膿汁(のうじゅう)が口臭になっている!取り方と予防の方法は?

一般的に「膿汁」というのは、副鼻腔炎になるとたまる膿のことを言いますが、扁桃炎によっても膿が生まれます。扁桃の陰窩(いんか)にたまる膿は食べかすなどと固まると膿栓になります。

膿汁は、後鼻漏などの粘液と混じり喉や舌に付着すると口臭原因になります。何をしても口臭が治らないときは、膿汁(のうじゅう)を疑ってみてはいかがでしょう。

今回の記事は、口臭の原因となる膿汁の除去法と予防についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

膿汁とは

膿汁は口蓋扁桃の陰窩(いんか)や腺窩(せんか)と呼ばれるくぼみにたまります。固まると乳白色や黄色の塊「膿栓」になります。膿汁は細菌や細胞の死がいが腐敗したもので臭く、口臭の原因となります。そのため、「膿汁を取りたい」という人が多いのではないでしょうか。

膿(うみ)

膿汁は膿(うみ)の汁と書きます。細菌が集まってできるので、汚い、臭いというイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、膿汁は、喉に入ってきた細菌やウイルスをやっつけて防御する「扁桃の免疫プロセス」の結果として生まれる副産物です。

私たちがけがをした時、傷(きず)が化膿(かのう)して、膿(うみ)が出ることがあります。膿は、侵入しようとする細菌を防ぐために、白血球が闘った跡(あと)なのです。白血球のような食細胞は、体内に入り込もうとする細菌を食べることで、病気の感染を防いでいます。

引用:日本製薬工業協会

喉にできる膿汁も、傷が化膿したときの膿と同じものです。だから、膿汁は臭く、口臭原因になるのです。

喉に細菌が増えて膿汁ができる

喉の奥にある口蓋扁桃(扁桃腺)をはじめとした咽喉内の扁桃は、進入してくる細菌やウイルスなどを殺し、体内への侵入を防ぐ働きがある。

引用:Wikipedia

膿が固まると膿栓になる

扁桃で生まれた膿汁が固まると、扁桃結石(膿栓、臭い玉)と呼ばれるようになります。

膿栓は扁桃腺で免疫システムが細菌などと戦った結果の産物や食べ物のかすなどが合わさったものと考えられます。

引用:板谷耳鼻咽喉科

扁桃のくぼみに、細胞の死がい、細菌の死がい、食べ物カスが溜まり膿汁が固まると膿栓ができます。膿栓は汚れがたまると大きく成長して扁桃の表面に出てきて見えるようになりますが、扁桃の形や膿栓の状態によっては、隠れて見えないこともあります。

扁桃腺に膿栓ができる

扁桃の表面にある腺窩と呼ばれる小さな穴に、剥脱上皮、リンパ球や白血球、細菌塊、炎症性崩壊産物、脂肪酸、コレステリン、燐酸石灰、食物残渣などが溜まることにより(膿栓が)形成される。

引用:Wikipedia

→ 口臭の元、膿栓がよくできる人の根本原因と予防策!

→ 臭い膿栓の取り方にはコツがあった!安全で嘔吐反射しない方法とは

痰に混じる膿汁

膿栓の取り方…咳

扁桃の膿汁だけでなく、喉の粘液(痰や後鼻漏)に混じる漿液粘膿性の膿汁もあります。

専門的には「喀痰(かくたん)」といわれます。「痰(たん)」と言うと分かると思いますが、それでは痰についてどれだけご存知でしょうか?

いろんな喀痰

  • 粘液性:白くねばねばした痰
  • 膿性:黄色い色で強い粘りがある
  • 粘膿性:粘液性と膿性が混じった痰
  • 漿液(しょうえき)性:水のようにサラサラで無色透明
  • 漿液粘膿性:漿液性と粘液性と膿性がまじった痰
  • 粘性線維素性:粘りがあり、透明感のある鉄さびのような赤茶色の痰
  • 血性:血の混じった痰(痰はなく血だけが出てくるのは喀血(かっけつ)と言います)

引用:長寿科学振興財団

この場合の膿汁は、痰に膿が混じる「膿汁」と理解してください。舌の奥(根本)には舌扁桃があるため、この部分に膿汁がよくできます。

舌扁桃にできる膿汁

この他にも、副鼻腔炎になると、副鼻腔にたまった膿が喉に落ちる(後鼻漏)鼻汁も膿汁と読んでいます。

→ 鼻の中が臭い!原因不明の場合は蓄膿症に注意、「3割の裏にある後鼻漏」

後鼻漏

痰の症状には咳があります。気道に痰がからむと咳をして外に出そうとしますよね。これは、痰(膿汁)があると、喉がイガイガするからです。

→ 喉の奥がネバつくのは膿汁が原因だった!?膿汁を出なくする方法とは?

膿汁・膿栓ができる原因

喉が粘つく女性

膿汁・膿栓は、鼻や喉に細菌やウイルスが感染することからできます。

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 気管支炎
  • 気管支拡張症
  • 肺炎
  • 肺水腫
  • 副鼻腔炎(ちくのう)

引用:長寿科学振興財団

慢性的に膿汁がある場合は、慢性扁桃炎が原因かもしれません。慢性扁桃炎には、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎でドライマウスの人がなりやすいです。膿汁が治らない場合は、耳鼻咽喉科を受診されることをおすすめします。

→ 扁桃腺は膿栓の溜まり場だった!?膿栓が溜まる理由と対処法とは?

膿汁が口臭原因になる

えっ!臭くない?

細菌が口臭を発生する

膿の中にある細菌は、食べ物カスや唾液に溶け込んだタンパク質を分解し、メチルメルカプタン、硫化水素などの揮発性硫黄化合物を生み出します。この臭い物質が気化して口臭となります。

口を閉じたままにしていると、喉に口臭が充満し、しゃべると口臭が一辺に外に出ます。だから、膿汁があると口臭がよくします。

膿汁は舌苔の原因になる

膿汁は、舌の根本付近に良く付着します。そのため、舌に細菌が感染し舌苔(ぜったい)を作ります。舌苔からも硫黄化合物ができるために、口腔が乾燥すると口臭が発生します。

多くの場合、舌のずっと奥のところに白い膜が現れるが、それはこのような硫黄化合物の固まりである。もしその膜が黄色く変わり始めたら、症状が慢性化してきている、という徴候である。(硫黄の色は黄色い。)
引用:Dr. Harold Katz の 口臭バイブル

→ 舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

膿汁の除去方法

喉うがいで口臭予防

膿汁や膿栓は、耳鼻咽喉科で除去してもらうことができます。耳鼻咽喉科では、扁桃の周りを圧迫して出したり、吸引や洗浄することで扁桃の陰窩の中の膿汁や膿栓を取り除きます。

しかし、膿栓や膿汁を除去しても一時的なものなので、軽度の場合には「膿栓を取る必要はありませんよ。」と言われることも。口臭や喉の違和感がひどい場合は、相談すると「膿栓を取ってくれる」お医者さんもおられます。

膿栓が出来る時には、喉や扁桃に炎症が起きているので、炎症を抑える薬または抗生剤と、うがい薬を処方されるのが一般的です。

自分で膿栓を除去している人もおられますが、喉を傷付けるリスクもあるのでおすすめしません。

>>口臭の元「膿栓」を取り除き・予防する方法を知っていますか?

膿汁を除去するには、アルカリイオン水を使用してのうがいがおすすめです。うがいによって口臭を予防できるようになります。

膿汁・膿栓の予防

膿汁と膿栓をできないように予防するには、唾液腺のマッサージなどで唾液の分泌を促すことが有効です。また、歯磨きと舌ケアを丁寧にして口内環境を清潔することも大切です。

膿汁の予防は、根本原因となる疾患の治療を受けることが大事ですが、それ以外にも自身でできるケア方法があるのでご紹介します。

  1. 歯磨きケアによるプラークコントロール
  2. 喉うがい
  3. 舌清掃
  4. 口呼吸・いびきなどの改善
  5. タンパク質(乳製品、赤身の肉、豆類)を避けた食事
  6. 睡眠不足、過労、ストレスをためない
  7. 降圧剤、抗うつ剤、抗コリン剤など唾液が減少する副作用の薬を見直す

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する