取れづらい膿栓が簡単に取ることができる5つの方法とは?

うがいで膿栓を取るにはコツがいる

取れない膿栓をうがいで取り除く方法とは

膿栓が取れないとお困りだと思いますが、「水でうがいするだけで、膿栓(のうせん)を取ることができます。」と、98%の耳鼻咽喉科の医師が言います。

うがいの効果については私も同感です。ユーチューブで紹介されているように箸や綿棒で取らなくても、「うがい」で膿栓を取ることが出来るからです。(ただし、うがいにはコツがあり、容易に取れない膿栓も多くあります。)

ところが、問題なのは、たとえ膿栓を除去できたとしてもその後何度でも膿栓は出来ること。ですから、膿栓をできないように予防することが最も重要なのですが、予防することも「うがい」でできてしまうのです。

今回の記事は、「うがい」で膿栓を除去するコツと、膿栓予防のコツをご紹介します。是非ご参考にしてください。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

※このブログの一部記事は、オーラルウェルネスクリニック院長・
ファストロ滋子医師により監修を受けております。
オーラルウェルネスクリニックへのお問合せ先:https://oralwellness.jp/
本サイトの記事に関するお問合せはこちらまでお願いします:123@ueb-a.com

※2019年2月5日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年5月16日に再度公開しました。

間違った膿栓の取り方

膿栓を取るのは危険

ユーチューブやブログでは、次のような膿栓の取り方が紹介されています。どれも細菌に感染したり喉を傷付けるなどのリスクがあるのでおすすめできません。一応ご紹介しますが、危険なのでおやめになってくださいね。

⇒⇒ 膿栓を直接取るのは危険!膿栓を安全に正しく取る方法とは?

【膿栓の取り方】

  1. 綿棒で取る
  2. つまようじで取る
  3. シャワーで洗浄する
  4. 注射器に水を入れて水圧で取る
  5. ウォーターピックで取る
  6. ハンディクラウンで取る
  7. 鼻うがいで洗浄する
  8. 咳で出す

yahoo!知恵袋で「膿栓、出血」と検索すると、次のような事例が沢山出てきます。

扁桃から出血

(膿栓を取っていたら)扁桃腺から出血。病院に行ったほうがいいのでしょうか?
膿腺が出来てしまい自然に取れるのを待っていたのですが、なかなか取れなかったので、ダメだと分かっていながら箸で取ろうとしてしまいました。結局取れなった上に、扁桃腺を傷つけてしまい出血してしました。
引用:yahoo!知恵袋

耳鼻科での膿栓の取り方

扁桃腺の診察

ほとんどの膿栓は、(慢性の)扁桃炎が原因です。特に、高熱や喉が痛いなどの症状がなければ、耳鼻咽喉科で膿栓を除去する必要はありません。

患者さんから、喉の異物感や異常感の訴えがある場合には膿栓を除去することがあります。

耳鼻科での膿栓の取り方

【膿栓の除去方法】

    • 扁桃(へんとう)を圧迫して膿栓を押し出す
    • 見えていない膿栓を吸引して取り除く
    • 見えている膿栓はピンセットで取り除く
    • 薄めた食塩水で膿栓を洗浄する

    引用:高知大学医学部附属病院 「におい玉」治療法は

    ⇒⇒ 膿栓(臭い玉)を取り除く方法はこれがオススメ!予防する方法5つ

    膿栓はうがいで取れる

    うがいで口内を洗浄する

    このような危険な取り方をしなくても、自然と膿栓は取れることが多いので、ほとんどの膿栓は、食事や唾液を飲み込んだ時に一緒に取れてしまっています。

    のどの左右にある扁桃には、直径3~4ミリほどの腺窩(せんか)という穴がいくつも開いています。この穴にたまったもの(膿栓)が、ある日ころんと口の奥に落ちてくるのです。
    引用:かみむら耳鼻咽喉科

    自然と膿栓が取れるまで待てない時には、「うがい」を行うと早くとれるかもしれませんが、うがいで膿栓を取るにはコツが必要です。

    うがいで膿栓を取るにはコツがいる

    (膿栓の)予防法としてはうがいをこまめに行うことですが、これだけ(うがい)で完全に除去するのが難しいときもあります
    引用:愛媛県耳鼻咽喉科医会 たきした耳鼻咽喉科

    膿栓が取れない

    膿栓が取れないとお困りかと思いますが、膿栓が取れない原因は人によって様々です。

    取れるタイミングが合っていないので取れない

    膿栓の取れるタイミング

     

  • この図のように扁桃の表面にある膿栓の場合は、容易に取れるかもしれませんが、穴の中に埋まっている膿栓の場合は見えていても取るのが困難です。
  • 膿栓が出来ても、普通は食事の時に飲み込んだり、咳やくしゃみをした時に口に出てくるものです。だから、膿栓が出来たとしても、自然に取れるまで待てば良いのです。

    ところが、膿栓が取れないケースがあります。膿栓が取れないと違和感が続きイライラするし、苦しくなったり口臭がひどくなるので辛いかもしれません。詳しくは「臭い玉が取れない原因が意外で驚いた。簡単に取れる方法を教えます」をご参考にしてください。

    [PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

    これらの問題を一日も早く解決するために、膿栓が取れないのは何が原因なのかご説明したいと思います。

    膿栓の場所に問題があるから取れない

    扁桃に膿栓ができる

    喉の内側左右にある扁桃(へんとう)には、小さなくぼみ(穴)がいくつもあります。そのくぼみ(穴)の中に細菌の死がい等がたまり、膿栓ができます。膿栓は耳垢と同じように増えて大きくなるとくぼみ(穴)の外に出てきます。

    ところが、くぼみ(穴)が曲がっていたり、皮膚でふさがれていると膿栓は出てくることが困難になります。膿栓が見えない場合も、このことが原因かもしれません。

    このようなケースでは、自分で取ることは難しく、器具を使い無理に取ろうとすると出血するかもしれないのでおやめになってください。どうしても膿栓を除去したい場合は、耳鼻科で取ってもらうことをおすすめします。

    膿栓がないから取れない

    膿栓の診断

    膿栓が無い場合でも口臭がすることがあります。膿栓は固まるとグミのようですが、固まる前段階は膿(うみ)ですので、痰と混じっていることがあります。この状態を膿汁(のうじゅう)と呼んでいます。膿汁については「のどから出る膿は膿汁という臭い液だった!?膿汁が出なくなる方法とは?」をご参考にしてください。

    喉の臭い液(膿汁)

    膿汁ができると、喉の奥から下水臭のような口臭がするようになります。膿汁は、舌の根本に付くと舌苔の原因にもなり、更に口臭がひどくなります。

    そのため、膿栓が見えないけれど口臭がひどいと困っている方がいます。膿汁ができると、喉がイガイガするなど違和感もあるので、咳や痰がよく出る場合は耳鼻科を受診されてはいかがでしょう。

    耳鼻科での扁桃洗浄や膿栓除去方法については、こちらの記事「膿栓の取り方、簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?」に載っていますのでご参考にしてください。

    何度も膿栓ができるから取り切れない

    耳鼻科の治療

    膿栓は、扁桃に細菌やウイルスが感染し炎症を起こしたときに出来る副産物です。ですから、インフルエンザの後にできやすく、風邪でも出来ることがあります。普通は、病気が治ると喉の炎症も治るため、その後膿栓は出来なくなります。

    ところが、アレルギー性鼻炎や蓄膿症で後鼻漏があると、慢性的に扁桃炎になっていることがあります。

    慢性扁桃炎が続くと膿栓がよくできるようになるので、炎症を慢性化させないことが大切です。

    膿栓がよくできて困っている場合は「臭い玉が喉にできる人とできない人の特徴とは?その違いについて教えます」をご参考にしてください。

    うがいで膿栓を取り除く方法

    うがいで膿栓がとれる

    簡単に膿栓を取る方法でおすすめなのは、「うがい」です。うがいを行う方法は、特に道具もいらないしどこでも出来ます。うがいを行うことで膿栓が取れるケースがありますが、すべての膿栓が取れるわけではないので誤解しないようにしてくださいね。

    水うがいで膿栓が取れるのは、扁桃の表面に付いている場合です。膿栓がこの状態にあると、食事や咳払いでも取れることがありますが、うがいを行うとより確実に取れます。

    膿栓うがいにイソジン等うがい薬は効果があるか?

    舌苔は重曹で取れない

    風邪で喉が痛くなった時にイソジンでうがいを行うと効果があります。これは、イソジンには殺菌消毒成分であるポビドンヨードが含まれるからです。このように、イソジンは、喉を殺菌、消毒、洗浄することが目的で作られています。

    しかし、膿栓(臭い玉)を除去するためにイソジンを用いたうがいは効果があるでしょうか?

    結論から申しますと、イソジンやうがい薬は、膿栓(臭い玉)を除去するためではなく、膿栓(臭い玉)ができないように予防を目的に使われるのが良いと思います。

    膿栓(臭い玉)は喉に細菌が増えることでできるので、イソジンなどのうがい薬を使い、喉を消毒洗浄することで膿栓(臭い玉)を予防できます。

    しかし、毎日、イソジンやうがい薬を使用することに抵抗がある方の場合には、美息美人のアルカリイオン水がおすすめです。

    膿栓うがいはアルカリイオン水がおすすめ

    膿栓をアルカリイオン水のうがいで取る

    1. 膿栓(のうせん)を取る。
    2. 膿栓(のうせん)ができる穴をきれいに洗浄する。
    3. 喉(のど)に細菌が増殖しないように毎日ケアする。

    これらを効果的に行うには、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水がおすすめです。

    膿栓が溶かされる
    喉粘膜に膿栓や膿汁がくっ付いていても、アルカリイオン水がはがします。そして、うがいを続けることで汚れも取れます。

    膿栓ができなくなる

    膿栓が取れた後も、毎日アルカリイオン水でうがいを行うと、膿栓(臭い玉)を予防できます。

    もし仮に、あなたが美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水でうがいをすると…

    口臭が消える美息美人

    いくつも膿栓(のうせん)が出て驚かれるかもしれませんが、それは、膿栓(のうせん)や膿汁(のうじゅう)がたまる陰窩(いんか)をきれいにするために膿栓(のうせん)の予防になります。

    それに、口臭の最大原因である膿汁(のうじゅう)ができるのを防ぎ、口臭がなくなります。

    ですから、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水を試された方からはこんなうれしいお声が届いています。

    うがいでスッキリする女性

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    喉(のど)のすっきりを実感!お客さまの声
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ●兵庫県 H.Yさん 女性 50代

    毎日、のどがすごくスッキリしていますよ。うがいをするだけなので簡単です。

    ●東京都 M.Yさん 女性60代

    3日ほど続けただけで膿栓が出ました。

    ●岡山県 K.Eさん 女性70代

    膿栓が取れたら元気になりました。現在卓球をしていますが、元気に過ごせています。お友達にもこの秘訣を紹介しています。美息美人(びいきびじん)のお陰と思っております。

    お客さまの声はコチラ

    膿栓(のうせん)やネバネバした膿汁(のうじゅう)で悩まれている場合には、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水でうがいを行なうことが最も大事なこと。

    あなたが、もし膿栓(のうじゅう)が治らないとお悩みでしたら、美息美人(びいきびじん)を是非お試しください。

    [PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

    うがいで膿栓を取る時のコツ

    膿栓(臭い玉)を取るコツ

    膿栓が出来ても発熱や痛みがなければ心配ありません。違和感など気になる場合には、うがいで膿栓を取ることができるのでお試しください。

    うがいで喉を清潔にすると、口臭予防にもなるのでおすすめします。うがいの方法としては、水かイソジンで5秒×2回うがいをします。うがいの回数は、朝夕2回で十分です。

    うがいで膿栓(のうせん)を簡単に取るためのコツをご紹介しますので、ご参考にしてください。

    うがいは膿栓をねらう

    うがいは臭い玉をねらう

    うがいで膿栓(のうせん)を効果的に取るには、うがいの水を喉の左右にある扁桃腺(へんとうせん)に当てるようにするのがコツです。

    そして、水を吐き出すときには、絞るように吐き出すと取れやすいです。

    [PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

    口腔内を清潔にしておく

    歯科衛生士のブラッシング指導

    膿栓(のうせん)を取りたいからと、喉だけを清潔にしても膿栓(のうせん)はなくなりません。たとえ、うがいで膿栓(のうせん)が取れたとしても、口腔内が不衛生だとすぐに膿栓(のうせん)ができます。

    定期的に歯石を除去したり、歯磨きやうがいという毎日の口腔ケアを丁寧に行うことも大切です。

    乾燥を防ぐ

    口呼吸しているOL

    ドライマウス症などで、口腔や喉が乾燥していると膿栓(のうせん)が出来やすくなります。また、膿栓(のうせん)が付いている粘膜が乾いていると取れにくくなります。

    唾液を出すようにお口の体操を行うことも必要です。また、小まめに水を飲んで乾燥を防ぐことも大事です。ドライマウス対策について詳しくは、『唾液が臭いのは舌が汚れているから。うがいで口臭を洗い流す方法とは?』をご参考にしてください。

    舌苔(ぜったい)を除去する

    舌が汚れていると、喉にばい菌が感染するため膿栓(のうせん)が出来やすくなります。毎日舌のケアをして舌を清潔にしておくことが大切です。

    唾液が臭くなる説明図

    だからといって、舌磨きによって舌苔を除去しようとすると、舌粘膜を傷つけてしまい逆効果になるかもしれません。舌磨きをしないで舌苔を除去する方法は、『舌苔や口臭をうがいだけで取り除くことができる美息美人とは?』をご参考にしてください。

    膿栓(のうせん)は寝てる間に増える

    睡眠中に臭い玉ができる

    睡眠中は、唾液の分泌がほとんどないため、口腔内や喉の細菌が一番増える時間帯です。ですから、朝起きた時には膿栓(のうせん)も大きくなっていたり増えていることも。

    睡眠中に膿栓(のうせん)が増えないようにするためには、寝る前の口腔ケアと喉のうがいを丁寧に行うことがポイントです。膿栓(臭い玉)を取る喉うがいについて詳しくは、『喉の奥にできた膿栓や臭い玉が取れる、消えるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

    うがいで膿栓を予防する

    膿栓の問題を解決するためには、「膿栓を取ること」も大事かもしれませんが、「膿栓を出来なくすること」が重要です。この二つを解決できるのが、「アルカリイオン水のうがい」です。

    ⇒⇒ 臭い玉(膿栓)を出来なくする方法!

    ユーチューブ動画(4分16秒)で分かりやすくお話していますので、是非ご参考にしてください。

    膿栓(臭い玉)を除去しても、喉に細菌があると粘液(免疫物質)が出るため、すぐに膿栓ができてしまいます。これでは、膿栓除去の繰り返しです。

    そうならないようにするためには、喉を清潔に保つことが重要です。だからといって、毎日イソジンうがい薬などを使用することはおすすめできません。

    イソジンなどのうがい薬は、喉に炎症が起き痛くなったときに使うのは良いかもしれませんが、毎日薬剤を使うと喉の粘膜を傷めるかもしれません。

    水を飲むと舌が綺麗になる

    喉に炎症がなければ、水でうがいを行うだけでも十分に喉を清潔に保つことができますが、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水でのうがいがおすすめです。

    おすすめのうがい方法は、起床時に口中と喉の細菌を洗い流すためにぶくぶくうがいとガラガラうがいを行います。そして、就寝前の歯磨きの仕上げにうがいを行うと、寝ている間に細菌が増殖するのを防ぐ効果があります。是非お試しください。

    膿栓を取った後もうがいを行う

    膿栓の診断

    「でも…膿栓(のうせん)が取れても意味がないのでは?」

    そんなことはありません。膿栓(のうせん)が出ることは良いことです!膿栓(のうせん)がなくなると口臭も激減します。

    このことを確信するために、膿栓(のうせん)について片っ端から調べたところ、やっぱり! 

    どの耳鼻咽喉科のお医者さんも、膿栓(のうせん)についての見解は同じ。

    膿栓(のうせん)の臭いがひどく悩まれる場合には、耳鼻咽喉科に行くと膿栓(のうせん)の吸引やネバネバした液がたまる陰窩(いんか)の洗浄を行ってくれるのでそのようにしてください。」とのこと。

    これは、膿栓(のうせん)が沢山出来る時には、「取った方が良いよ。」。そして、「臭い粘液はうがいで洗い流した方が良いよ。」とのことなのです。

    喉の膿栓
    咽喉(のど)にできた膿栓(のうせん)

    のどちんこの横に白い玉がチラッと覗いていますが、これが膿栓(のうせん)です。
    そして、膿栓(のうせん)が入っている所が陰窩(いんか)とよばれる小さな穴。穴は扁桃腺に大小いくつものあります。

    人によっては、穴は10個から20個もあるので、膿栓(のうせん)も穴の数だけできてもおかしくないのです。

    穴の奥には、古くなってはがれた扁桃(へんとう)の粘膜上皮や細菌の死骸と食べ物のかす等が塊となってできた膿栓(のうせん)がたまります。膿栓ができると痰のような臭い膿汁ができます。そのために、口臭がひどくなるのです。

    ですから、根本から膿栓を改善するには、うがいで予防することが重要なのです。

    [PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

    口臭はうがいで予防する

    でも、

    本当に臭いのは、膿栓ではなく膿汁(のうじゅう)!

    陰窩(いんか)には膿栓(のうせん)だけではなく、膿栓になる前の膿汁(のうじゅう)が溜まります。

    膿栓(のうせん)やネバネバした膿汁(のうじゅう)には、膿栓をエサとするために菌が増殖しますの。だから、生ごみの腐ったような強烈なニオイがするのです。

    ⇒⇒ のどから出る膿は膿汁という臭い液だった!?膿汁が出なくなる方法とは?

    膿汁は口臭原因になるだけではなく、膿汁が出来ると喉がイガイガするなど違和感を感じるようになります。それに、膿汁が固まると膿栓になるので、膿栓を予防するためには膿汁ができないようにすることが大切です。

    そのために行ってほしいのが、「喉うがい」と、小まめに水を飲むことです。喉に細菌が増えないように「うがい」を行い、水を飲んで細菌を飲み込むことによって口臭原因となる膿汁を予防できます。また、水を飲むことは、喉の保湿にもなるので細菌の増殖を防ぐ効果もあります。

    まとめ

    口臭原因

    膿栓が口臭原因だと思っている人が多いのですが、実際は膿栓よりも(膿栓になる前の段階の)膿汁のほうが口臭の原因になっています。

    だからといって、うがいで膿汁だけを取り除いても、膿栓が残っていると細菌が減らないために、膿汁と膿栓は後から後からと出来てきます。これでは口臭を予防することはできませんよね。

    確実に口臭を予防するためには、口臭原因となる膿栓と膿汁を除去しながらできないようにすることです。

    そのために有効な方法が「喉うがい」ですが、さらに効果を上げる方法に、「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水を使う「うがい」があります。

    アルカリイオン水で膿栓を取るイメージ

    アルカリイオン水には、臭い玉(膿栓)のようなたんぱく質を分解する作用があるので、臭い玉(膿栓)を取りやすくします。そして、その元になる痰(膿汁)も良く取れるのでおすすめです。

    もし、取りづらい膿栓でお困りでしたら、アルカリイオン水でのうがいをおすすめします。

    [PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する