唾液が臭いから口臭が気になる!効果的な口臭対策のポイントは?

舌苔ができて唾液も臭い人

口臭対策のポイントは唾液

口臭が気になるときは、唾液が少ないか、唾液がネバネバになっています。口内の唾液が減ると嫌気性菌が増えて口臭が強くなります。

口臭をしないように対策するためには、「唾液量を増やす」、「唾液をサラサラにする」、「唾液がよく出るようにする」。この3つが口臭対策で効果を発揮するためのポイントになります。

今回の記事は、口臭対策で最も重要な唾液についてです。口臭が気になっていましたら是非ご参考にしてください。

唾液が減ると口臭原因になる

唾液が減り口腔が乾燥すると口臭が出ます。口臭(揮発性硫黄化合物)は、嫌気性菌がタンパク質を分解した時に産まれるのですが、殺菌作用のある唾液が減少すると嫌気性菌が増殖するため、口臭が強くなります。

ですから、口臭を予防するためには、唾液の分泌量を増やさないといけないのです。

関連記事

唾液が臭いのはなぜ?口臭をチェックする方法

唾液減少によって起きる口臭

口臭の原因や症状は人によって異なりますが、口臭の種類を分類すると次の3つです。

  1. 生理的口臭(起床時、空腹時、緊張時、飲食、喫煙、薬物、女性ホルモンの変調など)
  2. 病的口臭(歯周病などの歯科疾患、舌苔、耳鼻科疾患、全身疾患など)
  3. 心理的口臭(ストレス、神経症、精神障害など)

このほとんどの口臭は、唾液が減ることから起きます。

寝ている間は唾液が出ないので、朝起きると口臭が強い。お腹ががすくと唾液が出ない。緊張すると交感神経が働き、唾液が出なくなる。更年期になると唾液が減り口腔乾燥を引き起こす。虫歯や歯周病も唾液の減少が原因。唾液が減ると舌苔が出来やすい。ストレスなどが原因の心理的口臭は、交感神経が活発になり唾液が減ることで起きます。

このように、口臭の多くは唾液の減少から起きているのです。

ですから、口臭が発生するのは唾液の減少が原因だと理解するほうがいいでしょう。

→ 口臭の原因がわからない!?よくある口臭原因と適切な対策方法

唾液を増やして口臭対策

効果的に口臭対策を行うためには、どのようにしてサラサラの唾液の量を増やすかがポイントです。

唾液量を増やす

小まめに水分をとる女性

唾液を作るためには、「水を飲む(水分摂取)」のが一番の方法です。唾液を臭くないようにするためには、唾液を多く出さないといけません。

そして、口内に残っている古い唾液を洗い流し入れ替える必要もあります。そのためには、小まめに水を飲むことが効果的です。水は一度に多量に飲まなくても、少量ずつ口に含むように何回にも分けて飲むといいでしょう。

唾液が臭い人の場合には、唾液が少ないために口に汚れや口臭菌が増えます。しかし、水を飲むことで汚れや口臭菌を洗い流すことができます。また、口がキレイになると唾液の分泌を抑制する効果もあるので、水を飲むことは大切です。

新鮮な唾液を沢山出すようにすることで口臭が減ります。そのために重要なことは水分を摂ること。

唾液を出すためには水分摂取が重要なのですが、コーヒーや緑茶・ウーロン茶は逆効果になります。コーヒーや緑茶・ウーロン茶には利尿作用があるので、かえって口が乾くことにも。
また、ジュースや牛乳などは口の中を酸性化しますので、口臭が発生しやすくなりますのでご注意ください。ですから、水を飲むのが一番良いです。

引用:いしはた歯科クリニック

どれだけ頑張って唾液を出そうと思っても、身体の水分が不足していれば、唾液が出ることはありません。だから、水を飲むことが大事です。

でも勘違いしないでください。ただ水を飲めば良いという問題ではありません。いっぺんに大量の水を飲んでも、尿や汗になって身体の外に出てしまします。飲んだ水を唾液に還元するには、小まめに少量ずつ飲むことが大切です。

水を飲むことで、細菌を洗い流し口内をきれいにする効果もあります。

口内を清潔にするには、「水を飲むことが大切」ということが理解できたのではないでしょうか。

サラサラ唾液にする

唾液をサラサラにするためには、ネバネバ唾液を分泌させる交感神経を抑えて、サラサラ唾液を出す副交感神経を活発にすることが必要です。副交感神経は精神状態がリラックスした時によく働きます。

リラックスする

お風呂でリラックスする女性

唾液の分泌が悪い場合には、加齢や糖尿病、薬の副作用などが原因になっているかもしれませんが、自律神経の乱れによって唾液量が減っていることが意外と多いのでご注意ください。

ですから、唾液を多く出すためには、ストレスを減らしリラックス状態を多く作る事が大切です。

ストレスの発散

不安や緊張などストレスが多くなると、交感神経に働き唾液が出なくなります。ストレスがかかると口が粘ついたり乾くのは、そのためです。

意識的にリラックス状態を作るように心がけることが大切です。リラックス状態を作る方法としては、ストレッチ体操で体をほぐし姿勢を良くしたり、笑顔を作るのも効果的です。

→ 舌が乾燥する原因の7割がストレスだった。解消する8つの方法とは?

深呼吸をする

深呼吸すると気分が良くなる

緊張時には、唾液が出なくなり口臭も強くなります。この対策として、昔から緊張したときには深呼吸が良いといわれています。
深呼吸すると、ストレスが緩和されることは、科学的にも証明されています。(日本理学療法学術大会より)

ストレスがかかると唾液がでなくなります。ですから、唾液を出したいと思ったら深呼吸すると良いです。

笑う

会話を楽しむ

笑うことで唾液中の免疫グロブリンが上昇した(免疫力が上がった)という報告もあります。
免疫力が上がると、唾液の臭いを抑えることも期待できます。

ウツ状態を感じている患者に、割り箸を横にして奥歯でかんで、無理矢理笑顔をつくるようにして、天井を見ることを1日10分間やってもらうだけでも、ウツ状態が良くなったと聞いたことがあります。

体の使い方はそれほど大事です。口臭を改善するために 日々笑うことを心がけてはいかがでしょう。

唾液の分泌を促す

多量の唾液を出すと口臭が改善されます。ですから、口臭を予防するには唾液の分泌を良くすることです。

唾液量を増やすために効果的な方法をご紹介します。

舌や顎を沢山動かすと、唾液腺が刺激されます。だから、食事の時、意識的に噛む回数を増やす。よく喋ると、唾液腺が刺激されます。

でも、唾液が少ないと口が粘つき臭くなるのです。

口がネバネバするイメージ

口臭を無くすには、サラサラした唾液を沢山出すことができれば解決します。しかし、「理屈では分かっていても、唾液を出すことは難しい。」そのように思っていませんか。

初めからあきらめてはいけません。特別な病気でないかぎり、唾液は努力次第で分泌することができます。

唾液腺

指で唾液腺を押すとかマッサージして唾液腺を刺激すると唾液が出やすくなります。この他にも、舌を動かす運動が唾液腺の刺激になります。

唾液の臭いを消して口臭対策

唾液量を増やしても、唾液自体が臭いと口臭は改善できません。それでは、ここからは、唾液の臭いを消すための方法をご紹介します。

唾液が臭い場合は、次のことが原因のことが多いです。唾液の臭い対策を行うことで唾液の臭いが改善されることでしょう。

唾液が臭くなる原因

  1. 唾液の分泌が少ない
    唾液が多いと口臭予防になりますが、量が少なく粘ついた唾液の場合には、口臭の原因になります。
  2. 歯周病や虫歯になっている
    歯周病菌が作り出す硫黄ガスは強烈な臭いで口臭の元となります。また、虫歯になると腐敗ガスが発生します。
  3. 舌が汚れている
    舌が白くなり苔ができると、口臭が発生します。口臭の6割以上は舌苔(ぜったい)が原因だといわれています。
  4. 歯磨きが上手にできていない
    ブラッシングの時間も大切ですが、人によっては、歯並びが悪かったりブリッジなどの補綴物が入っていて歯磨きが難しい場合があります。そのため、磨き残しができるとプラークが多量につき口臭原因となります。
  5. 口の中が不衛生
    たとえ、ブラッシングを丁寧にしていても、唾液の分泌量が少なかったり口呼吸になっていると、口腔内は酸性化して不清潔になります。
  6. 水分摂取が少ない
    水分摂取が少ないと唾液量も減少します。老化すると水分不足になっても感じないことがあるので、喉が乾かないときでも定期的に水分摂取する必要があります。
  7. 服薬の副作用
    降圧剤や抗うつ剤などお薬の種類によっては、唾液が分泌しなくなる副作用がある場合があります。
  8. 糖尿病など
    糖尿病などの場合には、口が乾くことがあり唾液が臭くなることがあります。
  9. ストレスが多い
    ストレスが多いと、自律神経に悪影響するため唾液が分泌しなくなることがあります。

これらが影響することによって唾液が臭くなります。
歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

臭い唾液をきれいな息にするためには、問題点を改善し対策することが必要です。
次のことを重点的に行なってみてはいかがでしょう。

舌苔の清掃

舌苔の清掃は、口臭対策する上でベスト3に入ります。

舌苔が付いていると唾液が臭くなります。対策としては、舌ブラシで舌苔を清掃するのが手っ取り早いのですが、舌磨きをし過ぎると逆効果になるのでご注意ください。

→ 舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・

唾液の臭い対策としておすすめな方法は、「舌苔(したごけ)うがい」です。

特に口臭菌が多く存在するのは、舌の奥と喉の扁桃(へんとう)です。そのため、舌の奥付近には舌苔(したごけ=ぜったい)が。扁桃(へんとう)には、膿栓や膿汁(のうじゅう)が出来ます。

これらを出来ないようにしないと、唾液はきれいにできないばかりか、口臭も予防できません。ですから、今日から「舌苔(したごけ)うがい」を是非とも行ってほしいと思います。

「舌苔(したごけ)うがい」の方法は簡単です。口に水を含み、喉を立ててガラガラうがいする。たったこれだけです。舌苔(したごけ)うがいについて詳しくは『舌苔(したごけ)うがい!口臭を防ぎ成人病まで遠ざけるすごい健康法』をご参考にしてください。

歯科治療・定期検診

虫歯や歯周病があると唾液に臭いが混じり口臭がします。虫歯や歯周病を治療することは、口臭対策で最も大事なことです。

虫歯や歯周病の初期は、自覚症状がなく自分では分からないことがあります。歯周病は当初痛みもないので、分かった時には進行しているかもしれません。
定期的に歯科検診を受けていると、初期に疾患を発見でき治療ができます。

また、3ヶ月おきに歯石除去やクリーニングを受けることで、口腔内を清潔にでき、ご自分でも口腔ケア意識が高くなります。

口腔ケア

口腔ケアは、定期的に歯医者さんで歯石除去をしただけではできません。最も重要な口臭対策は、毎日のブラッシングです。
そして、喉に炎症などがある場合には、喉のうがいケアも必要です。さらに、舌が汚れている場合には、舌ケアも必要です。

丁寧な歯磨き

歯科衛生士のブラッシング指導

唾液の臭いを抑制するためには、歯磨きをていねいにして口腔内を清潔に保つことです。

歯磨きは嫌々してはいけません。というのは、歯磨きを楽しんで行うとリラックス状態になり唾液が多量に分泌されることが分かっているからです。

楽しいことをイメージしながら歯磨きを楽しんではいかがでしょう。口内がさっぱりすると、唾液もよく出るようになりますよ。

→ 歯周病予防はマウスウォッシュでできない!効果があるのはセルフケアとプロフェッショナルケア

うがいで洗浄する

うがいで口内を洗浄する

唾液を臭わなくする方法が理解できたところで恐縮ですが、残念なことをお伝えしなければいけません。

それは、、、普通に歯磨きを行なっただけでは、完璧には口臭を予防することはできません。

歯磨きで歯はきれいにできますが、舌や頬、歯肉に着いている細菌までは除去できないからです。本来は、唾液が口内を洗浄しているのです。

唾液が舌を洗浄

細菌は口の奥の喉にも棲息するので、うがいを行うことが必要なのです。

関連記事

舌苔うがい!口臭を防ぎ成人病まで遠ざけるすごい健康法

重曹うがいの舌苔除去効果は?正しく舌をケアして口臭予防する

舌をキレイにするのは舌磨きではなく″うがい″だった。その理由とは・・・

アルカリイオン水でうがい

歯周病菌のイメージ

口内を清潔にすると、副交感神経が活発になり唾液が分泌されるようになります。そのためにおすすめなのは、アルカリイオン水です。

細菌が増えるのは、口の中が酸性のときです。反対にアルカリ性の所では細菌は生きられません。ですから、酸性食品を多く食べた後は、細菌が増えないように中和することが大事なのです。

本来、中和する役割は唾液が行なっていますがドライマウス症の場合には中和することができません。
それが問題なのです。

ドライマウスが治った女性

でも、ご安心ください。お勧めな方法があります。

その方法は、、、
美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水のうがい。

舌苔うがいで舌を綺麗にする

美息美人(びいきびじん)はアルカリイオン水の口腔ケア用品です。歯磨きだけではなくうがいにも使えるので、舌、頬、歯肉、喉も清潔にすることが可能です。

アルカリイオン水を使うと、口腔内がきれいになるので、口の粘つきがなくなり、さっぱりすると、唾液も出やすくなります。

唾液の代わりにアルカリイオン水で殺菌洗浄する

その結果、

サラサラ唾液が出て、きれいな息になります!

関連記事

口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

舌が白い!!それならアルカリイオン水でうがい!?

美息美人(びいきびじん)について【公式サイト】

美息美人(びいきびじん)は誰が使っても同じ効果がでるか??

まとめ

唾液が減ると、嫌気性菌が増えるため口臭原因になります。そのため、唾液を出すことが一番の口臭対策ですが、唾液の質もよくしないといけません。サラサラ唾液を多く出るようにすることが、口臭対策になります。

唾液の分泌は、ストレスや口内環境によって大きく影響されます。唾液は自立神経のバランスによって分泌するからです。清潔な口内環境になれば、自然とサラサラ唾液が出るようになるのです。

そのためには、歯磨きやうがいなど口腔ケアを丁寧に行うことが大事です。口内ストレスが無くなると、唾液がよく出て口臭が治ることでしょう。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する