臭い玉って聞くけど何?人には聞けない口臭の元、臭い玉について教えます

臭い玉が気になる女性

臭い玉(においだま)が気になったら読んでください

喉から口臭がする。喉に白いものが見える。もしかしたら、これが臭い玉(においだま)かもと不安になっていませんか?

ネットで口臭について調べていると、一番多く出てくるのが臭い玉(においだま)。でも、実際に確かめたことがないので自信がないし、もし、自分の口から出てきたのが、本当に臭い玉(においだま)だったらどうしよう。。だからといって、他人に「臭い玉(においだま)って何?」なんて聞けないですよね。

このように、臭い玉(においだま)で悩まれている方が多くおられるのではないでしょうか。今回の記事は、臭い玉(においだま)についてご説明します。是非ご参考にしてお悩みを解決してくださいますようお願いします。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

臭い玉(においだま)って何?

臭い臭いと鼻をつまむ女

臭い玉(においだま)は、臭玉(においだま、くさいたま)、匂い玉(においだま)、膿栓(のうせん)扁桃栓子(へんとうせんし)、扁桃結石(へんとうけっせき)など人によっていろんな呼び名で使われています。

臭い玉(においだま)は、正しくは「膿栓(のうせん)」と言い、扁桃腺(へんとうせん)にできます。膿栓(のうせん)ができた様子については、『阿川佐和子さんが告白した膿栓とはどんなものなのか?』がご参考になるかもしれません。

臭い玉(においだま)は、くしゃみや咳をした時に喉から飛び出てくることがあり、色は乳白色や黄色で米粒大の玉です。その玉をつぶすと下水のようなニオイがするので、臭い玉(においだま)という名前がついたのだと思います。

臭い玉(においだま)が口臭原因

口の中の細菌

口臭があると周囲の反応が気になるものです。そのため、歯磨き粉を変え、タブレットをなめるなど口臭対策をしていませんか?

ところが、口臭は厄介で要因に治ることはありません。そのような時に、「口臭原因は臭い玉かもしれない!」と考える人が増えているようです。

それほど、口臭と言えば臭い玉というように関連付けされているかもしれません。しかし、口臭原因は様々ですので、口臭が治らないからと言って臭い玉だと決めつけるのも考えものです。

口臭原因について詳しくは、「口が臭い原因は5つしかない?口臭の原因を詳しく解説します」をご参考にしてください。

臭い玉が口臭原因になるのは、次のような理由からです。

「臭い玉」は、人の免疫作用によってできます。呼吸をすると、口から細菌やウイルスが喉に侵入する。鼻や喉に炎症がおきると喉に細菌が増える。常に喉には、細菌やウイルスが入ってくるため、喉の扁桃(へんとう)という組織からは白血球などの免疫物質が出て細菌をやっつけています。

この免疫の過程で、細菌と免疫物質の死がいが、扁桃(へんとう)の穴に出来ます。この時はネバネバした状態ですが、食べかすや細胞の死がいなどが混じり乾燥すると徐々に固まります。この固まったモノが「臭い玉」です。

においだまは、細菌の死がいなどの固まりですから、腐敗し臭いのが当然です。

しかし、喉から臭いが生まれるのはこれだけではないのです。「臭い玉」が出来ると、腐敗した「臭い玉」に更に細菌が繁殖します。すると、それを阻止しようと免疫物質が出る。

この(ネバネバした)免疫物質と細菌の死がいが混じり、臭い粘液(膿汁のうじゅう)ができます。膿汁(のうじゅう)は、黄色や茶黄色で下水臭、うんこ臭がするのが特徴です。

このネバネバした膿汁(のうじゅう)が、喉粘膜や舌に付着していると、喉が乾燥したときにガス化して口臭となります。

このようにして、臭い玉(においだま)は間接的に口臭の原因になるので、口臭がひどい場合は、正しく予防や対策をおこなうことが重要です。口臭原因の膿汁(のうじゅう)について詳しくは、『のどから出る膿は膿汁という臭い液だった!?膿汁が出なくなる方法とは?』をご参考にしてください。

臭い玉(においだま)が違和感の原因

咳払いする女性

臭い玉があると喉の奥に物がつかえている感じがする、喉の壁に粘液がべったりと付着したような感じがあったり、喉に「えへん虫」がくっつきイガイガする感じがするかもしれません。

このように、喉の違和感が続く場合は、臭い玉が原因のことが多いです。だからといって、過剰に心配するものではありません。

「臭い玉」は、風邪をひいたり体調の不良などから免疫が低下すれば、かんたんにできるものだからです。たとえ、「臭い玉」が一時的に出来ても、飲食や咳などによって自然に取れます。

ところが、臭い玉が取れないと、喉の違和感も続き慢性化することがあります。また、人によっては、臭い玉がよくできる場合があります。詳しくは「臭い玉が喉にできる人とできない人の特徴とは?その違いについて教えます」をご参考にしてください。

臭い玉(においだま)はどこにできる

口臭原因になるかもしれない臭い玉のことが分かっても、どこにあるのか臭い玉が存在する場所がわからないのではないでしょうか?

臭い玉(膿栓)は、扁桃(へんとう)にできます。しかし、人によっては見えないことがあり、「臭い玉がないけれど、喉から口臭がしている。」という人がいます。

膿栓と舌苔の図解

臭い玉(膿栓)は、扁桃(へんとう)の小さな穴の中にでき、大きく成長すると押し出されて外に現れます。そのため、見えないことが多いです。

たとえ、見えているにおいだまが取れたとしても、次から次へと臭い玉ができるのは、扁桃の穴に隠れているためです。臭い玉ができる場所について詳しくは、『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

臭い玉(においだま)が見えない

ドライマウスの女性

「のどの奥が臭いです。多分臭い玉だと思います。耳鼻咽喉科で受診しても臭い玉(膿栓)は見当たらないと言われました。でも、口臭が気になります。」とか、「喉から鼻にかけて臭いので喉を探しても臭い玉らしきものが見えません。」というご相談がよくあります。

あなたは、このような経験はありませんか?

臭い玉(膿栓)は身体の正常な働き(免疫)によるものですので、耳鼻咽喉科の医師は取り合ってくれないのが普通です。化膿して高熱でも出ているなどよほど悪化していれば除去しますが、臭い玉があっても取らないことの方が多いようです。

耳鼻科で「においだま」を取らない理由としては、たとえ「臭い玉」を除去しても何度でもできるからです。臭い玉の予防について詳しくはこちら『臭い玉が喉にできる人とできない人の特徴とは?その違いについて教えます』をご参考にしてください。

健康なひとでも濃栓は出来るのが普通です。ですので、耳鼻咽喉科の医師も、「異常がない。」ということが多いようです。

それに、「臭い玉」ができるのは、扁桃(へんとう)のいんかという複雑な小さな穴の中です。穴の中で少しずつ大きくなり外へ押し出されます。ですから、大きくなったものが外に出るので見えるわけです。

臭い玉(においだま)の画像

臭い玉(においだま)の画像は、googleで検索するとたくさん出てきます。画像はどれもグロテスクなので見ないほうがいいかもしれません。

私の口から臭い玉(においだま)が出たときに、手でつかまえた画像がこれです。実物の写真をお見せすると、あまりにもグロテスクなので、絵に書きました。

指で取った膿栓

黄色いのが臭い玉(においだま)です。ほとんどの方がこのように指の上に乗せ、ニオイを嗅いだのではないでしょうか。

臭い玉(においだま)は、口から出るとこのような感じですが、喉にあるときは次の画像のような状態が多いです。

喉にある膿栓

中央がのどちんこで、喉の左右にある白いものが、臭い玉(においだま)です。

この画像では、臭い玉(においだま)が見えていますが、人によっては見えてないこともあります。しかし、扁桃(へんとう)を指などで圧迫すると、臭い玉(においだま)がボロボロ出てくることも。取りづらい膿栓でお困りでしたら、こちらの記事『取れづらい膿栓が簡単に取ることができる5つの方法とは?』でご覧ください。

臭い玉(においだま)ができる原因

臭い玉(においだま)ができると、それだけでも臭いのですが、さらに膿汁(のうじゅう)ができるため、強烈な口臭が出るようになります。

口臭を解決しようとするのなら、臭い玉(においだま)を出来なくすることが必要です。そのためには、臭い玉(においだま)ができる原因を知ることが重要です。

臭い玉(においだま)ができる原因は、耳鼻科疾患だったり、ドライマウスだったり、口呼吸だったりと、人によって様々です。よくある臭い玉(においだま)の原因をご紹介します。

  • 口呼吸(鼻づまりの場合は口呼吸になる)
  • ドライマウス症
  • 後鼻漏(副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎など)
  • 耳鼻咽喉科の炎症

引用:膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

臭い玉(においだま)の取り方

臭い玉(においだま)ができると除去したいと思うかもしれませんね。でも、自分で取るのだけはやめてください。多くの方が、綿棒やつまようじを使ってご自分で臭い玉(においだま)を取り、最悪な結果を引き起こしています。

出血、炎症、口蓋扁桃炎を起こし、よけいに臭い玉(においだま)や膿汁(のうじゅう)ができることになっています。また、何度も臭い玉(においだま)を取っていると、臭い玉(においだま)ができる穴が大きくなるので、今まで以上に臭い玉(においだま)がたくさんできるようになった人もいます。そのようなことにならないように、十分ご注意ください。

臭い玉の治療

臭い玉ができると違和感を生じるとか口臭が強くなることがありますが、普通は臭い玉によって健康を害することはありません。それに、無理に臭い玉を取り除かなくても、たいてい、食事中に飲み込んだり咳をして出すことが出来ます。

ですから、臭い玉が出来たからといって、耳鼻科で治療する必要がありません。そのため、耳鼻科を受診しても、臭い玉の治療や除去をしないのが普通です。

しかし、臭い玉が常にあると、慢性扁桃炎になるのでご注意ください。その場合は治療が必要になります。

また、臭い玉がよくできると、腎臓病(IgA腎症)、心臓病、大腸炎、関節炎、掌蹠膿疱症 (しょうせきのうほうしょう) などといった病気になるリスクも高くなるので気を付けないといけません。

喉の違和感や口臭がひどい場合には、耳鼻科で臭い玉の除去や扁桃腺の洗浄も行っていただけるので、一度耳鼻科を受診しご相談されてはいかがでしょう。

耳鼻科では扁桃炎の治療の他、臭い玉が出来ないように扁桃腺の除去手術を行うこともあります。

臭い玉(においだま)が出来たときの対策

うがいをする女性

今までご説明したのが、「臭い玉」についての事実です。ところが、当の本人は口臭がするので気になります。そのため、「臭い玉」についてのご相談がよく来るのですね。

臭い玉(膿栓)をできなくするには、扁桃(へんとう)を除去する以外にありませんし、扁桃(へんとう)は、喉の左右にある口蓋扁桃だけではなく、舌扁桃など他にもあるので、たとえ一つ取っても、完全に「臭い玉」をできなくすることは難しいです。

それに、扁桃を取ってしまうと、喉の細菌を殺菌する免疫力が落ちることになるのでお勧めできません。

「臭い玉」をできた時に行ってほしいのは、うがいを行うこと。うがいを行うことによって、扁桃の表面に付着している「臭い玉」を取ることができます。
そして、喉のうがいを行うことで、喉の清潔を維持できます。このことが、「臭い玉」の予防には最も大事です。喉を清潔にすると、喉の違和感や口臭を予防できるからです。

ですので、私がおすすめしているのは、美息美人のアルカリイオン水でゴロゴロうがいをすることです。小まめにうがいをすることで、喉をきれいにでき酸性化することを防げます。

口腔内の細菌を減らすためには、美息美人でうがいをすると良いです。是非お試しください。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

臭い玉の予防

たとえ、臭い玉を除去したとしても、なくなるのは一時的で日にちが経つと臭い玉は出来ます。
その理由については、先ほど述べたように後鼻漏や口呼吸が影響して臭い玉ができるためで、それらを改善しないことには、根本的な対策にはならないからです。

ところが、後鼻漏にしても、その原因となる鼻炎を治すことは難しく、また、口呼吸を鼻呼吸に変えることも困難です。それが、臭い玉が治りにくい理由なのです。

このように厄介な臭い玉ですが、喉に細菌が増えないようコントロールができれば臭い玉は予防できます。

臭い玉(膿栓)の予防は⇒⇒ 臭い玉(膿栓)を出来なくする方法!

根本原因を治すことが出来れば何も問題ないかもしれませんが、もし、改善できないのであれば、毎日喉うがいを行うことで臭い玉が予防できます。

喉うがいは水道水でも構いませんが、できれば汚れを良く洗浄できる美息美人のアルカリイオン水がおすすめです。美息美人のアルカリイオン水はPH11の強いアルカリなので殺菌効果も期待できます。

また、臭い玉を予防するためには、臭い玉がよく出る方の扁桃にうがいの水を当て洗浄するイメージで行うのがコツです。是非お試しになってください。

臭い玉を取る奇跡の歯磨き粉「美息美人」

電動歯ブラシで歯磨きをして歯をキレイにする

これまでのお話しの中にでてきた奇跡の歯磨き粉。それが、「美息美人(びいきびじん)です。

私たちは、口臭予防一筋に8年、ホタテ貝殻パウダーアルカリイオン水による口臭予防専用歯磨き剤のパイオニアです。

それでは、今から膿栓と舌苔を知り尽くした私が口臭で悩まれている方向けに開発した、口臭予防歯磨き粉『美息美人(びいきびじん』をあなたにどうしておすすめるのかご説明させていただきます。

自信をもってあなたに美息美人(びいきびじん)をおすすめする理由

美息美人のアルカリイオン水でうがいをする

それは…「美息美人」は日本でたった一つの総合的に口臭を予防できる商品だからです!

これ1本で、口臭原因となる歯周ポケット、舌、咽喉のすべてをきれいにし口臭を総合的に予防できます。

うがいにも使えるので、膿栓を除去し予防します。そして、舌が白い場合でも、舌磨きをしなくても舌苔が取れていきます。

今まで、これだけ口臭対策に特化した歯磨き粉があったでしょうか。

アルカリイオンのパワー!

アルカリイオン水

美息美人(びいきびじん)にしかできない秘密を公開します。ホタテ貝の粉が入った「美息美人」の小瓶を水が入ったコップに一振りしただけで、口臭の原因菌をやっつけるPH11.4のアルカリイオン水ができます。

歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」は、常在菌には全く影響しないで、口臭原因となっている歯周病菌などの悪玉菌だけを退治することができるのです。

これは、美息美人(びいきびじん)の原材料が、ホタテ貝殻だけを利用し特殊加工しているからかもしれません。それに、ホタテ貝殻焼成パウダーは、食品添加物としても認可されていますので、体に優しいことは証明済みです。

口内の細菌

このアルカリイオン水で咽喉と口中を洗浄、そして、ブラッシングすると…口臭原因となっている舌苔(ぜったい)、歯周ポケット、そして、濃栓(くさい玉)ができる喉(のど)の奥にまで届きます。

このような他には類をみない特長があるからこそ、びっしり着いている舌苔や膿栓を取ることができ、頑固な口臭でも改善できるのです。

このことが、他とは違う美息美人(びいきびじん)の大きな特徴です!

今日から、あなたが従来とは全く異なる 口臭ケア用品「美息美人」を使うとどうなると思いますか?

乾杯する女性

ミエコ様
使い始めて1ヵ月になります。今年の春から喉奥から不快な味を感じるようになりました。
膿のような便のようなニオイです。ネットで調べたらこちらの商品が出てきたので早速注文しました。
使い始めたところ、喉奥から不快な粘液が頻繁に出るようになり、何回も洗面所へ吐き出しに行きました。
喉には、カケラが引っかかってるような感覚で、取れそうで取れないもどかしい感じが…。

使用して1週間経った頃、いつものように美息美人でうがいをしたら喉からポロッと膿栓と思われる物が出てきました。

その1週間後、また出てきたのです。
まだ少し膿栓があるのか、今も少し不快な粘液が気になりますが、以前より口の中がだいぶさっぱりするようになりました。
使用前は舌がすぐ臭うようになるのも気になっていましたが、美息美人を使用してから、舌は気にならなくなりました。
まだ喉奥の粘液が少し気になるので、膿栓が取れるように、これからも美息美人でうがいを続けていきたいです。

スマイルママ様
私は20年位前から口臭に悩んでいて、あらゆる歯磨き粉・マウスウォッシュを買って試して来ました。
でもどの歯磨き粉で磨いても、30分も経たない内に口の中がモヤ~ッと変な匂いがしてきました。
人と話をしても、鼻を擦られたり顔を背けられたり・・・
そんな目にあうのが嫌で、なるべく口を開かない様に隠れた感じで毎日を過ごしていました。
そんな中、美息美人を知り、またいつもの感じかなぁ~と思って購入しました。
そしたら今まで私が悩んでいた口のモヤ~ッとした感じと臭い匂いがしないんです。
人と話しても嫌な顔されず、今まで下を向く事が多かったのですが、人との会話に少し自信を持てました。
もっと早くに美息美人に知り合って居たらとただただ思っています。
一本最後まで使い切りましたが本当に私にはあっているので次を購入しょうと思います。本当に悩みが解消してきて嬉しいです。

※効果には個人差があります。

できすぎていると思いますか?でも、もし私の話に興味をもたれましたら、やむを得ず長くなってしまったこのレターの続きを読んでみてください。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する