歯周病予防はマウスウォッシュでできない!効果があるのはセルフケアとプロフェッショナルケア

マウスウォッシュで歯周病予防できない

歯周病予防はマウスウォッシュでできない

歯周病予防にマウスウォッシュを使っていませんか?

歯周病を予防するために、マウスウォッシュでブクブクとうがいする人が多いです。しかし、マウスウォッシュで歯周病の予防はできません。マウスウォッシュどころか薬でも歯周病予防はできません。

その理由は、歯周病菌はプラークの中に棲息しているからです。バイオフィルムは薬剤で溶かすことはできないので、薬もマウスウォッシュも効かないのです。

それどころか、プラークは固まると歯石になるので、マウスウォッシュはもちろんのこと、歯磨きでも除去できないのです。

それでは、どうすれば歯周病の予防ができるのでしょう?

それが、セルフケアとプロフェッショナルケアです。そして、歯周病を予防する生活習慣です。

今回の記事では、「効果的に歯周病を予防する方法」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯周病について

歯周病になりたくない女性

日本人の8割が歯周病になり、5割の人が歯周病で歯を失っているという事実。あなたはどう感じますか?

それだけではありません。歯周病になると歯を失うだけではなく、血管を狭くし動脈硬化や血栓が作られる恐れもあります。詳しくは『歯周病は病気を引き起こす!糖尿病、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、、、』をご参考にしてください。

でも安心して下さい。歯周病は正しい知識と生活習慣によって“防げる”そして“治せる”病気だからです。そのためには、歯周病について正しい知識を身につける必要があります。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯周病は進行する

歯茎が痛い、臭い

歯周病は歯周病気による感染症ですので、放置していると進行します。

始めのうちは歯ぐきが腫れても勝手に治ることがあり、治療を受けないで放置することが多いものです。
ところが、歯周病は表面に見えない所で少しずつ進行しますので、気づいたときには、歯ぐきが痛いとか、歯ぐきが下がってしまったということに。そして、最終的には、歯槽骨が退縮してしまい歯がグラグラになることも。(この状態になると抜歯しかないです。)

引用:歯周病を治すには?歯医者が本気で教える治療法&歯科衛生士によるブラッシング指導

歯周病はマウスウォッシュで予防できない

マウスウォッシュで口腔乾燥する女性

歯周病は、マウスウォッシュで予防できません。マウスウォッシュだけでなく、薬でも、歯磨き粉でも歯周病は予防できません。

テレビを観ていると、1時間に1回は歯磨き関連のコマーシャルを見るのではないでしょうか。その中でも歯磨き粉のコマーシャルは群を抜いて多いかもしれません。それほど歯磨き粉のコマーシャルが多い。

その歯磨き粉の効能といえば、歯周病、虫歯、口臭と続きます。「成分に〇〇剤が含まれているので歯周病に効く!」という感じです。

だから、歯周病には歯磨き粉が効くと思っていませんか?

本当に歯磨き粉で歯周病が予防できるのなら、始めに申し上げたような「日本人の8割が歯周病になっている」ようなことはないはずですよね。そして、口臭がしているのです。
口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

それなのに、どうして堂々と効能効果を発表できるかというと、、、薬事法では、「歯周病菌を殺菌できる薬」を配合していれば、効果があるといえるからです。

マウスウォッシュで歯周病予防ができない理由

歯垢が殺菌剤をはね返す

しかし、歯周病菌が殺せても歯周病は予防できないのです。おかしなことを言うようですが、実は歯周病菌は単体で口に存在していません。歯周病菌などのばい菌が集まって歯垢(プラーク)を形成しているからです。

ネバネバしている歯垢(プラーク)はバイオフィルムという膜(バリア)を持っているために、外からの攻撃を遮断できるのです。簡単にいうと、歯垢(プラーク)は殺菌剤をはね返す力を備えているのです。

だから、殺菌剤が歯周病菌に届かない。だから、効かない。。

じゃあ、マウスウォッシュなら歯周病菌に効くのだろうか?

歯周病は進行すると、歯周ポケットができます。マウスウォッシュでうがいをしても、歯周ポケットの中には薬剤が届かないので、歯周病を治すことはできないのです。もちろん、歯垢(プラーク)を破壊しないかぎり、歯周病菌を殺菌できません。

歯磨き粉でも歯周病の予防はできない

歯磨き粉で歯磨きする女性

でも、歯周病を予防するために、歯周病専用の歯磨き粉を使うのは何故?

自宅で簡単に予防するには、他にいい方法がないからでしょう。それほど、歯周病を予防することは困難なのです。

引用:大船駅北口歯科インプラントセンター マウスウォッシュの効果

歯周病予防は歯磨きがベスト

歯磨きで歯周病予防

歯周病になるのは歯周病菌が増えるからです。歯周病菌は他の菌と集まりプラーク(歯垢)をつくります。このプラークをそのままにしていると、歯周病の様々な症状がおきてきます。

  • 歯茎が腫れる
  • 歯が浮く
  • 噛むと痛い
  • 知覚過敏
  • 出血
  • 口臭

歯周病を予防するには、プラーク(歯垢)を取り除くのが一番効果的です。

歯周病の原因は細菌性プラークです。よってこれを確実に取り除く「プラークコントロール」を修得することがとても大切です。プラークコントロールの基本は毎日の歯みがきです。

引用:日本歯科医師会 テーマパーク8020

歯科衛生士によるプロフェッショナルケア

歯石を取る歯科衛生士

どれだけていねいに歯磨きを行っていても、磨き残しができます。磨き残しがあるとプラークは24時間で歯石に変化していきます。

固い歯石は、歯磨きで取ることは不可能です。また、ザラザラ面の歯石にはプラークが付きやすく、歯石をそのままにすると歯周病菌は増え続けることになり歯周病も進行します。

この悪循環を断ち切るためには、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアがおすすめです。プロフェッショナルケアとは、いわゆるPMTC(プロフェッショナル・メディカル・ツース・クリーニング)といわれるもので、専門の器具や機械をつかい歯石とプラークを除去することです。

予防できないと歯周病が進行する

プロービング検査

歯周病がどのように進行するのかを説明します。歯周病の始まりは“歯肉炎”です。歯肉炎は、歯肉に炎症が起こって腫れたり、歯を磨いたときに出血することもあります。

ですが、初期歯肉炎の段階は、“正しい口内ケア“をすれば『治ります』。※初期段階とは、歯周ポケットの深さが2ミリ以下を指します。しかし、この歯肉炎を放置すると、歯周病は進行してしまいます。

歯周病の進行は大きく分けて3段階に分けることができます。

軽度歯周病

歯肉炎・軽度歯周炎

歯肉の炎症が内部まで広がり、歯と歯肉の間に歯周ポケットができます。歯周ポケットに歯垢がたまると、さらに歯の周りの組織を侵し、歯槽骨の破壊を始め、歯肉が充血したり、膿が出ることもあります。

軽度歯周病になると口臭も強くなるので、すぐにでも解決したいはずです。軽度歯肉炎の対策について詳しくは『歯肉炎は美息美人(びいきびじん)で治るか?』をご参考にしてください。

中等度歯周病

中度歯周炎

歯周ポケットが更に深くなり、歯槽骨が徐々に溶けていきます。出血や膿の量が増え、口臭も強くなります。この段階から、歯がグラグラし始めます。

重度歯周病

重度歯周炎

歯槽骨がほとんど無くなり、歯の根元が見えてきます。場合によっては歯を抜かないといけなくなるかも知れません。場合というのは、歯周病は進行すると歯肉に炎症を起こすだけではなく歯槽骨まで溶かします。歯を支える骨が退縮すると、抜歯後の義歯やインプラントが作りにくくなるため、骨の再生手術が必要になることもあるます。そうならないように、先に抜歯するケースがあるのです。

これが、いわゆる歯槽膿漏(重度歯周病)の症状です。

歯周病は虫歯に比べ痛みが少なく、気がつかないうちに進行しています。歯肉の充血や口臭、歯を磨くときに必ず出血する、冷たいものを飲むとしみるなどの症状がある人は重度歯周病の疑いがあります。重度歯周病について詳しくは『歯槽膿漏になり口臭がする!歯周病の治し方と口臭予防の方法』をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯周病の原因

歯周病と口臭

気になる歯周病になる原因と歯周病の進行についてご紹介します。

【歯垢と歯石】
歯の周囲に付着する歯垢や歯石が、歯肉と歯の根の間、つまり歯周ポケットの中に侵入していき、繁殖を繰り返すことにより、歯周病を進行させます。

【食べカス】
歯周病菌の活動の“源”となります。
歯周病菌は食べカスに含まれる糖分を栄養源にして繁殖し、歯垢を形成し毒素を出します。

【細菌】
細菌が歯肉や歯槽骨に炎症を起こします。その炎症の進行と併せて細菌が増殖し歯周病が進行していきます。

【全身性疾患】
血液疾患、高血圧、糖尿病などの全身性疾患が歯周病の原因になることがあります。その他にもストレスやホルモンバランスなども原因の一つになります。

【金冠やクラウンなどのかぶせ物】
差し歯のほか、金冠やクラウンなどを歯にかぶせたり、入れ歯をすると食べカスがたまりやすい状態になり、歯周菌が増えやすくなります。詳しくは『差し歯が臭いのは口臭菌が取れてないから。重曹に期待しすぎてはいけない!』をご参考にしてください。

【歯と歯肉の境目がくぼんでいる】
歯肉の形態がデコボコしていたり、歯と歯肉の境目がくぼんでいたりしても、食べカスがたまりやすくなるため、歯周病の原因となります。

つまり、歯周病菌の源である食べカスをいかに取り除くかが重要なのです。そのためにも、良く噛んで唾液をたくさん出し、丁寧に歯磨きをする習慣が必要かもしれません。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

効果的な歯周病の予防

サラサラ唾液を出す

歯周病予防は、前述したように歯磨きと歯科衛生士によるプロフェッショナルケアが基本です。でも、それだけでは歯周病の予防は不十分かもしれません。

それは、歯周病は体質的なこと(唾液分泌)や、免疫が影響するからです。

では、どのようにして歯周病を予防すれば良いのでしょう?歯周病を予防するには、『正しい口内ケアと唾液』と『生活習慣と食生活』。
この2つを意識することにより、口の中を清潔に保つことができ、健康な生活をおくることができます。

その中でも特に、唾液の分泌を増やすことが重要です。唾液が良く出るようになれば、歯周病菌が減少するので歯周病を防ぐことができます。
歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

歯周病や虫歯といった口内トラブルは、普段の生活や食事にも気を配ることが大切です。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

糖分を控え、かたい食べ物を取る

食事はよく噛む

糖分は歯垢を作り出し歯を溶かす元となります。必要以上に摂取せず、きんぴらごぼうやセロリなど、かたくて繊維の多い食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

ストレスをためない

運動でストレス発散する

ストレスは唾液の量を減らすだけではなく、体の抵抗力を低下させ、細菌に感染しやすくなります。

爪楊枝は使わない

フロスの使用が難しい

爪楊枝の先で歯肉を傷つけると、歯茎が腫れることもあります。また、挟まった食べ物をかえって奥に押し込んでしまうこともあります。できれば、フロス(糸ようじ)や歯間ブラシなどを使うようにしましょう。

口呼吸を鼻呼吸に変える

鼻呼吸を意識する

口呼吸をすると口内が乾きやすく、感染に弱くなり炎症が起こしやすくなります。

煙草は吸わない

喫煙は歯周病や口臭の原因になる

煙草は血管を収縮させ、歯肉への血液循環が悪くなるとともに、細菌と戦う白血球の働きが衰えます。

詳しくは『歯周病の原因は…糖尿病、喫煙、歯磨き不足、降圧剤、口呼吸』をご参考にしてください。

テッパン!歯周病の予防方法

うがいでスッキリする女性

普段の生活や食事、そして毎日の口内ケアを行うことで、虫歯や歯周病を防ぐことができます。これらを意識して、虫歯や歯周病といった病気に悩まされない生活を送っていくことが大事です。

しかし、一度歯周病に侵されると、食生活を変えただけでは治りません。誤解しないように、率直に申し上げます。歯周病を予防するためには、次の二つの方法を行なうことがテッパンです。

    1. 定期的な歯科検診(PMTC:歯石除去とクリーニング)
    2. 毎日のブラッシングケア

    定期的に歯科で、歯石除去とクリーニングを受ける。どれだけていねいに歯磨きを行なっていても、歯石は付きます。歯石は歯周病になる大きな原因です。ですから、歯科衛生士さんに取ってもらい、歯面をツルツルに磨いてもらうことが予防になります。

    そして、お家でのブラッシングケアがなければ、歯石除去をしてもらっても、歯垢が付き歯周病になります。ですから、毎日ていねいにブラッシングケアを行なうことは重要です。ブラッシング方法について詳しくは『この歯磨き方法で、どれだけ効率が上がるか試してみてください。』をご参考にしてください。

    このように、歯周病予防にはプラークコントロールが一番大切です。歯周病菌を抑えることで口臭も改善できるからです。

    効率よくプラークコントロールには、歯垢を容易に除去する歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がおすすめです。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する