今さら聞けない「歯間ブラシの使い方」。これで口臭が防げる!

歯と歯の隙間を歯間ブラシで掃除

歯間ブラシの使い方について

歯間ブラシを使うことで虫歯や歯周病の予防ができるだけでなく、口臭予防効果もアップします。だから歯間ブラシを使いたいけれど使ったことがない。

でも、今さら「歯間ブラシの使い方」について、恥ずかしくて他人に聞けないと思っていませんか?

歯間ブラシの使い方は、知っているようで知らないことが結構あります。たとえば、歯間ブラシを使うのは「いつ?どのタイミングで?」とか、「フロスとどう違うのか?」、「いつ捨てるのか?」、、、

そして一番重要なのは、「歯間ブラシの効果的な使い方」です。今回の記事は、この歯間ブラシの使い方の特集です。是非ご参考にしてください。

この記事は、現役歯科衛生士の上林ミヤコが書きました。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水を使って消す方法

※このブログの一部記事は、オーラルウェルネスクリニック院長・
ファストロ滋子医師により監修を受けております。
オーラルウェルネスクリニック:https://oralwellness.jp/
本サイトの記事に関するお問合せはこちらまでお願いします:
株式会社アイオーン123@ueb-a.com

歯間ブラシはなぜ使うのか?

歯の隙間の掃除に使う

歯間ブラシを使用する女性

食事の後に歯の隙間に食べた物がはさまり、挟まった物が中々とれない時の掃除にはつまようじを使う人が多いのではないでしょうか。そのため、つまようじで歯の隙間掃除ができると思っているかもしれません。

しかし、つまようじでは歯の隙間に挟まったものは取れるかもしれませんが、歯垢などの汚れまで掃除することはできません。歯垢は虫歯や歯周病の原因になり臭いも発生するので、これらを予防するにはブラッシングによって歯垢を取ることが必要なのです。

歯科衛生士さんは、歯間ブラシよりもフロスの方を勧める人が多いようですが、一般人にはフロスを使いこなすのは難しいと思います。フロスに慣れている人が使うと、歯の間の狭い隙間や歯と歯茎の間の汚れ(歯垢)まで掃除できます。しかし、私のような素人ではそのような効果を期待しないほうがいいかもしれませんね。

ですから、使いやすい歯間ブラシをおすすめします。歯間ブラシの使用方法はかんたんです。歯の隙間に歯間ブラシを通して、前後にゴシゴシと動かすだけで歯垢汚れを掃除できます。

ところが、歯間ブラシを使った後に歯間ブラシを嗅ぐと臭いので、不安になる方がおられるのではないでしょうか。でも、歯間ブラシを使って臭いがするのは、汚れ(歯垢)が取れているからですのでご安心ください。

関連記事

歯間ブラシが血臭い!その原因と対策について現役の歯科衛生士が教えます。

歯間ブラシが臭いときの口臭対策のポイントとは

歯間ブラシとフロス(糸ようじ)の違い

歯間ブラシとフロスの違い

歯間の清掃には、歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)を使うと効果的です。歯科医院に行くと、歯科衛生士さんは決まったようにデンタルフロス(糸ようじ)の使用をすすめます。

しかし、患者さんの多くはフロスの使用が難しく(私もそうです。)、歯間ブラシを使う方を選んでしまうようです。どちらでも効果が同じであれば、歯間ブラシでも十分だと思いませんか?

実は、歯間ブラシとフロス(糸ようじ)では、少し用途が異なります。

フロス(糸ようじ)は、歯と歯の間についた歯垢(プラーク)を取るためのもの。この部分は、歯ブラシだけでは歯垢を除去することが難しく、虫歯や歯周病の原因になるからです。

歯間ブラシは、歯肉炎などによって歯間の歯茎が下がり、歯と歯の間の隙間が大きくなっている時に、汚れ(歯垢)を取る時に有効です。

ですから、人によって歯間の隙間の大きさが違うので、歯間ブラシを購入する時には、隙間に合ったサイズの歯間ブラシを選ぶことが大事です。歯間の隙間が大きいのに、小さなサイズの歯間ブラシを使っても汚れが取れにくく、反対に、歯間の隙間が狭いのに、大きなサイズの歯間ブラシを使うと歯茎を傷付けるのでご注意ください。

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシ

歯間ブラシの正しい使い方

歯間ブラシの使い方は、歯ぐきの状態によって異なります。歯茎の健康な人が歯間ブラシを使うのと、歯周病で歯茎が腫れている人が歯間ブラシを使うのとでは、使い方は明らかに違ってきます。

健康で歯茎が引き締まっている場合には、多少、強く磨いても問題がありませんが、歯周病で歯茎がブヨブヨと腫れている場合には、強くゴシゴシと磨いてはいけません。

歯茎に問題がない方でも歯間ブラシを使うと、歯磨き後の磨き残しや歯間の隙間汚れが取れます。歯の隙間は歯ブラシだけでは清掃しにくいので、仕上げに歯間ブラシを歯間に通すと良いです。それだけで虫歯や歯周病の予防になります。

歯間ブラシの種類は、太さ、タイプ(針金、ゴムなど)が色々あるので悩むかもしれませんね。ゴムタイプの歯間ブラシは歯茎が腫れている人用です。歯茎が健康な場合には、針金タイプの歯間ブラシの方が良く磨けます。

歯間ブラシの交換時期は、ブラシが汚れたり毛先がすり減ったときが目安です。歯間ブラシの種類や使い方によって毛先の摩耗が異なるので、ブラシが汚れたら新しい歯間ブラシに交換されることをおすすめします。

健康な歯茎

現在、歯茎が健康だからと安心してはいけません。日本人(30歳以上の成人)の8割以上が歯周病になっているといわれているからです。

歯周病になると、たとえ虫歯になっていなくても歯(歯茎)が痛くなったり、歯が抜けることにもなります。抜歯した後は、ブリッジ、義歯、インプラントを入れることになるので、そのようにならないよう予防することが大切です。

先ず、歯間ブラシの種類の選び方ですが、歯の間の隙間に合わすことが重要です。狭い隙間に太い歯間ブラシを無理に通したり、広い歯間に細い歯間ブラシを通しても効果がありません。自分に合った歯間ブラシを使うためには、歯科医院で選んでもらうことをおすすめします。

【歯間ブラシの磨き方】

1.歯間ブラシは、歯磨き後の仕上げに使うことを習慣にする
2.歯と歯の間の隙間に歯間ブラシを前後に動かして汚れを取るようにする
3.広い隙間部分は、歯間ブラシをくるくると回して汚れを取る
4.できれば、歯の隙間に合わせた歯間ブラシを複数使うと効果的です

歯周病の場合

歯茎が腫れている場合には、歯間ブラシの毛先や金具などで歯茎を傷つけ出血することになるかもしれません。そのような場合は、歯の隙間をやさしくなぜるように2~3回だけ磨くようにしてください。

また、歯周病になると歯周ポケットが深くなるのですが、歯間部は目で見えません。そのため、歯周病が悪化するのも、この歯間部分です。
歯周病を予防するためには、歯間ブラシを歯周ポケットの中に入れて、回すようにして清掃すると、汚れが良く取れます。

使うタイミング

歯間ブラシを使うタイミングは、いつもの歯磨きの時が良いでしょう。歯ブラシでブラッシングした後に、歯間ブラシを使って仕上げに磨くといいです。

また、口臭や歯周病が気になる場合には、食後に歯間ブラシで食べかすを取り除くようにすると、予防になります。

取り換えるタイミング(頻度)

歯間ブラシを取り換えるタイミングはいつが良いでしょう?

歯間ブラシは消耗品のため、毎日の使用でブラシが開いたり減ってきます。毛先部が直に立っている時は良く磨けますが、毛先が曲がると磨けないようになります。この前に新しい歯間ブラシに取り換えることをおすすめします。

また、使っていなくても汚れると不衛生ですので、汚れたら捨てるようにしてくださいね。

デンタルフロス

フロスの使い方を指導

歯ブラシだけでブラッシングするよりも、歯ブラシとデンタルフロス(糸ようじ)を併用すると、清掃効果は、歯ブラシのみの場合の61%よりも18%も高くなるという日本歯科医師会のデータ(2005年)もあります。

しかし、これは正しくデンタルフロス(糸ようじ)を使った場合です。たとえフロス(糸ようじ)を使っても、使い方が間違っていれば効果は半減するかもしれないので、初めてフロス(糸ようじ)を使われる場合は、歯科衛生士さんから指導を受けられることをおすすめします。

ネットでも「フロス(糸ようじ)の使い方」は多く紹介されていますが、実際フロスを使ってみると難しいと感じるかもしれません。フロス(糸ようじ)の使い方については、こちらの記事が参考になります。
引用:サンスター デンタルフロス/歯間ブラシの使い方

でも、歯科衛生士というプロから手取り足取り実践でフロスの使い方を学ぶと、うまくできるようになるものです。

順番はどっちから?

フロスと歯間ブラシの順番

歯間の汚れを落とすために、デンタルフロスを活用する人は多くおられます。しかし活用している人のなかには、「デンタルフロス→歯ブラシ」「歯ブラシ→デンタルフロス」順番はどっちにした方が効率よく汚れを落とせるのか、気になっている人がおられます。

確かにどうせ汚れを除去するのであれば、正しい順序でしっかりと口臭予防に取り組みたいでしょう。特に歯周病の怖さを知ってしまったら、気になることは当然です。

正しい順番ですが、これには特に決まりのようなものはありませんし、ご自身のやりやすい順番で取り組むことがいいでしょう。

大事なことは「歯ブラシでのブラッシングには限界がある」ということを意識することです。歯と歯が接触している場所にはどうしてもデンタルフロスを活用しなければなりません。

口腔内の汚れを落とすには歯ブラシが適しているのですが、デンタルフロスは細菌除去効果に優れているからです。

もしきちんと汚れが落ちているか気になる人であれば、歯ブラシでブラッシングしたあとに歯垢染色液を用いて、歯ブラシで落とせなかった汚れを確認してからデンタルフロスを活用するといいでしょう。

デンタルフロスの使い方

フロスの使用が難しい

歯間ブラシを使って、歯の隙間磨きまで行っているという人は、前歯よりも奥歯の隙間が気になっているのではないでしょうか。

奥歯は、どれだけキレイに歯磨きしようとしても歯垢がたまりやすい場所ですし、自分自身では見えにくいために歯ブラシだけではケアしにくいでしょう。

また歯間ブラシを使って磨こうとしても、どうしても歯間にうまく入れることができません。特にデンタルフロスを愛用している人であればなおさらです。

正しいデンタルフロスの使い方では、両手にデンタルフロスを巻き付けた状態で行っています。しかしなかなか、うまく奥歯の歯間に入れることができないだけではなく、入れられたとしてもうまく磨くことができません。

上顎の奥歯を磨く場合には、両指にデンタルフロスを巻き付けた状態で、フロスを人差し指の腹にひっかけるようにして両手を内側にひねります(両方の人差し指が外側に開いた状態)。そのまま奥歯に持っていくと磨きやすくなります。

また奥歯を磨くことを意識して、口を大きく開けすぎると余計に磨きにくくなります。口を大きく開けてしまうと、自分自身の頬が邪魔になってデンタルフロスが動かしにくくなってしまうからです。指が入るスペース位で十分ですから、調整しながら磨くようにすればいいでしょう。

歯間ブラシの選び方は、使い方以上に重要

歯間ブラシの合っているサイズ

歯間ブラシはメーカーによっていろんな種類があるので、どれを使っていいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

歯間ブラシは、どのメーカーのものでも大小のサイズを選択できます。サイズの種類は、細い順から4S,SSS,SS,S,M,L,LLと太くなっている。このサイズは、歯間を通過する適合サイズで分けられ、4Sの歯間ブラシで0,6ミリ、LLの歯間ブラシが2,4ミリになっているので、歯間の幅に合わせて使われるほうが効果的に清掃できます。

4Sの歯間ブラシは、ブラシの幅が0,6ミリとかなり細いので、健康で歯茎が引き締まっている方用です。反対に、歯周病によって歯と歯の間に大きな隙間があいている場合には、一番大きなLLの歯間ブラシが効率よく清掃できます。

ブラシ部分にワイヤーが入っている歯間ブラシの場合には、自由に屈曲できるため、自分の歯にあったように曲げて使うことが可能です。

元々、ヘッドとブラシ部分に角度をつけている歯間ブラシがあります。平均的な歯間の場合には、このタイプが使いやすいかもしれません。

歯ぐきが腫れているとか刺激に弱い人の場合には、ブラシ部分にワイヤーが入っていなくてゴム製のタイプの歯間ブラシが良いでしょう。ゴムタイプの歯間ブラシには、小林製薬の「やわらか歯間ブラシ」やサンスターの「ガムソフトピック」があるので、一般の歯間ブラシが痛く感じる方におすすめです。

まとめ

歯間ブラシを使うと、歯ブラシで磨けなかった部分の掃除が出来るようになるため、ブラッシング効果が飛躍的に上がります。ですから、歯間ブラシやフロスを使用されることをおすすめします。

この記事でご紹介した「歯間ブラシの使い方」をご参考にして歯磨きをていねいに行っていただければ、口臭の予防効果がかなり上がると思います。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する