歯ぐきが下がり歯が伸びた!痩せた歯ぐきを元に戻す方法

歯茎が下がり歯が伸びた

「歯ぐき下がり」でお困りではありませんか?

歯ぐき下がりって何という方もおられるかもしれませんが、歯ぐき下がりというのは、歯周病などが原因で歯ぐきが痩せ、歯根が見え歯が長く伸びたように見える症状のことをいいます。

歯がだらりと長く伸びて見えると、どれだけ美人でも老け顔に見えてしまいます。ところが、もし歯ぐき下がりを治すことができたとしたら、、、

今回の記事は、歯ぐきの痩せる原因と歯茎下がりの対策についてお伝えします。記事の内容は、クインテッセンス出版「歯科衛生士のためのDr.Hiroの超明解ペリオドントロジー」山本浩正著を参考に現役歯科衛生士ミヤコ月書いています。ぜひご参考にしてください。

歯ぐき下がりとは

差し歯と歯ぐきの境目

「歯ぐき下がり」は、歯科では「歯肉退縮」と呼ばれています。歯ぐきが痩せるという意味です。そして、歯ぐきが下がるのは、歯ぐきが痩せることから起きます。

歯ぐき下がりになると問題になるのは、上に画像をご覧になっても分かるように、見た目が良くないからです。
歯が長く伸びてみえると、どれだけ顔がきれいでも老けて見えます。ですから、歯を白くするホワイトニング同様、歯ぐき下がりを治したい人が多いです。

歯ぐきが下がると知覚過敏になる

歯ぐきが下がり歯が長くなると、一変にお年寄りのように見えてしまいます。これは見た目が悪くなったということですが、実は、歯ぐきが下がると歯根が見えるようになります。

歯の上部は、硬いエナメル質でできていますが、歯根部は柔らかい象牙質からできています。象牙質には無数の小さな孔があり、神経に繋がっているため、冷たい飲料や甘いチョコレートなどを食べると、「痛い!」「しみる!」ということになります。

知覚過敏についてはこちらをご参考にしてください。
>>知覚過敏で歯がしみる!歯磨きのし過ぎは嘘!?痛みの原因と治し方

虫歯や歯周病になりやすくなる

象牙質の歯根部の表面は、ザラザラしていて歯垢が付きやすい。そのため、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。歯垢や歯石がつかないようにするためにも、歯ぐきが下がった、歯が伸びたと感じたら、今までもより丁寧に歯磨きを行うようにしましょう。

歯ぐき下がり(歯ぐきが痩せる)の原因

歯ぐきが下がる、歯ぐきが痩せるのは、何が原因なのでしょう?

一般に良く言われているのは、歯ぐきが痩せた原因は、「歯ぐきをブラッシングしたから。」果たしてそれだけなのでしょうか?

歯周病が歯ぐき下がりの原因

歯周病になりたくない女性

歯と歯肉の境目にプラークが付着すると、歯肉に炎症が起こることになります。炎症が起きるのは、細菌の侵入を防ぐ生体の防御反応ですが、同時に歯肉細胞も破壊します。

そして、それまで付着していた歯肉と歯根が離れ、間の溝が深くなり、歯周ポケットが形成され、歯の周囲の骨も吸収します(歯周炎)。その結果、歯肉も下がってしまうのです。

初期の歯周病(歯肉炎)の段階で治療すれば、歯肉が下がる(歯が伸びる)ことは起こりません。歯科治療とブラッシングケアをきちんと行えば、一時的にポケットが出来ても元に戻るので、歯肉炎の段階で治療を受けることが大事です。

歯周病になると、歯ぐきと歯槽骨のどちらも歯周病菌に侵されるのです。詳しくは、『歯周病に効く市販の薬と歯磨き粉はコレ!正しい使い方はコレ!』をご参考にしてください。

→ 歯周病とは?わかりやすく説明します

歯肉へのブラッシングによって歯ぐきが痩せる

歯ぐきに歯ブラシを当てて磨く

歯周病予防のために、歯肉を歯ブラシでブラッシングする人がいます。たぶん、ブラッシングすると歯肉をマッサージする効果があると思っているのでしょう。

しかし、よく考えてみると、口の中以外の体の部分で歯ブラシのような硬い毛先でゴシゴシと磨くことはありません。まれに、健康のためにブラシで体をこする人がいるようですが。普通入浴時には柔らかいタオルでこするのではないでしょうか。

話がそれてしまいましたが、丈夫な歯ぐきであれば、たとえ歯ぐきをブラッシングしても問題ないかもしれません。しかし、歯周病にかかり歯ぐきに炎症が起きてブヨブヨしていたり、元々、歯肉の厚みが薄い場合には、歯ブラシで歯ぐきをゴシゴシこすると、歯ぐきが痩せてしまうのでご注意ください。

歯並びが悪いと歯が伸びる原因になる

歯並びが悪いと磨きにくい

歯並びが悪い状態とは、歯が外に飛び出している八重歯や傾斜している歯、捻転している歯などのことをいいます。

八重歯や傾斜している歯の場合には、歯肉が薄くなっていることが多いです。その薄くなっている歯ぐきを硬い歯ブラシでゴシゴシとこすると、歯ぐきが痩せるリスクが高くなります。
その結果、歯が長く伸びたようになるのです。

歯ぐきが下がった場合の対策

歯ぐきの移植手術

歯ぐきが下がったというのは、歯肉が痩せた状態のことをいいます。一度、歯ぐきが下がると歯ぐきが元に戻ることはありません。同じように歯槽骨も元に戻らないので、自然に歯ぐきが太ることはないです。

誤解しないで欲しいのですが、歯肉炎の初期で歯周ポケットが2ミリ以下程度であれば、歯石除去やクリーニングを受け、ていねいにブラッシングケアすることで、歯肉が元に戻ることができます。

しかし、一般的にいわれているような「歯ぐき下がり」。見た目にも歯が伸びている場合には、どれだけケアを行っても元には戻りません。

それでは、あきらめないといけないのでしょうか?

そんなことはありません。歯科治療(手術)によって歯肉を復元することができます。

その方法は、口の中の歯肉の一部を切除して、歯肉が痩せている箇所に移植する手術を行います。通常は、術後数か月経過することで歯肉が定着しきれいになります。

しかし、これはその部分の骨の健康度が高い場合です。骨が吸収され元気がないと、移植した歯肉に栄養を与えることができません。そのため、せっかく移植手術をしても、治らないことがあるそうです。

歯ぐき下がり(歯ぐきの痩せ)の予防

歯のクリーニングをする女性

歯ぐき下がり(歯ぐきが痩せる)にならないようにするには、どうすればいいと思いますか?

歯ぐき下がり(歯ぐきが痩せる)になる原因で多いのは、歯周病です。ですから歯周病にならないようにすることが一番大事なことです。

歯周病は、感染当初は痛みもなく進行する病気のため、気づかなく放置してしまうことが多いです。歯ぐきが腫れたり口臭がひどくなり気づくことになります。

歯茎が臭いと感じたら「歯茎が臭いそれは歯周病から口臭に発展した証拠。うがいで口臭を消す方法とは?」をご参考にしてください

毎日ていねいに歯みがきケアを行うことは大切ですが、歯周ポケットができると歯肉の下の歯根部までブラッシングすることはできません。

そのため、プラークが増え歯石も着く。歯石が着けばプラークが付きやすくなるという悪循環になるのですね。そのようにならないように、最低でも3か月に1回程度は、歯科で歯石除去とクリーニングを受けられることをおすすめします。

ワンタフトブラシで歯と歯茎の間を磨く

そして、重要なことは、お家での予防です。歯ぐきを硬い毛先の歯ブラシで磨くと歯ぐき下がりを起こします。

そのようにならないためにも、歯の表面は硬い毛先の歯ブラシで。歯と歯茎の間の溝部分は柔らかい毛先の歯ブラシで磨くというようにすると良いです。できれば、その部分はワンタフトブラシを用いて、スポットでブラッシングすると、歯ぐきを傷付けるだけではなく、磨きにくい歯周ポケットの中もきれいにできるのでおすすめします。

歯間ブラシをした時のニオイが気になる場合は⇒⇒歯間ブラシが臭い!その原因と取り方について現役の歯科医が教えます。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する