コーヒーが口臭原因になる!でも、この口臭予防法で安心!

コーヒーは口臭が発生する

コーヒーが口臭原因になる理由と予防法について

コーヒーはいい香りがするため好きな人が多いですよね。ところが、コーヒーを飲むと強い口臭が発生します。そのため、コーヒーを飲みたいけれど、飲んだ後の口臭が気になるのがネックになっているのではないでしょうか?

コーヒーが口臭原因になる理由は、カフェインとコーヒー豆の微粒子にあります。カフェインの作用でコーヒーを飲むと唾液が減少し、コーヒー豆が口内を酸性化させ細菌を増殖させてしまうからです。コーヒーを飲むと口臭が発生するのはそういう理由からなのです。

だから、口臭が飲めないというのはあまりにも可哀そうです。

ご安心ください。コーヒーが原因の口臭を予防する方法があります。これらの予防法をコーヒーを飲む前と後に取り入れることで口臭を予防できるようになります。

今回の記事は、コーヒーが口臭原因になる理由と口臭を予防する方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

コーヒーが口臭原因になる理由

コーヒー

口臭を予防するためには、「コーヒーを飲むのをやめて口臭をなくしましょう。」というのが常識かもしれません。

でも、あなたがコーヒー好きであれば、それは本当に辛いお話しですよね。
私もコーヒーが大好きですので、コーヒーが口臭に影響するということを知ったときには、本当にショックでした。

コーヒーのイメージといえば、仕事が忙しくいらいらしている時でも、コーヒーを飲むと気持ちが落ち着く感がありました。ですから口臭も減るようなイメージでした。

あなたは、どうですか?
口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

コーヒー豆の微粒子が臭い

コーヒーは良い香りがしますが、コーヒー豆の微粒子が口臭原因になります。コーヒーを飲むと、舌の粘膜に豆の微粒子が付着して残ります。舌からの硫黄ガスと豆の臭いが混じると独特の口臭になるのです。

コーヒーを飲んだ後の口臭の原因となるものは、実はコーヒー豆に含まれている微粒子です。

一般的に、コーヒーは豆を焙煎し細かく粉砕してからお湯でドリップして作ります。この時にコーヒー豆の粉末に混ざっている豆の微粒子が溶け出し、コーヒーを飲んだ後にそれが舌の表面の突起物に付着して溜まるからです。

このコーヒー豆の微粒子が口臭の直接の原因物質です。フリーズドライで乾燥させて作ったインスタントコーヒーでも、この微粒子はやはり混ざっています。

缶コーヒーでも同じように缶の中に溶け込んでいます。

カフェインによって唾液が減る

コーヒーを飲むと気持ちが落ち着くという方がいますが、カフェインの作用で神経が緊張します。コーヒーを飲むと交感神経が活発になり唾液が減少するのは、そのためです。

唾液が減ると口が乾くので、口臭が発生するのです。

→ 唾液が臭いから口臭が気になる!効率的な口臭対策のポイントは?

利尿作用によって唾液が減る

コーヒーが口臭を引き起こしやすい理由は、それだけではありません。それだけではありません。コーヒーを飲むと利尿作用が働き、唾液を作る水分が不足し唾液量が減ってしまうのです。

これだけでも、コーヒを飲むと口臭が発生しやすくなるんだな~と思いませんか?

でも、これだけではありません。

酸性のため口臭菌がふえる

コーヒーには、クロロゲン酸やリンゴ酸、クエン酸等が含まれています。そのため、PH5~6 の酸性飲料 だったのです。ということは、コーヒーを飲むと口内は酸性になります。

口臭にとっては、これが大きな問題です。口臭の原因となる細菌は、酸性の環境で活発に活動をします。すると、細菌が揮発性硫黄化合物(硫黄ガス)を産生するわけです。これが口臭です。

ですから、舌が白くなっていたり、歯肉炎になっているような口内に細菌が多い人がコーヒーを飲むと、口が粘つき口臭を発することになります。これが、コーヒーを飲むと口臭を発する理由です。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

コーヒーを飲んだ後の口臭予防法

「でも、私のようなコーヒー好きな人間はどうすれば良いのでしょう?」

大丈夫です。次のようにすると口臭を予防できます。

水を飲む

コーヒーに入っている豆の微粒子が舌の表面に残ることで口臭がおきます。ですから、コーヒーを飲んだ後は、しっかりと水を飲んでください。口を洗浄する気持ちで飲むといいでしょう。

舌の汚れを落とす

豆の微粒子は舌乳頭の間に付着するため、唾液のニオイにコーヒー臭が混じり悪臭となります。ですから、水を口に含んで、舌を上あごにこすりつけ豆の微粒子を落とします。これで、舌の表面に着いている細菌も取れます。詳しくは『舌が臭い原因はこれ!対策はこうする!』をご参考にしてください。
舌苔については⇒⇒『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

喫煙を控える

コーヒーを飲むときに喫煙をされる人が多いのですが、タバコに含まれるニコチン・タールは、それだけでも臭く、コーヒー臭と混じるとよけいに嫌な口臭となるのでご注意ください。

また、喫煙は毛細血管を収縮させるため、歯肉炎・歯周病の原因になるともいわれています。歯周病菌がつくる口臭は、特に臭いので口臭が気になる場合は、禁煙されることをおすすめします。

→ タバコは口臭をひどくする!喫煙後の口臭を消す方法

ガムを噛んで予防する

コーヒーが口臭原因になるのは、唾液が減少するからです。ガムを噛むと唾液分泌を促す効果があります。ですから、コーヒーを飲んだ後は、ガムを噛むと良いです。その場合はシュガーレスガムをおすすめします。

→ ガムは口臭に効果があるか?口臭予防のためのおすすめの噛み方

うがいで洗浄する

食事やコーヒーを飲んだ後は、口内が酸性化します。そのため、口臭菌が活発になるので口臭がでます。ですから、口内環境を中和させることが大切です。

おすすめは、美息美人のアルカリイオン水を使ってうがいを行なうことです。食後の口内の汚れを洗浄できるだけではなく、口内をアルカリイオン水で中和させる効果も期待できます。

→ 舌苔うがい!口臭を防ぎ成人病まで遠ざけるすごい健康法

まとめ

コーヒーを飲むと口臭原因になる理由が分かったのではないでしょうか。

また、今回ご紹介した予防方法だけでも、コーヒーを飲んだ後の口臭予防になりますが、できれば、水よりも美息美人(びいきびじん)を使った方がもっと良いです。というのは、普段から口腔内の細菌をコントロールできていれば、たとえコーヒーを飲んだとしても、口臭が発生することもないからです。コーヒーを良く飲まれる方は、ぜひお試しください。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する