歯間ブラシが臭いと感じたら口臭がしている!?対策はこうする!

歯間ブラシが臭いと困る女性

歯間ブラシやデンタルフロスが臭いと感じたことはありませんか?もし、一度でも「臭い!?」と思ったら、口臭がしている可能性が高いです。

ブラッシングで使った歯間ブラシ(またはデンタルフロス)が臭うのは、歯と歯茎に付着している歯垢が歯間ブラシ(またはデンタルフロス)で取れ、臭いニオイを発するからです。

歯垢のニオイが臭いのは、歯周病菌や虫歯菌などの細菌が、タンパク質を分解する際に出るガスが臭いため。ですから、歯垢が多くなると口臭が強くなるので、「歯間ブラシが臭い」と感じたら注意が必要です。

それは、歯周病や虫歯になっているかもしれないというサインだからです。

今回の記事は、歯間ブラシが臭くなる原因とその予防・対策についてお伝えします。歯間ブラシが臭い場合は、ぜひご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯間ブラシが臭くなるのは

矯正装置に歯間ブラシを使う

歯間ブラシ(またはデンタルフロス)を使ったあと、歯間ブラシが臭く感じるのは、歯に付いていた歯垢が取れ歯間ブラシに付着したからです。そのニオイが気になるほど「臭い!」ことがありますよね。

歯垢の中には、歯周病菌などの細菌やたんぱく質汚れが含まれています。歯垢からニオイが発生するのは、細菌がたんぱく質を分解するときに臭い物質ができるからです。

歯間ブラシに付いた歯垢が空気に触れ乾くと、臭い物質が気化するため「臭い!」と感じるのですね。

でも、ご安心ください。歯間の歯垢や汚れは誰でも臭うからです。しかし、このニオイが強烈になった時が問題です。「歯間ブラシが臭い」原因について詳しくは、『歯間ブラシをした時のニオイが気になる場合は⇒⇒歯間ブラシが臭い!その原因と取り方について現役の歯科医が教えます。』をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯垢の臭いが強烈な場合は歯周病かも?

歯周病による口臭

歯垢の臭いが、血の臭いや生臭く感じる場合は、歯周病が原因のことが多いです。歯周病になっているかもしれないとご心配でしたら、こちらの記事『歯周病のチェックは歯間ブラシを使えばわかる!歯間ブラシ歯周病チェック法』をご参考に歯周病のチェックしてみてはいかがでしょう。

歯周病菌は、歯と歯茎の間の溝の中にある歯垢に入っています。先ほども言いましたように、歯周病菌はたんぱく質を分解して毒ガスを発生します。この毒ガスが歯肉を傷付け、排膿や出血を引き起こすのです。

また、毒ガスによって炎症を起こした歯肉は退縮し、歯周ポケットを形成するため、ポケットの中に膿が溜まる。この膿が乾燥すると、血生臭い口臭となるのです。これが、歯周病独特の口臭ですので、ニオイがひどいと感じたら直ぐに歯科で診てもらうことをおすすめします。

決して脅かせている訳ではありません。実は、歯周病になっても、始めの内は痛みがないので放置する人が多いからです。

しかし、歯周病は知らない所で進行し、歯茎が腫れたり、出血、痛みが出た時には悪化しています。歯周ポケットが深くなると、歯周病の治療を受けたあと歯茎が下がり、歯が長く伸びたようになり、元に戻らなくなるのでご注意下さいね。

臭い歯垢は歯間にくっ付く

口内細菌

歯垢はプラークと言って、ネバネバした細菌と汚れが固まってできています。プラークがネバネバしているのは、細菌が歯面に付着しやすいように進化したからだそうです。細菌が生きて伸びるための知恵です。

だから、本来歯垢は、歯全体にくっ付いているはずです。しかし、歯の表面に付いている歯垢はほとんどありません。何故だと思いますか?

その理由は、歯垢が歯の表面に付いたとしても、食事や歯磨きによって簡単に取れてしまうからです。ところが、歯間や歯と歯茎の間の溝部分は、歯磨きをしても歯垢は取れにくいのです。

それに、時間が経つと歯垢は固い歯石になり、無数の穴が空いている歯石が歯垢の住み家になります。

虫歯と歯周病は、歯間部になりやすい

前歯の隙間に歯間ブラシを使う

歯垢が歯石になる時間は、24時間だと言われているので、歯磨き残しが出来やすい歯間の隙間には、口臭の原因になる歯垢(細菌)がいっぱいあるということになりますよね。

虫歯菌も歯周病菌も、歯間部に多い。だから、当然ですが、歯間の部分が虫歯になりやすいし、歯周病にもなりやすいのです。歯周病になると、歯茎が臭くなるのでご注意ください。詳しくは、『歯茎が臭いそれは歯周病から口臭に発展した証拠。うがいで口臭を消す方法とは?』をご参考にしてください。

歯周病(歯肉炎)になると、歯間から口臭が起きるようになるかもしれないので、口臭がしないようにするには、歯間の清掃を徹底的に行う必要があるのです。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

歯間からの口臭を予防するためには

ブラッシング指導

歯間からの口臭を徹底的に予防する方法は…

  1. 歯間部のブラッシングを徹底的に行う。具体的には、通常の歯ブラシだけではなく、歯間ブラシ、デンタルフロス、電動歯ブラシ、マウスウォッシュなど、ケースによって使い分けることが必要です。
  2. 歯科で歯石除去や歯のクリーニングをしてもらう。毎日ていねいに歯磨きケアを行っていても、歯間部には磨き残しができるので、定期的に歯科にかかることも大切です。
  3. もし、歯周病や虫歯になっている場合には、どれだけ歯磨きケアをしても口臭を予防することは不可能かもしれません。そのためにも、歯科で検診を受けることは大事です。
  4. 歯間の歯周ポケットが深くなると、食事の度に食べかすが入り込みます。食べかすは、数分で歯垢化しますので、発酵臭を発生します。ですから、食事の後はすぐに、歯間ブラシを使い歯周ポケットの中までキレイにする気持ちで清掃することをおすすめします。

効果的な歯間ブラシの使用方法については、『正しい歯間ブラシを使った歯の隙間の磨き方とは?臭いと出血を抑えます』をご参考にしてください。

口臭を予防するためには

歯周病菌などの口臭菌は、歯間だけではなく舌の表面にもくっ付きます。舌粘膜はじゅうたんのようにヒダヒダ状になっているため、歯垢が付きやすく、口臭菌のエサとなる細胞のはがれた死がいやたんぱく汚れも付着します。

そのため、舌には舌苔ができやすく、口臭の原因にもなります。この傾向は、特に口呼吸や唾液不足などドライマウス症の人に多くなります。

しかし、歯周病学会の発表などでは、その他にも歯周病になっていると、増えた歯周病菌が舌に感染し、舌苔の原因になると言われています。

ですから、徹底的に口臭を予防するためには、舌苔ができないように「アルカリイオン水うがい」を取り入れることもおすすめします。口臭原因は、人によって様々です。ですから、偏った口臭対策法では結果が出ないことの方が多いのですね。

効率よく口臭対策(口臭予防)するには、歯周病対策、虫歯対策、舌苔、喉(膿栓・膿汁)の対策を総合的にケアすることが重要になるのです。詳しくは、『口臭はアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

まとめ

歯間ブラシが臭く感じたら、口臭がしている可能性が高いです。歯間ブラシが臭う場合は、歯周病になっていることが多いため、歯周病特有の血の臭い、生臭いニオイがするからです。

歯周病や虫歯は、歯磨きが困難な歯間部になりやすく、たとえ歯肉炎や虫歯になっていても、発見が遅くなる部位です。そのため、炎症が悪化することが多いです。

そのようにならないためにも、ブラッシング時に歯間ブラシを嗅いで臭いを確かめることをおすすめします。早く異常を発見することで口臭予防にもなります。

しかし、歯周病になっていない場合でも、多少はぷんと漬物のような発酵臭がしますが、この場合は口臭に発展することはないのでご安心ください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する