臭い玉(膿栓)の取り方とコツ!自己流で取るのは危険

膿栓(臭い玉)を取るコツ

口腔ケアアドバイザー(一般社団法人口腔ケア学会認定)の上林です。

口臭が気になるので「膿栓を取りたい」と思っていませんか?
たしかに膿栓を除去できれば、喉の違和感もなくなりスッキリと気持ちいいかもしれません。だからといって、自己流で膿栓を取るのは危いので、この記事を読んで、正しい情報を入れてから対処するようにしても遅くないと思います。

膿栓は、扁桃の陰窩にたまる食べかすと細菌の塊で、「臭い玉」と呼ばれ、喉や鼻から臭いがします。膿栓ができると口臭の原因になるため、気にする方が多く、綿棒を口から喉に入れて塊(膿栓・臭い玉)を取っている人もいますが、よく見えないため危険です。

ネットで検索してみると、他にもいろんな方法(取り方)がありますが、どの方法も簡単ではありません。無理に膿栓を取ろうとすると、喉を傷つけてしまうことにもなるので、膿栓を取るには熟練とコツが必要です。

安全に膿栓を取るには、耳鼻科を診療して膿栓を除去してもらうのが良いのですが、一度取っても膿栓は再発しますので、日ごろから「うがい」で予防するなどして、喉に細菌が増殖しないようにすることが大切です。

また、常に膿栓ができる場合には、鼻の病気や扁桃炎などが原因になっていることがあります。手術で扁桃腺を除去することで膿栓ができなくなりますので、喉の違和感や口臭で困っている場合には、一度耳鼻咽喉科にご相談されてはいかがでしょう。

今回の記事は、「臭い玉(膿栓)を取る方法」についてまとめてみました。ご参考にしてください。

膿栓がうがいで改善する美息美人

膿栓の原因

膿栓を上手に取るためには、まず、膿栓ができる原因を知ることが大事です。原因がわかれば、より効率よく膿栓を取ることができるからです。

膿栓は扁桃のくぼみにできる臭い玉です。白色や黄色の膿栓をつぶすと強い臭いを放つために、臭い玉やにおい玉と呼ばれます。

膿栓は体の免疫反応によってできるものです。口や鼻から入ってきた細菌やウイルスを捕まえて殺すために、扁桃からは白血球などの免疫物質が分泌されます。免疫と細菌・ウイルスの戦いの後、扁桃のくぼみ(陰窩)には白血球などの死がいと食べ物のかすがたまって膿栓ができます。このことから膿栓は口臭原因になると言われています。

臭い玉(膿栓)の症状としては、口臭のほかに喉の違和感が一般的に多いです。症状がひどい場合は、扁桃炎の治療が必要かもしれないので、耳鼻科の病院に相談してみてください。

咽頭の違和感、乾燥感、イガイガ、ヒリヒリ感、時に刺激物がしみるなどの症状があります。
引用:順天堂大学医学部付属順天堂医院 耳鼻咽喉・頭頸科

臭い玉(膿栓)を取る方法

膿栓を上手に取るためには、膿栓のある場所を見つけることが大事です。確認方法は、鏡をのぞくと、喉の左右のふっくらと膨らんだ扁桃の窪み部分にあります。膿栓がどこにあるのか、目視で確認できない場合は、取ろうとするとアブナイのでおやめになってください。

また、膿栓がなかなか取れないときも、無理しないで中止してください。タイミングがあうと膿栓は容易に取れますので、その時まで待ちましょう。

YouTube動画でも「膿栓の取り方」が紹介されていますが、炎症を起こすなど危険な方法が多いので、参考にしないほうが良いでしょう。

膿栓が成長すると、扁桃の表面にポツンと表れます。この状態になると、食べ物と一緒に飲み込んだり、咳をしたときに、玉が口の中にポロっと落ちることがあります。このタイミングに合わすと、うがいでも膿栓は取ることができます。

口臭の原因になる膿栓には取れるタイミングがある!

うがいで取る

口臭が消える美息美人

耳鼻科のお医者さんに、臭い玉のことを相談すると、治療しないで「うがいをして喉をきれいにしてください。」といわれることが多いようです。(耳鼻咽喉科の医師によっては、臭い玉の予防法として「鼻うがい」を勧められる)

その理由は、口や喉に細菌が増えると膿栓ができやすくなるからです。水で口内の汚れを洗浄することで予防になりますが、うまくタイミングがあえば、うがいの時に膿栓が取れることもあります。
うがいは臭い玉をねらう

うがいのコツは、水が扁桃に当たるように首を傾けてガラガラとうがいをすると良いでしょう。

うがいの後、口から水を吐き出しても膿栓が取れないときは、喉を少し詰まらせて息を吐き出す(痰を吐き出すような感じで膿栓を絞り出す)方法も試してみてください。扁桃の表面にくっついている臭い玉なら、これだけで除去できることがあります。

ところが、実際、水でうがいをしても、それほど効果はありません。うがい薬を使うのがいいのですが、うがい薬を毎日使うのは気が引けるかもしれません。

アルカリイオン水で取る

アルカリイオン水のうがい

うがいのコツで重要なのは、アルカリイオン水を使用すること。(※アルカリイオン水は、口臭予防歯磨き粉「美息美人」という商品)

次の図は、アルカリイオン水でうがいを行うと膿栓が取れるイメージです。

膿栓ができた

アルカリの作用で膿栓の表面が溶かされるため、取れやすくなります。

膿栓が溶かされる

膿栓が取れた後もアルカリイオン水でうがいを行うことを続けると、膿栓をできないように予防できます。

膿栓ができなくなる

詳しくは『口臭はアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

アルカリイオン水を使うと、膿栓が取れるだけでなくできなくなる。このことが、おすすめする一番の理由なのです。

アルカリイオン水のうがい方法は、朝晩の歯磨きのときにガラガラうがいを行います。そして、日中も小まめにガラガラうがいをするのがコツです。菌を洗い流し喉を清潔に改善することで、臭い玉(膿栓)を予防できます。

関連記事

美息美人(びいきびじん)について
美息美人(びいきびじん)は誰が使っても同じ効果がでるか??
美息美人は常在菌まで死滅させる!?プラークを分解除菌する

これからご紹介する膿栓の取り方は安全面からは決しておすすめできませんが、(自己責任で使用される場合)うまくいけば、膿栓によるトラブルが少しだけ軽減するかもしれません。

丸型洗浄瓶で取る

丸形洗浄瓶という商品の本来の利用は、狭い箇所の洗浄や水やりに使用します。ところが、amazonで丸形洗浄瓶を探すと、ほとんどの方が膿栓を取るために購入されています。

丸形洗浄瓶使用する時のコツは、水流の勢いです。水の勢いが弱いと膿栓が取れないことがあります。そのような時は、丸形洗浄瓶を強く握りしめて強い水流を膿栓に当てるようにするといいでしょう。しかし、嘔吐反射という新たな問題が出てくるかもしれません。

YouTube動画にある取り方

膿栓を指で取り除く方法

膿栓の取り方は、YouTubeやニコニコ動画にたくさん紹介されています。YouTubeの調べ方は、Googleで「臭い玉,取り方」と検索すると表示されるので、ご興味ある方は一度ご覧になってください。

でも、決してマネはしないようにお願いします。

というのは、ユーチューブなどの動画の中にある臭い玉(膿栓)の除去法は、鏡の前で大きく口を開き、喉に綿棒を突っ込み、「おえっ、おえっ」と苦しんでいる姿です。そして、最後には決まって、「大きな臭い玉が取れた!」とか、取れた臭い玉を嗅ぎ「臭い!」とか言って終わります。

これらの動画の多くは、ユーチューバーという人たちがビジネスでアクセス数を稼ぐために、面白おかしく作成したものです。

しかし、問題なのは、手を消毒していないし、また綿棒や箸などで扁桃(へんとう)を突っつくと傷つけ化膿するかもしれません。現に動画の臭い玉除去法をマネして出血した方もおられます。

扁桃から出血

あなたは、そのような危険なことをしないかもしれませんが、ご注意ください。

舌で取る

舌を上手に使って膿栓を取っている人もいます。この方法は、あまりにもグロテスクなので動画を見ることははおすすめできません。でも、舌で臭い玉(膿栓)を取る方法はアリかもしれません。

舌で膿栓を取る

これは、使っている道具が舌なので、柔らかく喉を傷つけたり感染する心配がありません。それどころか、舌を動かすことで舌筋が鍛えられるため、唾液線も活発になるかもしれません。

でも、舌筋が衰えている人が、無理に喉の奥まで舌を動かすと、舌が引きつってしまうかもしれないのでご注意ください。

動画では、舌を器用に動かして扁桃の穴から出ている臭い玉(膿栓)を取る様子が写っていました。舌を扁桃に押さえつけると、臭い玉(膿栓)が穴から少しずつ出てきて、最後には米粒のような臭い玉(膿栓)が舌の裏に落ちていました。

その後、落ちた臭い玉(膿栓)を、また舌を使って口に出すという動画でした。

動画では簡単に見えるかもしれませんが、舌で臭い玉を取るのはかなりコツがいると思います。

⇒⇒ 膿栓(臭い玉)を取り除く方法はこれがオススメ!予防する方法5つ

綿棒で取る

綿棒で臭い玉を取る

綿棒で臭い玉(膿栓)を取っている人が多いようです。だからでしょうか、youtubeでも綿棒で臭い玉(膿栓)を取っている動画が多くありましたね。

舌で臭い玉(膿栓)を取るよりも、綿棒のほうが合理的です。しかし、綿棒は柔らかそうですが、喉の粘膜を強く押さえると痛いのが分かります。

また、綿棒の棒は短かく扱いにくいために、あちらこちらと粘膜を突っつくことになります。

膿栓が見えない

それに、汚い指が喉の粘膜に触れます。このことで、喉に炎症を起こす可能性が高いです。

でも、喉に炎症が起きることで臭い玉(膿栓)ができることを知ると、綿棒で取ろうとはしないはずです。臭い玉(膿栓)は、アルカリイオン水の「うがい」でも取ることができるので、安全のためにも「うがい」で取る方法をおすすめします。

つまようじで取る

動画の中で多かったのが、つまようじやピンセット。意外にもつまようじのような先のとがった物を使って臭い玉(膿栓)を取っている人が多いので驚きました。

動画の中では、つまようじやピンセットで器用に、扁桃に付いている臭い玉(膿栓)を取っていましたが、一つ間違えると喉の粘膜を刺してしまい出血するかもしれません。このような怖いことをやっていることにも驚きましたが、動画にアップロードしていることで勘違いするのではと心配しました。

直接手で取る

膿栓を取るのは危険

しかし、自分で取ろうと喉をいじると粘膜を傷つけ炎症を起こしかねません。傷がつくとよけいに臭い玉(膿栓)ができる原因になるので、喉をいじるのはおすすめできません。

たとえ膿栓が取がれたとしても、穴が大きくなるためよけいに膿栓ができる原因になります。

膿栓を取るときの注意

「喉の奥を覗いても、臭い玉が見えていませんが、臭い(口臭)が気になるから臭い玉を取りたい。」と言われる人が多いです。

喉は狭く暗いために、膿栓が見えないことの方が多いです。見えない状態で膿栓を取ろうとするのは大変危険です。そのような時にはライト付きのデンタルミラー(歯鏡)で覗くと良いでしょう。ただし、デンタルミラーは、膿栓のある位置を確認するだけで、覗きながら取るのは難しいです。

膿栓を取る時に、口の奥に指や異物を突っ込むと、嘔吐反射でおえっとなると思います。そのため、綿棒など器具を使えない人が多いです。

嘔吐反射しないようにするには、舌を出したまま弱く「はあぁー」と息を吹きながら膿栓の部分に水を当てるのがコツです。

丸形洗浄瓶で膿栓を取る時に、水を使うと喉を傷めることがあります。喉がデリケートな人の場合には、生理食塩水を作ってから使用すると良いでしょう。

使う前に、喉が腫れているとか咳が出ている場合は、自分で膿栓を取ろうとしないで、耳鼻科診療を受けられることをおすすめします。

まとめ

膿栓がたまると、のどがイガイガするなど違和感ができたり、口臭の原因となります。そのため、膿栓が取れるとスッキリするし、大きな膿栓が取れた時には気持ちいいと思うことでしょう。しかし、取り方を誤るとトラブルの原因にもなります。

膿栓対策で一番大事なことは、膿栓は自分で取ってはいけないことです。それに、膿栓は無理に除去しなくてもタイミングがくれば自然に取れてしまうので、それまで待つか、待てない場合にはうがいを行うと早く取れます。それが膿栓を除去する時のコツです。

また、慢性的な膿栓の場合は、除去しても何度でもできるので、うがいなどで予防することも大切です。
美息美人のアルカリイオン水でうがいを行うと、膿栓がより簡単に取れるだけでなく扁桃炎の予防にもなり、膿栓ができにくくなりますので、お勧めします。

【参照リンク・参考文献】
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク802
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用
日本耳鼻咽喉科学会 代表的な病気
・日本口臭学会 口臭への対応と口臭治療の指針2014
日本口腔ケア学会
・順天堂大学医学部附属天堂医院 口臭
・京都大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する