うそっ!歯ブラシの消毒していないの?入れ歯洗浄剤でカンタンに歯ブラシを除菌!

汚い歯ブラシ

歯ブラシの消毒は入れ歯洗浄剤を使うとカンタン!

清潔好きなあなたは、歯ブラシに繁殖している菌の汚れを許せないのではないでしょうか。多分、歯ブラシを使った後は、水道水で丁寧に洗浄してよく乾燥させていることでしょう。

しかし、残念なお知らせになりますが、歯ブラシに付着している菌はその程度では除菌できません。「そんなことは分かっている!だから、除菌スプレーを使っているんだ。」と言われるかもしれませんね。

それでも、除菌と滅菌消毒とでは違います。歯磨き後に何もしないよりはマシかもしれませんが、時間の経過とともに菌は増殖します。菌が残ると家族に歯周病が感染することもあるのです。

だからといって、滅菌消毒器を購入するのはリスクがあります。実は、私が実際に行っている「入れ歯洗浄剤」を使用する歯ブラシの消毒法は簡単で効果もバッチリです。

今回の記事は、歯ブラシの汚れのリスクについてと、入れ歯洗浄剤で歯ブラシを消毒する方法についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯ブラシは菌の温床

歯ブラシは、口の中に入れて汚れを取り除くためのものです。口の汚れとは、菌の塊である歯垢です。ですから、1回でも歯磨きをしたなら歯ブラシには菌が感染します。

それどころか、歯ブラシの保管は湿気の多い洗面所が一般的。だから、菌が増殖するには最適の場所なのです。家族の場合は、歯ブラシの保管を同じ入れ物に入れていることが多いですよね。だから、新しい歯ブラシを入れても、家族の歯ブラシが触れて菌が感染するのです。

歯ブラシが汚なくなるのは

あなたはの歯ブラシはきれいですか?
現在お使いになられている歯ブラシの衛生状態に自信がありますか?

まさかこのようになるまで使うことはないでしょう。

kesaki

この写真の状態まで歯ブラシを使うのは例外かもしれません。毛先の間が茶色く汚れているので、見ただけでも使う気がしなくなるかもしれませんね。
それに、歯ブラシの毛先が開いているので、ブラッシングしても毛先が歯に垂直に当らないために歯の汚れが取れません。
清潔なあなたですから、このようなことはないと思いますが。

歯ブラシの毛先の間に歯磨き粉がくっついて汚れることもあります。歯磨き粉について詳しくは『歯医者がおすすめする歯磨き粉ランキング』をご参考にしてください。
↓ ↓ ↓

yogore

もし、このような汚い歯ブラシで歯磨きをしていたら、口の中が細菌だらけに。

ある調査では、歯みがきを一度すると、便器にある細菌の数と同じ数に増えると言われています。次の写真は、歯ブラシの毛先を拡大したものです。ナイロン毛にまとわりついているのは、細菌がかたまって出来たプラークです。

平均的な人の歯ブラシでは、なんと歯ブラシの毛一本に1000万以上の細菌が棲息しているとも言われています。この事実を知ったら、今までどおりに歯みがきが出来ないのでは?

→ 歯ブラシの選び方!虫歯予防と歯周病予防では異なります

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯ブラシの保管方法NG

清潔好きなあなたは、歯磨きの度に歯ブラシをきれいに洗い、そして清潔な歯ブラシ立てに保管していることでしょう。でも、先ほどの事実を知ったら不安になるかもしれませんね。

自分では、きれいに保管しているつもりでも、ちょっとしたことで細菌は繁殖します。

次にご紹介するのは、よくある歯ブラシの保管方法のNG。あなたは大丈夫ですか?

保管NG

  • コップの中で洗う
    歯ブラシをコップの水で洗うのではなく、水道水の下で良く洗い流すことが大切。
  • 歯ブラシを容器に入れて保管している
    容器を洗い清潔にしていなければ、歯ブラシの根本に菌が繁殖する
  • 歯ブラシの使い回し
    たとえ家族や恋人でも使い回しをするのは、よくありません。
  • 1つのコップに複数の歯ブラシを入れている
    毛先が触れることで細菌が感染します。
  • お風呂やトイレの中で保管している
    お風呂やトイレの中は、細菌が空中を飛び回っているので歯ブラシにも付着します。

お風呂が好きな人は、入浴中に歯磨きをするかもしれませんよね。入浴しながらの歯磨きは、ゆっくりとブラッシングできるので、歯科衛生士もおすすめしています。だから、お風呂用に歯ブラシを置いている方も多いです。でも、それが歯ブラシの衛生面に良くないので、たとえ入浴中にブラッシングする場合でも、歯ブラシの保管は、浴室の外にしてくださいね。

これだけ歯ブラシの保管に注意をしていても、まだ完璧ではありません。

きれいに保管してもばい菌だらけ

歯ブラシの保管方法で一番おすすめなのは、「歯ブラシをきれいに洗い、よく乾燥する」のが良いといわれています。

だから、「私は、歯ブラシをきれいに洗っているから大丈夫です!」と言われる方が多いのですが、先ほどから何度も申し上げているように、細菌は生き物ですから直ぐに増えます。

流水できれいに洗ってから数時間保管したあとの歯ブラシを顕微鏡で見ると…

それが、これ!

saikin

毎日、きれいに洗って使っている歯ブラシなのにこうなるのです。どれだけ、きれいに歯ブラシを洗っても、お口の中の細菌が歯ブラシに感染し増殖してしまうのです。細菌の増える速さは想像よりもかなり速いです。

ですから、長期間使っていると毛の根本が汚れて茶色っぽくなる。その汚れた歯ブラシを口の中に入れるのですから、何をしているのか分からない…。歯磨きしながら細菌を植え付けているようなものです。

→ 歯磨きしても口がネバネバする原因10!唾液の粘つき対策はこうする!

歯ブラシから菌がうつる!?

カップルで同じ歯ブラシを使うとか、家族で保管容器を共有していることがあります。でも、そのことによって、「虫歯がうつりませんか?」とか、「口臭がうつりませんか?」とご相談される方がおられます。

虫歯や歯周病に感染している人と同じ歯ブラシを使うと、それらの菌に感染します。しかし、虫歯菌や歯周病菌は、成人であればほとんどの人がすでに持っています。

それに、虫歯や歯周病になるのは、口腔ケアが十分にできていないことが大きく影響します。歯周病の原因と予防について詳しくは『歯周病が口臭原因!歯間ブラシで口臭チェックができる』をご参考にしてください。

それに、口臭がうつることはありません。

口臭が発生するのは、歯ブラシについている菌ではなく他に原因があることの方が多いです。
口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯ブラシを消毒する方法

歯ブラシを除菌する方法(グッズ)は沢山ありますが、どれもメリット・デメリットがあります。(特にデメリットが多い)

  • 重曹につける…重曹水は弱アルカリのため、完全に除菌できない。
  • イソジン…歯ブラシが赤茶色に染まる。
  • 除菌器…場所を取る、面倒、高価なものが多い。
  • 水道水で洗浄…菌を洗い流すことはできない。
  • 除菌スプレー…除菌はできても滅菌はできない。
  • 熱湯消毒・ドライヤー…歯ブラシの毛先を傷める。

入れ歯洗浄剤で除菌

入れ歯洗浄剤は、菌が大量に付着した義歯の汚れを除菌消毒するためのモノです。ですから、これを使わない手はありません。

歯ブラシの消毒に、入れ歯洗浄剤を使用すると次のようなメリットがあります。

  • 99.9%除菌できる。
  • 入れ歯洗浄剤は、口に入れる義歯を除菌消毒するために作られているので安全。
  • 費用が安価。
  • コップに浸けるだけなので簡単。

入れ歯洗浄剤ポリデントの特徴

1.強力除菌:一日中使った入れ歯に繁殖したカビの一種やニオイの原因菌を99.9%*除菌します。*GSK調べ(in vitro)
2.速効洗浄:1回目からの使用でも、洗浄時間わずか5分で入れ歯を徹底的にきれいにします。
3.漂白促進:入れ歯の表面の見えない小さな穴まで効果が行き渡ります。
4.着色汚れ落とし:傷つけずに、入れ歯についたしつこい着色汚れを落とします。(研磨剤不配合処方)

引用:amazon

使用方法

歯ブラシをポリデントの洗浄液に5分から一晩浸けて消毒した後、水道水で洗浄して完了です。

美息美人を使うと歯ブラシが汚れない

歯ブラシをきれいに保つためには、殺菌消毒することが必要です。しかし、菌は生き物ですので、一度殺菌しても感染します。

感染しないようにするためには、使用後も入れ歯洗浄剤などに浸けておかないといけないかもしれません。でも、このような面倒なことを行うのは大変。

そこで、私のもう一つのおすすめは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」です。

美息美人は、口臭予防歯専用の歯磨き粉です。貝殻パウダーが原料の強アルカリ(Ph11)の水歯磨き粉のために、殺菌力があります。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用していると、不思議なことに、どれだけ使っても歯ブラシが黒くなることがないのです。本当に不思議です。美息美人(びいきびじん)を使えば使うほど、歯ブラシがきれいになるのです。

細菌は、強アルカリでは生きられないということは周知のことです。この当然すぎる理由によって、使用した歯ブラシに細菌が感染することがないのです。

歯ブラシの汚れが許せない清潔好きな方には、美息美人(びいきびじん)がおススメです。

歯ブラシを清潔に保つためには

清潔に歯ブラシを保管する

どれだけ神経を使っていても、歯ブラシは汚れるものです。ですから、歯ブラシをきれいにしてもし過ぎることはありません。効率よく衛生面を保つための方法をご紹介しますので、ご参考にしてくだされば幸いです。

  1. 歯磨きを終えたら、歯ブラシを水道水でしっかりと水洗いする。
  2. 歯ブラシを洗浄したら、ティッシュペーパーで水気をふき取る。
  3. 歯ブラシは、湿気のある場所は避けて保管する。
  4. 歯ブラシの毛先が開いていなくても汚れていなくても、1か月を目安に交換する。
  5. 使用する前も、しっかりと歯ブラシを水道水で洗浄する。

歯ブラシの変えるタイミング

歯ブラシの変えるタイミングは、一般的には「歯ブラシの毛先が開いてきたら変える」と言われています。しかし、現役歯科衛生士さんに聞くと、歯ブラシの毛先が開くまで待っていると、そのまま何か月も使うケースが多いので、「1か月で変えると良いです。」、「長くても2か月使用したら変えるようにしてください。」と指導されているようです。

その理由について、見た目では歯ブラシの毛先が開いていないようでも、毛先がすり減って痛んでいたり、微妙に開いてしまっているからだそうです。

この毛先の問題の他にも、衛生上の面からも良くないからがあるといわれていました。

だから、見た目がきれいでも出来るだけ早い期間で歯ブラシを替えることが大切といえます。ですから、歯ブラシの交換時期は、「1月」を目安にされることをおすすめします。1か月たってなくても、毛先が曲がったり汚れが見えたら交換されるほうがいいです。

まとめ

歯ブラシは毎日口に入れるものです。ところが、歯ブラシには大量の菌が付着しています。顕微鏡で歯ブラシの菌が動いているのを見たらショックを受けられるでしょう。

歯ブラシに付いている菌は、家族の間で感染するので歯周病の原因になることも。また、カンジダ菌などの場合は、口内環境を悪化させ口臭原因にもなるかもしれません。

歯磨きは健康のために行うものです。ところが、歯磨きをしながら健康を害しては本末転倒。そうならないためにも、定期的に歯ブラシを除菌消毒することが大切です。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する