本気で口臭をなくしたい人向け!口臭対策のコツをご紹介

口臭が気になる女性

口臭をなくす方法とコツについて

口臭をなくす方法と聞けば、「簡単に口臭を治す」とか「食べ物で口臭を消す」方法を想像するかもしれませんね。しかし、それらの方法で口臭を一時的に消すことができたとしても、口臭症を改善することはできません。

口臭の9割は口内に原因があります。喉からの口臭を合わせれば、ほとんどの口臭は口と喉に原因があるのです。ですから、賢く口臭対策を行うとすれば、ブラッシングとうがいをいかに効果的にするか?

そして、舌と喉のケアをどのように行うかがポイントになります。また、意外かもしれませんが、心身の健康が口臭に影響するので、その対策も重要になります。心身の健康と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、健康になる方法は実にシンプルです。

今回の記事は、「口臭をなくす方法」と題して口臭を改善するための鉄板の方法をお伝えします。口臭でお困りでしたら是非ご参考にしてください。

口臭をなくす方法:診断と治療

口臭をなくす前に重要なことは、あなたの口臭原因が何なのかを調べることです。口臭原因が分からないのに、むやみやたらに対策をしても空回りになるかもしれないからです。

歯科

口臭の90%は、虫歯や歯周病など歯科疾患に原因があるといわれています。

口臭は口の中の病気が原因で発生するものが9割以上であり、全身疾患(内科的、耳鼻科的な病気など)が原因で発生するものは1割にも満たないのです。
引用:兵庫県歯科医師会

効率よく口臭をなくすためには、先ず歯科を受診されることをおすすめします。歯科でハッキリと「口臭が気になるのですが。」と言うことが大事です。

【歯科での診療】

  1. 受付、問診票記入
  2. チェアサイドで問診
  3. 歯周基本調査(歯周ポケットの深さ)
  4. エックス線写真撮影
  5. 口腔内診査
  6. 治療
  7. 定期健診(診察、歯石除去、クリーニング)

歯科に口臭の原因がある場合は、これだけでかなり口臭が改善されるので、悩む前に診察を受けられてはいかがでしょう。

関連記事
口臭外来で治った人と治らない人の違いとは
口臭外来と一般歯科の口臭治療の違い?治療費は○万円と歯磨きケア用品の費用

耳鼻咽喉科

口臭の10%にも満たしませんが、耳鼻科疾患が口臭原因になっていることがあります。歯科治療を受けても口臭が改善しない場合には、耳鼻科疾患を疑ってみてはいかがでしょう。

(口臭原因には)副鼻腔炎の後鼻漏、慢性咽喉頭炎、咽喉頭炎。扁桃にたまる膿栓(があります。)
引用:順天堂大学医学部附属順天堂医院 耳鼻咽喉・頭頸科

【膿栓の取り方】

ケースによって専用の器具を使い分けて取ります。

  1. 扁桃の穴に埋まっている…圧迫して押し出す、吸引する
  2. 見えている場合は、ピンセットでつまんで取り除く
  3. 扁桃の穴を洗浄

一度膿栓を除去しても、膿栓ができる根本原因である耳鼻科疾患を治療しないと、何度でもできることが多いです。

→ 口臭の元、膿栓がよくできる人の根本原因と予防策!
→ 口臭の原因になる膿栓には取れるタイミングがある!

口臭をなくす方法:ブラッシングケア

ほとんどの口臭原因は口内に原因がありますが、それらは大抵歯磨き不足から起きているのです。口の中は複雑で歯と歯の隙間も狭い。そのため、ていねいに歯磨きを行っているつもりでも磨き残しができます。

この磨き残しの歯垢が臭いために口臭となりますが、歯垢があると虫歯や歯周病を引き起こすために、更に口臭が強くなるのです。

→ 夜歯磨きしないとどうなる?虫歯だけではなく、翌朝、口臭を招くのでご注意!
→ 奥歯の歯茎が臭い!歯周病は歯磨きだけでは治らない?

実は、口臭をなくす一番の方法は、歯磨きです。「な~んだ」と思うかもしれませんが、歯磨きのやり方や歯ブラシ・歯磨き剤の種類によって歯磨きの効果には雲泥の差が生まれるのです。

歯ブラシ

ドラッグストアに行くと、沢山の歯ブラシがありどれにしようか迷ってしまいませんか?

歯磨きの効果や効率を基準に考えると、「電動歯ブラシ」が良いです。オススメは「ブラウンオーラルB」です。回転力が強く歯垢をよく落とせます。手では電動歯ブラシのように上手く磨くことはできないので、この機会に電動歯ブラシに変えられてはいかがでしょう。

電動歯ブラシは少し高価ですが、虫歯や歯周病の予防になることを考慮するとお得かもしれません。

歯ブラシは一種類ではなく、歯間ブラシ、デンタルフロス、ワンタフトブラシと、磨く部位によって使い分けることがコツです。一般的な歯ブラシでは、狭い歯の隙間を磨くことは困難です。面倒かもしれませんが、口臭をなくすためにはこのくらいは必要です。

→ 正しい歯間ブラシを使った歯の隙間の磨き方とは?臭いと出血を抑えます
→ 歯槽膿漏で臭い!歯周病で口臭がひどい時の対策

歯磨き剤

口臭をなくすためには、歯垢を除去しないといけません。市販の歯磨き粉には、効率よく歯垢を落とすために研磨剤や合成界面活性剤が含まれています。

しかし、これらの添加物が口臭を引き起こす原因になっていることをご存知ないと思います。刺激性の添加物は、舌粘膜を角化し口腔を乾燥させます。そのため、歯磨きをしているのに口臭が強くなる人がいます。強くなる人がいるというのは、強くならない人もいるからです。

その違いは、唾液が十分に分泌しているかどうかです。唾液が多い人は、たとえ歯磨き粉が口に残っても唾液によって洗浄されるのですが、唾液が少ないドライマウスの人の場合には、添加物が口に残り口臭原因となるのです。

ドライマウスの場合は、無添加の歯磨き剤に変えることをおすすめします。

→ 舌がひりひりする!原因は歯磨き粉によって舌苔ができたから
→ 口のネバネバは歯磨き粉が原因!?ネバつき解消法4つ

口臭をなくす方法:うがい

口臭が発生するのは、口内と喉に汚れや細菌が増えることから起きます。ですから、歯磨きだけでなく「うがい」を行うことも大切です。

口内が汚れると唾液の分泌が悪くなり唾液が粘つきますが、うがいをした後は口内がすっきりし唾液の分泌が良くなります。

→ 口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

口内のうがい

口内を洗浄するときのうがいの方法は、ブクブク、クチュクチュという感じで行いますよね。この時、右左、歯の裏と水が強く当たるようにうがいをするのがコツです。

→ 舌苔うがい!口臭を防ぎ成人病まで遠ざけるすごい健康法

喉のうがい

喉の粘膜には、細菌の死がいや粘液が付着するため、痰と混じった膿汁ができて臭くなりやすい部位です。喉に細菌が増えると膿栓もできるので、うがいで喉を清潔にすることは口臭予防として重要です。

喉うがいの方法は、首を立てガラガラと音を出しながら行います。この時、水が喉の左右にある口蓋扁桃に当たるようにするのがコツです。

→ 膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

口臭をなくす方法:舌のケア

口臭の6~7割は、舌苔(ぜったい)から発生するといわれています。

舌苔は最大の口臭源で、口臭の6割が舌苔から発生します。
引用:日本歯科医師会 テーマパーク8020

ですから、口臭をなくすために舌苔をケアすることは絶対に必要です。しかし、舌苔を除去するために舌ブラシでゴシゴシと磨くと、舌粘膜を傷付けてしまい、舌苔が慢性化することになるのでご注意ください。

→ 舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・

それでは、どのようにすれば舌を傷付けないで清掃できるでしょう?

舌が少し白くなっている程度であれば、胃腸を休ませたり、十分に睡眠をとることで治るでしょう。厚い舌苔がびっしりとある場合には、朝と夜の歯磨きの後に、舌ブラシを使って舌の奥のほうから優しくなぜると良いでしょう。(舌磨きは2回程度に抑えることが大切)

舌清掃に美息美人のアルカリイオン水を使うと更に効果的です。

使い始めてから、歯磨きと舌磨き(コットンを美息美人の水に浸したもので、優しく拭く)が楽しい時間となっています。口の中が気持ち良く、口臭も着実に減っているので嬉しいです。舌もきれいになって来ました…
引用:美息美人のお客様の声

口臭をなくす方法:健康面

口臭は、体調が不調になると出ます。口臭がある時は、体の健康状態が良くないか、ストレスで精神状態が良くないことが多いのです。

ですから、口臭をなくすためには心身を健康にすることが大切です。

体の健康

病気でないことが大事ですが、病気になっていなくても不健康な生活を送っていると、体調不良を起こします。慢性的に体調不良になると、自覚症状がないことがあるのでご注意ください。

健康的な生活にするには、次をご参考にしてください。

  • 良く寝る
  • 腹八分目(暴飲暴食しない)
  • 疲労をためない(疲れたら休む)
  • 軽い運動習慣(一日8,000歩など)
  • 喫煙しない
  • アルコールはほどほどにする

→ 内臓が悪いと口臭がする!胃腸、肝臓、糖尿病、癌などの病気が原因
→ 舌が白くなる原因!疲れ?ストレス?病気?風邪?それとも…

精神面の健康

ストレスは口臭に大きく関係します。ストレスがあると交感神経が活発になりドライマウスを起こすからです。精神面を健康にする方法をご紹介します。

  • よく笑う
  • 楽しいことを考える、楽しいことをやる
  • ストレスになる事象の意味付けを変えてみる
  • 深呼吸する
  • 体を動かす(運動)
  • 良く寝る

→ ストレスが口臭原因かも?口臭を改善するためのポイントについて
→ 舌苔が取れないのはストレスが原因!ストレス解消と舌のケアはこうする!

まとめ

今回の記事は、「口臭をなくす方法」というタイトルでしたが、口臭をなくすために大切なことをお伝えさせていただきました。

口臭対策や予防で、ブラッシングケアやうがいは当然かもしれませんが、それらを行う目的や理由が理解できれば、やる気も変わってくるかもしれませんね。

また、意外だったかもしれませんが、口臭をなくすために心身の健康を作ることが大切なことです。周りの人たちを見れば分かりますが、明るく元気な人たちの多くが口臭も少ないのです。

是非、実践してみてください。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する