舌が白い(舌苔)」カテゴリーアーカイブ

口臭の原因となる舌苔についての記事を集めています。舌苔の症状、原因、対策について説明している記事をご紹介しています。

舌苔をできなくしたい

舌が白くなる食事とは?舌苔が付かないように気をつけること

食事で舌苔が付かないように気をつけること

舌苔ができる人にとっては、食事も気をつけないといけないかもしれません。もちろん、舌が白くなるのは、食事だけではありません。しかし、食事によっては、舌が白くなったり、食後も口臭がします。

反対に、食べ物によっては、パイナップルのように舌苔が取れるものもあります。今回の記事は、舌苔で困っている人が食事で気をつけないといけないことについてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

食事で舌が白くなる

乳製品は舌が白くなる

牛乳は舌苔が増える

食事によっては、食前の時よりも舌が白くなる食べ物や飲み物があります。牛乳を飲んだ後や、ケーキを食べた後、余計に舌が白くなったという経験はありませんか?

乳製品や、タンパク質の多いケーキ類は、舌に残り菌のエサになります。そのため、舌が白くなり口臭も強くなります。

元々、厚い舌苔ができている場合には、カレーなど色素の濃い食べ物を食べると、黄色や茶色に変色するので注意が必要です。

コーヒーは舌が臭くなる

コーヒーは口臭が発生する

舌苔ができている時には、コーヒーを飲むコーヒーは控えた方がいいでしょう。舌苔の臭いにコーヒーの匂いが混じり口臭がきつくなります。また、コーヒーや緑茶には利尿作用があるため、口腔乾燥を起こしやすいです。コーヒーを飲むときには、間で水も飲むと良いです。

→ コーヒー好きな人必見!コーヒーを飲んだ後の口臭予防方法

飲酒は舌が白くなる

飲酒した翌朝、舌が白くなったというような経験をしたことはありませんか?

アルコールは唾液を蒸発させるために、舌を白くさせてしまいます。お酒にはすべてアルコールが含まれていますが、マウスウォッシュにもアルコール含有タイプがあるので、購入される時には成分を確認するようにしましょう。

暴飲暴食で白くなる

食べ物で口臭がする

舌には胃腸の調子が現われます。暴飲暴食などで胃腸に負担がかかると、直ぐに舌が白くなるのでご注意ください。

偏食は舌苔を慢性化する

生野菜が舌苔を予防する

現在人は好き嫌いが多く偏食する人が多いです。偏食は栄養が偏り、身体の免疫力を低下させます。そのことから、舌苔もできやすくなるのですが、舌苔が治ることもなく慢性化することが多いです。

人によっては、小麦粉アレルギー(グルテン過敏性)の場合があります。その場合は、パンを食べるのをやめただけで舌苔が治ったという方もおられます。

→ パンをやめると舌苔がなおる!?小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)とは

舌苔とは

舌が白くなると見た目も悪くなるので、人前で口をあけられないという辛さがありますよね。

そして、舌苔ができると、必ずといっていいほど口臭もするようになります。ですから、何とか舌苔を取ろうと考えるのですが、中々、治らないのではないのでしょうか。だから、このブログを読まれているのですよね。

どうして舌苔が治らない?

舌苔というものが何なのかが分かれば、簡単に解決します。はたして本当なのでしょうか?

舌苔とは何なのか

舌苔の正体は、細菌と食べかすや汚れが固まってできたものです。
細菌は、生き物ですので繁殖します。

ということは、細菌にとって、良い環境があれば、どんどん増えます。

たとえば、細菌が棲みやすい酸性で酸素の少ない環境。(唾液が減ると、舌が乾くため酸素も減る※唾液中の水分の中には水素と酸素がある。)

そして、エサとなる食べかすや細胞の死骸が多いこと。特に細菌が好きなエサとはタンパク質です。

この条件が重なれば、細菌がどんどん増えて、舌が真っ白になってしまいます。これが、舌苔です。

舌苔の取り方については⇒⇒『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

舌苔をできないようにするには

じゃあ、どうすれば舌が白くならないのか?

舌苔の原因となる細菌が増えないのか?

賢いあなたなら、大体想像がついてると思います。今想像しているとおりです。

舌苔ができないようにする4つのポイント
1、口内をアルカリ環境にする。
2、良くしゃべり口内に酸素を取り入れる。
3、唾液の分泌を促す。
4、舌を傷つけない。

この4つを行えば、舌が白くならなくなります。

では、4つのポイントについてもう少し詳しくご説明します。

タンパク質の食事を食べない

酸性食品というのは、タンパク質が含まれるので細菌のエサとなるので、舌苔のできる原因になります。

酸性食品には、肉類・魚介類・卵黄・落花生・ビール・白米・パン・ チーズ・バターなどがあります。

逆にアルカリ性の食品には、海草類・野菜類(キャベツ・ジャガイモ・ほうれん草 など)・キノコ類・果物・漬け物類・ワイン・コーヒー があります。

→ 舌苔を溶かす食べ物・予防できる食べ物について教えます

よく喋ること

よく喋ることで、口内に酸素を取り入れることができるだけでなく、唾液の分泌も促します。

舌を傷つけない

舌苔が着くと、舌ブラシでゴシゴシと舌磨きをする人がおられますが、舌の表面には乳頭が一面に生えていて、簡単に削れてしまいます。

痛んだ舌の細胞(タンパク質)は、細菌の恰好のエサとなり、舌が化膿した状態となります。
また、痛んだ舌の乳頭に、歯磨き剤に含まれる刺激性の添加物が付着することで、さらに舌乳頭を痛めるという悪循環がおきます。

→ 舌乳頭が長いから舌苔が治らない!原因と対策は

舌苔がつかないようにするには、舌磨きをしない、そして、無添加の歯磨き粉に変えることも大事

食後にどうしても歯磨きをしたい場合には、チューインガムを噛むと良いです。ただし、その場合はシュガーレスガムで。砂糖は口臭を慢性化させる原因になるのでご注意ください。

→ あっという間に口臭を消す方法 !?砂糖は口臭を悪化させるのでご注意

舌をきれいにするには

ここまでが、舌苔ができない基本です。
じゃあ、今着いている舌苔をどうすれば良い?

このことがあなたにとっては、一番の問題だと思います。白い舌をきれいにするには、口腔環境を改善する必要があります。

口腔環境を変えるというと難しそうですが、簡単にいうと「きれいにする」ということです。口腔環境を変えないで、舌だけきれいにしようとしても舌はきれいになりません。

そのためには、歯磨きはもちろん、舌のケアや喉のケアも必要になります。総合的に菌が減り清潔になると、舌もきれいになります。

舌苔の治療方法については『舌苔を除去する方法はどれが一番効果があるか調べてみて分かった!』をご参考にしてください。

舌が白い 画像

パンをやめると舌苔がなおる!?小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)とは

パンをやめると舌苔がなおる

パンを食べるのをやめたら舌苔がなおったと、お客様からご報告をいただきました。パンを食べないようにしただけで舌苔が治ったなんて、始めは信じられませんでしたが、パンの原料である小麦粉について調べれば調べるほど確信に近づいていきました。

実は、このお客様は小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)らしいのです。だから、パンなどの小麦粉が舌苔に良くなかったようなのです。

小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)は、まだよく分かっていないこともあるようですが、順天堂大学とヤクルトの共同研究では、50人に2人の確率であるそうです。(糖尿病の場合はその7倍)

小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)の人がパンを食べると体調を悪くし、様々な病気になり舌苔や口臭もそのうちの一つなのです。

もし、何をしても舌苔が治らない場合には、小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)かもしれないので、この記事を読んで確かめられてはいかがでしょう。

今回の記事は、小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)と舌苔の関係についてです。舌苔を改善するためのご参考にしてください。

舌苔とは

舌が白くなっている部分を舌苔(ぜったい)といいます。舌苔は、舌乳頭の角化から始まり、舌乳頭の間に細胞のはがれ落ちた死がいや食べかすに細菌が繁殖してできた苔のようなものです。

舌苔には唾液が浸み込むために、口腔乾燥を起こすと唾液の水分が蒸発し口臭が発生します。そのため、舌苔がができると口臭がひどくなるため、舌苔を取りたいという人が多いです。

しかし、舌苔は舌ブラシでこすっても表面が取れるだけで、舌磨きで舌をきれいにすることができないばかりか、舌磨きが舌苔が悪化する原因にもなっています。

舌苔を取り除くことも大事ですが、大切なのは舌苔をできなくすることです。そのためには、先ず、舌苔ができる原因を知ることが重要です。

→ 舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

舌苔ができる原因

一般的に舌苔ができる原因といえば、「唾液量の減少」です。唾液には殺菌作用や洗浄作用があるため、口腔を清潔に維持する働きがあります。しかし、唾液が減ると口腔内細菌が増えるので、舌苔が出来ることになるのですね。

唾液が減る要因には、加齢、ストレス、薬の副作用、糖尿病などがありますが、これらは直接舌苔ができる原因ではなく唾液が減るから舌苔ができるのです。

唾液量の減少の他にも、免疫力の低下や抗生剤の使用で舌苔ができることがあります。

この記事を読まれている人であれば、これらが舌苔ができる原因(要因)だということはご存知だと思います。しかし、それとは全く違う「パン」に舌苔ができる原因があると知ったら驚きでしょう。

パンを食べると舌苔ができる

舌苔ができるのは舌に汚れがたまるからです。ですから、ごはんやパンなどの炭水化物は舌に食べかすが溜まりやすいので良くない。舌苔を予防するためには、繊維質の多い野菜をよく食べる必要があると思っていました。

しかし、パンが舌苔に良くないのは、それだけではなかったのです。

パンを止めたら舌苔がなくなった

実は、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のお客様で、美息美人を使いながらも舌苔が中々改善しない方がいました。その方が、小麦粉が体に合わない体質(グルテン)の人があるのを知って、もしかしたら自分もと思い、パンを食べるのを止めたそうです。

すると、それまで治らなかった舌苔が一辺に取れてしまったそうなのです。お客様からいただいたメールをご紹介します。

上林さんこんにちは。
いつも美息美人を使用しています、使用して2年以上になりますが改善はしても、なかなか完全には良くならない状態が続いていましたが最近急激に舌の状態が良くなってきたので他の人の参考になればと思いメールしました。

自分が実践した方法は、精製した小麦粉を出来るだけ摂らないということです。
小麦はアレルギーの原因物質としても知られていますが、小腸の粘膜にも悪影響をあたえるらしいです。
そこから、胃腸の状態が悪化して口臭につながったり、また小麦粉を使用した油で揚げた菓子は油の摂り過ぎでアレルギーの原因になったりしているそうです。

それと、小麦粉から作られる菓子やパン類は粒子が細かく、舌の表面に残りやすく、歯と歯茎の間に残って口臭の原因にもなります。
また硬いフランスパンやクッキーなどのお菓子は、飲み込む時に舌の奥の方にキズを作ってしまい、舌磨きと同じような効果で舌の粘膜が荒れ、はがれやすくなり結果、口臭が悪化してしまいます。

最近、これに気づいて美息美人の使用も継続した結果、一気に舌の状態が改善しました。
今では寝起きでも舌が白いことは全くないです。
是非、舌が白くて困っている人に上林さんから教えてあげてほしいです。

個人差があるので、誰にでも当てはまるものではないと思いますが、、、

パンを食べるのを止めただけで舌苔が治るなんて、当初私も信じられませんでしでした。それで、色々調べたことをお伝えしますので、ご参考にしてくだされば幸いです。

小麦粉が体に合わない体質

精製した小麦粉が体に合わないアレルギー体質を「グルテン過敏症(不耐症)」といいます。グルテンという言葉は、テニスのジョコビッチによって有名になったみたいですね。

セルビア出身の男子テニスプレーヤー、ノバク・ジョコビッチ選手。彼は世界ランク3位で伸び悩んでいたとき、ある簡単な検査でグルテンに過敏な体質を持っていることを知った。

そこで彼は14日間、グルテンを含む小麦食品を一切断った。すると体調がよくなり、パフォーマンスもアップした。2週間後、再びグルテンを含むベーグルを1個食べてみたところ、その翌朝は体のキレが悪く体力が続かなかったという。
「腸管に炎症が起きていたんですね。『リーキーガット』になっていたんです」

普通、小腸の粘膜を覆っている細胞は、1つ1つが規則正しく結びついて並んでいるのだが、グルテンアレルギーがあると、この細胞の結びつきが崩れて緩み、腸管に穴が開く。すると中から毒素が漏れ出し、それが脳へと到達して「キヌレニン」という神経毒性物質を生み出すという。これが『リーキーガット』。

「『キヌレニン』が脳のニューロン(神経細胞)に作用すると、神経伝達物質が出にくくなります。つまり、『キヌレニンがジョコビッチ選手の脳を犯していた』ということです」

ジョコビッチ選手は本格的に小麦食品を除去し、良質なタンパク質や脂質を十分に摂る食生活に変えた。そして世界ランキング3位から1位へと上り詰め、快進撃が続いている。

引用:「いつものパンがあなたを殺す」の翻訳をされている順天堂大学大学院教授・白澤卓二先生の記事より抜粋

パンを食べると舌苔ができるのは

グルテン過敏症(小麦粉アレルギー)の人がパンを食べると、舌苔ができるようです。このことについて、当サイトの監修医であるファストロ滋子医師(腸カビの専門医師)が次のように説明しています。

カビが二形性菌であることと関係しています。条件次第で酵母にも菌糸にも変身するのです。酵母はビール酵母やパン酵母のように、糖などをアルコールと炭酸ガスに分解しながら成長する菌。一方、細長い糸状の菌糸は腸管壁を突き抜け、穴を開けてしまいます。ちなみに菌糸は口腔内でも、口腔粘膜に穴を開けます。

引用:デイリー新潮

カビの菌糸は口腔内に穴を開けるので、舌粘膜を傷付け舌苔の原因になるのですね。

カンジダが舌苔を作る

口腔には、未同定の細菌を含め約700種、腸内フローラに匹敵するほど多種類の常在細菌が生息している。…その細菌密度は糞便のそれよりはるかに高い。

引用:日本大学歯学部 細菌学教室

常在菌の中には、嫌気性細菌やカンジダ(カビ)もあり、共存共栄して調和していて口内フローラとも言われています。カンジダ(カビ)が常在菌だと聞くと驚くかもしれませんが、カンジダは普段はおとなしく悪さをしないカビの一種です。

しかし、何かの理由からカンジダ(カビ)が異常繁殖すると、舌や粘膜に白苔を作ります。舌苔は、カンジダの他にも多くの種類の細菌が集まり構成されているプラークです。だから、厄介です。

カンジダ症

口の常在菌の一つにカンジダ菌という真菌(カビ)があり、この菌は口の中で異常に増えることがあり、口腔カンジダ症を発症することがあります。症状としては口の中にぬぐい取れる白斑を認め、軽度の場合は無症状で経過します。悪化すると、潰瘍や赤みがでてきて粘膜や舌の痛み、味覚異常、口角炎などを引き起こします。

引用:国立病院機構 熊本医療センター

カンジダ症の原因としては、

  1. 体の抵抗力が落ちたとき
  2. 抗菌薬、ステロイド薬などの長期投与で口内フローラのバランスが崩れたとき
  3. 義歯の汚れ

このような時に、カンジダ(カビ)が異常に増殖して起きます。

小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)

小麦粉アレルギーの人がパンばかり食べると、腸壁に穴が開くそうです。

小麦の主成分はブドウ糖ですが、グリアジンとグルテニンという2つのたんぱく質も含みます。グリアジンとグルテニンは水を含むと、ネバネバとしたグルテンとなります。この「グルテン」が、腸の粘膜を傷つけ、リーキーガット症候群と呼ばれる症状を生みだすといわれています。
リーキーガット症候群とは、腸管壁における過度の浸透状態のことをいいます。腸壁の粘膜に細かな損傷があるため、腸内にあるべき物質が分子レベルで漏れだしてしまう状態のことです。
こうなると、腸は十分に働けず、消化と吸収の作業が妨げられてしまいます。

引用:東洋経済 一般社団法人グルテンフリーライフ協会 代表理事

グルテン過敏症が引き起こす病気

おなかのカンジダ(カビ)が増えると、体調不良を起こします。体調不良は免疫低下を起こし、舌苔の原因になるのですね。

疲れやすい体質や、嘔吐、下痢や便秘を引き起こすような有害物質が体の中で作りだされます。すると、免疫力も低下し、感染症を起こしやすい体質に。さらに、低血糖も引き起こすので、カビの原因である甘いものをよけいに求めるようになるんです

引用:女性自身 「葉子クリニック」院長の内山葉子先生

カンジダ(カビ)の増殖は、不眠や自立神経の乱れも起こすため、舌苔の原因になるのですね。

1. 腸の炎症を引き起こす
2. さまざまな有害物質を発生させる
3. 低血糖を引き起こす
4. 免疫トラブルを起こす
5. 不眠や自律神経の乱れなど、体の悪循環を引き起こす

引用:『おなかのカビが病気の原因だった』(内山葉子/マキノ出版)

腸内フローラのバランスが崩れると多くの病気を引き起こします。

リーキーガットの陰には、ディスバイオーシス(腸内毒素症)が存在します。腸内環境が悪化し、腸内フローラのバランスが崩れた状態のことです。

腹部膨満感、げっぷ/ドライアイ/身体のほてり、傷口が治らない/ぜんそく、アトピー、花粉症/口臭、虫歯、歯周病、舌苔/頭痛、脳のくもり、倦怠感/肛門や膣の刺激、発赤/短期記憶喪失、集中困難/リウマチ、関節痛、筋肉の痛み、しびれ/耳鳴り、めまい/キレやすい/不安感……。

引用:デイリー新潮 オーラル ウェルネス クリニック ファストロ滋子医師

大腸内にカンジダ(カビ)がある人の割合

大腸内にカンジダ(カビ)があるのは、健康な人で50人に2人、糖尿病患者では50人に14人。この数字は多いのか少ないと思うかはあなたの感覚次第ですね。

臨床現場では、大腸内にカンジダが存在する場合があることはわかってきましたが、ほとんど議論されていません。しかし、順天堂大学とヤクルトの共同研究で、健康な人で50人に2人、糖尿病患者は50人に14人、血液中に腸内細菌が見つかりました。原因は私が“腸もれ”と呼ぶリーキーガット症候群です。

引用:デイリー新潮 東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎氏

腸カビは、メタボリックの人に多いそうですので、太り気味の方はご注意ください。

腸カビ診断

「自分の腸内にはカンジダ(カビ)がないだろうか?」と不安ではないですか。

その場合、こちらで腸内にカンジダ(カビ)があるかどうか診断できます。クリックすると診断とタイプ別対処法も分かります。

→ 腸カビ診断

これは、あくまでも目安です。正確な診断は有料になります。お問い合わせの際は、「上林(うえばやし)の紹介」とお伝えください。

小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)の対策

腸内のカンジダ(カビ)を減らす食事

「カビを増やさない・減らす食事6ポイント」だ。

【1】甘いものを控える!
【2】炭水化物を減らす! 特に小麦製品(雑穀、いも、そばは比較的安心)
【3】GMO(遺伝子組み換え)食品や添加物を避ける
【4】質のよいタンパク質や、新鮮な無農薬の野菜をとる
【5】毎日同じものは食べないようにする
【6】カビが発生しやすい食品を避ける

カビが発生しやすい食品は、「バナナやパイナップルなどの輸入物の果物や、甘味の強い果物」「とうもろこし」「小麦・大麦」「乳製品」「砂糖」「ナッツ類」「コーヒー」「ビール・日本酒・ワインなどアルコールや甘酒・麹類」だ。

引用:女性自身 「葉子クリニック」院長の内山葉子先生

これは、大腸にカンジダ(カビ)を増やさないための食事ですので、そのまま口腔カンジダに当てはまらないですが、私の経験上では、パン、ビール、日本酒は舌苔がよくできます。

アルコールは、種類よりも飲みすぎが一番悪いのですが。他にも、甘いケーキやアイスクリームも舌苔がよくできますね。(個人差があります。)

内山先生は他にもさまざまな原因を挙げている。まず、甘いものや炭水化物の多量摂取だ。これらはカビのエサになってしまうので、増殖の一因となる。また、パンやチーズ、麹漬けの食品、一部のアルコール類も取りすぎはNG。これらに共通しているのは「発酵食品」ということ。

本来は体に良いものだが、多量摂取は腸内のカビに悪影響を与えてしまうことがある。同様にキノコ類も取りすぎは控えよう。また、サプリメントの過剰摂取もNG。吸収しきれなかった成分がカビのエサになりかねないのだそうだ。

引用:ダ・ヴィンチニュース

腸と舌は似ているので、舌苔ができる食事と酷似しています。だからといって、口腔フローラは人によって違うため、そのまま当てはまらないと思ったほうがいいです。

それよりも、色々試して自分が食べると舌苔ができるモノを知っておくことが大事です。

舌苔を改善する方法

今回の記事は、舌苔の原因の一つとして小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)があると言いました。小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)の場合には、グルテンフリーの食事療法などが必要になります。

しかし、舌苔は厄介です。それだけで治ることはないでしょう。その理由は、舌苔には唾液量の減少が大きく影響するからです。舌苔を改善するためには、唾液量を増やす対策も必要です。

→ 歯磨きしても口がネバネバする原因10!唾液の粘つき対策はこうする!

そして、もう一つ大切なことがあります。それは、舌苔ができるのは口内環境が悪いからです。口内に汚れがたまり口内細菌が増えることから舌苔ができます。

だから、舌苔ケアが大事です。舌苔のケア方法は次のようにしないといけません。

1、 健康な舌の色で舌苔が薄い場合には、舌磨きはしない方がいいです。
2、 厚い舌苔が付いている場合には、軽く舌を磨くと口臭予防になります。ただし、強く磨きすぎると舌粘膜を傷つけてしまい、口腔乾燥や口臭の原因になるのでご注意ください。
3、 舌の磨き方は、舌ブラシを使って舌の奥から優しく2回程度なぜるように磨く。(歯ブラシは毛先が硬いのでよくない)
4、 舌磨きの頻度は、舌苔が付いている時だけにする。一日、朝と夜の歯磨きの時だけで十分です。
引用:舌苔のケア方法。完全に除去する必要はないってホント!? 

舌苔をできないようにするには、口内をきれいにしないといけません。その方法がこれです。

→ 口臭が治らない本当の理由!歯磨きしても、うがいをしても…


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

カンジダで舌がヒリヒリする

口の中が、白い、赤い、ヒリヒリする、苦い!口腔カンジダの症状かも?

口腔カンジダについて

口腔カンジダ症になると、舌が白くなる、ヒリヒリする、口角炎ができる、誤嚥性肺炎の原因になるなど多くのトラブルを引き起こします。

「カンジダ」というカビ(真菌)の名称はご存知かもしれませんが、カンジダは体の常在菌の一つで、カンジダ菌が増えるとかゆい、痛むなどの症状を起こします。

そのカンジダが口内にも存在し、いろんな原因によって口の中で異常に増え、口腔カンジダ症を発症することがあります。口腔カンジダ症になったときに適切に対処するように、今回の記事は、「口腔カンジダ症」について詳しくお伝えします。是非ご参考にしてください。

口腔カンジダの症状

口腔カンジダの症状は、口の中の粘膜(舌や歯茎など)が白い、赤い、ひりひり・ピリピリと痛い、口が苦い、というのが一般的です。症状が悪化する前に早目に治療することが大切です。

症状としては口の中にぬぐい取れる白斑を認め、軽度の場合は無症状で経過します。悪化すると、潰瘍や赤みがでてきて粘膜や舌の痛み、味覚異常、口角炎などを引き起こします。
引用:国立病院機構 熊本医療センター

舌がヒリヒリする

舌がヒリヒリする

舌がヒリヒリしたからといって、口腔カンジダ症とは限りませんのでご注意ください。舌がヒリヒリする原因は数多くあります。

舌がヒリヒリする時は、舌の口内炎や外傷性が原因になっていることが多いのですが、原因不明で神経痛による「舌痛症」のケースもあります。他にも次のようなことが舌のヒリヒリを起こす原因になるのでご参考にしてください。

→ 舌が痛い!ヒリヒリする。…何科に行けば良い?お薬は何が良い?

【舌がヒリヒリする原因】

  1. 舌を噛んで傷付けた(その後に口内炎になる)
  2. 義歯やクラウンの縁で舌に傷や口内炎ができる
  3. ドライマウス症によって舌がパサパサに乾く
  4. 口腔カンジダ
  5. 地図状舌や溝状舌(舌苔が悪化する)
  6. 鉄・亜鉛・ビタミンの欠乏症
  7. 舌がん(口腔がん)
  8. 自己免疫疾患
  9. アレルギー
  10. ウイルス、細菌
  11. 神経痛(舌痛症)
  12. ストレス、うつ

意外にも、舌がヒリヒリする原因に「舌磨き」があります。舌をブラシで磨くと舌粘膜が傷つくからです。

舌磨きが良くない理由は、『舌磨きは歯磨きでやってはダメ。コットンにあるものをつけて磨く方法とは?』をご参考にしてください。

舌が白くなる

健康な人の舌

厚い舌苔ができる原因は、、、
1. 唾液の分泌量の減少(加齢、ストレスなど)
2. 薬の副作用(降圧剤、安定剤、睡眠誘導剤など)
3. 胃腸の疾患や不調(便秘、下痢)
4. 喫煙(ヘビースモーカー)、飲酒

引用:舌が白くなる原因が何なのか知っていますか? 

この写真のように、健康な人でも多少は白く膜が張っているように見えます。舌が少し白いのは、舌乳頭は細く先がとがっていて、食事によって簡単に傷つきやすく角化をするからです。

ところが、人によっては、角化ではなく、舌に苔ができたように真っ白くなっていることがあります。いわゆる舌苔(ぜったい)というものです。

舌苔ができる場合は、舌の中央部から奥に多くできているのではないでしょうか?詳しくは『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く5つの方法とは?』をご参考にしてください。

舌苔の図

この苔を舌苔(ぜったい)といいます。
舌が白くなっている人の多くが、舌苔(ぜったい)を取ろうと舌磨きをします。ところが、数時間すると、すぐに元の白い舌に戻ってしまいます。

どうしてだと思いますか?

じつは、舌の苔の正体は、「カンジダ菌」というカビの一種の菌です。

舌苔ができる原因(口臭)

こういうと、ビックリするかもしれませんが、カンジダ菌は誰の口の中にも存在する「常在菌」ですのでご安心ください。ふつう健康な人でも、カンジダ菌は、皮膚、腸管、女性の生殖器周辺にあります。

カンジダ菌は病原性が弱く、健康な状態では舌に苔を作ることはありません。しかし、そのような弱い菌がどうして頑固な苔を作れるのでしょう?

口腔カンジダと舌苔の違い

口腔カンジダ症か舌苔か

口腔カンジダ症は、口腔感染症の一種で主にカンジダ・アルビカンスという真菌(かび菌)によっておこります。口腔カンジダには、急性と慢性があり、舌など口腔粘膜に痛みを生じたり味覚障害になることも。

口腔カンジダ症になると、舌に強い痛みを感じるほかに、舌苔(ぜったい)ができることがあります。口腔カンジダ症でできた白い舌苔はガーゼでふき取ることができますが、拭き取ると、赤くなったり、びらんができたりするので良くありません。

また、舌苔ができていないのに、舌が赤くなりヒリヒリする場合も口腔カンジダ症のことがあります。このように口腔カンジダ症が疑われる場合は、口腔外科もしくは歯科を受診されることをおすすめします。

しかし、通常の「舌苔」の場合は、舌が白くなっても、痛みを生じることはほとんどありません。まれに、痛みを感じるケースもありますが、その場合の原因は口腔乾燥によるものや、舌苔による不快ストレスが「舌痛症」の原因になっていることがあります。

舌苔と口腔カンジダの大きな違いは、舌苔は舌の奥に苔ができやすい。ところが、カンジダは、舌全体が白くなったり斑紋状に白くなります。他にも舌がただれるなど「びらん」が出来るのも特徴です。

カンジダを放置するのは良くありませんので、気になったら口腔外科や歯科を受診されることをおすすめします。

偽膜性(ぎまくせい)カンジダ症

舌粘膜に白い苔ができるのが、偽膜性カンジダ症です。一般的に多いカンジダ症で、病気や疲労から免疫力が低下したときに突然、舌に苔ができるのが特徴的です。また、偽膜性カンジダ症の場合には、ほとんど痛みもありません。

舌の苔は、ガーゼでも容易にふき取ることが可能ですが、ふき取った後に発赤やびらんができることがあるので、ご自分で舌苔を除去するのはおすすめではありません。

萎縮性(いしゅくせい)カンジダ症

萎縮性カンジダ症の場合は、偽膜性カンジダ症のように舌苔ができ白くなることはありません。萎縮性カンジダ症になると、舌のブツブツ(舌乳頭)が小さくなり舌粘膜がツルツルになります。

舌がヒリヒリとしたり強い痛みを感じるのが特徴です。また、味覚障害をおこすこともあります。

口腔カンジダ症を予防するために

喉口から口臭がする

舌の苔を作っているのが、カンジダ菌です。

でもカンジダ菌は誰もが持っている常在菌の一つ。それなのに、悪さをすることがあるのです。

何か納得できませんよね。それは…

カンジダ菌が悪さをするのは、カンジダ菌が異常繁殖したときです。

健康な人の口には、善玉菌や悪玉菌など多くの菌があります。健康な状態では、それらの菌はバランスをとって生きています。菌バランスの取れた状態が口の健康にも良い。体の常在菌もそうですよね。

ところが、この菌のバランスがくずれると、病気を引き起こします。

たとえば、虫歯も歯周病もそうです。虫歯菌が増えすぎると虫歯になります。たとえ虫歯菌があっても、少数だったら何の害もありません。

同じように、カンジダ菌も増えすぎると悪さをします。それが、「口腔カンジダ症」。

口腔カンジダ症の主な症状としては、

  • 口内にクリーム状の斑点ができる。
  • 唇の端にひび割れができる。(口唇炎)
  • 舌が赤くなり痛みがある。舌が平滑になる。

口腔カンジダ症には、舌に苔ができ真っ白くなる偽膜性カンジダ症粘膜が赤くなりヒリヒリする萎縮性カンジダ症があります。

舌が白くなっていなくても、舌がヒリヒリする場合にはカンジダ症が疑われます。舌がピンクだからといって安心できません。また、口内炎だと思っていても、舌の痛みが2週間以上も続く場合は、舌がんの場合があるのでご注意ください。詳しくは、『舌にガンができた?それとも口内炎?見分ける方法と注意点とは?』をご参考にしてください。

それでは、どんなときにカンジダ菌が異常繁殖するのでしょう?

口腔カンジダの原因

口腔カンジダ症になる要因

唾液が減ったから

  • 抵抗力が弱ったとき(高齢、病気、妊娠、疲労、ストレスなどで抵抗力が落ちたとき)
  • ステロイド剤、真菌剤、抗生物質を長期間服用
  • 癌治療
  • 糖尿病
  • HIV感染症
  • ドライマウス(唾液の減少や口呼吸による口腔の乾燥)
  • 義歯の不衛生
  • 口内炎
  • 口腔内の不衛生(歯磨き不足)

引用:日本歯科医師会・東京歯科医師会障害研修セミナー 意外に多い口腔カンジダ症

体調が悪い女性

カンジダ症になる原因で多いのは抵抗力が落ちたときです。体力が落ちると抵抗力も落ちるので、カンジダ菌が異常繁殖しやすくなります。

舌にびっしりと厚い苔ができている場合には、軽く考えないで歯科や内科を受診されることをお勧めします。詳しくは『舌にびっしりこびりついた舌苔を取る方法を教えます。』をご参考にしてください。

カンジダ菌は口腔常在菌で、菌バランスがとれている状態では害がありません。ところが、菌バランスが崩れると過剰に増え悪玉菌に変わりカンジダ症を発症します。

カンジダ菌は口腔内の常在菌の一種で、普段はある程度以上は菌数が増えないように他の菌と共存しています。しかし、副腎皮質ステロイド薬の投与や糖尿病、全身衰弱などにみられる免疫力の低下している状態、唾液量の減少、長期間にわたる抗菌薬の服用などにより、常在菌間のバランスが崩れ、カンジダ菌が異常に増殖し、病原性を発揮することにより発症します。

引用:口腔外科相談室 口腔カンジダ症

カンジダは常在菌

舌を診察する医師

「口腔カンジダにうつらないだろうか?」そのように心配していませんか。

カンジダ菌はカビ(真菌)の一種で、誰もが持っている常在菌の一つです。ですから、健康な人の口の中にも20%程度存在しています。

ところが、病気などで免疫力が低下すると、口内フローラのバランスが崩れカンジダが異常に増加するようになります。(口腔カンジダ症)

ステロイド治療中の患者さんでは、口腔細菌中のカンジダの割合は約80%、膠原病患者では約50%にも増えるようです。

元々、カンジダを持っていない人は少ないかもしれませんが、もしカンジダを持っていなければ、カンジダが増えている人とキスなどするとうつるかもしれません。

発症しやすい人

ストレスと体調不良が舌苔の原因なのね

常在菌としてカンジダが存在している場合は、うつる心配はありません。しかし、カンジダを持っていない場合にはうつります。その場合でも、特にうつりやすいのは、体力や免疫が低下しているときです。他に、免疫力が低い幼児などもうつりやすいといえます。

口呼吸しているOL

成人のほとんどがカンジダを保有しています。しかし、カンジダ症にならないのは、口腔細菌フローラのバランスが保たれているからです。カンジダ症は、口腔細菌のバランスが崩れたときに起きます。

口腔細菌のバランスが崩れカンジダ症になるのは、次のような人が多いです。

免疫力の低下。病気やステロイド剤治療を受けていることで免疫が低下すると、カンジダが増えて悪玉菌に変わります。このことを日和見感染(ひよりみまんせん)といいます。日和見感染すると、普段は問題がない菌でも異常に増えることで口腔カンジダのようなトラブルが起きます。

ドライマウス。唾液には抗菌作用があり、また、舌など口腔粘膜を保護する働きがあります。ところが、唾液が少ないとか口呼吸の人の場合には、菌などから粘膜を守ることができなくなり、カンジダ症を引き起こしやくなります。

消毒薬の使いすぎ。消毒薬の含まれるうがい薬を長期間使っていると、常在菌まで殺菌することになります。そのことで口腔細菌バランスが崩れカンジダ症を引き起こすことがあります。うがい薬には、ヨードやアルコール、抗生物質が含まれるものがあるので、正しい使用方法についてはお医者さんにご相談されると良いでしょう。

引用:口腔外科相談室 口腔カンジダ症

口腔カンジダ症の治療

口腔カンジダ症の治療薬

病院で口腔カンジダ症と診断されると、抗真菌薬を含むうがい薬や塗り薬が処方されます。ケースによっては、内服薬を飲むこともあります。

一般的に口腔カンジダ症の治療方法は、口腔内の清掃から始まります。その次は、抗生物質である抗真菌薬を含むうがい薬や塗り薬で治療します。

しかし、抗真菌薬がカンジダ症の原因になっていたり、抗真菌薬の服用によって悪化する場合は、服用を中止することがあります。

口腔内の清掃、抗真菌薬を含むうがい薬や塗り薬を使用しますが、時に抗真菌薬の内服を必要とすることもあります。

引用:口腔外科相談室 口腔カンジダ症

口腔ケアが大切

菌は汚い環境が好きですから、義歯をはめたまま睡眠をとるのはよくありません。義歯は外して清掃剤に一晩付けるのが良いです。

たとえ忙しくても、朝の歯磨きをサッサと済ましてしまうとか、就寝前に歯磨きをしないのは、一番よくありません。菌にエサを与えるようなものです。

口腔カンジダ症を予防するためには、義歯や口腔内を清潔にして菌が増えないようにすることが大切です。具体的な予防の方法は…

口臭が治らない女性

口腔カンジダ症の予防方法

  1. 時間をかけて丁寧に歯磨きを行なう。
  2. 喉と口のうがいを小まめに行い、口腔内の清潔を維持する。
  3. 口腔内を乾燥させないように、小まめに水を口に含む。
  4. 唾液を出すように工夫する。
  5. ストレスをためない。リラックス状態を作る。
  6. 一番大切なことは、健康を維持して日頃から免疫力をつけておくことです。

これらを行なうことで、かなりの予防になると思います。でも、さらに予防効果を上げるためには、アルカリイオンの美息美人(びいきびじん)で歯磨きとうがいを行なうことをお勧めします。

まとめ

口腔カンジダは、常在菌のカビ(真菌)が原因で起こる症状です。しかし、発症すると、舌苔ができたり、舌が痛くなる、味覚障害を起こすなど多くのトラブルの原因になります。

口腔カンジダの原因としては、口腔ケアが不十分、抗菌薬の長期投与、糖尿病、口腔乾燥、免疫機能の低下などがあります。ですので、口腔カンジダを発症したら病院にかかることはもちろん大事ですが、予防のためにも普段からの口腔ケアの徹底が大切です。

舌の白いのが気になる女性

ベロが白いのは病気!?舌について調べてわかったこととは?

ベロ(舌)が白いのは

「ベロ(舌)が白い!」と悩んでいるのでは?

舌が白いといっても、体調が悪くなり舌が白くなっている場合もあれば、病気で白くなっていることもあります。また、癌化する恐れのある白板症で舌が白い場合もあるので、自己判断しないで病院で診断を受けられることをおすすめします。

舌が白くなる原因で多いのは、舌苔(ぜったい)ができることですが、舌苔の原因も症状も様々です。舌苔が厚くびっしりと付いている場合には、ドライマウスを改善することも必要になります。

今回の記事は、ベロ(舌)が白い時に考えられる病気などについてお伝えします。是非ご参考にしてください。

※2018年9月27日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年7月9日に再度公開しました。

舌が白くなる病気

舌を診察する医師

舌が白くなると「癌や病気かもしれない?」と不安になるかもしれませんね。舌癌になることはほとんどありませんが、「白板症(はくばんしょう)」の場合は、癌化する可能性もあるので、軽んじてはいけません。

舌が白くなる原因は、いくつかありますのでご参考にしてください。

風邪をひいたり暴飲暴食や睡眠不足によって、健康な人でも舌は白くなります。その場合は、休養して体調がもどれば舌はピンク色になるので心配ありません。
ところが、
常に舌が白い(厚い舌苔)ときには、舌ブラシで舌を磨いてもピンクになることはないでしょう。それは、舌が白くなる原因が違うからです。
引用:舌が白くなる原因が何なのか知っていますか? 

白板症(はくばんしょう)

白板症
引用:東京医科大学 口腔外科学分野

白板症は、頬粘膜、舌、歯肉に見られる病変をいいます。白板症から癌になるのは10%です。そして、舌癌になる部位で多いのは、舌の縁と裏側ですので、固く白い病変が見つかったら早目に検査を受けるようにしてください。

(舌などの口腔粘膜は)将来がんになりやすい組織ということもでき「白板症」と「紅板症」がこれにあてはまります。このうち白板症の癌化率はわが国では約10%とされています。
引用:九州大学病院 がんセンター

口腔癌(舌癌)について詳しくは⇒ 舌がん?それとも口内炎?見分ける方法と注意点とは?

患者数が多いのは白板症ですが、癌になりやすいのは紅板症のほうです。

多いのは白板症ですが,がんになりやすいのは紅板症です。紅板症の半数以上はすでにがんです。
引用:日本歯科大学 松戸歯学部附属病院

カンジダ症

口腔カンジダ症か舌苔か

カンジダ症の症状は、舌が真っ白になり、白い苔が頬にも出来るのが特徴的ですが、舌に黒いカビがはえることもあります。

カンジダ菌(真菌)は常在菌のため、普段は害はありませんが、身体の抵抗力が低下したり、抗生剤を長期間に渡り続けることで、異常増殖し害を起こすことになります。

若い人がカンジダ症になることは少なく、老人に多いのも特徴です。

こちらの記事「舌がヒリヒリするのは口腔カンジタ症かもしれない。舌が白いかチェックしてください」もご参考にしてください。

舌癌

舌がんの見分け方

舌の病気といえば、舌癌をイメージするかもしれません。それほど、舌癌を発症する人が多くなっています。

口腔にできる癌の90%が舌癌です。男女比は、約2:1と男性に多いです。これは喫煙と関係あるともいわれていますが、最近では女性に喫煙者も多いので男女の比率は変化してくるかもしれません。

舌癌の特徴

舌がんの原因はまだ明らかではありませんが、飲酒・喫煙などの化学的な慢性刺激や、歯並びの悪い歯が常に当たる機械的な慢性刺激などが誘因と考えられています。
早い時期から頸部リンパ節に転移して急速に進行する極めてたちの悪いタイプがあるのもひとつの特徴です。
出典:伊勢赤十字病院

口内炎を舌癌と間違える人が多いのですが、舌癌は舌の裏側の縁にできることが多いのが特徴です。また、口内炎は数日で自然と治るものですが、2週間以上も治らない場合には舌癌が疑われることもあるので、そのような場合は早めにお医者さんで診てもらうことが大切です。舌癌について詳しくは、『舌にガンができた?それとも口内炎?見分ける方法と注意点とは?』をご参考にしてください。

舌痛症

舌が痛くない舌苔の取り方を教えてほしい

舌痛症(ぜっつうしょう)で舌が白くなるわけではありませんが、舌痛症の多くはドライマウスが関係しています。(神経性の舌痛症もあります。)

舌が乾燥することで痛みを伴うことがありますそのため、舌がピリピリと痛む時には舌痛症が疑われます。舌痛症は、更年期の女性に多く、舌に不安を持ち緊張した時に痛みを覚えることがあります。

他にも、入れ歯や矯正装置の金具などが舌によく当たることで、舌に炎症が起きることもあります。

こちらの記事「舌がヒリヒリするのは口腔カンジタ症かもしれない。舌が白いかチェックしてください」もご参考にしてください。

アフタ性口内炎

口内炎の形は楕円形で、その色は白いというよりも黄白色に近い色です。

舌の先端の口内炎2

症状は、通常、痛みまたは灼熱感で始まり、1日か2日のうちに潰瘍が形成されますが、水疱はできません。痛みはその小さなアフタからは想像できない程強く、4日から7日間続きます。潰瘍は、唇やほおの内側の軟らかでゆるい組織や、舌、口底、軟口蓋、咽喉に発生します。その潰瘍は浅く、赤く縁取られた円形または楕円形のアフタで、黄灰色をしています。ほとんどの潰瘍は小さく(直径が約1センチメートル以下)、2~3個の集まりで発生し、普通は10日以内に自然に消えて、傷あとは残りません。大きなアフタ性潰瘍ができることはまれです。しかし、形がいびつな大きな潰瘍ができると治るまでに数週間かかり、傷あとが残ります。重症になると発熱、頸部リンパ節の腫れ、疲労感が現れます。
出典:メルクマニュアル医学百科

義歯性口内炎

義歯で舌が痛くなる

義歯を入れていると、口内炎ができやすいかもしれません。特にクラスプなどが付いている部分症義歯の場合には、舌側に違和感を感るため、無意識に舌がクラスプの先端に触れてしまいます。

その繰り返しによって、舌に発赤、炎症、潰瘍ができ、痛みを感じることがあります。この場合は、義歯を外して様子をみることをおすすめします。義歯を外すことで、普通は自然に治りますが、治らない場合は、お医者さんに診てもらってください。

また、義歯の裏には汚れがたまりやすいし、レジン症義歯の場合には義歯部分にもばい菌が増殖します。そのため、口内炎になりやすいです。

予防のためにも、就寝時は義歯を外し専用の洗浄剤につけておくことをおすすめします。

ドライマウス症

舌が白いから口臭がする

病的な舌とはどういう状態かというと、舌苔(ぜったい)が厚く着いた状態を指します。

舌の奥から前方にかけて真っ白。この白いものの正体は何だかご存じですか?

角化して白く見える糸状乳頭は、じゅうたんのような構造をしていて、もともと口の中の汚れを取り込みやすいものです。しかし、普通は抗菌物質である唾液が出ているために、糸状乳頭の状態は安定していて、これほど真白くなるようなことは起こりません。

ところが、唾液の量が減るとか、口呼吸などにより口腔内が乾燥すると、食べかすなどの汚れが舌に付着しやすくなり、菌が繁殖しやすくなってしまいます。厚い舌苔がびっしりと出来る場合の原因は、ドライマウスが多いですが、他にも次のようなことが原因になります。

厚い舌苔ができる原因

  1. 過度の唾液不足
  2. 口呼吸、いびき
  3. 口腔カンジダ症
  4. 溝状舌(こうじょうぜつ)
  5. 免疫異常
  6. 糖尿病など内科疾患
  7. 舌の磨きすぎ
  8. 喫煙
  9. シェーグレン症候群。シェーグレン症候群について詳しくは、『シェーグレン症候群って何?治療方法はあるの?』をご参考にしてください。

舌に着いた細菌が増殖すると、糸状乳頭は角化傾向を強め乳頭も厚くなります。その隙間には食べかすや細菌の死骸が溜まりやすく、肉眼で見ても真っ白い状態になります。これが舌苔(ぜったい)です。

この舌苔(ぜったい)が出来た状態になると、口腔内はいろんな細菌でいっぱいになります。そのため、虫歯や歯周病にもなりやすく、歯周病が何度も再発するリスクも高まります。

それどころか、舌苔(ぜったい)が出来ると口臭も強くなるので、なんらかの対策が必要といえます。詳しくは『舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?』をご参考にしてください。

溝状舌

舌の溝

出典:徳島大学がん診療連携センター

舌の表面に多数の溝ができている状態を溝状舌といいます。溝の数や深さは人によって様々ですが、溝ができると舌苔ができるために白くなります。

溝には、食べかすや細菌がよく溜まるので、溝がある場合にはより舌のケアが必要になります。

症状が悪化して病気になることはほとんどないので、溝状舌を過剰に心配する必要はありません。溝状舌について詳しくは、『溝状舌(こうじょうぜつ)には舌苔が付き物!?溝状舌を治す3つの方法とは?』をご参考にしてください。

地図状舌

地図状舌

地図状舌

出典:徳島大学がん診療連携センター

地図状舌は、自覚症状がなく舌がピリピリするくらいです。

原因も分かっていなく、風邪などで体調不良を起こしたことがきっかけでなることもあります。ストレスや不規則な生活習慣によって免疫力が低下することが原因になることもあるようです。

特に予防方法がなく、ほっておくことで治ることが多いようですが、診断を受けるほうが安心です。

舌が白いのは体調が悪いから

生理で舌が白くなった女性

舌が白くなると嫌ですよね。ところが、いつまでも舌苔が取れない場合には、「病気かもしれない」と不安になるかもしれません。

舌苔自体は病気ではありませんので、少しだけご安心ください。少しだけというのは、舌苔ができるのは体調が悪いからです。

体調は舌苔ができることに大きく影響します。体調不良になると免疫低下をおこし口腔環境が悪化します。胃腸など内臓に不調があるときは、特に舌苔ができやすくなります。

舌苔が出来る原因は人によって様々です。舌苔の原因について詳しくは、『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く5つの方法とは?』をご参考にしてください。

だから、体調が悪い時には、何をしても舌苔が取れないのですね。いつまでも舌苔が取れない時は、「体調が悪い」ことがあるので、身体を休養させることも大切です。

健康な舌

舌磨きしない方が良い

舌が白いために、毎日舌磨きを行っていませんか? もし、そうであれば、ちょっと待ってください。

もしかすると、あなたが毎日磨いている舌は、磨く必要がないかもしれません。磨く必要のない舌をゴシゴシと磨くと、舌に傷がつき余計に舌苔ができやすくなります。

詳しくは「舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・」をご参考にしてください。

そのようなことのないように、健康な舌と病的な舌の違いを知っていただこうと思います。

これが健康な舌です。

健康な人の舌

良くご覧になってください。きれいなピンク色でないことが分かると思います。舌自体はピンク色なのですが、舌の表面に白く膜が張っているような感じです。これが健康な舌です。

→ 舌をピンクにする!?健康なピンク色にする7つの方法

普段は、このような舌の状態でも、心身の健康状態によってすぐに舌は変化します。たとえば、寝不足になった翌朝には、次のように舌が白っぽくなります。

パサパサの舌

もしかしたら、あなたの舌もこんな感じでは?
でも、この状態であれば、舌の病気ではありません。身体が疲れているというサインです。休養して元気になればキレイな舌に戻るのでご安心ください。

舌苔が白い

舌の奥に舌苔ができてベロが白い

舌苔(ぜったい)は、舌の表面付いている白い汚れのことを言います。白い苔(コケ)のように見えるので「舌の苔」と書いて、舌苔(ぜったい)と読みます。

この舌苔は何からできているのか調べてみました。

【舌苔の成分】

  • 舌や口の中からはがれ落ちた細胞
  • 連鎖状球菌
  • ぶどう状球菌
  • 食べかす
  • 白血球

舌苔の成分は、どれもタンパク質を多く含むため、細菌のエサとなります。そのため、細菌が集まりプラーク(歯垢と同じ種類)を作ります。これが舌苔の正体です。

口が苦いし口臭がする

舌苔が厚くなると、苔が味覚器官の味蕾細菌を覆うため、味覚障害を起こす人や口が苦いというケースもあります。他にも舌苔が出来ていることで、舌がひりひりするなど舌痛症を訴える人や、口内の不快感からストレスを生じ、口腔乾燥になりやすいのが特徴です。

また、舌苔の中には細菌が多く、口臭原因になるだけではなく、食事の時にむせて細菌が肺に入ってしまうと誤嚥性肺炎を起こすことにもなります。

この他にも、舌苔の細菌には歯周病菌が含まれているので歯周病になりやすく、歯周病になると舌苔が出来やすくなるという相関性もあります。

舌苔が出来る原因

舌の白い(舌苔)が取れない

舌の表面には、細胞のはがれたものや唾液などがたまります。それらの汚れに細菌が繁殖して舌苔が形成されると口臭の原因になるので、舌苔は嫌なものですよね。

この舌苔は誰でもできるかもしれませんが、慢性的に舌が白くなっている場合は、次のことが原因になっているかもしれません。

  • 唾液の減少(加齢、薬の副作用、糖尿病などが原因)
  • 免疫低下(病気になる前の悪い状態、ストレス、胃腸の不調などが原因)

それだけではありません。舌苔が取れない原因になっているのには、意外にもこんなことがあるのです。

  • 舌磨きのし過ぎ
  • 市販の歯磨き粉(合成界面活性剤など刺激成分が含まれる)の使用

舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・

舌磨きは歯磨きでやってはダメ。コットンにあるものをつけて磨く方法とは?

舌の角質が白い

舌乳頭の角化

舌の細胞がこすれ古くなると角化します。舌に角質ができると白く見えます。

舌は食事や会話をしている時に、上下左右と動いています。食事が歯に詰まった時には、舌で取ることも出来ます。

しかし、この舌の運動によって、舌の粘膜は歯や食べ物に擦れます。これが舌の角化を起こします。この糸状乳頭は、健康な状態でも古くなると角化し白く見えます。(始めの写真の状態です。)そのため、舌苔(ぜったい)と間違えてしまうことが多いのです。

舌を細かく観察してみると、その表面は、細かいビロードのような乳頭で覆われています。その中で、糸状に見えるものは糸状乳頭と呼ばれ、これがあることは病気ではないし、また舌苔でもありません。糸状乳頭の表面=上皮は角質化しているために糸の様に見える事があります。
引用:Dr.HONDA 口臭バイブル 舌と舌苔について

舌の突起が白い

舌のブツブツ

病気ではなく正常な組織なのですが、発見して心配されるのが、「茸状乳頭(じじょうにゅうとう)」という乳頭です。

がんを心配された方のなかで,正常な部分を指摘して心配される方がよくいます。多い場所は「舌の乳頭」「舌の奥と両脇後方にある小突起」「おたふく風邪で腫れる耳下腺(唾液腺)の唾液の出口で,上顎大臼歯の向かいの頬粘膜にある小突起」,多くはありませんが「顎の骨の突起」などで,これらは健康な皆さんのどなたにでもあるものです。
引用:日本歯科大学 松戸歯学部附属病院

ストレスで舌が白い

舌を見られたらどうしよう

意外かもしれませんが、舌が白くなる原因に「ストレス」があります。ストレスは、ほとんどの病気の原因になり、人の健康にとっては最悪なモノなのでストレスがかからないようにすることが大切です。

一時期、「芸能人は歯が命」というコピーが流行りました。歯が白くきれいだとテレビ映りも良いために、タレントは競って歯を治します。それに昨今は、大型テレビの普及で細部まで良く見えるようになり、口の中まではっきり見えます。そのため、一部の芸能人は、舌をピンク色にするための工夫をしているという噂まで耳にしました。

テレビの影響は大きく、「歯は真っ白」で、「舌はピンク色」という風潮があります。

その証拠に、ドラッグストアの歯磨きコーナーだけではなく、歯科医院の待合室のポスターまでが、「ホワイトニング」。

そして、ドラッグストアには、舌ブラシなどの舌をケアするグッズが沢山陳列しています。あたかも、舌を磨いてきれいにするのは、歯磨きで歯をきれいにするのと同じ考え方です。

歯が白くなることは良いことです。でも、本来は、歯の色は真っ白ではありません。象牙質が薄茶色でエナメル質が半透明色なのに、ホワイトニングで歯が真っ白くなるのは問題かもしれません。

同じように、舌もピンク色や赤色ではなく、表面に薄らと白い膜が張っているのが正常な舌の状態です。

舌苔を取る方法…舌ブラシ

この事実を知らないと、ピンク色の舌にしようと過剰に舌磨きをすることになります。舌をゴシゴシと磨いた結果、舌乳頭が傷つき余計に舌が白くなってしまって困っている方が沢山おられます。

それもそうです。舌が白くなり舌苔(ぜったい)が多くなれば、口臭も強くなります。口臭がひどくなれば、周囲の人にも気を使わなければなりません。

単純に舌が白いだけでは済まされなくなります。このように「舌が白い」からおきるストレスが、最近多くなっています。詳しくは『ドライマウスも口臭も舌苔も無くなる方法とは?』をご参考にしてください。

舌苔が白い場合の対策

舌苔の取り方教えて

少し舌が白くなっている程度であればご心配ありません。この場合には、舌磨きをやめるだけで、糸状乳頭の角化を遅くすることができるからです。

ところが、舌苔(ぜったい)の場合は、これとは違い細菌が繁殖し糸状乳頭が痛んでしまっています。ですから、このまま放っておいても改善することは困難かもしれません。

そのために、行ってほしいことを今からお伝えします。

舌苔を改善するための4つのポイント

よく噛んで食事する女性

  1. 唾液量が減少している原因を改善する
    唾液量が減少する原因は、不安などのストレスや口呼吸のほか、薬の副作用もあります。それらの原因となるものを改善することが重要です。
  2. 良く噛み、良く喋り、良く水を飲む
    積極的に唾液の分泌を促す行動が重要です。
  3. 美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水で歯磨き・うがい
    口腔内に過剰に増えた細菌の死骸や汚れを取るためにアルカリイオン水が有効です。
  4. 正しい舌ケアに変える
    今まで行ってきた舌磨きを改めることが大事です。従来の磨き方では、糸状乳頭の角化を早めて悪化させてしまいます。
    舌のケアは、1日2回歯磨きの後にします。舌ブラシまたは柔らかい毛先の歯ブラシを横に倒して優しく2~3度だけ撫ぜます。これ以上磨いてはいけません。これがコツです。

以上が、舌苔(ぜったい)を改善するための重要なことです。ただし、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用することが基本です。

うがいでスッキリする女性

一般にある歯磨き粉には、合成界面活性剤や発泡剤など刺激の強いものが添加されています。唾液が少ない場合には、添加物がいつまでも付着するため、舌磨きによって糸状乳頭が痛んでいる場合には、余計に悪化するかもしれません。

そのようなことのないように、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお勧めします。

まとめ

「ベロ(舌)が白い」といっても、原因は様々です。病気のこともあれば、癌化する白板症や、口内炎の場合もあるので、自己判断しないで病院で診断してもらうことが大事です。

病気でなく、舌の角質が白く見えたり、舌にぽつぽつとある茸状乳頭が白かったり、舌苔で白くなっているケースもあります。舌苔のほとんどは、何もしなくても心配ないものですが、びっしりと厚い舌苔ができている場合は、ドライマウス対策や舌のケアを行うことも必要になります。

【参照リンク・参考文献】
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク8020
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用語
日本口腔ケア学会
東京医科大学 口腔外科学分野
九州大学病院 がんセンター
Dr.HONDA 口臭バイブル 舌と舌苔について
日本歯科大学 松戸歯学部附属病院
伊勢赤十字病院

舌苔ができて唾液も臭い人

舌が白くなると唾液も臭い

舌が臭い!唾液が臭い!
このように悩まれていませんか?

舌が白くなると口臭が気になるものです。ニオイを確かめるため、舌の白い部分を指で撫ぜて嗅ぐかもしれません。

その時に舌が臭いと「やっぱり臭かった」とショックを受けることになります。

口臭がしている場合には、舌も唾液も臭くなっています。舌が臭う時の治し方については、こちら「舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?」をご参考にしてください。

今回の記事は、この舌と唾液が臭う原因と臭わなくするための対処方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

舌には細菌が多い

舌苔のイメージ

舌苔(ぜったい)からの口臭は、口臭全体の6割以上もあるといわれています。

他にも口臭原因となるものが多いなか、どうして舌苔(ぜったい)が最大の口臭原因となると思いますか?

舌の表面は舌乳頭で出来ているために、広げるとかなり広い面積になります。乳頭も広げると畳10帖分もあるそうです。

ですから、舌は見た目よりもずっと表面積が大きい。その上、細菌は糸状乳頭などの間にも入り込むので、大量の細菌が舌に棲息できます。同じように食べかすなどの汚れもたまりやすい造りといえます。

これだけ細菌が多いのであれば口臭もするはずです。…ふつうなら。。。

舌苔については⇒⇒『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

健康な舌が臭わない理由

綺麗な息の女性

でも、臭いはこの理由だけでは発生しません!

その理由は…舌には、防臭のメカニズムがあるからです。

洗面台の臭い防止

洗面台の排水口を修理する男性

排水口の仕組みを見ると、臭いを抑える方法が分かります。

家庭の洗面台の排水口は、あなたも実際にご覧になられたことがあると思います。

洗面台の下で排水管がS字に曲がっているのを見たと思います。このS字部分に「封水」といって水が溜まるようになっています。

排水管に封水が必要な理由は…

排水管の奥からの悪臭が外に出てこないように「水」で封をしているのです。
封水が溜まっているから、臭いがシャットアウトされているのですね。

でも、長期間の旅行などから帰ると、洗面台のところから悪臭が漂っていることがあります。
それは、この封水が蒸発してしまって、悪臭が外に漏れていたからなのです

トイレの臭い防止

トイレのにおい

洋式トイレに水をためているのも、排水管と同じ考え方です。
大便が水の中に沈むことで、便臭がしないようにしているのです。うんこを水で包み込むことで臭わないようにします。

「でも、大便をした時に臭いのは何故?」

それは、大便がお尻から出て水中に沈むまでの間、空気中で臭いをまくからです。そして、便の臭いガスが狭いトイレ内にこもるからです。

実際、和式トイレと洋式トイレを比較すると、臭さは大分違います。一度、確かめてみてください。うんこが水の中に沈まない和式トイレのほうが臭いはずです。

舌の臭い防止のメカニズム

唾液が口内を洗浄する

どうして?洗面台やトイレの説明をしたと思いますか?

それは、舌にも洗面台やトイレと同じ臭い防止の仕組みがあったからです。

この図は、舌に細菌が付いた状態です。

舌乳頭に食べかすなどの汚れと細菌が付着すると、舌苔(ぜったい)が出来、白くなります。

細菌が食べかすや剥がれた細胞のタンパク質を腐敗して臭いの元を生成します。これが口臭の元です。

でも、この絵を見ると分かるように、実際は舌苔(ぜったい)の表面を唾液が覆っています。先ほど説明した排水口やトイレと似ていませんか。

このように唾液が正常に分泌している時には、たとえ臭いの元が作られても、唾液が悪臭に蓋をし、排水トラップのように臭いを抑えることができます。

それどころか、唾液は、臭い物質や汚れ(細菌も含む)を胃に流し込む働きがあります。唾液が十分に分泌されていれば、舌苔(ぜったい)が出来、悪臭が生成されても、口臭の心配はないのです。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

舌が臭くなる原因

舌が臭いと困る女性

健康で唾液が十分に分泌されている状態では、たとえ、舌が白くなっても口臭が強くなることはありません。

ところが、舌が白くなると口臭が強くなる人がいます。この場合には、ストレスなどで唾液の分泌が少なくなっているかもしれません。

唾液が少なくなる原因

ドライマウスになる薬

  1. 加齢
  2. ストレスによって自律神経に異常をきたす。
  3. 食事のときに良く噛まない。
  4. 噛む筋力が低下し唾液腺を刺激しないことも影響しています。
  5. 更年期障害
  6. 糖尿病・腎不全などの病気が原因。
  7. 薬の副作用(抗うつ剤、睡眠薬、降圧剤など)

舌が乾燥し臭くなる

口呼吸しているOL

口や舌が乾燥するのは、唾液が出ないか口呼吸によるものです。

緊張すると口が乾きます。人前で話すときに口が乾いたという経験をしたことはありませんか。そして、私のように口呼吸をしていることでも口が乾きます。

舌苔(ぜったい)が乾燥すると、臭い物質が気化します。臭いの元が気化すると口臭に変わります。これが舌が乾燥すると口臭がひどくなる理由です。

ですから、舌が濡れている状態でも指で触り嗅ぐと、指に付いた臭い成分が気化するために臭いと言うわけです。

ドライマウスについては⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

唾液が臭い理由

唾液が臭い

唾液は、ほとんどが水分から出来ています。ですから、舌苔(ぜったい)の細菌が作った臭い成分も唾液中に溶け込みます。

唾液が多量に分泌されサラサラ状態の場合には、臭い成分は水分中に閉じ込められ臭うことはありません。

しかし、唾液が少ない場合には、酸素が少なくなり嫌気性細菌が生きることができます。ですから、粘ついた唾液の中には臭い成分が一杯できます。

その唾液を指で触り嗅ぐと、強烈な臭いを感じることになるのです。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

舌と唾液の臭い防止対策

ドライマウスだから水を飲む

舌と唾液が臭くなる原因は、唾液が少ないことです。ですから、本当は唾液を出すようにすることが最も良いことです。

唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策をご参考にしてください。

ところが、唾液が出ないのは体質的な問題もあることが多いです。ですから、唾液が出にくい場合の臭い対策をご紹介します。

  1. より丁寧な歯磨きケアを徹底する
  2. 舌のケアを行う
  3. 一日に何度もうがいを行う
  4. 小まめに水を飲み、口中の汚れを洗い流す
  5. 唾液を出す努力と工夫

今までよりも丁寧に歯磨きを行ったり、うがいで口腔と喉を清潔にするには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がお勧めです。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

パサパサの舌

口がパサパサ、舌が真っ白で困ったら

口がパサパサに乾いて困っていませんか?

口が乾燥すると、舌が白くなり口臭も強くなります。それに口がパサパサに乾くと、クッキーやパンが飲み込みにくいなんてことにも。
このように、口がパサパサに乾くと良いことがありません。口の乾燥を防ぎ、舌が白くならなくするために一番大切なのは唾液です。舌苔(ぜったい)や口臭に大きく影響しているのは唾液。この唾液を多量に出すことができれば、口のパサパサを解消できます。

口の乾きを今すぐ解消したいのであれば、ぜひご参考にしてください。
この記事は、現役歯科衛生士の上林ミヤコが書きました。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

※このブログの一部記事は、オーラルウェルネスクリニック院長・
ファストロ滋子医師により監修を受けております。
オーラルウェルネスクリニック:
本サイトの記事に関するお問合せはこちらまでお願いします:
株式会社アイオーン123@ueb-a.com

口がパサパサになるのは口腔乾燥症(ドライマウス)

ドライマウス

口がパサパサに乾くと、クッキーが食べられない(飲み込めない)し、口の中が不快ですよね。それに、口が乾くと舌が白くなり口臭も強くなります。

このように、口が乾く口腔乾燥症(ドライマウス)は、唾液の分泌が大きく関係しています。何らかの原因で唾液が出なくなるのが、口腔乾燥症(ドライマウス)で一番多い原因です。

実は、口腔乾燥症(ドライマウス)で悩んでいる人は、日本中で800万人以上もいるといわれています。10人に一人は口腔乾燥症(ドライマウス)という多さですので、あなただけではなく、周りにも「口がパサパサする」と悩まれている人がいるというわけです。

一時的に口が乾く

ドライマウスだから口臭が気になる

たとえば、人前で話をしないといけないとなると、緊張感も最高潮になります。 そうすると、 くさ~い…。 口臭が起きるのは、緊張した時に口がカラカラに渇いてしまうからです。

人は緊張すると、交感神経が活発になり唾液を出す指令を出す副交感神経が働かなくなります。これが緊張すると唾液が出なくなる理由です。

唾液が出なくなると、口の中はどうなると思いますか?

口の粘膜、そして舌までが、パサパサになります。すると、唾液の水分が蒸発し、唾液に溶け込んでいるニオイが気化し口臭となるのです。

でも、この緊張したときに出る口臭は、一時的なものです 。緊張が解けて唾液が正常に出るようになると、元気だった細菌の活動を抑えることができるのでご安心ください。

日常的に口がパサパサする

ドライマウスの症状

日常的に唾液が減ると、口の中が酸性に傾きます。酸性環境は細菌にとっては大好きな環境です。 唾液が減ると、一変に細菌が活動をはじめ、すごい勢いで菌が増殖します。

その結果、舌に付いた菌が増え舌が白くなります。このように、舌苔(ぜったい)が出来るのは、口が乾燥するからです。舌苔除去については「舌苔(ぜったい)を効果的に除去したいなら、知っておかなければいけない3つの調査結果」をご参考にしてください。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

細菌が元気になると、餌(タンパク質)をムシャムシャと食べる。 そして、餌を分解すると同時に腐敗ガスを発生します。 これが、くさ~い口臭。

ということは、唾液の分泌が正常になると、白くなっていた舌もきれいに戻るのでしょうか?

口腔乾燥症を放置すると

唾液には次のような働きがあります。

  • 粘膜保護作用
  • 抗菌作用
  • 消化作用
  • 内分泌作用など

唾液が分泌することによって、粘膜が保護されたり、ばい菌から口内を守ってくれたり、嚥下作用が楽にできたり、多くの恩恵を受けています。

ところが、身体にとって重要な唾液が出なくなると、身体に異常をきたします。その結果、次のような症状が起きることがあります。

口腔乾燥症によって起きやすくなる症状

  • むし歯
  • 歯周病
  • 口臭
  • 摂食・嚥下障害
  • 舌痛症
  • 粘膜疾患

唾液が出なくなる原因

ドライマウスで口の中が不快

口がパサパサに乾く一番の原因は唾液が出なくなることです。唾液が出なくなる原因は、一つではなく、人によって様々です。

【唾液が出なくなる主な原因】

  • 加齢
  • 糖尿病
  • シェーグレン症候群
  • 放射線障害
  • ストレス
  • 筋力の低下(舌筋、顎筋など)
  • 薬の副作用(降圧剤、抗うつ剤、睡眠誘導剤など)
  • 水分摂取量が少ない

これらが、唾液が出なくなる原因ですが、その中でも、「ストレス」による原因が増えています。もし、普段の生活のなかに、不安や緊張などストレスが多いようでしたらご注意くださいね。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

自律神経の働きが唾液に影響をあたえる

梅干し見て脳が酸っぱい

ストレスが唾液を出なくするなんて本当でしょうか?

もし、そうであれば、ストレスを軽減するだけで口腔乾燥症(ドライマウス)が治ることになります。
ところが、実際は、唾液が分泌する仕組みを知るとかなり困難なことが分かります。

というのは、唾液を分泌させている自律神経(副交感神経)は、本人が思うように使えないからです。 手先の神経などであれば、自分の意志(神経)で自由に手足を動かすことができますが、「唾液を出せ!」と念じても唾液は出ないのです。

もう一つ厄介なことがあります。それは、唾液を止める交感神経の存在です。交感神経は、緊張したり不安感を感じるなど、いわゆる精神的ストレスがあると自然と働くからです。不安(又は、いらいらした状態)を持つことによって交感神経が働き唾液の分泌が抑えられ口が乾いてしまうのです。

もし、いつも口がパサパサと乾いているのでしたら、思い当たる節があるのではないでしょうか? 口が乾くと、舌が白くなるというのは、そういう理由からです。

だから、唾液を大量に分泌すれば良い? 何をすれば唾液が多量に出るのでしょう?

それは…先ほどからご説明している副交感神経を働かすことで可能になるのです。

リラックスすることで副交感神経を活発にする

1、ゆったりとした状態を作る。

2、心身ともにリラックスした状態にする。(読書、音楽、趣味など)モーツアルトの音楽が良いそうです。

3、気分を落ち着かせて美味しく食事をいただく。

4、しっかりと、睡眠をとる。

5、ストレスを減らす。

6、食事をしたあとはゆっくり休憩をとる。

7、首を回す柔軟体操を行う。

8、湯船に浸かり入浴する。

9、副交感神経を活発にするツボがあるそうです。整骨院などで指圧してもらうといいかもしれません。

10、小まめに少量の水を口に含み、口の中を潤しながら飲む。リラックス効果、唾液促進効果、細菌を洗い流す効果が期待できるお勧めの方法です。

これらのことを行うことで副交感神経が活発に働きます。そして、唾液の分泌を促進させることが出来ることも分かっています。口がパサパサに乾く場合には、この中のできることをいくつかやってみてはいかがでしょう?

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

舌苔ケアでストレスを軽減する

舌苔ができると、口も粘つきストレスになります。ですから、舌苔ケアで清掃し口内環境がきれいになると、唾液の分泌を促す効果が期待できます。舌苔ケアの方法は、次のように行うことをおすすめします。

1、 健康な舌の色で舌苔が薄い場合には、舌磨きはしない方がいいです。
2、 厚い舌苔が付いている場合には、軽く舌を磨くと口臭予防になります。ただし、強く磨きすぎると舌粘膜を傷つけてしまい、口腔乾燥や口臭の原因になるのでご注意ください。
3、 舌の磨き方は、舌ブラシを使って舌の奥から優しく2回程度なぜるように磨く。(歯ブラシは毛先が硬いのでよくない)
4、 舌磨きの頻度は、舌苔が付いている時だけにする。一日、朝と夜の歯磨きの時だけで十分です。
5、 口腔乾燥(ドライマウス)は、舌苔ができる原因になるので、口が乾かないように小まめに水を飲んだり、うがいをすると良いです。
※うがいにアルカリイオン水を使うと、舌の汚れを溶かす働きがあります。
6、 意外かもしれませんが、胃腸の病気や不調(便秘、下痢)が、舌苔の原因になります。胃腸を健康にするための方法として、白湯を飲んで体を温めると免疫力も高まり、舌苔の予防になります。
7、舌苔ケアで大切なのは口腔環境を清潔にすること。そのためには、歯磨きケアがとても重要です。ていねいに歯磨きをしていても、口の臭いや舌の汚れが取れない場合は、歯磨き剤の見直しが必要かもしれません。
引用:舌苔のケア方法。完全に除去する必要はないってホント!? 

まとめ

口がパサパサする人の多くは、舌苔(ぜったい)や唾液の粘つきなど口の不快感のほか、口臭に関しても悩みを持っています。舌苔の取り方については『舌磨きをしないで舌苔(ぜったい)を取る方法!舌を磨くと逆効果になるのでご注意ください』をご参考にしてください。

実は、その事自体がストレスになっていることが多いのです。

わたしもそうでした。「舌苔や口臭」で悩んでいた時期には、ストレスが多く、少々のことを実行しただけでは、口の渇きを解消することもできず、舌は白く口臭も改善できていませんでした。

そんな時に、口臭予防歯磨き粉「美息美人」を開発したのですが、白い舌をピンク色にすることができたことから、徐々に精神状態も変わったのかもしれません。

つまり…あなたもストレスを抱えていて「舌の白い」のがなくならないのでしたら、一番先に、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん」を使ってみてはいかがでしょう。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

舌苔の取り方教えて

舌苔(ぜったい)を効果的に除去したいなら、知っておかなければいけない3つの調査結果

舌磨きで口臭が改善したのは32%

舌磨きを行っている方が多いと思いますが、舌磨きにはどの程度の効果があるのかご存知ですか?

舌磨きの効果を調べるために、鶴見大学歯学部(中村幸香先生ほか)が臨床テストを行った調査結果があります。この中で、舌磨きによって口臭を改善できたのは32%だけだったのです。

この事実から、舌磨きを行っても口臭を改善することは難しく、今後はより効果的な舌苔を除去する方法が必要と結論づけられていました。

現在、舌苔の除去で効果があるのは、アルカリイオン水を使う舌の清掃です。今回の記事は、舌磨きよりも効果があるアルカリイオン水を使用する舌清掃方法をご紹介します。是非ご参考にしてください。

※2019年1月27日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年2月10日に再度公開しました。

舌磨きの効果テスト

歯医者の舌磨き指導

私「歯医者さんでは、舌苔や口臭のことで相談してくる患者さんに、どうやって答えてる?」
三女「院長先生は、舌ブラシを使って舌磨きすることを勧めてるけど、私は、磨きすぎたら口臭が悪化するから、舌を磨くときは優しくしてねって指導しているよ。」
引用:舌苔のケア方法。完全に除去する必要はないってホント!? 

臨床試験の目的

口臭の主な成分には揮発性硫黄化合物(VSC)がある。VSCは歯垢や歯周ポケットが発生源となるほか、舌表面に由来するものが少なくない。

その場合は、舌清掃を併用しないかぎり口臭は消滅しない。このように舌清掃は口臭予防において重要だと考えられているが、歯科大学衛生科の調査では舌清掃は必ずしも普及していなかった。(学生でも正しい舌清掃を知らないのが実体。)

→ 舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?

口臭外来の受診者が日常行っている舌清掃が効果的になされているかどうかを検討した。

1回目の調査結果(初診時)

自臭症で悩む女性

2015,7,1から8,25までに口臭外来に受診した初診患者は66名。

66名の内、口臭なしが15名。口臭ありが51名。(口臭なしと診察された患者さんが22.7%もあったのです!)

さらに、口臭あり51名の内、「自分で舌磨きをしている」患者さん25名(約半数が独自の方法で舌磨き等を行っているという事実。)を対象にして、歯科医師が正しい舌清掃を指導した結果が2回目の調査結果です。

2回目の調査結果(舌清掃を指導後)

舌がキレイになった女性

歯科医師から正しく舌清掃を指導してもらった結果、なんと、25名の内8名が口臭なしに。(32%に指導の効果が。)

ところが、残りの17名の患者さんは依然として効果がありませんでした。(歯科医師から直接指導を受けても68%が効果なし、口臭ありのままだったのです。

この結果を受けて、舌清掃の指導効果がなかった17名の患者さんに対して、歯科医師が専門的に舌清掃を行った。
※専門的舌清掃…舌表面をガーゼで拭き取る。必要に応じて吸引法(機械を用いて舌苔を吸引する)を行う。

この結果が3回目の調査結果です。

3回目の調査結果(歯科医師による舌清掃後)

口臭外来の診察

歯科医師によってガーゼと吸引法で舌清掃を行った結果、指導効果のなかった17名の患者さんの内、12名が口臭なしと測定されました。(歯科医師による舌清掃では、70%の効果があったのです。)

それでも、残りの5名の患者さんは、依然として効果がなかったのです。(30%の患者さんには、歯科医師による清掃を受けても効果がないという事実が。

結論

舌がきれいにならないのは何故

口臭外来受診者において、対象者の80%以上が舌清掃を行っていたことから口臭対策としての舌清掃の重要性は広く認識されていたが、患者自身が日常行っている舌清掃では25人中8人しか口臭の改善が認められず、その口臭除去効果は低かった。このため、より効果的な舌清掃方法の普及が必要だと考えられた。

引用:日本口臭学会会誌より抜粋

舌磨きの効果

鶴見大学歯学部の今回の調査結果を知ることで、どのように感じられたでしょう?

舌が白くなるとほとんどの人が舌磨きをしますよね。舌磨きを行ったからといって口臭がなくなるわけではないのですが、「舌磨き以外に舌苔を除去する方法を知らない」ということが一番の問題なのかもしれません。

舌磨きのし過ぎで舌がヒリヒリする

また、舌磨きが習慣になり、舌磨きをしても綺麗にならないのでいつまでもごしごしと舌を磨き、舌苔が悪化するケースも。

⇒⇒ 舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・

舌磨きだけで舌苔を取るのは、歯科医師でも難しい技術を要します。素人の私達が舌を磨いて良いはずがありません。

だからといって、舌が汚れる度に口臭外来で舌清掃を受けることは困難ですよね。だから、舌苔(ぜったい)は厄介です。舌苔除去法について詳しくは「舌苔を除去する方法はどれが一番効果があるか調べてみて分かった!」をご参考にしてください。

舌苔(ぜったい)が出来る原因

舌が白くなる原因

舌苔(ぜったい)が出来る人と出来ない人には、どんな違いがあると思いますか?

舌苔ができる原因は、、、
1. 唾液の分泌量の減少(加齢、ストレスなど)
2. 薬の副作用(降圧剤、安定剤、睡眠誘導剤など)
3. 胃腸の疾患や不調(便秘、下痢)
4. 喫煙(ヘビースモーカー)、飲酒

引用:舌が白くなる原因が何なのか知っていますか?

この重要なことを知らないで、単純に舌磨きをしても舌苔(ぜったい)は改善しません。舌苔(ぜったい)が出来たといっても人によって原因は様々なのです。

舌苔について詳しくは「舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?」をご参考にしてください。

口呼吸

口呼吸をしないように横向きで寝る

口が乾くと舌粘膜の細菌が増えます。そのため、口呼吸をしている人の場合には、舌が白くなりやすいです。

ところが、普段は鼻呼吸をしていても、睡眠中だけ開口して口呼吸になっている場合には、ご本人が口呼吸を自覚していないこともあります。

「いびきも口呼吸もしていないけれど、朝起きた時に舌が白くなって口臭がする。」ということも。

ですから、舌が白いとか口臭が治らない場合には、一度、口呼吸になっていないか調べることも必要です。

調べる方法としてお勧めなのは、スマホのアプリです。無料で色んなものがあります。いびきの音や寝息の他、熟睡している時間帯なども分かります。「いびき アプリ」で一度お調べください。

唾液分泌量が少ない

ドライマウスの症状

舌苔(ぜったい)は細菌が作ります。そのため、唾液が十分分泌していると細菌が増えることもなく舌もきれいな状態で保たれます。

ところが、唾液量が少ないと細菌が増え舌苔(ぜったい)が出来ます。それだけではありません、唾液に舌苔(ぜったい)で作られる口臭物質が唾液に交じり、唾液自体も臭くなります。

唾液分泌が減少する要因

  • ストレス
  • 加齢などによる唾液腺の衰え
  • 抗うつ剤などお薬の副作用
  • 内科疾患
  • シェーグレン症候群

などがあります。

膿汁(のうじゅう)

膿汁の症状

咽喉には、口や鼻から細菌やウィルスが入ってきます。それらを扁桃(へんとう)というリンパ組織で免疫物質を分泌しやっつけます。

免疫物質は粘ついた液で、細菌と戦った後は強いニオイを発します。この粘液を膿汁(のうじゅう)といいます。

膿汁(のうじゅう)が舌に付着すると、舌苔(ぜったい)が出来やすくなるので、舌苔を予防するためには、膿汁対策が必要です。

舌粘膜の状態

糸状乳頭が長い

舌乳頭が長くなる

舌の表面には、糸状乳頭がびっしりと立っています。この糸状乳頭と乳頭の隙間に食べかすや細菌がくっつき舌苔(ぜったい)ができます。

ですが、人によっては糸状乳頭が長い場合があります。この場合には、余計に汚れや細菌が溜まりやすくなるので舌苔(ぜったい)も出来やすくなります。

溝状舌(こうじょうぜつ)

舌の溝

舌の表面に溝が出来ることがあります。舌が乾燥したときに特に溝ができやすく、普通は体調が良くなれば無くなります。

この溝が出来ている舌のことを溝状舌(こうじょうぜつ)といいます。溝の深さや長さは色々です。

人によっては、ずっと深く長い溝が出来ていることがあります。溝には汚れや細菌が溜まりやすく、そこから舌苔(ぜったい)が大きくなります。

舌苔の予防方法

舌苔(ぜったい)ができると口臭も強くなります。鶴見大学歯学部の報告のように、口臭を予防するには舌をきれいにすることは必須といえます。

しかし、人によって糸状乳頭が長いとか溝があるという場合には、舌磨きを行っても完全に清掃することは出来ず、ついつい過剰に磨いてしまいます。(舌の磨き過ぎによって更に糸状乳頭が長くなることも。)

無意識に過剰な舌磨きを行っているのですが、舌乳頭が傷つき化膿してしまうのです。そして、舌苔(ぜったい)が悪化し口臭も治らないという悪循環に。

舌磨きをやめる

舌磨きは絶対するな

舌磨きを行っていて、舌苔(ぜったい)が悪化している場合には、先ず舌磨きをやめることです。舌苔(ぜったい)を取ることが出来ないので怖いかもしれませんが、舌磨きをやめないことには、悪いスパイラルから抜けることはできません。

口呼吸を鼻呼吸に変える

口呼吸をしている限り、舌苔(ぜったい)を改善するのは困難です。鼻呼吸に変えると舌だけではなく、口腔環境がよくなるので健康になります。

唾液を出す

口内環境を整えるには、唾液の分泌量を増やすことが重要です。

【唾液を出す方法】

  • よく噛み咀嚼回数を増やす
  • よく喋る
  • 舌を動かす、顎を動かす(お口の体操)
  • 唾液腺を刺激(唾液腺マッサージ)

水を飲む

ドライマウスだから水を飲む

舌苔(ぜったい)と口臭の予防には、口腔を乾燥させないことが大切です。その役目を本来は唾液が補っているのですが、舌が乾燥しやすい場合には、小まめに水を口に含み飲むことが必要です。

口腔ケア

歯磨きで歯周病予防

舌苔(ぜったい)を作る細菌は、歯や歯周ポケットのほか喉にも存在しています。ですから、丁寧に歯磨きケアを行うことやうがいを行うことが大切です。

しかし、市販の歯磨き粉には合成界面活性剤などの刺激のある成分が含まれています。唾液分泌が多い場合には、たとえそれらの物質が入っていても唾液が洗い流します。

ところが、唾液が少なく舌が乾く人の場合には、添加物がいつまでも舌に沈着し舌乳頭を痛めるため、舌苔(ぜったい)が悪化させることが多いです。

ドライマウスの場合は、無添加の歯磨き粉を使用することをおすすめします。

効果的な舌の清掃方法

口臭を改善するためには舌苔を除去しないといけません。しかし、舌磨きでは舌苔を除去することは困難で、舌磨きで口臭を改善することは望めないでしょう。

そこで、おすすめなのは、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のアルカリイオン水を使用する舌清掃です。

口臭をアルカリイオン水で消す

美息美人のアルカリイオン水は、PH11.4の強アルカリのため、殺菌力だけではなく、舌に付着したタンパク質を分解する働きがあります。

このアルカリイオン水を歯磨きとうがいに使うことで、舌苔がふやけるため、歯磨きの後に軽く舌ブラシでふき取ることができます。

舌苔が溶けるイメージ

また、舌苔が厚い場合には、コットンにアルカリイオン水を浸み込ませて舌苔に塗布します。アルカリの殺菌作用により、舌苔の予防になります。

舌苔を除去し、口臭を改善するためには、美息美人のアルカリイオン水がおすすめです。

舌苔をできなくしたい

舌の白いのが取れない!舌苔をできないようにするには

舌苔をできなくする方法

口臭原因の6割が舌苔(ぜったい)によるものだと言われています。つまり、口臭をなくすためには、舌苔(ぜったい)の対策が重要。だからといって、単純に舌磨きをしても舌の白いのは取れません。

その理由は、菌からできている舌苔は、舌の角質に根を張っているからです。だから、舌磨きで舌苔を取ろうとすると、舌乳頭まで削り取ることになってしまうのです。

これが、過剰な舌磨きが舌苔を悪化させる原因です。白い舌をきれいにする一番の方法は、「舌苔をできなくする」ことなのです。

今回の記事は、舌苔(ぜったい)をできなくする方法をご紹介します。舌苔がとれないとお困りでしたらぜひご参考にしてください。

舌苔をできなくするために理解すること

舌苔のよくできる原因

ドライマウスで口の中を見せられない

舌苔がよくできる人がいます。反対にいつもピンクで綺麗な舌の人もいます。この違いは何だと思いますか?

舌苔がよくできる原因がわかれば、舌苔ができないようにできます。舌苔がよくできる原因は色々ありますが、特に多いのは次の2つです。

  1. ドライマウス(唾液分泌が悪い)
  2. 免疫低下(胃腸が弱い、ストレス、睡眠不足、偏った食事、体調不良など)

【舌苔ができる原因】

  • ドライマウス(口呼吸。唾液の分泌が少ない。)
  • 水分摂取が少ない。
  • 柔らかい食べ物を良く食べる。(菓子やハンバーグなど)
  • 歯磨きをていねいにしない。(就寝前に歯磨きをしないなど)
  • 会話しない。運動しない。
  • 舌の上に溝ができている。舌乳頭が異常に長い。
  • 食べ過ぎ、飲み過ぎが多い。(喫煙や飲酒も含む)
  • 不安やイライラなどストレスが多い。
  • 夜寝られない。
  • 加齢で内臓が弱ってきている。
  • 降圧剤、睡眠誘導剤などの薬の副作用。
  • 内科疾患。

引用:舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

舌苔のなおらない原因

ふつうは舌が白くなっていても、体調が良くなれば舌は綺麗になるものです。そして、先ほどの舌苔ができる原因の対策をおこなえば改善していくもの。

ところが、慢性的に舌が白くなり、どんな努力をしても舌苔が治らないケースがあります。

私の舌は治らない

慢性的に舌苔が治らない原因の多くは、この4つだけなのです。

【舌苔が治らない原因】

  1. 過剰な舌磨き
  2. 歯磨き剤の添加物(合成界面活性剤、発泡剤、香料など)
  3. マウスウォッシュ(アルコール含有)
  4. ストレス(舌苔がなおらないことへの不安・恐怖)

舌苔をできなくする方法

これまで、舌苔ができて舌が白くなる原因と、どれだけ努力しても舌苔がなおらない原因についてお伝えしました。

じゃあ、どうすれば舌苔(ぜったい)ができなくなるでしょう?次の12の項目を取り入れることで舌苔をできなくすることが可能になります。

【舌苔をできなくする方法】

  1. よく噛んで食べる
  2. よく喋る
  3. ていねいに歯磨きする
  4. 暴飲、暴食、喫煙をしない
  5. 小まめに水を飲む
  6. 乳酸菌を摂取する
  7. リラックスを心掛ける
  8. 軽い運動をする
  9. 鼻呼吸をする
  10. 舌に保湿ジェルを塗布する
  11. 良く寝る
  12. 健康的な食生活にする

舌磨きをやめる

舌磨きのし過ぎで舌がヒリヒリする

間違っても舌磨きを行ってはいけません!

舌磨きをすると、乳頭は簡単に削れてしまい、傷つきます。すると、傷の部分に細菌が繁殖し、もっと舌苔(ぜったい)がができてしまいます。

もし、舌磨きをしていたら、今すぐ止めた方が良いです。じゃあ、どうすれば?

舌磨きが良くない理由は、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

唾液を出す

唾液が舌を洗浄

唾液には抗菌力が備わっているので、唾液が充分に出ていれば、舌苔(ぜったい)が出来ることはありません。
たとえ、少し舌が白くなったとしても、唾液には、直ぐに白くなった舌を元に戻す力があります。

ところが、、、唾液は、加齢や精神的ストレスから減少しますので、唾液の分泌を増やすことは容易ではありません。
じゃあ、どうすれば?詳しくは『歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!』をご参考にしてください。

舌を上顎にこすりつける

舌を上あごにつける

上あごの粘膜は舌よりも硬く、ごつごつとしています。舌を上あごにこすりつけることによって、舌の表面についている舌苔が取れます。舌苔がすべて取れるのではなく、取れるのは舌の表面にある舌苔だけです。

これを繰り返すことで舌苔の減少が期待できるし、舌を動かすことで唾液の分泌を促す効果も見込めます。しかし、舌を上あごにこすり付けてみると分かりますが、思うように舌苔が取れないことにガッカリするかもしれません。

だからといって、舌を上あごにこすりつける方法を否定するわけでもありません。毎日、舌を上あごにこすりつけることで、舌の筋肉が鍛えられ、唾液腺の刺激になるため、唾液の分泌が活発になります。

唾液がよく出ると舌苔の予防になり、最終的には口臭予防になるのでおすすめします。

ガムを舌でころがす

デート前の口臭ケアでガムを噛む女性

舌を上あごにこすりつけるのが難しい人の場合は、ガムや小さく切った昆布を口にいれ、舌で転がすようにするといいです。

先ほどの舌を上あごにこすりつける方法と同様に、ガムや昆布を舌の上で転がす方法には、舌苔を取る効果もありますが、唾液も促進できるのでおすすめします。

勘違いしないでほしいのですが、ガムで舌苔をくっつけて絡めとることはできません。ガムを噛むのは唾液を出すためです。ですから、ガムの味がしなくなってからも噛むようにしてくださいね。

免疫力を高める

ストレスと体調不良が舌苔の原因なのね

舌苔(ぜったい)を作っているのは細菌です。そして、その細菌たちをコントロールしているのは、口内からの唾液と分泌物。

これらには、免疫力があり口内が不衛生にならないように守る力があります。ところが、仕事や生活で疲れがたまるとか、不安によるストレスがかかると、免疫力が低下します。

免疫力が低下すると、風邪などにも感染しやすくなりますが、それだけではありません。舌の上の細菌も増えることに。これが、舌苔(ぜったい)が治らない理由です。

ですから、舌が白くならないようにするには、心身を健康にし免疫力を高めることが大切です。

口呼吸を鼻呼吸にする

鼻呼吸を意識する

口呼吸で多いのは、喫煙と睡眠時の開口です。

口呼吸をしていると舌が乾燥し舌苔ができるだけでなく、いつまでたっても舌苔がなおらないかもしれません。

睡眠時に開口やいびきをしている場合には、歯科や呼吸科でご相談されてはいかがでしょう。

水を飲む

小まめに水分をとる女性

水または白湯を飲むことで舌苔を予防できます。

舌苔は、舌の上に細菌や汚れがたまることでできます。それでも、舌苔ができない人がいます。その理由は、唾液がよく出ているからです。唾液によって舌が綺麗に洗浄されているのです。

ところが、ドライマウスで唾液が少ないと細菌や汚れがたまり舌苔ができることに。

ですから、舌苔がよくできる、舌苔がとれない人の場合には、水や白湯を小まめに飲まれることをおすすめします。

胃腸が弱い場合には、白湯を飲むことで胃腸が元気になりますよ。

歯磨きとうがい

歯科衛生士のブラッシング指導

舌苔(ぜったい)ができないようにするには、口腔内を常に清潔にしておくことが重要です。歯磨きケアが不十分で口腔内が不衛生になっていれば、舌が白くなります。

口腔を清潔にする実証済みの良い方法があります。

それは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で歯磨きとうがい。

舌苔うがいで舌を綺麗にする

舌苔(ぜったい)をを作る細菌は酸性環境が好きですが、アルカリ性が苦手です。

だから、弱アルカリの唾液に細菌をコントロールする作用があるのですが、唾液の代わりとして、美息美人のアルカリイオン水を使います。

唾液のように24時間中使うということは出来ませんが、朝晩の歯磨きと日中2回程度のうがいだけで、舌が白くならないようにコントロールできることは、多くのお客さまによって実証済みです。

でも、舌が真っ白いとか唾液も臭い、口が苦い、よく口が乾くという場合には、口臭も強くなっているかもしれないので、早めに対策されることをおすすめします。

良く噛む

よく噛んで食事する女性

咀しゃく回数を増やすことは大切です。顎と舌を動かすことによって唾液分泌を促すことができます。柔らかい食べ物ばかりではなく固い食べ物や繊維質の野菜を食べることも大事です。食事で舌を動かすことで舌苔(ぜったい)がはがれる効果もあります。

良く会話をする

会話を楽しむ女性

会話をすることで、顎や舌を動かすことができ唾液腺の刺激にもなります。会話をすることは自律神経にも良い影響を与えるので、唾液が出やすくなります。

パタカラ体操のようなお口の体操をすることも舌苔予防になりますが、特にそのような努力をしなくてもよく喋り顎と舌を動かすことでたくさん唾液が出てきます。

会話が楽しいと、副交感神経が活発になるためサラサラとしたきれいな唾液が分泌されます。サラサラ唾液が多量に出ると口内が洗浄され口内環境が改善されます。

このように会話することは舌苔予防になりますが、カラオケで好きな歌を唄うことは、さらに効果があるといわれています。この時気をつけないといけないのは、アルコールを飲まないことと睡眠不足です。

カラオケが舌苔予防になるからと、徹夜で唄ったら翌朝には舌が真っ白になってるかもしれませんよ。

リラックスする

お風呂でリラックスする女性

ストレスは、身体の健康に影響します。心配や緊張などストレスが多くなると自律神経に悪影響を与え、唾液が出なくなり口内が乾いた状態になります。唾液がでないと舌が白くなります。逆にリラックス状態の時には、サラサラした唾液が沢山出るようになっています。
運動や趣味など好きなことを積極的に行うことで、唾液の分泌が促進されます。

身体を良く動かす

運動する人

身体を動かすことは大事です。運動をすると身体の緊張がほぐれます。また、ストレスの軽減にもなるので、唾液が良く出るようになり舌苔(ぜったい)の予防になります。

舌苔(ぜったい)の予防には、身体だけではなく口や舌を動かすトレーニングを取り入れると良いです。(会話やシュガーレスガムを噛むなど)

睡眠を十分とる
十分な睡眠をとる女性

体が疲れた時に舌苔が良くできます。舌苔は免疫力の低下が大きく影響しますので、寝不足すると翌朝には「舌が白い」経験をしたことがあると思います。

舌苔を予防するためには、寝不足しないように早く寝て十分に睡眠を取ると良いでしょう。

ところが、寝つきが悪く中々寝られない方がおられます。だからといって睡眠誘導剤を飲むと薬の副作用によって、唾液分泌が減り舌苔が出来やすくなるのでご注意ください。

睡眠誘導剤などのお薬を服用されている場合は、お医者さんに副作用の少ないお薬に変えてもらうなどご相談されてはいかがでしょう。

健康食を摂る

生野菜が舌苔を予防する

舌苔は健康状態が悪くなるとできます。これは、免疫力が低下することで口腔細菌が増え口内環境を悪化させるからです。

体の健康を作るためにはどんな「食事」を摂るかが重要です。コンビニ食ばかり摂らずに栄養バランスを考えた食事を摂るようにしないと、知らないうちに健康を害してしまい免疫が下がってしまいます。

また、健康を維持するためには、肉と野菜のバランスも大切ですので、肉や揚げ物中心にならないようにすることも必要です。免疫が高まると風邪もひきにくくなり、舌苔と口臭の予防になります。

果物や野菜には、水分が多く含まれそれ自体が舌苔を取る作用があるものも。毎日、新鮮な野菜や果物を食べるようにすると健康になるので舌苔もできにくくなります。

舌苔予防になる食べ物については「舌苔を溶かす食べ物・予防できる食べ物について教えます」をご参考にしてください。

舌苔が取れないよ

舌苔(ぜったい)について教えて!舌を磨くのはNG?

あなたは、「どうすれば舌がピンク色になりますか?」という質問をしたことがありますか?

上林がわかりやすくお答えします。

美息美人のことにお答えします

口臭の9割が、口内に原因があるといわれています。それだけではありません、その内の8割が舌苔(ぜったい)だということも分かっています。

舌苔(ぜったい)ができると舌が白くなり、見た目が悪いだけではなく、口臭が強くなります。

だからといって、ブラシやクリーナーで舌を磨いても、舌苔(ぜったい)は数時間でできます。このことを知らない人があまりにも多いです。

舌をピンク色にするには、先ず、舌苔(ぜったい)について理解しなければいけません。舌の苔について知ると、舌苔対策(舌のケア・舌苔の予防)が容易になることでしょう。

舌苔(ぜったい)の正体は?

舌苔から口臭がしている

舌が白くなっている(人によっては黄色や茶色のことも)のが舌苔(ぜったい)です。舌苔があると口臭が発生します。

一般的に、舌の奥3分の1の所に苔ができやすいのですが、悪化すると、舌全体が真っ白くなることも珍しくありません。
舌苔については⇒⇒『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

そして、舌にできる苔の正体は…

舌苔ができる原因(口臭)

  • 連鎖状細菌、ぶどう状球菌
  • 食べかす
  • はがれ落ちた粘膜細胞
  • 白血球

これらが集まってできたプラークのことを舌苔といいます。舌苔は歯垢(プラーク)と同じようなもので、増えると健康のためには良くありません。

舌苔(ぜったい)が沢山できると、舌がピリピリする(舌痛症)、苦く感じる(味覚障害)ほかにも、口や喉の癌になるリスクが高くなるとの報告(岡山大学と北海道大学)もあるので、舌をきれいにすることは大事なことです。

舌苔(ぜったい)はどうしてできるのか?

口臭原因になる舌苔ですが、舌苔ができる原因は、胃腸疾患や免疫低下でみられる他、ストレスなども影響します。また、舌に溝があると、汚れが良く溜まり舌苔ができやすくなります。

しかし、直接的な原因は、唾液が減少することによるものです。

舌苔ができる原因(きれいな舌)

舌の表面は、このようにヒダヒダ状になっています。舌磨きをしたことがある人ならご存じかと思いますが、舌磨きをすると、毛羽立って見えたはずです。そして、どれだけ磨いても、毛羽立っている間の白いものが取れないので困ったのではないでしょうか?

舌磨きのし過ぎで舌がヒリヒリする

⇒⇒ 舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・



舌のヒダヒダの間には、食べかす、はがれ落ちた細胞に細菌が繁殖した塊ができます。これが舌苔(ぜったい)です。

舌苔の舌とピンクの舌では何が違うのか?

舌苔の比較

舌苔は体調を崩すとすぐにできて、舌が白くなります。ただし、舌苔が慢性化しているケースもあります。

普通なら誰でも舌苔(ぜったい)が出来るはずです。それなのに、いつも舌がピンク色できれいな人がいます。

その理由は…

  1. 唾液が口内を洗浄して舌をきれいにしている。
    唾液が舌を洗浄
    汚れた手を水道で洗うのと同じですね。
    水道で手洗い
  2. 舌が良く動き上あごとこすれ、舌に汚れが付かない。

舌を上あごにつける

この2つのことが働いていると、舌はいつもきれいな状態を保つことができます。この逆に、唾液が出なかったり、舌を上あごにこすることが少ないと、舌に苔ができてしまいます。

舌苔の人は唾液不足

唾液腺

唾液が不足すると舌苔の原因になります。だから、唾液の分泌を促進することが舌苔対策のポイントになります。

唾液の分泌が最も多いのは、食事の時。そして、リラックス状態の時です。食事の時に唾液が良く出るのは分かりますが、どうしてリラックス状態だと唾液が出るのかまでわからないのではないでしょうか?

唾液の分泌は、自律神経と関係しています。

脳神経

自律神経には、活動するときに働く交感神経と、休んでいるときに働く副交感神経があります。

昼間は交感神経が活発で、寝ているときには副交感神経が良く働く。このバランスが保たれないと、夜も交感神経が活発に働き寝付けないことがあります。

でも、日中だからといって、交感神経だけが働いていると、神経が興奮したり緊張やストレスで心身ともに疲労してしまいます。日中でも疲れを回復するために、ある程度副交感神経の働きが必要になります。

この副交感神経が働いていると唾液が良く出るのですが、ストレスが多いと唾液分泌も減ってしまうのです。

ストレスと一言でいっても、物理的な外的ストレスや精神的なストレスまでいろんなストレスがあります。

ストレスが原因

ストレスの種類

  • 気温によるもの
  • 騒音など音によるもの
  • 病気や怪我
  • 細菌、ウイルス
  • 運動不足、過剰な運動
  • 過食、小食、栄養不足
  • 睡眠不足や夢
  • 妊娠、月経
  • 仕事のストレス
  • 人間関係のストレス
  • 学校関係のストレス
  • 家庭のストレス
  • 離婚や夫婦間の問題
  • 死別

外的ストレスの場合には、環境を変えることが必要ですが、精神的なストレスの場合には、対象が身近な人であったりします。

ストレスを抱える女性

相手を変えることは困難。だから、ストレスがたまるのですね。でも、ストレスをためない人がいます。その人たちが取っている方法は、外で起きていることが同じでも、脳での意味づけが違うのです。

起きたことへの意味づけが、楽観的、前向き、プラス思考、積極的というように、自分にとって得するように考えています。

口臭が治らない女性

このような人たちは、同じストレスを受けても、心まで疲弊することがありません。

ストレスに負けないためにも、真似しないといけませんね。

舌を動かして舌苔対策を行う

唾液を出す舌の運動

多く唾液を出すと、舌苔を減らすことができます。また、唾液腺が活発に働くようになると、舌苔ができないようになり口臭予防にもなるので、意識的に舌を動かすことをおすすめします。

舌を動かす利点は、唾液腺を刺激できるからですが、もう一つ、舌を上あごや歯にこすりつけることによって、汚れが取れてしまいます。

加齢などで舌の筋肉が弱ると、舌がだら~と垂れ下がることがあります。このような舌には、歯型が付いています。歯型が付いている舌には、舌苔(ぜったい)が付いているのは、動きが悪いから唾液も出ないし顎にこすらないからです。

舌の体操

意識的に舌を動かす

  1. 舌の運動を行なう。
  2. 舌を上あごにこすりつける。
  3. 食事の時、2~3倍多く時間をかけて噛む。

このように舌を良く動かすと筋肉が付きます。舌がよく動くようになると、自然と舌がこすれるため、舌がきれいになります。また、良く噛むことも習慣になり唾液分泌が促されます。

始めは少し辛いかもしれませんが、少しずつでも始めることが大切です。意識して続けていると、いずれ習慣になります。

すると、いつの間にかピンク色の舌になっていることでしょう。

美息美人のモデル

歯科衛生士さんも口臭を心配している?

歯科衛生士さんも舌苔や口臭を気にしている

sikaeisei

歯科衛生士といえば、口腔清掃のプロフェッショナル。

その歯科衛生士の卵である臨床実習生を対象とした面白いアンケート調査を発見したのです。
※日本口臭学会会誌より。「口臭の発生頻度ならびに自覚症状発現の背景」鶴見大学歯学部長谷川先生ほかの論文から。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

アンケート結果では、8割の学生が、
自分には口臭があるのではないかと心配になる。

そして、

7割の学生が、「自分の口臭を感じるときがある。」と回答していたのです。

このアンケート結果を知ると、変に安心しませんか?

こんなことで安心するのは、私だけなのでしょうか?

さらに、
口の中が乾燥したりネバネバする」人が、48%もいたのです。

学生の半分近くが、ドライマウスで口が渇き、唾液がネバネバしているのですから、私たちの口がドライマウスだからといって、そんなに心配することでもなさそうですね。

また、参考のために、「どんな時に自分の口臭を感じるか?」という質問に対しては、

起床時に口臭を感じる」が最も多くありました。

「自分の口臭を感じた時に何をするか?」という質問では、「歯磨きをする。」が53%で最も多く、次いで、「ガムをかむ。」の40%でした。

口臭を感じたら、歯科衛生士さんでも、やっぱりガムを噛むのですね。
口臭対策になっているかどうかは、疑問ですが…。

さらに、論文の考察では、

「日頃から口臭に対しての関心は高いことを示している。
口臭の対処法とし歯磨きを行うという回答が53%と多く、舌ブラシを使用しているものは1名のみであった…。

生理的口臭の発生は舌背からが多い。口臭は舌清掃によって消失するものが多いが、
このような舌清掃の意義についての知識の浸透度は低く、口臭に意識は必ずしも高くないものと推察された。」

とあります。難しく言っていますが、舌をきれいにすると口臭は消えるとのこと。
以前から、私も申し上げていることです。

でも、舌みがきは逆効果です!
過剰に舌磨きをしたことで、よけいに舌苔が悪化した人が沢山おられるので、ご注意ください。

さらに、
「自分の口臭を感じる時がある。」と回答した学生は、ストレスが多いと感じている。舌が白く見える。ものが多かったのをうなずけますよね。

自分の口臭が気になる背景には、ストレスや舌が白く見えることがあるのです。

これは、歯科衛生士の卵だけではなく、私たちも同じですね。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!
-------------------------------
舌が白く見えて気になり、毎日、それがストレスだ!というばあいには、こちらが参考になります。

美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・