マスクが臭くなるのは口臭が原因!対策のポイントは?

口臭が気になる女

マスクが臭いときの口臭対策

新型コロナウイルスの感染予防にマスクの着用が必須となりましたが、マスクを長時間着けると臭いが気になりませんか?

マスクが臭いなんて、今までは気にしていませんでした。たとえマスクが臭いと感じたら、使ったマスクは捨て、新しいマスクに替えていたからです。

ところが、新型コロナが流行してからはマスクを粗末にはできません。だから、長時間使うのはもちろん、マスクを一度使ったら捨てずに洗濯して何度も使うようにしています。

ですが、洗ったマスクを着けると、唾液のニオイが気になることが。このマスクが臭い理由は、歯周病などの歯科疾患が原因かもしれませんが、マスクが臭い時には、たいてい口臭も強くなっているので注意が必要です。

今回の記事は、マスクが臭いときの原因と対策についてです。マスクの臭いでお困りでしたら、ぜひご参考にしてください。

マスクが臭くなる理由

マスクが臭くなる原因は、吐息の水蒸気や会話のときに唾液の飛沫がマスクの内側に付くからです。唾液中には雑菌が含まれているので、高温多湿のマスクの内側で菌が増殖します。

この菌の増殖によってマスクが臭くなるのですが、それでも、マスクが臭くなるのは個人差がありますよね。どうしてだと思いますか?

マスクが臭くなる理由…

1位:口臭が強い

2位:マスクを着けたままよく会話をする

3位:長時間、マスクを着けている

4位:何度もマスクを洗って使っている

5位:マスクを洗濯した後、除菌していない

マスクが臭くなる理由の1番は、口臭です。ですから、マスクが臭いと感じたら、マスクを外した時に相手に口臭を放つことになるかもしれないので、ご注意ください。

口臭の原因はさまざまで、歯科疾患のほかにも、舌苔や膿栓などが関係していることがあります。自分の口臭原因がわからない時は、こちらをご参考にしてください。

>>口臭の原因がわからない!?よくある口臭原因と適切な対策方法

マスクが臭くなる原因は、雑菌の繁殖によるものです。そのため、マスクを長時間着用していると、菌を増殖させニオイを発生させるのです。

マスクを洗っても、除菌しないかぎり繊維の中に菌は残っています。菌が残ったマスクを使用すると、呼吸と会話でマスクの中が高温多湿になり、一変に臭くなります。

マスクの臭いが気になる時の対策

マスクが臭くなる原因は雑菌。そして、使ったマスクが臭くなる理由は、雑菌が増殖するからです。ですから、マスクの臭いが気になった時の対策ポイントは、「雑菌を増殖させないこと」です。

雑菌を増殖させなければ、何度洗って使ってもマスクが臭くなることはほとんどありません。食事の時の食べ物がマスクに付いたら臭くなるかもしれませんが、その場合は口臭とは違うにおいです。

対策のポイント

  1. 口臭のケア:歯科治療などによって口臭を治すとともに、舌苔ケアをしたり、喉うがいなどで喉の清潔を保つことも大切です。
  2. マスクを替えるタイミング:営業など会話が多いときには、こまめに新しいマスクに替えるようにしましょう。
  3. 毎日、マスクを替える:短時間のマスク使用でも、付着した雑菌が増殖するので、翌日には替えるようにしましょう。
  4. マスクを除菌する:マスクを洗った後は、そのまま乾かさず、(除菌スプレーや除菌剤などで)除菌してから乾燥させましょう。
  5. マスクの種類:飛沫予防の観点からは不織布マスクの使用がおすすめですが、(菌が繁殖しやすい)布マスクを使う場合は、しっかりと洗濯と除菌をするようにしましょう。
  6. マスク自体が臭い場合:海外の安価マスクの場合には、始めからマスク自体が臭いことがあります。

マスクをしていても口臭がする

口臭が気になるとマスクをするかもしれません。それは、マスクをすると口臭を遮断できると考えるからですよね。はたして、マスクで口臭は遮断できるでしょうか?

口臭の9割以上は、口から吐き出す息によるものです。蓄膿症(副鼻腔炎)など鼻の病気にかかっている場合は、鼻から臭うこともありますが、ほとんどの口臭は、口から吐き出す息が原因です。後鼻漏が気になっている場合は、こちらの記事『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』もご参考にしてください。

ですから、マスクをかけることで口臭を遮断できるはずです。しかし、現実は、マスクをしていても臭う人がいます。どうして、マスクをかけているのに相手に臭うのでしょう?

【マスクをしているのに相手に臭う理由】

  1. マスクを長時間かけているため、マスクに唾液が付着して臭くなっている。
  2. マスクと口の間にすき間がある。
  3. マスクが臭いを通すような生地でできている。

マスクをしてても口臭が相手に臭う一番の理由は、唾がついたマスクを長時間かけているからです。

口臭がしている場合は、マスクが臭くなる!

普段、口臭の心配がない人でもマスクは臭くなります。ところが、口臭が強い人の場合には、よけいに臭くなる傾向があるので誤解しないようにしてくださいね。

その理由は、口臭がある人の唾液には細菌がいっぱい。それだけではありません。唾液自体も臭い。だから、息をする度にマスクには細菌と臭いが沢山着くことに。

マスクの臭いが酷いと感じたら、普段から口臭もしていると考えた方がいいかもしれません。

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

マスクで口臭を予防する方法

今までの説明を読むと、マスクをしても口臭予防にはならないと思いませんか?

そのようなことはありません。実は、口臭の原因の一つに、口呼吸があります。口呼吸をしていると口と喉が渇き、口臭菌が増えます。

そのため、いびきや開口で寝ている間、口呼吸をしているしている人の場合は、口がからからに乾き、唾が苦く感じる、そして、息が臭い!いびきの改善方法については、『えっ、本当?いびきで口臭になるってご存知でしたか?』をご参考にしてください。

このように口呼吸をしている場合は、口臭菌が増えているため、歯磨きを行ってもすぐに口臭がします。口呼吸をしていると、一日中口臭がする原因になります。

このような口呼吸が原因の口臭対策として、部屋の中が乾燥しやすい冬には、マスクをかけて寝られることをおすすめします。マスクをすることで、口腔が乾燥するのを予防することができます。

ドライマウスについては⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

マスクスプレーの効果

マスクの臭い対策のための除菌スプレーが売られています。マスクが臭くなるのは、口臭菌が混じった唾液が気化するからです。ですから、除菌や抗菌の効果があるスプレーをマスクの外に吹きかけることである程度の効果が期待できるかもしれません。

しかし、口臭の心配がない人が使う分には良いのですが…

口臭が強いケースでマスクスプレーを使うのは、はっきりと、「邪道だ!」と申し上げます。

口臭症の人のマスクの中には細菌がいっぱいあるのですから、使い捨てにするのが賢明です。

マスク用の防臭スプレーをしても臭いはなくなりません。多少臭いが減ったとしても対策にはなりません。そんなことをするよりも、新しいマスクに付け替えるほうが効果があります。

もっと言うなら、マスクをどうこうする前に、口臭原因を突き止めて対策する必要がありますよね。口臭の原因を解決すれば、マスクが臭くならないようにすることができるかもしれません。

嘘だと思ったら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用してみてください。マスクの臭いが軽減します。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する