムを噛み口臭菌が増えるようでは本末転倒です。

そうならないためには、シュガーレスガムを噛むことが大事です。

歯磨きしても口臭は消えない?

口臭がしているときには、たとえ人と会う約束がなくても一日も早くきれいな息にしたいと思いますよね。だから、デートが目前にせまっていれば尚さら今すぐに口臭を消したいはず。

私も口臭がしていた時には、とにかく口臭を無くしたいと思いが強く、色んな歯磨きやサプリを購入し試したものです。

でも、直ぐに口臭が消えるものに出会うことはありませんでした。それもそうです。そんなものがあれば、口臭外来なんて必要ありません。

でも、巷には口臭予防や消臭をうたう歯磨き粉やガム・サプリが山ほどあります。だから、「もしかしたら、今度は消えるかも?」と思ったのです。

昔の私は、毎回そのようなものを信じました。しかし、その度に期待は裏切られ。。。

良く考えれば分かることですが、感情的になっていたのかもしれません。

歯磨きできれいになるのは歯。口臭が発生している原因が歯の汚れであれば、歯磨きで解決できます。でも、歯磨きで口臭がなくなるなんてことは稀です。それほど歯が汚れている人なんてないからです。

口臭を気にしている人であれば、普段から歯磨きをていねいにしています。それに歯磨き粉にもこだわっています。歯磨き粉の選択に困ったら、『歯医者さんがすすめる歯磨き粉ランキング』をご参考にしてください。

それに、口臭の原因の多くは歯ではなく、舌と喉(のど)にあるのですから、歯磨きでは解決できません。

同じように、口臭予防のサプリを飲んでも胃腸の調子を整えるには良いかもしれませんが、肝心の舌や喉(のど)には無関係。それに、胃腸の調子を整えるだけだったら胃腸薬のほうが即効性があるかもしれません。

完ぺきに口臭を消す方法

口臭を即効で消すことは困難ですが、改善することは可能です。

過去に口臭で悩んでいた私ですが、現在ではほとんど口臭がしなくなっています。だから、自信をもって口臭は改善できると言い切れます。

それに、毎日口臭チェッカーで測ってもいつもレベル0なので、口臭チェッカーが壊れていないかと心配になることもあるくらいです。そんな時には、歯科衛生士の娘にチェックをしてもらいます。

そんな私が自信をもっておすすめする最短で口臭を消す方法についてご紹介します。この中の一つを行なうだけでも良いのですが、より最短で確実に口臭を消したいのであれば、すべてを実行することをお勧めします。

完ぺきを目指す口臭対策

  1. 口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用する。
    今使っている歯磨き粉やマウスウォッシュを使わないこと。そして、歯磨きを楽しむ。歯磨きを楽しむことがポイントです。人は楽しむと自律神経(副交感神経)に影響して唾液が出ます。逆に嫌々と行うと、唾液が出なくなります。もちろん、丁寧に磨くこともできません。
  2. 舌磨きをやめる。
    アルカリイオン水で歯磨きを行なうと舌の苔がふやけて浮きます。歯磨きが終わった後、舌の表面を歯ブラシで軽く2度だけ撫ぜてください。決して3度以上は舌磨きをしないことが大切です。
  3. 小まめにゴロゴロ・ブクブクうがいを行なう
    美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水でうがいを行います。口腔内と喉を清潔にすることが、口臭予防で最も重要なことです。
  4. 小まめに水を飲む
    口・喉(のど)が乾かないように水で潤す。どれだけ口腔内や喉をきれいにしても、その後乾燥してしまうと口臭がします。そのようにならないように、水を飲むことは重要です。
  5. ストレスをためない、リラックスする。
    不安や心配などストレスがあると、唾液が減るため口臭発生のもと。ストレスを発散しリラックス状態を作ることで唾液が増える。
  6. 酸性食品を減らし、アルカリ食品を増やす
    口内が酸性化すると口臭を作る菌が増えます。アルカリ性の食品を多く摂ることで菌の増殖を抑えることができます。
  7. タンパク質の多い食品を減らす
    菌はタンパク質を分解してニオイを産生します。ですから、肉類や乳製品を減らすか、もし食べた場合には、美息美人(びいきびじん)で歯磨きやうがいを行なうと良いでしょう。
  8. 喫煙・コーヒーをやめる
    口臭を無くすには、タバコを吸わないことは絶対条件です。また、コーヒーやお酒も口臭にとってよくありません。その理由は、それらには利尿作用があり唾液が減少するためです。もし、どうしてもコーヒーやお酒を飲む場合には、横に水を置いて飲むと良いかもしれません。
  9. 舌・顎を動かす
    唾液を多く出すには、意識的に舌や顎を動かすことが大事です。良く喋り良く噛むことを意識的にすると良いかもしれません。

これでもまったく改善しない場合があります。それは、胃腸からの口臭や内科疾患、薬による副作用、蓄膿症、歯周病、虫歯などがあるときです。そのような場合は、お医者さんにかかり治療することをお勧めします。

今回の記事では、最短で口臭を消すことにポイントを置いています。しかし、口臭を限りなくゼロにするには、ご紹介したことを出来るだけ取り入れることが大事です。

口臭を治したい女性

口臭ケアのおすすめ対策ランキング10!選んだ基準は、効果・簡単・安価。

口腔ケアアンバサダー(社団法人口腔ケア学会認定)の上林登です。

口臭ケアとは、口臭がある場合に行う対策です。口臭が気になる方であれば、ガムやタブレット、サプリなど何か一つでも対策を行ったことがあると思います。

もしかすると、今から口臭ケアをやろうとして「何が良いのか?」迷われているかもしれません。でも、ネットで検索すると、沢山の口臭ケア用品があるため、どれが良いのか迷うのではないでしょうか。

私が見たところでは、効果など実用的な目線でない売れ筋ランキングが多かったです。ですので、今回は、口臭ケアにおすすめな対策ランキングを作ってみました。

口臭ケアをしたいけれど、どの対策が良いのか迷っていましたら、是非ご参考にしてください。

>>口臭ケア!これで口臭を防ぐことができる

口臭予防効果があるのは昆布

口臭予防効果だけを優先してあげると、だし昆布が1位です。それは『1センチ角に切った出し昆布』です。出し昆布効果には本当に驚かされます。口に含んで舐めているだけで口臭がピタリと止まります。だし昆布をなめた後に、手の甲を舐めて嗅いでも唾液のにおいをほとんど感じません。これは市販の口内消臭剤よりお勧めです。何しろ安いので超経済的です。

しかし、以下にご紹介する対策ランキングに入れていないのは、だし昆布を1センチ角に切って準備する手間が必要なことと、いざ使おうと思った時、お家にだし昆布がないことがあるからです。

口臭ケアにおすすめな対策ランキング10

これからご紹介する口臭ケアは、口臭予防効果はもちろんですが、手軽に実行できることを優先した方法を総合的に判定したものです。

1位 うがい

うがいで口内を洗浄する

口臭ケアで最もおすすめなのは、「うがい」です。

口臭は、口腔に充満したガスが口の外に出た時に感じる臭いです。だから、そのガス対策することで口臭を軽減できます。口臭ガスの元になっているVSC(揮発性硫黄化合物)は、舌や喉の粘膜に付着しているので、うがいで洗い流すと効果的に口臭予防ができます。

唾液が少ないと口腔や喉(のど)が乾燥し細菌が増えます。唾液が粘つき舌に細菌や汚れが付着しやすくなったり、口臭の原因になる膿栓(のうせん)も出来やすくもなります。

効果的に口臭予防するためには、口腔や喉(のど)に細菌が増えないようにすることが大切。そのために一番おすすめが、毎日の「うがい」です。

口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

2位 アルカリイオン水

口臭が消える美息美人

アルカリイオン水は、ダントツに口臭予防効果が高いです。それなのに2位になっているのは意外かもしれませんね。その理由は、アルカリイオン水はいつでも使えるものではないからです。(アルカリイオン水を作るのが面倒という人もいます。)

うがいに重曹を使うといいかもしれませんが、重曹よりアルカリの強い「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水がおすすめです。

  • 重曹PH;8.2
  • キリンアルカリイオン水PH;9.0
  • 美息美人PH;11.0

関連記事

膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

舌が白い!!それならアルカリイオン水でうがい!?

3位 お茶

食後の口臭予防に緑茶や麦茶

口臭対策ランキング3位にお茶を挙げたのは、いつでも簡単に飲めるから。それに安いです。

口臭予防にお茶が良いといわれています。その理由は、お茶には消臭効果があるカテキンやフラボノイドが含まれているからです。ですが、実際は、お茶を飲んだときだけスッキリしますが、すぐに口が粘ついたり口臭がするようになります。

お茶の効果は、お茶を飲むことで食後にうがいをするのと同じ作用にあります。口の中に残った食べかすをお茶で洗浄する効果が大きいでしょう。

日常的にドライマウスが気になる人の場合は、お茶(特に緑茶)やコーヒーを飲むのはおすすめではありません。これらの飲料には、カフェインが含まれているので利尿作用が働き、口腔乾燥から口臭を起こしやすくなるのでご注意ください。

コーヒーが好きな方はこちらの記事『コーヒー好きな人必見!コーヒーを飲んだ後の口臭予防方法』もご参考にしてください。

4位 水を飲む

口臭対策で水を飲むというのは、意外かもしれませんね。しかし、水や白湯を飲むと口臭予防になります。画期的な効果はありませんが、口臭原因となる嫌気性菌や口内の汚れを洗い流すことができます。

また、水や白湯を飲むことは、胃腸のケアにもなり呼気口臭を改善したり、サラサラ唾液の分泌を増やす効果もあります。口臭が気になる方は、ペットボトルを持参して小まめに水を飲むといいでしょう。

5位 口臭タブレット

口臭ケアの基準は、口臭に効くことと容易に使用できること。その基準に合うのが口臭タブレットです。(場所や状況によっては、タブレットを噛めないこともある)

口臭タブレットでおすすめなのは、グリコのブレオ。江崎グリコ ブレオ・イーエックス(BREO-EX)タブレット グリーンアップル 66g 

口臭原因となる舌苔をキウイ酵素(タンパク質分解酵素)によって溶かす働きがあるので口臭予防に期待がもてます。

関連記事

舌苔を溶かす食べ物・予防できる食べ物について教えます

6位 チューインガム

ガムで唾液を出す

ガムをくちゃくちゃ噛むのはエチケット上はよくありませんが、砂糖を食べると唾液が出るために口臭を一瞬に消す効果があります。(ただし、持続性はないので6位になっています。)

ニンニクやニラなどニオイの強い食事をした後に、ガムを噛むと口臭予防になります。これは、ガムに含まれる香料が、臭い息をごまかすからです。でも、ガムを過信してはいけません。実際、焼き肉を食べた後にガムを噛んでも、息を嗅ぐと、焼き肉のニオイにガムのニオイが混じっていて、不快感はぬぐえません。

ガムは、「食後に口臭が気になる」ときに噛むと良いです。その理由は、ガムを噛むと唾液の分泌が促進されるからです。唾液がたくさん出ると口腔内が潤うため口臭予防になります。

だからといって、シュガー入りのガムを噛むと口腔内が酸性化し口臭菌が活性化するのでよくありません。噛むのなら、ノンシュガーのガムにしてくださいね。ガムで効果的に口臭予防するのなら、こちらの記事『ガムは口臭に効果があるか?口臭を予防するおすすめの噛み方』をご参考にしてください。

7位 舌ブラシ

私「歯医者さんでは、舌苔や口臭のことで相談してくる患者さんに、どうやって答えてる?」
三女(歯科衛生士)「院長先生は、舌ブラシを使って舌磨きすることを勧めてるけど、私は、磨きすぎたら口臭が悪化するから、舌を磨くときは優しくしてねって指導しているよ。」

引用:舌苔の取り方って知っていましたか?

日本歯科医師会のサイトに「口臭原因の6割は舌苔にある」と言われています。ですから、舌苔を除去すると口臭予防の効果が高くなります。個人的にも、舌のケアは口臭対策に有効だと感じています。

舌ブラシは舌苔を取るための道具。それなのに、舌ブラシを7位にした理由は、舌磨きをし過ぎて口臭が悪化している人が多いからです。

舌磨きを行うときは、自身の舌にあった適切な使い方を行う必要があります。

関連記事

舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・

舌磨きで傷ついた舌は何日で治る?傷の治し方はコレ!

8位 歯磨き

口臭対策で大事なのは、歯磨きをていねいに行うことです。それなのに、ランキングが低いと思いませんか?

口臭が強い場合に多い原因は歯周病です。歯周病になると臭い膿や血が出てきます。そのため、口臭が発生する。ですから、歯周病が原因の口臭の場合には、歯科治療を受けないと対処できない。

しかし、歯周病は、治療を受けて治ってからも口臭が出ます。それは、歯周ポケットに臭い液や歯垢がたまるからです。

この対策で最も効果を上げるのは、ブラッシングです。歯磨きによって歯垢や膿を掻き出すことで口臭予防になるからです。そのためには、上手にブラッシングする必要性がでてきます。それが8位になった理由です。

関連記事

夜歯磨きしないとどうなる?虫歯だけではなく、翌朝、口臭を招くのでご注意!

おすすめの歯磨き粉を選ぶ基準!重要視するポイント10

歯周病に効く市販の薬と歯磨き粉はコレ!正しい使い方はコレ!

9位 鼻呼吸をする

意外かもしれませんが、口呼吸の人は口臭があります。その理由は、口呼吸をしていると口と喉が乾燥し、歯周病、虫歯、舌苔、膿栓の原因になります。どれも口臭につながりますよね。

だから、口呼吸をやめて鼻呼吸を心掛ける必要があります。睡眠時のいびきと開口を改善するだけで、口臭もかなり軽減することでしょう。

口呼吸⇒鼻呼吸に変えると口臭が消える!?

10位 噛む回数を増やす

唾液は口臭予防のカギです。唾液が少ないと口臭がするようになり、唾液が増えると口臭がしないようになるからです。

たくさん唾液を分泌するための方法はいくつかありますが、簡単ですぐに出来るのは、「食事中の噛む回数」を増やすことです。

卑弥呼3990回、源頼朝2654回、徳川家康 1465回 1回の食事で噛んで食事をするそうです。それに比べ、現代人の咀嚼回数は平均で620回。卑弥呼は私たちの約6倍も噛んで歯石除去、クリーニング)食事をしていたそうです。
引用:山田兄弟歯科

噛む回数は、一口30回が目安です。

おすすめしない口臭ケア用品

においの強いニンニク料理など食べた後は、口臭が気になります。このような時には、ガムやタブレットを口に入れることで口臭をごまかすことができるでしょう。

しかし、虫歯や歯周病など口内疾患や、耳鼻科に口臭原因がある時には、これら市販の口臭ケア用品では、口臭を防ぐことは難しいです。

また、口臭予防サプリメントの場合は、直接的に口臭ケアはできません。口臭予防サプリメントの目的は、口臭に影響を及ぼす体調を良くすることです。ほとんどのサプリメントが、胃腸環境を良くするためのものですので、口内に口臭の原因がある場合には効果はないといえます。

関連記事

「口臭サプリ」を信じたらダメ!正しい口臭対策はコレだ!

コンビニで手に入る口臭を消すグッズ!いざという時に便利。

まとめ

口臭ケアのおすすめ方法をランキングにしてみました。選んだ基準は、効果がある、簡単、どこでも出来る、安価、です。独断と偏見で選んでいますので、効果や好き嫌いなどには個人差があると思いますがご了承ください。

また、口臭を予防する上では、当然のことですが、歯科治療や定期健診(歯石除去、歯のクリーニング)を受けることが大切です。しかし、口臭の悩みは歯科治療や口腔ケアだけで解決しないことが多いです。こちらの記事もご参考にしてください。

→ 口臭の悩みを解消するには…歯科治療だけでは無理!? 

【参照リンク・参考文献】
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク8020
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用語
日本耳鼻咽喉科学会 代表的な病気
日本口臭学会誌 口臭への対応と口臭治療の指針2014
日本口腔ケア学会
国立大学法人大阪大学 歯学部附属病院 口臭で悩んでいるのですが…
日本臨床歯周病学会 口臭原因は?
日本口臭学会
日本歯周病学会
口臭 ほんだ