歯磨きしても口がネバネバする原因10!唾液の粘つき対策はこうする!

口がネバネバするイメージ

口のネバネバについて

口の中がネバネバするのは、ドライマウスの典型的な症状です。口が粘つくと、口臭、虫歯、歯周病、舌苔の原因になるので、口の中がまずく(苦く)なります。

そのため、「口がネバネバする」と困っている方が多いのですが、その対策方法についてはあまり知られていないようです。

口のネバネバを治すには、先ず、口の粘つく原因を知らないといけません。

今回の記事は、「口のネバネバする原因と対策方法」についてお伝えします。口の粘つきにお困りでしたら、是非ご参考にしてください。

美息美人で口臭対策したお客様の声1.000件

※このブログの一部記事は、オーラルウェルネスクリニック院長・
ファストロ滋子医師により監修を受けております。
オーラルウェルネスクリニックへのお問合せ先:https://oralwellness.jp/
本サイトの記事に関するお問合せはこちらまでお願いします:123@ueb-a.com

※2019年1月26日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年7月7日に再度公開しました。

サラサラ唾液とネバネバ唾液

唾液には、サラサラとした唾液とネバネバの唾液の2種類の唾液があります。サラサラ唾液はリラックス状態に分泌され、ネバネバ唾液は緊張した状態のときに出ます。

唾液にはお互いの役割があり、サラサラ唾液の役割は口内を洗浄すること。そして、ネバネバ唾液の役割は、細菌をからめとることと舌など粘膜の保湿です。

このようにサラサラ唾液とネバネバ唾液には、それぞれの働きがあるので、その時々のタイミングとお互いのバランスが必要になります。

→ 舌が白くなるのはネバネバ唾液が原因!サラサラ唾液を出せば舌がキレイになる!

口のネバネバが起こす弊害

ドライマウスで口臭が気になる

口が粘つくのは、ドライマウスが原因です。ドライマウスは、唾液量の減少と口呼吸が原因でおこるのですが、口腔が乾燥すると口臭がひどくなったり歯周病になるなど様々なトラブルを生じるようになります。

ドライマウスになると次のような症状があります。

  1. 口臭がある
  2. 口や唇が乾く
  3. 口がネバネバする
  4. 口が粘つきしゃべりにくい
  5. 水をよく飲む
  6. 夜間に口が乾き水を飲むことが多い
  7. クッキーやパンを飲み込みにくい
  8. 義歯で粘膜に傷つくことが多い

口臭

口の奥から口臭がする

唾液にはサラサラ唾液とネバネバ唾液の2種類がありますが、ネバネバ唾液が多くなると口臭の原因になるのでご注意ください。

⇒⇒ 唾液が臭いのは舌が汚れているから。うがいで口臭を洗い流す方法とは?

舌苔(ぜったい)ができるのは個人差がありますが、唾液が少ないことと口呼吸(いびきの場合も)が大きく影響しています。

詳しくは『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?』をご参考にしてください。

口腔乾燥症が生じると不快感だけではなくむし歯の増加や歯周病の原因、さらには口臭や味覚の異常を生じる場合もあります。
引用:東京歯科大学 千葉歯科医療センター ドライマウス外来

不快感

口が粘つくとそれだけで不快ですが、その他にも口腔が乾燥するために細菌が増え、舌苔ができたりします。唾液が粘つくと、唾液が苦いとか口がまずいということが起きてきます。

口の中が不味く感じる原因は、この他にもあります。詳しくは「口が苦い、口が臭いと思ったら読んで実践してほしい5つのこと」をご参考にしてください。

虫歯・歯周病になる

唾液が粘ついた状態というのは、唾液中に細菌が増えています。口内も酸性に傾いているために虫歯や歯周病に感染しやすくなっているのです。

舌苔(ぜったい)ができる

舌が白いから口臭がする

口がネバネバしていると、舌苔(ぜったい)ができやすくなります。舌苔(ぜったい)とは、舌に白く(または黄色)できている苔(コケ)のことをいいます。
舌苔については⇒⇒『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

舌苔は、口の汚れと細菌が固まってできているのですが、その汚れがはがれ唾液に混じるため、よけいに唾液が粘つきます。このように、ドライマウスは悪循環になります。

口がネバネバするのは

唾液の出し方を教えます

「口の中がネバネバする」最大の原因は唾液が少ないからです

しかし、唾液の減る原因は人によって違うので、自身の原因を知ることが大事です。

【唾液の分泌が減る原因】

  • 加齢(舌筋などの筋力低下、唾液腺の衰え)
  • 自律神経失調症
  • ストレス
  • 薬の副作用(降圧剤、睡眠誘導剤、安定剤など)
  • 糖尿病・腎臓病など内科疾患
  • 口内の汚れ(歯周病、虫歯、舌苔などで細菌が増殖)
  • シェーグレン症候群
  • 更年期障害

引用:大阪大学歯学部附属病院 口が乾く、ネバネバする、食べづらい、しゃべりづらい

薬の副作用が原因

「唾液がネバネバする」と訴えられる人に以外と多いのは、「薬」の副作用によるものです。

薬の副作用で口が乾く

薬の中には、「唾液が減少する」副作用の薬があります。私の母も「口が粘つくけど、どうしてなんだろう?」とずっと悩んでいましたが、その原因は薬の副作用でした。

原因がはっきりしないのに口が粘つく場合には、今どんな薬を飲んでいるか調べられてはいかがでしょう。

もし、副作用のある「お薬」を服用している場合は、かかりつけのお医者さんに「お薬の変更」についてご相談されると良いと思います。

抗コリン作用がある薬を服用すると、唾液の分泌が抑えられてしまいます。

ドライマウスになる薬

(唾液が減少する)副作用のある薬

    • 睡眠剤
    • 抗うつ剤、抗不安薬
    • 腹痛
    • 風邪薬
    • アレルギー症状を抑えるステロイド剤
    • 血圧降下剤
    • 胃酸の分泌を抑える
    • パーキンソン病
    • 不整脈
    • 気管支を広げる薬
    • 鎮痛剤
    • 利尿剤

加齢が原因

口が粘つく高齢者

加齢により唾液量が不足します。そのため、細菌に対抗する免疫力が落ちているので唾液中の細菌が増え粘つく。また、加齢そのものが原因になっているのではなく、舌やあごの筋肉がおとろえるため、舌や顎の運動量が減り唾液腺を刺激しなくなります。

加齢が原因で口が粘つく場合の改善法は、「お口の体操」などで舌や顎を動かすことです。お口の体操を毎日の習慣にすることをおすすめします。

また、高齢者になると水分摂取が少ないことも唾液が減少する原因になるので、意識的に水分摂取を心掛けることも大切です。

ストレスが原因

ストレスで舌が乾く

ストレスが原因で唾液量が不足し、免疫力が落ちている。ストレスが多くなると、自律神経に影響し唾液が出なくなります。特に不安や緊張、恐怖などのストレスは、口が乾くので要注意です。

ストレスが多くなると唾液が粘つき口臭も強くなります。

ドライマウス症が原因

ドライマウスで口の中が不快

ドライマウス症により口が乾き、細菌が増殖しやすくなっている。ドライマウスになる原因は色々ありますが、花粉症などで鼻がつまると口呼吸になることもあります。

口呼吸になると、唾液が出ていても口内が乾燥します。また、お薬の副作用で唾液が出なくなっている場合もありますので、お薬を服用している場合は、お医者さんにご相談されることをおすすめします。

歯周病や虫歯が原因

歯周病の口臭

歯周病菌や虫歯菌など口の中の細菌が異常に多くなっている。口内に悪玉菌が増えると、口が苦くなりストレスとなります。そのストレスが影響することで唾液が減少します。また、唾液が粘ついていると細菌が増えやすく、さらに苦味や臭いなどがでます。

舌苔(ぜったい)が原因

ドライマウスの舌

舌にプラークができ、舌の粘膜に細菌が増えている。舌苔(ぜったい)ができると口が粘つくだけではなく、舌が白くなり見た目も悪くなります。

舌苔(ぜったい)の取り方については、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

歯磨き不足が原因

磨き残しチェックする

歯磨きの仕方が悪いと、口内に食べ物カスが残り細菌が増殖する。細菌が増えると口の中が苦く不快感を感じます。そのストレスが唾液を出なくすることにつながります。口内をきれいスッキリとすると、気持ちがリラックスし、副交感神経に働きかけサラサラ唾液がたくさん出るようになります。

→ 歯医者さんがすすめる歯磨き粉ランキング

喉からの粘液が原因

喉口から口臭がする

喉に粘ついた液が着いているとか、痰が臭いという症状がありませんか?もし、そのような症状があれば、その粘液は「膿汁(のうじゅう)」かもしれません。

ネバネバで臭い膿汁は、喉に細菌が増えるとでます。口呼吸などで喉が乾燥すると、粘液は固まり膿栓になります。そして、膿栓ができることで、さらに粘液(膿汁)が出るようになります。

この喉から出ている粘液が唾液に混じりることで、口がネバネバとします。粘ついた唾液には細菌が多く含まれるため、舌に着くと舌苔を作ります。

また、舌が苦くなったり唾液が臭くなることで口の中が不快になり、ストレスを生み、唾液が出なくなるというように悪循環がおこります。

膿汁がかたまると膿栓になるので、口臭の原因にもなります。

ストレスが原因

ストレスを抱える女性

ストレスが多いと、唾液がネバネバする原因になります。

唾液には2種類あります。一つはサラサラの唾液で口の中をきれいにします。もう一つの唾液はネバネバ唾液です。このネバネバ唾液は、交感神経(自律神経)の働きで分泌されます。

交感神経は、緊張や興奮すると働く神経です。そのため、会話が弾んだ時のほか、初対面で緊張してしゃべると、ネバネバ唾液が出ます。

しかし、自律神経は、ストレスやホルモンバランスによっても影響されます。ですので、女性の場合にはホルモンバランスが崩れるときにネバネバ唾液が出やすいかもしれません。

これらが、口がネバネバする主な原因です。

細菌が原因

口内の細菌

口が粘つく原因は多くありますが、いずれにしても、増えた細菌が唾液の中に溶け込みネバネバさせるからです。このネバネバは細菌の集まってできたものでプラークと同じものです。

よく歯を磨く人でも、口腔内には細菌が1000億以上あるといわれています。あまり歯を磨かない人の場合には、口腔内細菌数は5000億も。

日中は唾液がよく出るため細菌が増えることは少ないのですが、睡眠中は唾液が出なくなり細菌が一辺に増えます。

朝は口臭が気になる

ですから、朝起きた時は、口がネバネバし唾液が臭い!

口の粘つき対策

寝る前に歯磨きを忘れたから朝口の中が気持ち悪い

口の粘つきの原因はドライマウスです。しかし、ドライマウスは服用している薬が影響していたり、糖尿病が原因だったりと、容易には改善できない厄介な症状です。

ですが、今からお伝えする方法を取り入れることでドライマウスの症状が軽減できます。

就寝前の歯磨きをていねいに行う

就寝前の歯磨き

朝起きたら口の中がネバネバして口臭がひどいと不快ですよね。

わたしも、過去に口が粘つき悩まされた時期がありました。口が粘つくだけではなく、口が苦い!口が苦いので、タバコが原因ではないだろうか?と思ったこともありました。

実は、朝口の中が粘つく最大原因は、就寝前に歯磨きをしていないケースが多いのです。私の場合もそうでした。眠くなると歯磨きどころではなく、「今日はまあいいか。」と歯磨きをしないで寝てしまっていました。

口内の細菌は就寝中に活発になり増殖します。そのため、就寝前に歯磨きをしないと朝起きた時には口の中は細菌が増えて、唾液がネバネバになっているのです。

だから、朝の粘つきを抑えるには、就寝前に歯磨きをていねいに行う必要があるのです。

歯磨きの後よくすすぐ

舌に歯磨き粉をつける

どうして、歯磨きをしているのに、口のネバネバが取れないのだと思いますか?

口が粘つく人の多くは、元々ドライマウスの傾向にあります。口が乾くことで口が粘つくわけです。ですから、口が乾燥しないようにしないといけません。

ところが、毎日知らずに口が乾く行為を行っています。その原因が、歯磨きだと知ったらショックかもしれませんね。

ほとんどの歯磨き粉には、合成界面活性剤や発泡剤などの添加物が入っています。これらの添加物は歯磨き後に舌や粘膜に付きますが、唾液によって洗浄されるため普通は心配ありません。

しかし、ドライマウスになっている場合は別です。歯磨き粉が舌に付着し刺激性の添加物がそのままになるため、口腔を乾燥させるのです。

舌苔ができているとより乾燥するので、舌苔がある場合は歯磨き後に水道水でよく洗い流さないといけません。

口が粘つく原因は歯磨き

このように、歯磨きをすることで舌が乾き唾液の水分が蒸発する。このように、歯磨き粉が原因で口がネバネバすることがあるということも知っておいてほしいです。

口が粘つく原因は、歯磨き粉だけではありません。アルコール含有のマウスウォッシュの場合にも起きます。アルコールが舌に触れると舌粘膜が乾燥するため、口が粘つくようになるのでご注意ください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水を使って消す方法

コーヒーを控える

コーヒーで唾液が減少

コーヒーや緑茶には利尿作用があるため、唾液を減少させてしまいます。粘つき対策とすれば、コーヒーを飲んだあとに水を飲むようにするといいです。

たばことアルコールを控える

タバコを吸う女性

たばこを吸うと口内が乾燥しますが、喫煙習慣があると歯周病や舌苔になりやすく口内細菌が増えます。また、アルコールや甘いお菓子(砂糖)も口内を乾燥させるので口が粘つく場合は控えたほうがいいでしょう。

口の粘つきが治らない場合は、禁煙しないかぎり改善は難しいかもしれません。

ドライマウス対策が基本

ドライマウスの治療

口のねばつく原因であるドライマウス対策は、次のことを実践することで改善できます。

  1. サラサラ唾液をたくさん出すようにする
  2. 水を飲んで、唾液をサラサラにする(又は、野菜や果物を食べて水分摂取量を多くする)
  3. 口呼吸をやめる
  4. 口腔ケアをていねいにして口内を清潔にする

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水を使って消す方法

この4つの対策法について、これから詳しくご説明しますね。

歯磨きをていねいに行う

ドライマウス対策で大切なことは、「歯磨き」です。歯磨きはだれでも行っていることですが、口の中がすっきりキレイになっていないと不快感が残ります。

不快感から交感神経が働くと唾液分泌が悪くなるのです。

ですから、歯磨きする時はいい加減ではなく、ていねいに磨き水道水で洗浄することが大事です。口の中がスッキリすると副交感神経が働き唾液の分泌を促すことになります。

ドライマウスの場合には、特に歯磨きのやり方が重要になります。

こまめに水を飲む

小まめに水分をとる女性

口のネバネバを解消するためには水分を取ることが大切ですが、水を飲むと唾液分泌を促す効果もあります。ですから、ドライマウス対策で簡単にできるのは水を飲むこと。口腔が乾燥しないようにこまめに水を飲むと良いです。

でも、多量に水を飲むとトイレが近くなり、逆効果になることもあるので適度の摂取が大事です。

よく噛んで食べる

食事はよく噛む

ドライマウス対策で重要なのは唾液の分泌を促すことです。唾液は食事の時にもっとも分泌されるのですが、よく噛まないで飲み込むと、唾液が出なくなります。

唾液を多量に出すためには、繊維質の多い野菜や固い食べ物を食べるなどしてよく噛むことが大切です。

自律神経を整える

お風呂でリラックスする女性

ドライマウスの原因にストレスがあります。緊張や興奮が口腔乾燥を起こします。

これは、自律神経が唾液腺に影響するからです。緊張すると交感神経が活発になりネバネバした唾液が出る。反対に笑ったりリラックス状態では、副交感神経が働くのでサラサラした唾液が分泌されます。

口が粘つくのは、不安や緊張などのストレスがかかることでなります。口の粘つきを解消するには、趣味や運動によってストレス発散することも大事です。

唾液を出す

舌の体操の図

唾液の粘つきを解消するためには、積極的に唾液を出すようにすることが大事です。唾液の分泌を促進する方法をご紹介しますのでお試しになってください。

    1. 唾液腺マッサージを行い、唾液の分泌を促す
    2. お口の体操によって唾液をだす
    3. 唾液の分泌を促す漢方薬を飲む
    4. ストレスを発散する

唾液を出す方法について詳しくは、『ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?』をご参考にしてください。

唾液が多く出るようになると、粘つきが減るだけではなく自然と口臭も軽減していきます。

この他に、美息美人を使い口臭ケアを行うことをおすすめします。勘違いしてはいけないのですが、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用しても、唾液の分泌を促進することはできません。

美息美人(びいきびじん)をお勧めする理由は、ドライマウスによる口臭を予防するためです。

病気はお医者さんに相談

耳鼻科の治療

糖尿病などの病気になっている場合には、病気が原因で口腔乾燥を起こし口が粘つくことがあります。その場合は、まず原因となる病気を治すことが大事です。

病気の他にも薬の副作用がドライマウスを起こしていることがあるので、その場合は、お医者さんに相談されることをおすすめします。

アルカリイオン水で歯磨きとうがい

唾液の代わりにアルカリイオン水で殺菌洗浄する

口が粘つく原因は、口内が汚れて不衛生になっているのかもしれません。口腔内が汚れてばい菌が増えると、自律神経が乱れ唾液が出にくくなります。そのような場合には、歯磨きやうがいによって、しっかりと口腔ケアを行う必要があります。

おすすめは、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水を使用して歯磨きとうがいを行います。粘つきが酷い場合には、アルカリイオン水で日中も小まめにうがいを行います。

できれば、唾液を出す工夫とアルカリイオン水の両方を行なうのがおススメです。汚れが取れて口内がスッキリすると、唾液の分泌もよくなるでしょう。

お口のネバネバにお困りでしたら、是非一度、美息美人(びいきびじん)をお試しください。

まとめ

唾液には、サラサラ唾液とネバネバ唾液の2種類があります。これらは、それぞれ大切な役割があります。しかし、2種類の唾液のバランスが崩れネバネバ唾液が多くなると、口臭、口が不味くなる、虫歯、歯周病、舌苔の原因にもなります。

ですから、口の粘つき対策を行うことが大事です。そのためには、今回お伝えした唾液が粘つく原因と対策方法をご参考にしてください。

【参照リンク・参考文献】
北海道大学 大学院歯学研究院 口腔健康科学分野 高齢者歯科学教室
新潟大学大学院医歯学総合研究科 摂食嚥下リハビリテーション学分野
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク8020
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用語
・日本口臭学会誌 口臭への対応と口臭治療の指針2014
日本口腔ケア学会
大阪大学歯学部附属病院 口が乾く、ネバネバする、食べづらい、しゃべりづらい
新潟大学医歯学総合病院 くちのかわき(ドライマウス)外来
東京歯科大学 千葉歯科医療センター ドライマウス外来

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する