口臭予防」カテゴリーアーカイブ

食後に口臭がするのは何故?臭いがする原因と予防方法

食後の口臭を予防する方法

美味しく食事をとった後は、満足感に浸りたいもの。ところが、意外と多いのが「食後に口臭がする」という悩みです。

食事中は唾液の分泌が多くなるので口臭がしないのが普通です。しかし、舌が白くなる舌苔(ぜったい)ができている人の場合には、食後に臭いが顕著になるのです。

もし、食後の口臭が気になっていましたら…この記事がお役に立つことでしょう。今回の内容は、食後に口臭がする原因や食べ物についてだけではなく、口臭をしないようにするための予防方法についてお伝えします。ご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

食後に口臭がする原因について

食後に口臭がするというお悩みを持っておられる方が多いのではないでしょうか。口臭がしていなくても、食後に歯磨きで口臭予防される人が多いです。職場では、OLさんが昼食後に女子トイレで歯磨きをされている風景をよく目にします。

しかし、歯磨きをしたからといって食後の口臭予防にはなりません。でも、どうしていいのか分からないから歯磨きをしているのでしょうね。

唾液が少ないから口臭がする

それでは、何が口臭を発生する原因になっているのでしょう?

食後には食べかすが口内に残ります。大抵の方は歯にプラークがつくから歯磨きを行っているのですが、
食べかすが付くのは…舌の表面と、歯ぐきと頬の間です。

食べかすが残っても、普通は唾液中の酵素が分解してくれます。ところが、唾液が少なくなると、そのまま食べかすが残るので口内のPHが低下する。

そのため、細菌が活発になり食べかすを腐敗し悪臭を放つことに。これが、食後に口臭がするメカニズムです。

健康な人の場合には唾液が多く、たとえ食べかすが残っていても、唾液がキレイに洗い流します。そして、酸性化した口内を中性化するので臭くならないのです。このように、後に口臭が起きる一番の原因は、唾液不足にあります。

ドライマウス症などで唾液の分泌が少ない場合は、食後でも口臭がひどくなるので、唾液を出すようにしないといけません。しかし、唾液は自律神経の働きによって分泌されるもの。そのため、分かっていても、中々改善できないと悩まれているのではないでしょうか。ドライマウスについて詳しくは、『歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!』をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

舌苔(ぜったい)があるから口臭がする

舌苔(ぜったい)が多いということは、細菌も多いということです。というのは、舌の苔は細菌が集まってできた汚れだからです。

また、舌が白くなっているときには、唾液も少なく舌が乾いています。

舌が唾液で潤っていると、食事のときの食べかすが洗い流されるのですが、舌苔ができていて乾いている時には、食べかすが舌に良くくっつきます。乳製品などの食べかすは、舌に棲息する細菌にとっては絶好のエサになります。

だから、食事をした後には、細菌の食事がはじまるというわけです。細菌は食べかすを分解しガスを大量に発生します。これが、食後の口臭です。

「食後に口臭がする」場合は、舌苔(ぜったい)ができていることが多いです。もし、舌が白くなっていたら要注意です。

食後に口臭がするのは、舌苔(ぜったい)があるからです。でもそれだけではありません、舌苔があると、食後に食べ物の味も残るので口臭もひどくなる。

どういうことかというと、舌苔(ぜったい)はスポンジのようなものです。だから、汚れをくっつけやすい。食べかすの他、粘ついた汚い唾液も、舌苔に付着します。

このことが、「舌苔があると細菌が増える」理由になります。舌苔がない人の場合には、食事をしても、唾液で覆われた舌粘膜には汚れが付きにくい。

このように、舌がキレイな人は、食事をしても舌がキレイになる。ところが、舌苔が出来ると、食事をすると余計に舌苔ができ口臭がひどくなる。という悪循環になっているのです。

だからといって、舌苔を除去するためにと、舌磨きをするのはおすすめできません。舌磨きをしても、根本原因が解決しない限り、すぐに舌は白くなるし、舌を磨くことによって舌に傷がつきかえって舌苔ができるからです。

舌苔(ぜったい)を除去する方法については、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

食後口臭がひどくなる食べ物

食後口臭がひどくなる原因について理解していただくために、次の問題を用意したので解いてみてください。食後口臭の原因がわかりますよ。

食後にどうして口臭がするのか知っていますか?正解を次の中からお選びください。」

A1)ニンニクなど臭い食べ物を食べたから。

A2)食後に歯磨きをしないから。

A3)胃からニオイが出てくるから。

A4)舌苔(ぜったい)が着いているから。

A5)唾液の分泌が少ないから。

A6)肉類や乳製品などタンパク質を多く摂るから。

A7)砂糖が入った食べ物をよく食べるから。

A8)元々、口臭がしているから。

さて、正解は何番だと思いますか?

どれも間違いではないですが、
食後の口臭で困っている人に多いのは…

…じつは、6番と7番です。タンパク質と砂糖が多い食事が口臭の原因になります。

タンパク質が多く含まれる肉類や魚のほか、チーズやケーキなど乳製品を摂ると、タンパク質が 口中の細菌によって分解され、悪臭物質(口臭)が産生されます。

砂糖も口中細菌によって分解されるのですが、砂糖の場合には口内を酸性化します。そのことにより細菌が活動し口臭ガスを発生します。

タンパク質と砂糖のどちらも、食後の汚れが舌の粘膜や歯ぐきと頬の間にくっついていることから起きます。

じつは、口臭が起きる人の特徴としてドライマウス症になっていることが多いのです。ドライマウスだから常に口腔が乾いています。

そういう状態で、パンやクッキーなど乾燥している食べ物を食べると余計に口中にくっ付くことになるのでお勧めではありません。

食事の時も後も、飲み物で洗い流すようにするのが良いです。詳しくは『舌苔(ぜったい)を取る食べ物!?食べると口臭も予防できる』をご参考にしてください。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

同じ食事をしても口臭がしない人がいるのは何故?

でも、人によっては、タンパク質や砂糖を摂っているのに、口臭がする人としない人がいるのはどうして?

その理由は、文頭で述べましたが、唾液が良く出ているかどうかの違いです。

食事中は、一日の中で最も唾液が分泌する時間帯ですので、唾液の作用で、普通は細菌が活動しないものです。

ところが、唾液の分泌が極端に少ない人の場合には、食事中でも食後でも関係なく細菌が活動します。

細菌の活動は、タンパク質を分解すること。細菌がタンパク質を分解する過程で、悪臭物質もできてしまうのです。

悪臭物質が唾液に溶け込むために、苦く感じたり、食後、口が乾くと口臭を感じることになるのです。

そして、もう一つの原因は、舌苔(ぜったい)ができていることです。舌苔があると、それだけでも口臭を発生するのですが、食後は特に臭いを出します。

これが食後特有の口臭の原因です。詳しくは『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?』をご参考にしてください。

ガムを噛んで食後の口臭対策をする

食後にガムを噛む人がいます。口臭が消えると信じているのだと思いますが、果たしてガムに口臭対策としての効果があるのでしょうか?

結論からいうと、ガムには消臭効果はありませんが、香料が含まれているので臭いをごまかすマスキング効果が期待できます。

しかし、マスキング効果は、誰にでも有効ではありません。普段、口臭がしていない人にだけ有効で、口臭がひどい人がガムを噛むと、複数のニオイが混ざり余計に臭くなるのでご注意ください。

では、ガムを噛んでも食後口臭に効果がないのでしょうか?そんなことはありません。ガムを噛むと唾液腺が刺激されるため、唾液分泌が良くなるかもしれません。

唾液がたくさん出るようになれば、口臭をおさえることができますし、舌苔の予防にもなります。しかし、ガムに砂糖が入っていると、口腔が酸性化するので口臭菌が増える原因になります。

ですから、食後にガムを噛むのならシュガーレスガムにしてくださいね。ガムによる口臭対策は、『ガムは口臭に効果があるか?口臭を予防するおすすめの噛み方』をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

食後の口臭を予防する方法

もし、あなたが食後の口臭で困っているのでしたら、次のようにしてみてはいかがでしょう。実証済みのオススメの方法です。

食後の口臭を予防するためのオススメ方法

  1. 肉、魚、乳製品を摂取するのを控える。
  2. 食事中、食後とも水分を摂り、胃に洗い流す。
  3. 食後、舌を上あごに擦りつけて、軽く汚れを落とす。
  4. 美息美人(びいきびじん)」でうがいを行なう。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水を20~30秒口に含み、咽喉(のど)と口中のうがいをする。口中をアルカリ化することで、細菌の活動を抑えることができます。。

私の場合には、食後の口臭が気になるときには、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水でうがいを行うようにしていますが、簡単でとても気に入っている方法です。是非一度お試しください。

まとめ

食後は口臭が気になるものです。でも、食事をしても口臭がする人としない人がいます。口臭がしない人の場合には、歯磨きをしなくても臭いません。ところが、口臭がする人が歯磨きをしても口臭はしないどころか、食事前よりも臭うこともしばしば。

この食後に口臭がする原因は、その人の口内環境に原因があったのです。一つは唾液不足。そして、もう一つは、舌苔ができていることです。

この2つを改善することで、今まで困っていた食後の口臭に困らなくなります。そのためにも、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお勧めします。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

歯磨きをしても口臭がする

歯磨きをした後でも臭いといわれ…その原因と対策はこうする!

歯磨きをした後も口臭がする原因は

歯磨きをしたすぐ後なのに、口臭を感じたらすごく憂鬱ですよね。直接、他人から「口が臭い!」と指摘されるわけではなくても、もしかしたら、「私の息が臭い!」と思われているかもしれないのですから。

もし、歯磨き後すぐに口臭がする場合は、あることが原因になっているかもしれません。ついにその原因が分かりましたのでお伝えしたいと思います。

「歯磨きをしてもすぐに口臭がする」場合には、今回の記事を是非ご参考にされて対策されてはいかがでしょう。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯磨きをしても意味がない

ヤフーの知恵袋を見ていると、このような方が多くおられます。それは…

「口臭が心配なので、毎食後、歯磨きをするのが習慣です。ところが、歯磨きをしたあと数分しか経っていないのに口臭がして、家族から臭いといわれます。何が原因でしょう?」

また、このような方も。

「食事をすると唾液が出るので、食後は口臭がしないというのをネットで知りましたが、わたしの場合には、食後もずっと食事のにおいがするし、歯磨きをしても余計に口臭がするようです。

不思議ではありませんか?

普通、歯磨きを行うと、口腔内がきれいになるので口臭もしなくなるはず。それなのに、歯磨きをした後に口臭がするというのは、どうしてなのでしょう?
口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯磨きをしても臭い原因

歯磨きをしても口が臭い場合には、いくつかの原因があります。一つ一つ説明させていただきますので当てはまるものがないか探してみてください。

歯周病で臭い

歯周病は歯周病菌が原因でおきる感染症です。当初は歯茎が腫れたり出血を起こしますが、進行すると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨まで食い荒らしていく怖い病気です。(正しくは歯槽骨の退縮です)

歯周病になると、歯茎の炎症によって歯と歯茎の境目の溝(歯周ポケット)が深くなります。そして、溝(歯周ポケット)にたまった膿や汚れが腐敗します。

膿がたまっていると、歯ブラシや歯間ブラシを使うと膿臭く感じるのですぐに分かります。また、膿がたまるようになると、舌を使って歯茎の溝を吸っても膿の味がします。

このように、歯周病が進むと、たとえ歯磨きをしても口が臭くなります。歯周病かもしれないと思ったら、こちらの記事『歯茎が臭い!歯周病が進行しているかも?治し方はコレ!』をご参考にしてください。

親知らずが臭い

歯磨きをしても臭い場合に多いのは、奥歯からの口臭です。奥歯は歯磨きがしにくいため、磨き残しから歯垢が付きやすい箇所です。人によっては、親知らずが生えているため、更に磨きにくいかもしれません。

特に、奥歯や親知らずの奥側は、歯ブラシが入っていきません。そのため、歯肉炎になっていることが多く、歯の奥側に歯周ポケット(歯と歯茎の境目の溝)ができやすいのです。

歯周ポケットが深くなると、常に汚れや膿がたまっているため、その部分をていねいに歯磨きすると、いっぺんに臭いを感じます。奥歯からの口臭について詳しくは、『奥歯の奥からプンと口臭が…原因と対策』をご参考にしてください。

差し歯が臭い

差し歯をしていると、人工歯と歯茎の間に歯垢が付きやすくなります。そのため、差し歯をしていると口臭の原因になるかもしれません。

差し歯の形態は、現在の歯科治療ではほとんどありませんが、支台歯の上に硬質レジン前装冠(保険治療)やポーセレン歯(自費治療)を被せる方法がとられています。しかし、この場合でも、同じように人工歯と歯茎の境目の溝に歯垢がつき歯肉炎が起きやすいです。

また、差し歯をしている人の場合、虫歯が1本が2本、3本と増える傾向にあり、ブリッジになっていることが多いです。ブリッジは形状が複雑なため、さらに歯磨き残しが増えるので、口臭の原因になります。差し歯からの口臭について詳しくは、『差し歯が口臭の原因かも?臭い対策はこうすれば良い!』をご参考にしてください。

タバコのにおいが臭い

喫煙習慣があると、頬の内側や歯肉、舌粘膜などにニコチンやタールが付着します。そのため、歯磨きをしても、タバコの臭いがします。

しかし、喫煙者の口臭は、タバコの臭いだけではないのです。実は、喫煙習慣があると、歯周病になりやすく、歯周病の膿臭がタバコ臭に混じるため、すごい悪臭になります。

また、喫煙習慣があると、舌苔(ぜったい)もできやすく口臭の原因になるので、一日も早く禁煙されることをおすすめします。詳しくは、『タバコの口臭は想像以上に臭い!歯磨きで消えない場合の対処法』をご参考にしてください。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

舌苔があると、歯磨きをした後に口臭がする

わたしの事務所に送られてくる「日本口臭学会会誌」の中に、こんな論文があったのです。

ブラッシングのあとに増加するVSC値
中村幸香先生ほか8名の医師による共著です。

タイトルの意味は、「歯磨きのあとは口臭が強くなる」です。驚きました。歯みがきをした後のほうが、歯みがきをする前よりも口臭が強くなると書かれていたのですから。

臨床テストのデータを見ると、歯磨きのあとに口臭が強くなった人がいたのです。それも、元々口臭がしている人の場合には、約半数が磨く前よりも口臭が強くなっていたのです。(※半数は口臭が減少)

えっえっ?
歯磨きをする前よりも歯磨き後のほうが口臭がするってどういうこと?
「それなら、歯磨きをする意味がないのでは?」そう思いませんか。

元々、口臭の心配がない人でも、少数の人に歯磨きのあとのほうが口臭が強くなったとのデータも。

その理由について、論文では次のように説明されていました。

舌苔(ぜったい)が口中を浮遊する

「舌苔(ぜったい)が着いていると、歯磨きをしたことで苔が舞い上がる。」だから、舌苔(ぜったい)が付いている人の場合には、歯みがきをした後に口臭がすることになると。

舌苔(ぜったい)は、苔状のプラークです。普段は舌乳頭にしっかりと付着していますが、元々は柔らかいもので擦ると容易にちぎれます。

だから、歯みがきをしている時に苔がちぎれ、破片が唾液に混じり口中を浮遊するのでしょうね。

舌苔(ぜったい)を指で撫ぜて嗅ぐと臭いので分かると思いますが、苔の破片も臭いはずです。そのような臭い物質が、口中を浮遊するのですから口臭がしても不思議ではありません。
舌苔については⇒⇒『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

歯科医院での舌清掃

論文では、歯みがき後に口臭がする場合には、医師や歯科衛生士などのプロにより舌を清掃すると、臭いがなくなったとの報告結果でした。

舌をきれいにすれば、歯みがきをしても苔が飛散することがなくなるので、口臭がしなくなるのは、当然といえば当然かもしれません。

歯科医院での舌のクリーニング
seisou

歯科医院では、特殊な器械を使い、ジェット水流を吹き付けて舌に付いている苔を除去します。舌ブラシで磨くよりも良く取れますが、舌苔(ぜったい)は1日から2日で元通りに戻ります。

折角、舌をクリーニングしても1~2日で白くなるのです。こんな事があって良いのでしょうか。大切なのは、歯科医院で舌のクリーニングを行ってから後のご自身の舌ケアなのです。

このことを知らずに、歯科医院で舌清掃をしても無駄になるのでご注意ください。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

自分で舌を清掃するには

毎回、歯科医院で舌の清掃をしてもらうことは不可能です。
それでは、どうすれば良いでしょう?

一般的には、舌ブラシを使用して舌磨きを考えるかもしれません。ところが…

自分で舌を磨くと、ほとんどの場合が磨き過ぎになります。その結果、舌乳頭が傷つき舌苔(ぜったい)が悪化します。

だから、舌が白くなって舌磨きを行っている人のほとんどが、「舌磨きをしているのに舌が白い」と悩んでいるのです。もしかしたら、あなたもその一人では?

何度も申し上げていますが、舌磨きを毎日行うと舌乳頭が傷つき化膿します。そして、化膿が治らず慢性化します。舌苔(ぜったい)の慢性化です。このようになると、「舌を磨く→舌苔(ぜったい)が厚くなる」という悪い繰り返しになります。

でも、舌苔(ぜったい)で困っている人の多くは、このスパイラルにはまっていて抜けられないのが現状です。

そのようなことにならないように、次のように舌の清掃をしてください。

  1. 美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水で20秒~30秒ほどうがいを行う。美息美人(びいきびじん)でうがいを行うと、舌の苔がふやけます。
  2. 何も付けずにふつうに歯磨きをする。歯磨きの途中で何度もうがいを行い吐き出します。飛散した舌苔を外に吐き出すことが大事です。
  3. 歯磨きを終えたら、極細毛歯ブラシを斜めに倒し、舌の奥から2回だけなぜます。(コットンにアルカリイオン水を湿らせて舌を拭くと尚良い。)
    美息美人(びいきびじん)で舌苔がふやけた状態になっているので、表面の苔が容易に除去できます。
  4. 舌に汚れが残っていても、そのままにしておくことが大事です。一度にきれいにしようとすると、舌を傷つけてしまうかもしれません。コツコツと舌清掃を毎日続けることで舌苔が減少します。

この方法を続けることで、舌苔(ぜったい)が減っていくのですが、当初は、苔が舞い上がるために、よけいに臭く感じることがあります。しかし、日毎に改善されていくので安心して続けることが大切です。

まとめ

歯磨きを行った後に口臭を感じる場合は、舌苔(ぜったい)が付いている可能性が高いです。

歯磨きを行うことで、舌に付いている苔の破片が飛散し口臭を感じます。ですから、口臭をしないようにするには、原因となっている舌苔(ぜったい)を除去し舌をきれいにしないといけません。

だからといって、舌磨きは舌粘膜を傷つけてしまうためお勧めではありません。できれば、歯科医院で舌のクリーニングをしてもらい、その後は、美息美人(びいきびじん)で舌のケアを行うようにすると良いです。

舌がきれいになると、歯磨き後の口臭がなくなります。そして、食後に食べ物の味や臭いが続くこともなくなります。

もし、歯磨きの後も口臭がすることでお困りでしたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお試しください。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

歯磨きしても気になる女性

歯磨きしても口が臭い理由:厄介な口臭の対策方法はコレ!

歯磨きしても口臭が治らない

口臭は不公平です。というのは、口臭のある方のほうが丁寧に歯磨きを行っているからです。こちらのご相談された方も、、、

「口臭が気になる25歳女性です。歯磨きしても何をしても口が臭いです。口臭で・・・13年間も悩んでいます。どうしようもないです。」

ご相談者のように「歯磨きをしているのに口臭が治らない」と悩まれている方がたくさんおられます。どうしてだと思いますか?それは、歯磨きをしたからといって口臭が治るわけではないからです。

子供の頃から、「歯磨きをしないと口が臭くなる。」と教えられていたあなたにとっては、意外かもしれません。

歯に付いたプラークは、口臭の原因になるので歯磨きを行なうことは大切なことかもしれません。でも、口臭はプラークからだけの臭いではありません。だから、口臭は歯磨きだけで解決しないことが多いのです。

それに、プラークは細菌が集まってできたものです。少し歯磨きを怠ると、すぐに細菌が増殖します。この2つのことを理解することで、今まで改善できなかった口臭でも、無くすことができるかもしれません。

今回の記事では、「歯磨きだけでは口臭が消せなかった理由」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

この記事は、現役歯科衛生士の上林ミヤコが書きました。

歯磨きで取れるのは歯の汚れだけ

当然ですが、歯磨きは歯の表面しか磨けません。歯面に付着しているプラーク(歯垢)を取るのが歯磨きの目的です。プラークを取ることで、虫歯や歯周病の予防ができます。だから、毎日の歯磨きは大切です。正しい歯磨き方法については、『あなたは歯磨き方法でこんな間違いをしていませんか?』をご参考にしてください。

ところが、歯磨きをしても口臭がするのは何故でしょう?

それは、歯磨きをしても歯面に付いているプラーク(歯垢)が取れるだけだからです。プラーク(歯垢)を歯石と勘違いしている方が多いのですが、プラーク(歯垢)は、細菌が集まってできたネバネバしたものです。排水口のネバネバと同じようなものです。

だから、歯だけではなく、舌にも付きます。

口の汚れは、プラークだけではありません。食べかすや細菌が、歯茎のポケット、頬の内側、喉、といろんな所に付着するのです。

歯磨きしても口臭菌はとれない

口臭原因の8割以上が、口腔内の細菌が原因であることが分かっています。細菌がタンパク質を分解して臭いを発生します。詳しくは、『舌の細菌が口臭を発生させる!原因は歯周病菌が舌に感染するから』をご参考にしてください。

しかし細菌は歯磨きをしたからといって無くすことはできません。

たとえば、水虫がそうです。水虫を治したいからといって、いくら石鹸で洗っても水虫は治りません。もちろん、汚い足よりもきれいにしたほうが少しは改善できるでしょうが、治すことはできません。

それは、乾燥した皮膚の中に菌が入り込んでいるからです。ですから、皮膚の表面だけキレイにしても、菌が繁殖している皮膚がある限り、すぐに菌は増殖します。だから、水虫を治すのは難しい。

(爪の内部に水虫菌が入り込む)「爪水虫」になると、まったくといっていいほど足を洗っても良くならないのが普通です。爪水虫は、足を清潔にして水虫菌が住みにくい環境になると、余計に爪の中に水虫菌が隠れてしまうので悪質です。水虫菌は足が蒸れる季節までじっくり待っているのです。そして、足が蒸れると一気に指の皮を食べます。これが、菌の性質です。

水虫だと、皆さんもその通りだと思うかもしれませんが、口臭のことになると別のように思っているようです。しかし、水虫も口臭も生きている「菌」が原因だということは同じなのです。

口臭の場合も、口臭を発生する細菌は水虫と同じ性質の嫌気性細菌というのも面白いです。(くさいのも同じですよね。)

歯磨きをすれば、口腔の細菌は歯肉縁下や虫歯の穴、舌の溝など、歯磨きでは取れないところに逃げ込みます。

歯石が出来ていれば、菌にとっては絶好の環境になります。菌は歯石の細かい穴に入り棲息する。このことが、歯周病や虫歯の原因になる。歯周病と虫歯になると口臭が強くなるので歯石をそのままにしておくのはよくありません。

だから、歯磨きをしても口臭菌は残り、臭いも取れないのです。

口臭の原因

細菌が歯肉縁下で繁殖すれば、歯肉炎になり出血をすることがあります。この時、ただの細菌ガスだけではなく血生臭い悪臭がします。歯周病になると歯周ポケットができますが、もし歯周ポケットができていれば、ポケットの中に臭い液がたまるので口臭がします。歯茎の臭いについて詳しくは、『奥歯の歯茎が臭い!歯周病は歯磨きだけでは治らない?』をご参考にしてください。

また、虫歯になれば食べ物の残りかすの腐敗臭と細菌ガスが混じり、残飯やどぶのような悪臭がする原因にもなります。歯の根本の歯茎が腫れていたり、被せが古い場合は、歯科で診てもらうことをおすすめします。

舌苔(ぜったい)も虫歯と同様なにおいですが、呼吸の通り道であるためよくにおいます。それと、舌の表面積が広いために、菌の量も多いというのが口臭を強くしている理由です。口臭原因については『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

口臭対策の基本はプラークコントロール

口臭は細菌が作ります。だから、口臭対策をするには、除菌しないといけないのです。単純に歯磨きを行っても、除菌はできません。だから、歯磨きをしても口臭がなくならなかったのです。

口臭の元となる細菌を除菌するには、除菌できる方法や除菌できる歯磨き粉を使用しないと効果はでないということになります。

効果的に口臭対策を行うには、口臭外来へかかることが良いかもしれませんが、先ほどから説明しているように口臭菌は水虫と同じですから、完全に除菌できることなどないのです。

口臭をしないようにするためには、細菌を増やさないように上手に共生することが大事なのです。共生というのは、たとえ菌があっても、口臭や歯肉炎や虫歯にならなければ問題ありません。そのような健康に問題ない状態をキープするのが、良く聞く「プラークコントロール」です。

どれだけ歯医者さんで口臭治療をしても治るのは一時です。ほっておくと、また細菌が繁殖するのは時間の問題です。だから治療をしてからの口腔ケアが重要なのですね。

効果的に口臭予防をするには、こちらの記事『本気で口臭をなくしたい人向け!口臭対策のコツをご紹介』をご参考にしてください。

歯磨き以外の口腔ケアが必要

歯磨きしても口臭がする場合には、舌苔(ぜったい)が口臭の原因になっていることが多いです。

舌の苔を取ることで(一時的ですが)口臭が減少することは分かっています。だから、舌磨きをする人が多いのかもしれません。

しかし、舌ブラシで舌をゴシゴシと磨くと皮膚が削れてしまい傷が付き、細菌の餌になるので余計に口臭がするので気をつける必要があります。舌のケアについては『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?』をご参考にしてください。

また、細菌を抑制するためには、唾液がよく出ることが重要です。唾液分泌を促すためにはガムを噛むことも良いことです。ところが、砂糖入りのガムや飴は、口腔内を酸性にしますから口臭予防にはならないばかりか、余計に悪化することがあるのでご注意ください。噛むならシュガーレスガムをお勧めします。

歯磨きをしても口臭が出るケース

歯磨きをしても舌をきれいにしても、口臭がする場合があります。それは…次のようなケースです。

これらの場合には、どれだけ丁寧に歯みがきをしたり、歯科で治療を受けたとしても、口臭が無くなることはありません。その場合には、耳鼻科や内科の治療が必要になります。

歯磨きだけで消えない口臭の対策方法

歯磨きをしても口臭が消えない場合には、ほとんどが舌苔(ぜったい)、膿栓(のうせん)、膿汁(のうじゅう)のいずれか又は、それらが重複して関係していることが多いです。

もちろん、他のケースもありますが、歯磨きだけで消えない口臭の場合には、8割以上が舌か喉に原因があります。

ですから、口臭対策とすれば、歯磨きの他に行わなければいけないことがあります。それは次の二つを実行することです。

  1. 舌の清掃ケア
  2. 喉の清掃ケア

口臭原因全体の7割以上は舌に原因があるといわれています。ですから、舌をキレイにすることは大切です。だからといって、舌ブラシなどで舌をゴシゴシと磨くと舌に傷がつき逆効果になるのでご注意ください。舌磨きについて詳しくは、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

そして、もう一つは、喉を清潔に保つことです。喉をキレイにするには、うがいを行うことが一番良いのですが、うがい薬を使用しても粘液である膿汁(のうじゅう)は取れません。

うがい薬には、殺菌作用がありますが、粘液(膿汁)を取る効果はありません。これが、膿汁を除去できない問題なのです。

ですが、美息美人(びいきびじん)のようなアルカリイオン水を使うと、容易に粘液(膿汁)を取ることができるので、膿汁でお困りでしたら、美息美人をお試しになってはいかがでしょう。膿汁予防について詳しくは、『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

歯磨きだけではなく、舌と喉の清掃ケアを行うと、ほとんどの口臭が解決できるようになるので、今回の記事をご参考にやってみてはいかがでしょう。

まとめ

歯磨きをしていても、口臭菌がある限り口臭発生のリスクがあります。口臭菌は、体の免疫力が下がった時に活発になり増殖します。ですから、口臭を予防するためには、歯磨きだけではなく、常日頃から健康を保つことも大切です。

また、口臭菌が存在する所は、歯垢や歯石だけではありません。舌の上の舌苔や、扁桃のくぼみに溜まる膿栓にも、口臭菌があるのでご注意ください。

そして、意外かもしれませんが、歯磨きケアに気を使っている人に多いのが洗口剤(マウスウォッシュやマウスリンスですが、アルコール含有の場合には口腔乾燥を起こして口臭を発生させます。同様に、合成界面活性剤の含まれる歯磨き剤を長時間口に含むことでも口腔が乾燥するので気をつけましょう。。