歯間ブラシが臭いときの口臭対策のポイントとは

歯間ブラシが臭いと困る女性

歯間ブラシが臭いときは口臭がしている

歯間ブラシの臭いを嗅いで口臭を確認したことはありませんか?もし「臭い」と感じたら、口臭がしている可能性が高いです。

ブラッシング後に歯間ブラシやフロスが臭うのは、歯に付着している歯垢が取れて臭いを発するからです。歯と歯の間は歯ブラシでは磨き残しができてしまい、虫歯や歯周病の原因にもなります。

歯周ポケットができると、更に歯ブラシが届きにくくなり口臭がきつくなります。そのようにならないためには、歯間ブラシやフロスを上手に使うことが大切です。

今回の記事は、歯間ブラシが臭い時の原因と口臭対策でのポイントについてお伝えします。口臭が気になっている場合は、是非ご参考にしてください。
この記事は、現役歯科衛生士の上林ミヤコが書きました。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

※このブログの一部記事は、オーラルウェルネスクリニック院長・
ファストロ滋子医師により監修を受けております。
オーラルウェルネスクリニック:https://oralwellness.jp/
本サイトの記事に関するお問合せはこちらまでお願いします:
株式会社アイオーン123@ueb-a.com

歯間ブラシが臭い原因

口臭の確認は吐いた息を嗅いで確かめるのが一般的ですが、歯間ブラシの臭いをチェックすると、もっと確実に口臭を確認できます。というのは、歯の汚れが歯の間に着きやすく口臭の原因になるからです。歯間ブラシが臭くなるのはそういう理由からです。

歯と歯の間の歯垢が臭い

歯間ブラシ(またはデンタルフロス)を使ったあと、歯間ブラシが臭く感じるのは、歯に付いていた歯垢が取れ歯間ブラシに付着したからです。そのニオイが気になるほど「臭い!」と感じたことがありませんか。

歯垢の中には、歯周病菌などの細菌やたんぱく質汚れが含まれています。歯垢からニオイが発生するのは、細菌がたんぱく質を分解するときに臭い物質ができるからです。

歯間ブラシに付いた歯垢が空気に触れ乾くと、臭い物質が気化して口臭となるのです。

でも、ご安心ください。歯間の歯垢や汚れは誰でも臭います。ところが、このニオイが強烈になると問題です。

歯間ブラシが臭い原因について詳しくは、『歯間ブラシが血臭い!その原因と取り方について現役の歯科医が教えます。』をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯と歯の間の歯周ポケットが臭い

歯周病による口臭

歯垢の臭いが、血の臭いや生臭く感じる場合は、歯周病が原因のことが多いです。歯周病になっているかもしれないとご心配でしたら、

歯周病菌は、歯と歯茎の間の歯周ポケットの歯垢の中にあります。先ほども言いましたように、歯周病菌はたんぱく質を分解して毒ガス(口臭の原因)を発生します。この毒ガスが歯肉を傷付けて排膿や出血を引き起こすのです。

また、毒ガスによって炎症を起こした歯肉は退縮し、歯周ポケットを形成するため、ポケットの中に膿が溜まる。この膿が乾燥すると、血生臭い口臭となるのです。これが、歯周病独特の口臭ですので、ニオイがひどいと感じたら直ぐに歯科で診てもらうことをおすすめします。

決して脅かせている訳ではありません。歯周病は、始めの内は痛みがないので放置する人が多いからです。

そのため、歯周病は知らない内に進行し、歯茎が腫れたり出血します。痛みが出た時にはすでに悪化しているのです。重度の歯周病になり歯周ポケットが深くなると、歯周病の治療を受けたあと歯茎が下がり、歯が長く伸びたようになり、元に戻らなくなるかもしれません。

→ 歯周病とは?わかりやすく説明します

歯間に歯ブラシが入らないから

口内細菌

歯と歯の間のすき間は、歯ブラシが入らないために磨き残しが多い部分です。だから、ここに細菌は繁殖するのです。(歯垢)

歯垢はプラークと言って、ネバネバした細菌と汚れが固まってできています。プラークがネバネバしているのは、細菌が歯面に付着しやすいように進化したからだそうです。細菌が生きて伸びるための知恵です。

本来、歯垢は歯全体にくっ付いているはずです。しかし、歯の表面に付いている歯垢はほとんどありません。何故だと思いますか?

その理由は、歯垢が歯の表面に付いたとしても、食事や歯磨きによって簡単に取れてしまうからです。ところが、歯間や歯と歯茎の間の溝部分は、歯磨きをしても歯垢は取れにくいのです。

それに、時間が経つと歯垢は固い歯石になり、無数の穴が空いている歯石が歯垢の住み家になります。

→ 夜歯磨きしないとどうなる?虫歯だけではなく、翌朝、口臭を招くのでご注意!

歯間が虫歯と歯周病になりやすいから

前歯の隙間に歯間ブラシを使う

歯垢が歯石になる時間は24時間だと言われているので、歯磨き残しが出来やすい歯間の隙間には、口臭の原因になる歯垢(細菌)がいっぱいあるということになりますよね。

虫歯菌も歯周病菌も、歯間部に多い。だから、当然ですが、歯間の部分が虫歯になりやすいし、歯周病にもなりやすいのです。歯周病になると、歯茎が臭くなるのでご注意ください。詳しくは、『歯茎が臭いそれは歯周病から口臭に発展した証拠。うがいで口臭を消す方法とは?』をご参考にしてください。

歯周病(歯肉炎)になると、歯間から口臭が起きるようになるかもしれないので、口臭がしないようにするには、歯間の清掃を徹底的に行う必要があるのです。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯間ブラシで口臭をチエックする

歯間ブラシで臭う

口臭がしているかどうかを簡単に調べる方法をお教えします。

それは…

歯間ブラシを使うチェック方法です。

歯間ブラシが臭いと困る女性

歯間ブラシで歯周病が疑われる歯と歯茎の間をこすります。
そして、その歯間ブラシをにおって見てください。

くさ~い

そのニオイが食べかすの臭いではなく、異様な臭いであれば、それは歯周病の可能性が大です。

歯周病による臭いの種類としては…

  • 血生臭いニオイ
  • 腐った卵のニオイ
  • 腐ったたまねぎのニオイ
  • 生ごみのニオイ

歯周病になると、膿が出てきます。その膿とプラーク(細菌のかたまり)が歯間ブラシにつくので、とんでもなく臭いにおいがします。

もちろん、周囲にも臭うことになります。

このような結果になった場合には、至急、歯医者さんに行かれることをお勧めします。
歯周病を治療することで口臭も治りますので、まずは、歯医者さんへ行ってください。それを放置すると、いつまでも口臭で悩むことになります。

歯周病かどうかを確かめる簡単な方法は歯間ブラシを使う方法です。歯間ブラシを嗅いで臭いと感じたら、すぐに対策することが大切です。

詳しくは、『歯間ブラシが血臭い!その原因と対策について現役の歯科衛生士が教えます。』をご参考にしてください。

歯間ブラシが臭いときの口臭対策

歯科治療と定期検診

歯周病になったら先ず行うのは、歯科を受診することです。歯周病は痛みもなく歯茎(歯周ポケット)の内に侵入していく病気ですので、表面からは分かりません。

歯科でレントゲン検査や歯周ポケットの深さを測ることで、歯周病の程度が分かります。

また、歯周病になっている場合は、必ずと言っていいほど歯石が付いています。この歯石があると歯周病は治りにくくなるのですが、歯石は歯垢(プラーク)が時間の経過とともに石のように固くなっていて、歯磨きで取り除くことはできないので

だから、歯石の除去は、専門の器具を使って除去する以外に方法がないのです。また、どれだけ歯磨きをていねいにしているつもりでも、磨き残しがあり歯石が付きます。その対策として、定期的に歯科で歯石除去やクリーニングをしてもらうことをおすすします。

セルフケア

ブラッシング

磨き残しチェックする

では、どうすれば、この臭い液をきれいにすることができるのでしょうか?

ブラッシングできれいになる?

たしかに、ブラッシングをすることは大事なことです。でも、深い歯周ポケットの中をふつうの歯ブラシできれいにすることが出来ると思いますか?

一般の歯ブラシで歯周ポケットの中をきれいにすることは不可能です。

普通の歯ブラシで歯周ポケットの中まできれいに出来るのなら、歯周病はもっと減っているはずです。それなら、口臭で悩むことももっと少ないはずです。

歯ブラシが歯と歯ぐきの間の隙間に入らないので、きちんと磨けない。。。。

普通の歯ブラシでは歯ぐきから上の部分は磨けますが、、、、臭い液が溜まっている歯周ポケットの中までは磨けないのです。この部分が一番重要なのに磨けないのです。

それどころか、きれいに磨こうとすれば、歯ぐきに強く歯ブラシを当てることになり歯ぐきを傷めます。実際、歯磨きのし過ぎで歯ぐきを傷めてしまい、歯ぐき下がりになっている人が多いのです。歯ぐき下がりについて詳しくは、『歯周病予防のために歯ぐきブラッシングをしたら、歯ぐきが下がった!?』をご参考にしてください。

これが、現実です。

ワンタフトブラシで歯と歯茎の間を磨く

だから!

あれほど丁寧に歯磨きをしているのに、口臭が治らないのです!ご理解いただけたでしょうか。効果的な歯磨き方法について詳しくは、『正しい歯磨き方法と効果的な歯磨きの仕方の違いとは』をご参考にしてください。

歯間ブラシ

歯間の歯周ポケットが深くなると、食事の度に食べかすが入り込みます。食べかすは、数分で歯垢化しますので、発酵臭を発生します。ですから、食事の後はすぐに、歯間ブラシを使い歯周ポケットの中までキレイにする気持ちで清掃することをおすすめします。
効果的な歯間ブラシの使用方法については、『正しい歯間ブラシを使った歯の隙間の磨き方とは?臭いと出血を抑えます』をご参考にしてください。

ワンタフトブラシ

歯周病予防におすすめな歯ブラシは、歯科衛生士さんも使っている「ワンタフトブラシ」です。

ワンタフトブラシの使い方はかんたんです。普通の歯ブラシで今までどおりブラッシングした後に、ワンタフトブラシで歯周ポケットの内をなぞるように磨きます。

すると。。。。ねば~とした液が出てきます。これが、口臭の元です。気になるところは丁寧に、他も簡単にひととおり磨きます。

すると。。。。口の中は、驚くほどスッキリ!多分、あなたが今まで行ったどの歯磨き方法よりもスッキリするはずです。

関連記事

今さら聞けない「歯間ブラシの使い方」。これで口臭が防げる!

アルカリイオン水

口臭が消える美息美人

できれば、口臭予防歯磨き粉「美息美人」を使用すれば、さらにスッキリ! することは間違いありません。歯周ポケットの中から液が出て臭いとお困りでしたら、是非ともおすすめする方法です。

まとめ

歯間ブラシが臭く感じたら、口臭がしている可能性が高いです。歯間ブラシが臭う場合は、歯周病のことが多く、血の臭い、生臭いニオイがするので口臭もきつくなります。

歯周病や虫歯は、歯磨きが困難な歯間部になりやすく、たとえ歯肉炎や虫歯になっていても、発見が遅くなる部位です。そのため、炎症が悪化することが多いです。

そのようにならないためにも、ブラッシング時に歯間ブラシを嗅いで臭いを確かめることをおすすめします。早く異常を発見することで口臭予防にもなります。

しかし、歯周病になっていない場合でも、多少はぷんと漬物のような発酵臭がしますが、この場合は口臭に発展することはないのでご安心ください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する