臭い玉が見えないのはなぜ?口臭予防に必要な対策について

臭い玉が良くできて困るわ

膿栓(臭い玉)が喉の奥にあるみたいなのに見えない。「口臭がしているので膿栓があるに違いない」、そのように悩まれている方がいます。

膿栓が溜まっているかどうかを調べるには、耳鼻科で診てもらうのが良いのですが、膿栓程度では診察してもらえないことがあります。もし診察を受けて、内視鏡を使って見てもらっても、膿栓が見つからないケースまであります。

今回の記事は「膿栓が見えない場合の原因と対策」についてお伝えします。同じ症状でお困りでしたら、ぜひご参考にしてください。

膿栓が見えない

膿栓は扁桃の免疫システムで細菌やウイルスと戦った結果できるもので、主に口蓋扁桃のボコボコとしたくぼみに溜まります。膿栓の始めは膿で、食べかすなどの汚れが固まり大きく成長します。ですから、大きくならないと膿栓を見つけるのは難しいです。

膿栓が成長しても、膿栓が溜まる口蓋扁桃の陰窩が細かったり曲がっていると、鼻からの内視鏡でも見つからないことがあります。また、喉の左右だけではなく、咽頭扁桃や舌扁桃に膿栓ができることもあるので、口蓋扁桃にあるものだと思っていると、発見できないかもしれません。

違和感がある理由

膿栓は米粒ほどの大きさですが、扁桃腺に膿栓がたまると喉に違和感を感じるようになります。ところが、膿栓が見えていないけれど「違和感がある」という人も。

本当に膿栓がないけれど、喉がイガイガするなど異物感を感じる場合には、ヒステリー球(咽喉頭異常感症)と呼ばれる神経性の症状かもしれません。耳鼻科や内科の疾患が原因ではなく、ストレスが影響するようです。

喉が重たいのはストレスが原因だった。疲れたらやる喉ケアとは?

扁桃のくぼみに隠れている

膿栓が見えない場合には、扁桃のくぼみに隠れていることが多いです。

膿栓が最初できるのは、口蓋扁桃の陰かと呼ばれるくぼみの中です。扁桃のくぼみに食べかすなどの汚れが溜まり膿と固まると、大きくなった膿栓が扁桃の表面に出てきて目で見えるようになります。そのため、内視鏡を使って見ても見えないケースがあるようです。

見えていなくても、扁桃の周囲を押すと膿栓が出てくることがあります。

口臭がある

膿栓が見えていなくても、喉に口臭を感じるケースは多いです。多少膿栓があっても、直接的には口臭原因にはなりません。ただし、膿栓が毎日のようにポロポロ出てくるようなケースは別です。

Yahoo!知恵袋で「臭い玉」を検索すると、「臭い玉が出て気になる。」という質問が多く載っています。ところが、「不快なニオイがする」とか、「臭い玉ができて口臭で困っている。」という人が、ほとんどいないのです。

これって、どういうことなのでしょう?

臭い玉が出たことで、「口臭がするかもしれない」と不安になっている人が多いのですが、実際は「口臭がしているかどうかわからない?」というのが事実のようです。それでは、臭い玉と口臭は関係ないのでは?

臭い玉=口臭 ではありません。口臭原因は歯周病や舌苔などがほとんどです。
口臭には種類がある!ケース別の対策が必要だ

口臭がしているかどうか分からないけれど、喉の粘つきが不快という人がいます。

膿栓(臭い玉)が定期的に出てきます。つまり、常に喉奥に溜まっているという事です。
実際に周りににおっているかまでは分からないですが、喉奥がネバっとした感じがするし、常に不快です 。

テレビの番組で何度か臭い玉(膿栓)が特集されたことがあります。でも、テレビで放送されたからといってそのまま鵜呑みにするのは危険かもしれません。歯科医師の相談サイトで、「臭い玉は口臭原因でない!」と真っ向から否定するご意見もありましたのでご紹介します。

テレビで膿栓が口臭の原因ともなるとの報道が確かに以前あったのですが(確か、特命リ○ーチ…)、私はこれに否定的です。
膿栓が口臭の直接的な原因となるとのエビデンスは、完全にははっきりしていませんし、なにより膿栓は、誰にも存在するものであるからです。
膿栓も、口臭の「一つの」原因とはなるかもしれませんが、決定的な原因とはいえないと思われます。
出典:歯チャンネル88 歯科相談室 中本歯科医師

臭い玉が口臭原因にならないという意見の代表が、次にご紹介する耳鼻科のお医者さんのコメントです。耳鼻科医師としてハッキリと否定されています。

膿栓自体には病的な意味合いはあまりありません。症状としては、せいぜい嚥下する時に異物感を感じるくらいです。潰せばいやな匂いがしますが、膿栓が口の中にあるだけで、それが口臭の原因となることはまずありません。

…膿栓が出来ること=扁桃腺での細菌活動が盛んというわけでもありません。細菌の活動が盛んになると、膿栓が多発し、扁桃腺自体が腫れたり、痛みが出たり、熱が出ることもあります。このような場合は慢性扁桃炎として考えるべきで、こうなれば何らかの治療が必要ですが単に時々膿栓が口から出てくるだけであれば特に何もする必要はありません。
あまり、無理して除去することもお勧めできません。
出典:隅田耳鼻咽喉科

結論としては、膿栓は気になるほどの口臭にならないので、無理に取る必要もないけれど、痛いと発熱があれば扁桃炎の可能性が高く、治療が必要になると思ってください。

まとめ

膿栓がある時には、膿栓を除去すると違和感や口臭がなくなります。(一時的かもしれませんが。)

しかし。膿栓が見えないけれど違和感(異物感)があるという場合には、原因は膿栓ではなくヒステリー球などのようなストレスが影響していることがあるのです。

そして、膿栓が直接の口臭原因ではないことが分かったと思います。本日のブログをまとめると、、、

  1. 臭い玉は、直接の口臭原因ではない。他に原因があるかもしれない。
  2. 臭い玉は誰にでもできるもの。そして、臭い玉が出来ているからと言って慢性扁桃炎と決めつけてはいけない。
  3. ただし、異常に多量の臭い玉ができるとか喉に痛みがある場合などは、慢性扁桃炎かもしれないので耳鼻科で診てもらうことが大事。
  4. 臭い玉を取っても、根本的な口臭予防にはならない。
  5. 口臭の元は、扁桃から分泌される粘液に細菌が繁殖してガスを発生しておきる
  6. 喉にたまっている臭いガスを吐き出すと口臭になる
  7. 粘液がよく出る人は、膿栓や舌苔ができやすい
  8. 口臭が強い人は、口呼吸か唾液が少ないのどちらか
  9. 緊張したり不安などストレスが強いと口が乾くので口臭が起きやすくなる

口臭を予防するには、口呼吸であれば鼻呼吸に改善することが大事です。また、唾液が少ないのであれば、唾液がよく出るように工夫努力することも大事です。

ドライマウスを改善できれば、粘液と膿栓ができにくくなるかもしれません。ドライマウス対策については『ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する