歯周病のセルフチェック!こうすれば歯周病の程度がわかります

歯間ブラシを使うと血が出る

歯周病のセルフチェック

日本人の成人の8割以上が歯周病に感染していると言われています。歯周病の代表的な症状は「口臭」であるため、口臭をチェックすることで歯周病の予防ができます。

歯周病は進行する病気で、重度の歯周病になると歯を支える歯槽骨が退縮し、歯が抜ける原因になります。最近になって、歯周病はお口の中だけではなく、心筋梗塞や脳梗塞などの血管病や糖尿病など生活習慣病を引きおこす原因にもなることも分かってきました。

ですから、軽度歯周病の時に、歯周病を発見して予防することが大切です。歯周病の症状は様々ですので、チェック項目をご参考にして、歯周病の程度を調べてみてはいかがでしょう。

今回の記事は、歯周病のチェック方法についてご紹介します。是非ご参考にしてください。

歯周病のセルフチェック

【歯周病の主な症状】

  • 口臭
  • 口(唾)がネバネバする
  • 出血や膿が出る
  • 歯が浮いた感じがする
  • 歯茎が赤く腫れている
  • 歯茎が紫色やどす黒い
  • 固いものが噛めない(噛むと痛い)
  • 歯が伸びて長くなった
  • 歯と歯の間に食べ物がよく挟まる
  • 歯を押すと動揺する

口臭

リアル口臭チェックでにおう

口臭をチェックすることで、歯周病のチェックもできます。

歯周病になると口臭が強くなるので、歯周病かどうか直ぐに分かります。歯周病は、それほど不快な臭いを発します。ですから、口臭を予防するのなら歯周病を治すことが大事です。

歯周病の口臭は、卵の腐ったような臭い(硫化水素)、野菜の腐ったような臭い(メチルメルカプタン)、ごみ臭(ジメチルサルファイド)です。

歯ぐきからの口臭は、ネットでも、「下水のニオイ」、「どぶ臭い」、「玉ねぎの腐ったニオイ」、「うんこのニオイ」などとひどい臭いがするといわれています。

ところが、臭いは麻痺するため、自分自身には分からなくなるのが普通なので、気になったら家族など信頼のおける人に教えてもらうことが必要です。

「歯茎が臭い」と感じたら歯周病の可能性が高いです。詳しくは、『歯茎が臭いそれは歯周病から口臭に発展した証拠。うがいで口臭を消す方法とは?』をご参考にしてください。

歯茎を押すと膿が出る

歯肉炎のチェックは、歯茎の膿で確認できます。

歯肉炎(歯周病)になり歯茎が腫れると、歯周ポケットの中に膿が溜まるようになります。この状態を確認する方法は、指で歯茎を押すと、生臭い膿が出ることで分かります。

歯周病と口臭

口臭の原因を歯医者さんに尋ねると、9割以上の歯医者さんが…「口臭の原因は歯周病菌だ!」と答えられます。本当です。歯周病になっていると、歯ぐきからひどい臭いがしますが、口臭は歯周ポケットの臭い液が原因です。

歯間ブラシでチエックして確かめる

歯間ブラシで臭う

歯周病かどうかを簡単に分かる方法をお教えします。

それは…

歯間ブラシを使うチェックです。

詳しくは、『歯周病のチェックは歯間ブラシを使えばわかる!歯間ブラシ歯周病チェック法』をご参考にしてください。

歯間ブラシが臭いと困る女性

歯間ブラシで歯周病が疑われる歯と歯茎の間をこすります。
そして、その歯間ブラシをにおって見てください。

くさ~い

そのニオイが食べかすの臭いではなく、異様な臭いであれば、それは歯周病の可能性が大です。

歯間ブラシが血臭い!その原因と対策について現役の歯科衛生士が教えます。

歯周病による臭いの種類としては…

  • 血生臭いニオイ
  • 腐った卵のニオイ
  • 腐ったたまねぎのニオイ
  • 生ごみのニオイ

歯周病になると膿が出ます。その膿とプラーク(細菌のかたまり)が歯間ブラシにつくので、とんでもなく臭いにおいがします。

もちろん、周囲にも臭うことになります。

このような結果になった場合には、至急、歯医者さんに行かれることをお勧めします。
歯周病を治療することで口臭も治るので、まずは、歯医者さんへ行ってください。それを放置すると、いつまでも口臭で悩むことになります。

歯周病かどうかを確かめる簡単な方法は歯間ブラシを使う方法です。歯間ブラシを嗅いで臭いと感じたら、すぐに対策することが大切です。

歯周ポケットの深さを測る

歯周病の程度(進行状態)は、歯周ポケットをチェックすることで分かります。

歯周病は、歯周病菌に感染することで歯茎が侵され、進行すると歯槽骨が退縮し、最後は歯が抜けてしまう病気です。そうならないためにも、早目に進行を止めないといけません。

歯周病が進行すると、口臭も強くなっていくのが歯周病による口臭の特徴です。

プロービング検査

歯周病を診てもらうために歯医者に行くと、必ずされることがあります。それは、歯周ポケットの深さのチェックです。

歯周ポケットというのは、歯周病菌によって歯ぐきに炎症がおきることでできる歯と歯ぐきの境目の溝のことをいいます。歯肉炎が進行することで歯周ポケットが深くなるので、歯周ポケットの深さをチェックすると歯周病の程度が判断できます。

一般的に歯科で歯周ポケットの深さを測る方法は、「ポケットプローブ」という棒状の器具を使用し、歯周ポケットの中に差し込んで深さを測ります。

歯周ポケットの深さを測ると「痛い!」と言われる患者さんがいますが、痛い場合は、歯茎が腫れて炎症を起こしているからかもしれません。

健康な歯ぐき:歯周ポケットの深さが2ミリ以下ですが、歯周病が進行すると次のように悪化します。

  1. 歯肉炎:歯周ポケットの深さが3ミリ程度
  2. 軽度歯周炎:歯周ポケットの深さが4ミリ程度
  3. 中等度歯周炎:歯周ポケットの深さが6ミリ程度
  4. 重度歯周炎:歯周ポケットの深さが8ミリ程度

歯磨きのときに出血する

歯茎から出血

歯槽膿漏(重度歯周病)のチェックは、歯茎からの出血で分かります。

歯磨きを行った時に、出血することがありませんか?「もしかしたら歯周病ではないだろうか?」と不安になる人が多いのではないでしょうか。血が出る場合は、歯周病によるものが多いのですが、他の病気のこともあるので、出血したらすぐに歯科で診てもらうことをおすすめします。

歯周病で出血する場合の特徴は、炎症による膿の臭いです。出血する部分を舌で吸ってみると、膿の臭いや生臭い味がするので分かると思います。

口の中で膿臭いと、「周囲にも口臭がしているのでは?」と不安になりますよね。でも、残念ですが、歯ぐきから出血する場合のほとんどは歯周病によるものです。出血がなくても、歯ぐきを舌でなめると生臭く感じたら、それは歯肉に炎症がおきているからです。

歯茎が臭い、出血がする場合は、こちらの記事『正しい歯間ブラシを使った歯の隙間の磨き方とは?臭いと出血を抑えます』が参考になると思いますよ。

このような症状があると、口臭が強くなります。口臭の内でも、歯周病による口臭は特に強いといわれているので要注意です。

歯茎の色が悪い

健康な歯ぐきと歯肉炎

歯茎の色をチェックすることで、歯肉炎(歯周病)かどうかが分かります。健康な歯茎の色はピンクですが、赤や紫になると要注意です。

歯茎の色が悪くなると、他人の前で大きく口を開けることもできないので嫌ですよね。

歯茎の色が悪くなると、「歯周病が原因で歯茎が黒ずんできた。ということは口臭もしているに違いない。。。。。」と考えるかもしれません。

あなたも、このように口臭がしているのではと悩まれていませんか?

自分の口がにおっているのかどうか分からないので、このようにして悩みを持ち続けている人が多くおられます。

しかし、歯ぐきが黒ずむとか、歯ぐきが腫れぼったいのは、歯肉炎の代表的な症状です。このような場合は、一日も早く歯科で診てもらうことをおすすめします。

歯ぐきの色が悪くなる例外もあります。それは、前歯にメタルボンド(セラミック歯)や硬質レジン歯を入れている場合です。人工歯の表面はセラミックやレジンなのですが、その内側は金属でできています。その金属のイオンが歯ぐきに染まり、歯ぐきが黒ずむことがあります。

このようなケースでは、黒ずみは歯磨きでは取れないので歯科で相談されることが大切です。

歯が長くなった

歯茎が下がり歯が伸びた

鏡で前歯をじっくりとチェックしてみてください。「歯が長い」「歯が伸びたのだろうか?」と感じたら、歯周病かもしれません。

その時に、指で歯を押してみてください。歯が動いたら、歯周病が進行しているので、早目に歯科で診てもらうことをおすすめします。

歯がしみる

知覚過敏の女性

知覚過敏の症状で歯周病かどうかをチェックできます。

冷たい物を食べたり飲んだりした時に、歯がしみることがあります。そのように歯がしみると、「知覚過敏」だと考えるのが一般的。しかし、知覚過敏の原因の一つに、歯周病による歯ぐき下がりが原因になります。

歯周病で歯ぐきが下がると、歯が長く伸びた感じを受けます。そして、歯根部の象牙質が見えるようになります。

象牙質は無数の細い管状の穴が開いていて神経につながっています。ですから、冷たい食べ物や飲み物を飲むと、過敏に感じることになります。

知覚過敏かと思ったら、歯周病による歯ぐき下がりかもしれないのでご注意ください。

虫歯じゃないのに歯が痛い!それ知覚過敏では?!しみる原因と対策

固いものを噛むと歯が痛む

さきいかを食べると歯茎が痛くなる原因

するめイカなど固い食べ物を食べた翌朝に、「歯が痛い」「歯が浮いている」と感じたら、歯周炎かもしれません。

「さきいか」を噛むと歯や歯ぐきが痛くなる!その原因と対処法

歯周病が進行すると、歯を支える膜などの歯周組織にも炎症がおきます。歯周組織には神経が多くあるため、歯周炎になると外からの力が加わると過敏に感じるようになります。

そのため、固いものを噛むと「歯が痛い」と感じるように。歯が痛むと虫歯と勘違いする人が多いのですが、虫歯がない時には歯周病が原因になっているかもしれません。

歯周病が進み、食事の度に「歯が痛い」と感じるようであれば、かなり歯周病が進行しています。ここまで歯周病が悪化すると、自然に治癒することはほとんどありません。

歯科で外科的治療(抜歯、ブリッジ、義歯、インプラント、歯肉の移植など)を受ける必要がでてきますでてきます。そうならないように、早目に歯周病を検知し予防することが大事です。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する