膿栓はうがいで取れる!喉うがいで口臭予防ができます

うがいで口内を洗浄する

膿栓をうがいで取る

膿栓(臭い玉)は、ガラガラうがい(喉うがい)で取れることがあります。膿栓(臭い玉)が取れることがあるというのは、うがいをしても取れない膿栓(臭い玉)があるからです。それほど膿栓の除去は厄介です。

でも、膿栓(臭い玉)の除去と予防には、他のどの方法よりも「うがい」が安全、簡単、そして、効果的なのでおすすです。

喉うがいは、膿栓(臭い玉)の元となる粘液や細菌を洗浄する効果があります。膿栓(臭い玉)除去は「喉うがい」をイメージするかもしれませんが、「口内うがい」を行うことも膿栓を予防する上で大事です。

うがいで細菌や汚れを洗い流すことによって、膿栓と口臭を予防することになるので、是非おすすめします。

今回の記事は、うがいによって膿栓の除去と予防を行う方法をご紹介します。膿栓(臭い玉)でお困りでしたら、ぜひご参考にしてください。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

※このブログの一部記事は、オーラルウェルネスクリニック院長・
ファストロ滋子医師により監修を受けております。
オーラルウェルネスクリニック:https://oralwellness.jp/
本サイトの記事に関するお問合せはこちらまでお願いします:
株式会社アイオーン123@ueb-a.com

膿栓とは

膿栓は臭い玉とも呼ばれ、口臭の代表のようなイメージがあります。咳をした時に、喉から口にポトンと乳白色の米粒のような塊が落ちることがあります。始めて経験をすると、びっくりするかもしれません。

また、膿栓がよくたまる場合には、喉に違和感があり辛いという人が多いです。

膿栓が口臭原因!?

膿栓が口臭原因ではない

そのため、膿栓ができると口臭が発生すると思っている人が多いですよね。ところが、膿栓の元になる膿汁(のうじゅう)という粘液が臭いのです。そのことについて今からご説明します。

本当は膿汁が臭い

喉が粘つく女性

喉には扁桃(扁桃腺)というばい菌をやっつけるための組織があります。
扁桃はご存知でも、その部分から、リンパ球(免疫物質)が分泌されていることを知っていましたか?それだけではありません。このリンパ球が膿栓を作っていると知ったらどう思います?

喉にウィルスやばい菌が侵入してくると、身体を防御するためにリンパ球が分泌されます。リンパ球は、ネバネバの液です。「ネバネバ」と聞くと、もしや?と思ったのではないですか。その「もしや」です。膿栓で困っている人ならだれもが感じている喉の粘つきです。

リンパ球がばい菌と戦って勝つと、ばい菌の死骸が食べかすと混じって、扁桃の陰窩という小さな穴にくっつきます。耳垢のようなものです。耳垢も当初はネバネバです。固まると耳くそになりますが。

扁桃腺の穴にできるのは、膿汁(粘液)です。

→ 喉の奥がネバつくのは膿汁が原因だった!?膿汁を出なくする方法とは?

ふつう、膿汁は唾液や食事で胃に洗い流されます。咳をした時に痰とともに口の外に飛び出すこともあります。
でも、唾液が少ないとか口呼吸の人の場合には、喉が乾燥しているため、粘膿汁が固まります。

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

じつは、扁桃に膿栓ができるとばい菌が今まで以上に増えます。そのため、リンパ球も多量に分泌されます。先ほど説明したように、リンパ球はネバネバの液です。

この粘液にばい菌と膿栓で産生された臭い物質が混じり、口に流れ込んでくるのです。粘液は舌に付着し苦く感じる。ばい菌がいっぱいの粘液は舌苔の原因にもなります。そして、舌が乾くとガス化して口臭が発生するのです。

膿栓が臭いと思っていたかもしれませんが、(多少は臭いです。)膿汁が口臭の原因になっていたのです。もちろん、膿汁は膿栓ができたからたくさん出るのですが。これが、膿栓ができると口臭が強くなる理由です。

膿栓(膿汁)ができる原因

起床時の口の渇きで口臭がする

膿栓をできないようにするには、喉にばい菌が増えないようにすることが大事です。

喉にばい菌が増える原因は…

  1. 蓄膿症(副鼻腔炎)や鼻炎による後鼻漏でばい菌が増える
  2. 喉・鼻の炎症でばい菌が増える
  3. 口呼吸で喉が乾燥する
  4. 唾液が少ないために喉が乾燥する

この4つが喉にばい菌を増やす大きな原因です。そして、ばい菌が増えることで、膿栓・膿汁ができるのです。

→ 膿栓(臭い玉)が喉にできる人とできない人の特徴とは?その違いについて教えます

[PR]におい玉を美息美人のアルカリイオン水で取る方法

膿栓ができる病気と体質

膿栓がよく出るのは体質?

以前、相談者から、「お医者さんは、膿栓は誰にでもできるというけれど、それでは、私は口臭がするのに、他の人は臭わないのは何故?」という質問に、「膿栓は誰にでもできる可能性はあるけれど、膿栓は出来やすい体質があります。」とお答えさせていただきました。その時のブログを読まれて、「膿栓が体質」という答えに気分を害したのであればお許しください。

でも、、、残念ですが、

膿栓には、できやすい体質があります。

しかし、あきらめる必要はありません。というのは、膿栓は予防出来るからです。ご安心ください。

膿汁が固まったものが膿栓です!

膿栓は、耳垢と同じように、次から次へと奥のほうからできます。だから厄介です。

これで、少し分かったと思います。唾液が正常に分泌されていたり、鼻呼吸で喉が乾燥することがなかったら、膿汁は自然と清掃されるのです。

だから、膿栓ができる体質と表現させていただきました。

ドライマウス

ドライマウスだから口臭がする

膿栓ができる体質的な問題というのは、ドライマウスです。

  1. 口呼吸
  2. 唾液が少ない

→ ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

口呼吸をしているとか、唾液が少ないと、喉が乾燥します。そのため、喉にばい菌やウイルスがくっつき増殖します。このことが膿栓ができる一番の原因です。

唾液が多量に流れ喉が湿っていれば、風邪もひきにくくなります。常に喉が清潔を保っていれば、膿栓はできないのです。

しかし、ドライマウスで喉が乾燥しているから、膿栓ができるのです!

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

後鼻漏

後鼻漏

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の場合には、膿栓ができやすくなります。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎で鼻汁が喉に落ちると、細菌が増えるため扁桃炎を起こしやすいからです。

これは、ドライマウスであると、より膿栓ができやすいです。

→ 後鼻漏が口臭の原因だった!?後鼻漏を市販の薬で治す方法を教えます

膿栓をうがいで取る

うがいで膿栓が取れる?

今まで一度でも膿栓(臭い玉)を取ったことがある人であれば分かると思いますが、容易には膿栓を取ることができなかったと思います。

ご自分で取れずに耳鼻科に行って膿栓を除去してもらった人もいるかもしれません。それほど取り除くことが困難な膿栓を喉うがいだけで取れるのか疑問に思っているのではないでしょうか。

自然に取れる

膿栓の取れるタイミング

実は、膿栓はタイミングがくれば自然と取れてしまうものなのです。

→ 膿栓には取れるタイミングがある!無理なく取る方法とは

はじめ、膿栓は扁桃の腺かという小さな穴の中にできるのですが、成長とともに穴の外に押し出されてきます。

膿栓の取れるタイミング

膿栓が穴の外に出ると、食事のときに飲み込んでしまいます。人によっては、咳やくしゃみで口に出てくる場合もあります。

うがいで取れる

うがいで膿栓がとれる

膿栓にも個性があり、大きい、小さい、その他にも、粘ついている、固まっているものがあります。

石のように固まっている場合は簡単に取れるかもしれませんが、粘ついている膿栓は粘膜に良くくっ付いているため、中々取れない場合があります。また、外に出ている部分が少ない場合も簡単には取れません。

そのような時に、喉うがいが有効です。

うがいのメリット

どうして、膿栓を取るために喉うがいが良いのだと思いますか?

その理由についてご説明します。

安全

扁桃から出血

膿栓を自分で取る人がいますが、喉粘膜を傷付けたり菌に感染するため、自分で取るのはおやめになってください。

それに、「自分で取ると危険だ」という理由だけではなく、穴に汚れがたまりやすくなり、今まで以上に膿栓ができることになります。

口臭予防になる

喉うがいで口臭予防

喉うがいを習慣にすると、膿栓ができないようになります。そのため、口臭予防にもなります。

膿栓ができる体質の場合には、ドライマウスで喉が乾燥していることが多く、喉に細菌が増えて口臭原因になる粘液(膿汁)が粘膜にへばりつきます。

でも、喉うがいを行うことで、粘液(膿汁)が減少するのでおすすめします。

どこでも簡単にできる

水道水があれば、うがいはどこでも簡単にできます。うがいのこの手軽さが、ずっと続けることができることになります。膿栓を予防するためには、うがいを続けることが大事です。

うがいの仕方

膿栓(臭い玉)を取るための「うがい」のやり方は2つあります。

うがいのコツ

膿栓(臭い玉)を取るコツ

一つは、通常の喉うがいです。喉うがいは、水を口に含み数回ガラガラと音をだしてから外に吐き出します。

喉うがいの時のコツは、喉の左右の扁桃に水が当たるようにうがいを行うと効果的です。また、膿栓ができるのは、左右どちらかに偏るケースが多いので、良くできる側の扁桃を中心にうがいを行うと良いでしょう。

鼻うがい

膿栓の取り方…鼻うがい

鼻うがいは、副鼻腔炎による後鼻漏がある時に効果的です。後鼻漏は膿栓ができる原因になるので、鼻うがいで喉を清潔に保つことは良いことです。

また、口呼吸をしていると膿栓ができやすくなりますが、鼻づまりの時には口呼吸になるため、鼻うがいによって鼻呼吸が楽にすることができます。

他にも、鼻うがいによって、通常のうがいでは取れなかった膿栓が取れることもあります。

うがい薬

うがい薬どれを使えばいい

膿栓を取るために喉うがいが良いということが理解できたのではないでしょうか。しかし、喉うがいを行うにあたり、どのうがい薬を使えば良いのか分かりませんよね。

ここでは、うがい薬について一つずつご説明します。

塩水

塩水

昔から、うがいの時は「塩水」というように言われていました。確かに塩水でうがいを行うと、風邪やインフルエンザの予防になるようです。しかし、うがい薬ほどの殺菌効果がないので塩水を過信してはいけません。

塩水(250cc弱のぬるま湯にティースプーン1/2杯の塩を溶かす)でうがいすれば、喉の痛みは一時的に治まります。この塩分は体液より濃いため、喉の腫れた部分の水分が浸透圧によってにじみ出て、痛みが和らぎます。
引用:早稲田ウィークリー うがいは効果があるのか?

緑茶

緑茶のカテキンには殺菌作用があるので、口臭予防になるといわれています。でも、緑茶でうがいを行っても膿栓が取れると期待しないほうが良いでしょう。

イソジンなどのうがい薬

舌苔を取る方法…イソジン

イソジンうがい薬には殺菌効果あるため、咳が出て喉が痛くなった時に使用すると良いです。

しかし、膿栓を予防するためには、毎日のうがいに使用する必要があるので考えものですよね。それに、イソジンの膿栓を取り除く効果は、水を使用した場合とあまり変わりないです。

重曹

舌苔は重曹で取れない

重曹のうがいが良いという声を良く聞きますが、本当でしょうか?

重曹は、正式名称が「炭酸水素ナトリウム」で、PHが8~9の弱アルカリです。アルカリの作用によって汚れを落とす効果があるため、よく掃除に使われています。

ですが、アルカリ度がかなり低いため、期待するような殺菌効果はありません。

→ 重曹では舌苔は取れない!?正しい舌苔除去と予防はこうする!

しかし、重曹は汚れ落としの効果があるため、水やうがい薬よりも膿栓を取ることができるかもしれません。

アルカリイオン水

膿栓が溶かされる

美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水は、PH11程度ある強アルカリです。このpH値は、重曹の何倍もあります。

そのため、汚れ落とし効果も殺菌作用も重曹よりも高いです。

ところが、強アルカリであるために安全性を心配する人がいます。でも、ご安心ください。原材料がホタテ貝殻であることと、うがいに使用した後に水で洗浄するので、皮膚を荒らすことはありません。

もちろん、歯磨きとうがい用に開発され販売している商品ですので、厚労省からも認可されています。

⇒⇒ 膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

うがいで口臭を予防する

口呼吸をしないように横向きで寝る

膿汁を予防することはできないのでしょうか?
どうして、膿汁は胃に流れないで口の中に入ってくるのだと思いますか?

それは、ドライマウス(唾液の分泌が少ない、または、口呼吸)だからです。だから、体質といってもおかしくないのです。じゃあ、どうすれば、リンパ球が出ないようにできるかと言うと…

膿汁をできないように予防するには…

  1. 後鼻漏の原因となっている蓄膿症(副鼻腔炎)や鼻炎を治すこと
  2. 喉・鼻の炎症を治療する
  3. 口呼吸を鼻呼吸に改善して喉の乾燥を防ぐ
  4. 唾液を出して喉の乾燥を防ぐ

膿栓の原因となっている疾患を治療し、ドライマウスを改善することで膿栓は予防できます。詳しくは『唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策』をご参考にしてください。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

うがいで膿汁を取る

美息美人で口の中がスッキリ

膿栓の元となる膿汁ができないようにするには、喉を清潔にすることが重要です。常に喉が清潔であれば、膿汁はできないからです。効果的に喉を清潔にするために、次の方法をおすすめします。

臭いネバネバ液(膿汁)を予防するための方法

1、咽喉をアルカリイオン水(口臭予防歯磨き粉「美息美人」)で何度もうがいして洗浄する。

2、その後、喉が乾燥しないように、小まめに水を飲む。

これだけのことなのですが、この2つを実践されている多くの方達から、「膿栓が出なくなった。」とか、「ネバネバの液がなくなり口がスッキリした。」とのご報告を受けております。

もし、あなたも膿栓で困っていましたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人」を試されたらいかがでしょうか?

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

膿栓は、口臭の大きな問題となりますが、じつは、アレルギー性鼻炎などで、後鼻漏になっている場合にも膿栓の時と同じように、ネバネバの免役物質が出るので口臭の原因となっています。気になる場合には、こちらをご覧ください。

口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方

うがいで膿栓を予防する

うがいはインフルエンザに効果がない

風邪やインフルエンザを予防するためには、うがいと手洗いが良いといわれていましたが、最近になり、うがいはインフルエンザに効果がないと言われています。

うがいは、一般的な風邪などを予防する効果があるといわれていますが、インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていません。

しかし、それでも、うがいの効果は多くあります。

引用:首相官邸HP

  • 適度の刺激が粘液の分泌や血行を盛んにする
  • のどに潤いを与え、粘膜の働きが弱まるのを防ぐ
  • ホコリなどを粘液とともに上気道から洗い流す
  • 口腔粘膜への細菌の付着を抑え、定着しにくくする
  • のどや口腔を消毒する※
  • セキを抑え、タンを除去します。のどの痛みを抑える
  • 口臭の元になる汚れを除き、口臭の発生を防ぐ
  • 口腔内を殺菌・消毒し、虫歯を予防する※
  • さわやかな後味が、口腔内に清涼感を与え、口臭を抑える※
  • かぜの予防効果が実証されている

※うがい薬使用時

うがいは洗浄効果だけでなく、うがいで粘膜をマッサージすることで喉の機能を回復、活性化することができます。その結果、感染や口臭の予防が期待できます。うがい薬を用いると殺菌効果があるので、更に効果があがります。

引用:サラヤ株式会社

うがい薬を用いなくても「うがい」の効果は、「ホコリや粘液を洗い流す」、「口臭の元になる汚れを取り除く」が認められています。

ガラガラうがいで予防する

ガラガラうがい

うがいの方法には、ガラガラうがい(喉うがい)とブクブクうがい(口内うがい)があります。

ガラガラうがいで期待できるのは、喉のホコリや粘液を洗い流す効果です。そのことで、膿栓や膿汁を除去でき、口臭予防にもなります。

ブクブクうがいで予防する

ブクブクうがい

口内の汚れを洗浄するのは、ブクブクうがいです。ブクブクうがいを行うと、口内粘膜への細菌の付着を予防できるため、舌苔や膿栓の予防ができます。

→ 舌苔(したごけ)うがい!口臭を防ぎ成人病まで遠ざけるすごい健康法

うがいや、歯や舌の汚れを取るなど、口の中を清潔にすることで、通常の膿栓はかなり予防することが出来ます。
引用:いのうえ耳鼻咽喉科

口臭を予防するためには、ガラガラうがい(喉うがい)とブクブクうがい(口内うがい)の両方を行うことが大切です。

まとめ

うがいでスッキリする女性

膿栓の予防で効果的なのは、うがいです。タイミングが合えばうがいの時に取れることがあります。うがいは、喉のガラガラうがいと口内を洗浄するブクブクうがいを両方行うことが大切です。

うがいの他にも、口腔ケアをていねいに行うことで膿栓の予防になります。

喉からの口臭は、膿栓が原因だと思っている人が多いのですが、本当は膿栓の元である膿汁という粘液です。

口臭を予防するためには、膿栓を取っただけではだめです。膿汁を除去しないといけないのです。そして、膿栓と膿汁ができないようにすることが大事。

そのために良いのがうがいですが、喉の汚れ(膿汁)を洗浄するにはアルカリイオン水が効果があるのでおすすめします。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する