舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・

舌磨きは絶対ダメ!その理由について

舌苔は口臭原因になるし、見た目も悪いので気になっていませんか?

口臭予防のため(または舌をキレイにするため)に、歯ブラシでゴシゴシと舌磨きを行う人がいますが、舌磨きは絶対に行ってはいけません。舌磨きがダメな理由は、舌の磨き過ぎによって舌が傷ついてしまうからです。

舌磨きは絶対するな

舌が傷つくと、、、

  1. 口臭が悪化する
  2. ドライマウスになり唾液が粘つく
  3. 舌苔が治らず慢性化する
  4. 味覚障害をおこす
  5. 口内炎や舌癌のリスクが高まる

このように舌磨きが悪いことだと分かっていても、仕方なく舌磨きを行っているのが現実ではないでしょうか。それでも「舌磨きはしなてはいけません!」。

舌のケアは、優しくなぜるようにしないといけません。しかし、それでは、舌苔を除去することは困難ですよね。

実は、舌磨きをしなくても口内環境がキレイになれば舌苔は自然と改善されるのです。そのために良いと言われているのが、「アルカリイオン水」を使ううがいと歯磨きです。

唾液の代わりにアルカリイオン水で殺菌洗浄する

アルカリイオン水を使うと汚れた口内をキレイにできるため、舌苔の改善に効果があります。

今回の記事は、舌磨きでは舌苔が取れない理由と、優しく舌をケアする方法についてお伝えします。舌苔が治らず困っている方は、ぜひご参考にしてほしいと思います。

美息美人で口臭対策したお客様の声1.000件

※このブログの一部記事は、オーラルウェルネスクリニック院長・
ファストロ滋子医師により監修を受けております。
オーラルウェルネスクリニックへのお問合せ先:https://oralwellness.jp/
本サイトの記事に関するお問合せはこちらまでお願いします:123@ueb-a.com

※2019年1月7日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年9月8日に再度公開しました。

舌苔とは

舌苔は舌のプラーク

舌苔のイメージ

舌が白く(または黄色く)見えるのを舌苔(ぜったい)といいます。

舌の表面はツルツルではありません。舌はざらざらとしたじゅうたんのようになっています。これは、舌には糸状乳頭(舌乳頭)が一面に立ってるためです。そのような形状のため、食べかすや舌粘膜からはがれ落ちた細胞などがよく付着します。

この舌に付いているたんぱく質を細菌が食べて出来たのが舌苔(ぜったい)です。英語でタング・プラークというように、舌に付いた歯垢(細菌の塊)という意味です。

舌苔(ぜったい)は、見た目はスポンジ状でカビとよく似ています。

びっしり舌苔が付いている男

上の写真でも、見た目は舌が汚れているように見えるかもしれません。しかし、これは舌が汚れているのではなく、カビのように細菌が集まってきたものです。だから、舌の苔といいます。

細菌や汚れが集まった苔は、糸状乳頭の間に多くあり、舌が乾燥したり免疫が低下すると、いっぺんに舌の表面にまで増えます。そして、びっしりと厚い苔になるので、舌が汚れたように見えます。

カレーライス

舌苔(ぜったい)ができると、カレーを食べたりコーヒーを飲んだときに、舌苔に色素がつき舌が食べたものの色に変色します。喫煙しないのに舌が黄色くなるので、心配するかもしれません。それは、舌苔に色素が付いただけなのでご安心ください。

しかし、舌苔ができると問題になるのは舌の変色だけではありません。食事の後、食べたものの臭いが舌苔(ぜったい)に付着するので、いつまでも口臭で困ることになります。

舌が白いから口臭がする

食後ニオイが残らないようにするには、ガムを噛んでもだめです。舌苔(ぜったい)をなくす以外に方法がないのです。舌が白くなり口臭がするようになりお困りでしたら、こちらの記事『舌が白い!それは口臭がひどくなるサイン。舌苔を取り除く方法を教えます』をご参考にしてください。

舌苔が口臭の原因

舌苔から口臭がしている

舌苔(ぜったい)は口臭原因になることが分かっています。なんと、日本歯科医師会の発表では、口臭の6割が舌苔が原因なのです。

舌苔は最大の口臭源で、口臭の6割が舌苔から発生します。
引用:日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク8020

そのため、舌磨きをして舌をきれいにしようと思っていませんか?

舌磨きをしないで舌苔を取る方法は⇒⇒ 舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

舌磨きがダメな理由

舌を傷付ける

舌磨きのし過ぎで舌がヒリヒリする

舌苔が改善されない場合に多いのは、「舌磨きのやりすぎ」です。このように言うと、「1日に舌磨きは1回しかしていない。」とおっしゃる方がおられます。

でも、あなたの舌がデリケートな場合には、舌粘膜を傷めるかもしれないのでご注意ください。

舌のケアについて警鐘を鳴らす人物がいる。日本口臭学会常任理事で、ほんだ歯科(東大阪市)院長の本田俊一氏だ。

舌は非常にデリケートな器官で…舌の上がネバネバする、口臭がする、といった不快な状態になる。そこで『舌磨き』をして、舌を傷めてしまう人が増えているのです。

引用:AERA

優しく舌を磨いているつもりでも、血が出る方もおられます。出血していなくても、舌磨きをした後から舌がヒリヒリと痛むケースもあります。

舌磨きによって舌が痛くなるのは、舌がパサパサに乾いている人に多いです。ドライマウスでびっしり舌苔が付いていると、過剰に舌磨きを行ってしまうからです。

その結果、舌が痛み口臭も悪化します。詳しくは「舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?」をご参考にしてください。

糸状乳頭(しじょうにゅうとう)が長くなる

舌乳頭が長くなる

舌苔(ぜったい)ができるのは、糸状乳頭の角化からおきます。糸状乳頭(舌乳頭)は舌のザラザラしたものですが、角化によって乳頭が長くなると舌苔ができやすくなります。

糸状乳頭の長さなどには、個人差があります。人によって、長いことがありますし、老人では一般に長いです。長い人は舌苔もつきやすいです。また、緊張や、口呼吸により口腔内が乾燥すると糸状乳頭は厚くなり、その隙間に食物残渣がたまりやすくなり、食後の口臭を起こします。

引用:医療法人ほんだ歯科口臭バイブル

糸状乳頭が角化を起こすのは、胃腸や膵臓など内臓が弱った時などに多いのですが、舌磨きのし過ぎも角化の原因になります。

糸状乳頭が長くなると乳頭の間に汚れがたまるため、清掃が難しくなります。そのため、余計に「舌磨きをしてしまう」という悪循環になる人が多いのです。

ですから、舌苔が治らない場合は、一度舌磨きをやめられてはいかがでしょう。

→ 舌乳頭が長いから舌苔が治らない!原因と対策は

舌磨きでドライマウスになる

ドライマウスの舌

舌苔の予防で大切なことは、唾液をしっかりと分泌させて舌を保湿することです。その役割をはたしているのが舌乳頭です。

ところが、舌磨きを行うと舌乳頭まで削ってしまい、舌の表面に唾液を貯めることができなくなります。このことが舌苔ができる原因になります。

舌苔ができると味覚障害などのストレスも生じるので、交感神経が活発になり唾液の分泌が悪くなります。

他にも、ドライマウスになる原因に歯磨き剤の使用があります。市販の歯磨き粉には、合成界面活性剤などの刺激成分が含まれているからです。

口が粘つく原因は歯磨き

ドライマウスの場合は、歯磨き粉を使わないようにすることが大事です。もし使われるのなら、歯磨き粉の量をマッチの頭程度に減らすなどの工夫が必要です。

味覚障害になる

舌乳頭が削れた図

よく、過剰に舌磨きをした人が、炎症を起こし真っ赤になっていることがあります。それは、舌に傷がついてしまったからです。

舌を磨きすぎると、舌がピリピリするようになり、味覚障害を起こすようになったということを聞きます。そのようなことにならないためにも、舌の汚れを取るときには十分注意しなければいけません。

というより、下手に舌苔を取ろうとするよりも、「舌磨きしないほうがいい!」かもしれません。それが私の結論です。

舌磨きのし過ぎで舌がヒリヒリする

口臭が悪化する

舌を習慣的に磨くと、舌表面粘膜が過敏になり、ますます口腔内の乾燥や過敏は進むでしょう。…独特の臭気を持つようになります。
引用:医療法人ほんだ歯科 口臭バイブル 歯磨き・うがい・ケア

舌磨きをしても舌が綺麗になることはなく、舌磨きが習慣になると口臭が悪化します。

その理由はこうです。毎日舌磨きを行っている人の舌をよく観察すると、舌乳頭が傷ついています。

舌苔を気にする方の場合、舌を完璧にきれいにしたいため、舌ブラシ(または歯ブラシ)でいつまでもゴシゴシと磨いてしまう。この過剰な舌磨きが舌苔を悪化させる原因に。

舌苔は細菌と汚れがかたまってできたもので、腐敗臭を発生します。口臭が強い人の舌を見ると、たいてい舌苔が厚くて白くなっているのが特徴的です。

もし、舌苔からの口臭が気になる場合には、舌磨きが原因かもしれませんので、一度、舌磨きをしないようにされてはいかがでしょう。

舌苔がひどい場合は「口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・」をご参考にしてください。

舌苔が慢性化する

びっしりと付いた舌苔

舌の清掃は誤った方法や強い力で行うと舌に傷をつけて、返って舌が汚れやすくなりますから注意が必要です。

引用:福岡歯科大学医科歯科総合病院 口臭クリニック

舌苔は舌の乳頭にへばりついているので、単純に舌磨きを行ったくらいでは取れません。それなのに、舌苔をきれいに取ろうとゴシゴシと磨いたなら、糸状乳頭まで削り取り、さらに舌苔が悪化することになるでしょう。

舌苔ができる原因について詳しくは、「舌苔を除去する方法はどれが一番効果があるか調べてみて分かった!(舌苔ができる原因)」をご参考にしてください。

ところが、舌苔ができると「舌磨きをしなければ取れない。」と思い込んでしまい、舌苔が取れなくてもブラシで磨く。舌磨きでは舌苔が取れないことが分かっていても、次の日も次の日も舌磨きを繰り返していませんか。

その結果、舌苔が慢性化してしまったのです。だから、舌が白くても「舌磨きは絶対するな」とご自身に言い聞かせてください。

舌苔が取れない理由は、「白い舌が元に戻らない理由は6つあった。その解決策とは?」をご参考にしてください。

舌がんのリスクを高める

舌を磨き過ぎると舌を傷付けるため、さらに舌が白くなります。

慢性的な舌苔

それどころか、舌磨きで出血や感染する恐れもあります。

舌が白いからといってこすり過ぎるのは要注意です。舌の表面が角化すると、汚れていなくても白くなることがあります。また、舌は傷つきやすいため、専用のブラシで優しく掃除しないと出血や感染のおそれがあります。
引用:国立大学法人大阪大学 歯学部附属病院 口臭で悩んでいるのですが…

舌磨きのし過ぎは舌癌の原因になるのでしないほうがいいです。詳しくは「舌がん?それとも口内炎?見分ける方法と注意点とは?」をご参考にしてください。

安全に舌苔を取り除くには、うがいがおすすめです。
[PR]舌苔をアルカリイオン水のうがいで取り除く方法

舌が臭くなる

習慣的に舌を磨く人は、唾液自体が非常に臭くなり、例え歯科的な問題がなくても常に舌は不快な状態になり、しかも、乾燥すると唾液が臭くなります。…結局口臭も習慣化してしまい口臭から逃れることはできなくなります。
引用:医療法人ほんだ歯科 口臭バイブル 舌を磨くことと舌の臭気

舌を磨くことで舌苔が慢性化すると、舌の上に唾液がたまらないために唾液がネバネバしたものになります。そのため、舌(唾液)が臭いことになるのです。

舌苔は自然に取れるから

舌の上の細菌

舌苔(ぜったい)は細菌が集まってできたものです。菌による汚れの代表といえば、風呂カビを想像しませんか?

風呂カビを取るために、あなたはどんな方法を取っていますか?

まさか、タワシでこするようなことはしませんよね。

多分、風呂カビ専用のジェルなどを使っているのではないでしょうか?

風呂カビを落とす女性

風呂カビを取るときには、汚れた部分にカビ落しジェルを付けておき、時間がたったら軽くふいて水を流すだけできれいになります。カビや菌はゴシゴシとこすらなくても取れますよね。

口の中に風呂カビ用ジェルを使うことはできませんが、安全なものを使えば同じことが可能になります。

(バイオフィルムの)表面はネバネバの膜で覆われ、バリアーとなって抗菌薬が効かない状態です。 バイオフィルム(プラーク)は、ぶくぶくうがいではとれないので、今のところ物理的に落とすしかありません。

引用:こぶちファミリー歯科クリニック バイオフィルム感染症とは

下図のように、プラークからできている舌苔の表面には、バイオフィルムという膜が菌を保護しているため、殺菌剤が菌に効きません。だから、どれだけ強力なマウスウォッシュやうがい薬を使用しても舌苔が取れないのです。

バイオフィルムのイメージ

ところが、プラークはアルカリで溶けることが分かっています。ですから、アルカリの歯磨き粉やうがい薬を使用すれば舌苔は取りやすくなります。

アルカリの歯磨き粉でおすすめなのは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」です。美息美人は、Ph11.4もある強いアルカリ。このアルカリが、たんぱく質からできている舌苔を分解します。

バイオフィルムの膜を破るアルカリイオン

バイオフィルムで覆われている舌苔(ぜったい)は、薬剤ではこわすことはできません。しかし、美息美人(びいきびじん)のような強いアルカリの場合には、バイオフィルムを溶かし中にある細菌まで除菌します。

アルカリイオンが舌苔を溶かす

ですから、アルカリイオンの美息美人で歯磨きを行うと、舌苔が分解されふやけます。舌苔が柔らかくなり舌から浮いた状態になるので、コットンで優しくなぜるだけでも汚れが取れていくのですね。

[PR]舌苔をアルカリイオン水のうがいで取り除く方法

舌苔の治し方

どうして舌磨きをするのか?

口臭原因が気になっている女性

ほとんどの人は、舌磨きは悪いと分かっています。
でも、舌磨きをしないと舌苔(ぜったい)は取れないものと思っているので、仕方なく舌を磨いてしまうようです。

→ 口臭が治らない原因を誰も教えないのは何故?本当の原因を知らないから?

無理もありませんよね。

ドラッグストアーに入ると、歯磨きコーナーには多くの「舌ブラシ」が並んでいます。YAHOO!ショッピングや楽天で「舌ブラシ」と検索すると、いろんな種類の舌磨きグッズが売られています。

舌磨きで舌苔を取る女性

それだけではありません。一部の歯医者さんでは、舌が白いので相談すると、「舌ブラシで磨くと取れます。」と答える歯医者さんがおられますが、舌苔は簡単には取れません。

舌苔が取れないよ

その歯医者さんは、たぶん舌磨きをしたことがないと思います。舌が真っ白くなり困っている患者さんは、舌磨きをしても舌苔(ぜったい)が除去できないから相談しているのです。適当に答えるのは無責任ですよね。

舌磨きについては、このように間違った知識や情報が多いです。

ですから、舌に付いた汚れは、舌ブラシを使い、苔を物理的に除去しないと取れないものと思い込んでしまうかもしれません。

しかし、舌の汚れはこすらなくてもうがいで取れます!

[PR]舌苔をアルカリイオン水のうがいで取り除く方法

舌苔が取れない理由

舌磨きをしても舌苔は取れません。たとえ専用の舌ブラシを使用しても取れません。どうして舌苔が取れないのだと思いますか?

それは、舌苔は菌が作っているからです。

粘膜ですから皮膚と違ってごしごしこすって取れるわけにはいかないですし、そもそも全部は取れません。
菌が根を張っているんです。

引用:NHK 美と若さの新常識

舌乳頭が角化すると、細菌が付き舌の角質に根を張ります。舌苔と角質は一体化しているので、舌磨きをしても白い角質が残るのです。

このことを知らないで、無理に舌苔を取ろうとすると、角質部分を削り取ることになります。

→ 舌が白い!正しい舌の磨き方って知っていますか?

舌磨きをやめると舌苔が治る

舌磨きを行っても舌苔が取れない人が多いです。もしかすると、あなたも同じようにお困りではありませんか?

舌磨きで舌苔が取れない、それどころか、毎日舌磨きを行ったことが原因で舌苔が慢性化することの方が多いのです。信じられないかもしれませんが、事実です。

先ほども申しましたが、舌磨きが良くない理由は、、、

  1. 舌乳頭が傷つき舌苔がよくできるから。
  2. 歯磨き粉に含まれている合成界面活性剤などの刺激成分が舌苔の出来る原因になっているから。

もし、過剰な舌磨きによって舌苔が慢性化しているようでしたら、今すぐに舌磨きをやめてください。それだけで、たとえ舌が白くても元のピンクにすることができるかもしれません。詳しくは「舌が白い人が元のピンクに戻す方法とは?32,000人が実践」をご参考にしてください。

白い舌苔が過剰にあると思うときは物理的に取り除くのではなく舌磨きなどの物理的刺激や界面活性剤の入った歯磨き剤の使用を停止して、しっかりと舌の運動を常に行い、舌を機能させ、口腔内の生理を安定させることで、健康的な子供のような舌の状態を取り戻せます。

引用:医療法人ほんだ歯科口臭バイブル

しかし、舌磨きをやめるのは勇気がいることではないでしょうか。舌苔が出来ていると舌が白く(または黄色く)なっているので、「他人に見られたらどうしょう。」と不安ですよね。

こびりついた舌苔を舌磨きで取る

だから、舌を磨かずにはいられないのが本音だと思います。「でも、舌磨きはしないほうがいい。」

それではどのようにすれば良いのでしょう?

[PR]舌苔をアルカリイオン水のうがいで取り除く方法

歯磨き粉を使わない

歯磨きをした後に舌を磨く人が多いですよね。

歯ブラシで舌磨きはよくない

歯磨きの時は、歯ブラシに歯磨き粉を付けるのが普通ですが、この歯磨き粉が舌苔を悪化させていると知ったらショックなのではないでしょうか。

舌には、味を感じる味蕾(みらい)という細胞があります。この味蕾が市販の歯みがき剤に含まれているラウリル硫酸ナトリウムなどの合成界面活性剤によって損傷を受けているからなのです。
引用:ふじた歯科医院 合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)とは?

市販の歯磨き粉の成分には、「合成界面活性剤」や発泡剤、香料など刺激のある成分が含まれています。この刺激成分が舌乳頭の角化を促進させるため、舌苔が治らない原因になっています。

舌がヒリヒリする

舌の表面は舌乳頭で覆われていて、元々歯磨き粉が付きやすいのですが、舌苔が出来るとさらに歯磨き粉が付着するようになります。そのため、舌苔が治らないということに。

もし、舌磨きをしていないのに舌苔が治らない場合には、「歯磨き粉」が舌苔が治らない原因になっているかもしれません。もし歯磨き粉を使っている場合には、今日から歯磨き粉の使用は控えてください。

歯磨き粉がダメな理由については、「舌磨きは歯磨きでやってはダメ。コットンにあるものをつけて磨く方法とは?」をご参考にしてください。

唾液で洗い流す

そうなのです。舌の汚れは、食事や歯磨きの時のほか、普段でも唾液で汚れが洗い流されているのです。

唾液の出し方を教えます
ところが、自然に舌苔が取れていくには、唾液分泌が正常でなければいけません

水道水で食器を洗う

たとえ舌苔(ぜったい)が出来て白くなっていても、自然にきれいになることが出来ます。

そのために必要なのが、唾液です。

唾液が舌を洗浄
唾液には、汚れを分解したり浮かせる作用があります。汚れが浮いている状態の時に、食事をとると、食べ物に混じって汚れが取れていきます。

舌苔ができる原因(きれいな舌)
だから、充分に唾液が分泌している人の場合には、特に舌磨きをしないのに、いつもきれいな舌なのです。

十分に唾液が分泌していると、たとえ舌苔(ぜったい)が出来ても簡単に取れます。しかし、唾液の分泌が少ないとそのようにはいきませんよね。

どうして唾液量が少なくなるのでしょう?それは次のような理由からです。

唾液の分泌が少なくなる原因

ストレスで舌が乾く

  • ストレス(不安や緊張などが多い。)
  • 自律神経失調症
  • 加齢による唾液腺の衰え
  • 水分の摂取不足
  • 降圧剤など薬の副作用による
  • 糖尿病など内科疾患
  • シェーグレン症候群

唾液を出すことが良いというのは理解できるけれど、唾液が出ない。だから、「舌を磨かないで舌苔(ぜったい)を除去する」ことは困難だと思っていませんか?

ご安心ください。後ほど簡単に舌苔を除去できる方法をご紹介します。

舌ジェルを使用する

舌磨きをしない方が良いと言っても、舌苔がついて舌が白くなっていると、そのままにしておけないかもしれません。

舌が白いと口の中を見られるのが恥ずかしいですし、口臭も気になりますよね。そのため、舌磨きをしない方がストレスになり、舌苔ができる原因になることがあります。

このような特異なケースの場合には、舌ジェルを使用して舌磨きをされてはいかがでしょう。

舌に保湿ジェルを塗る

舌ジェルには、舌磨き用ジェルと舌保湿用ジェルがありますが、どちらでも大丈夫です。舌磨きを行う前に舌に舌ジェルを塗ると、舌苔が柔らかくなり舌苔が取れやすくなります。

そのため、舌磨きをしても、舌を傷付けにくくなります。だからといって、ゴシゴシと舌を磨くと傷つけてしまうかもしれないので、舌ブラシで優しくふき取るようにしてください。

勘違いしないでほしいのですが、舌ジェルを使っても舌苔を完全に取ることは不可能です。舌苔の表面だけをふき取るだけでも口臭は軽減するので、舌磨きは舌の前後を2往復程度にされることをおすすめします。

舌磨きの頻度

患者さんから「舌磨きの頻度」についてご相談を受けることがあります。患者さんも舌磨きが良くないことは理解されているので、舌磨きに不安があるのでしょう。

先ほどは、舌ジェルを使えば舌磨きをしても大丈夫だと申しましたが、だからといって、何度も舌磨きをして良いというわけではありません。

たとえ、舌ジェルを塗っても、舌磨きを行うことは舌を傷付けるリスクがあります。それでは、舌磨きはどれだけの頻度で行えば良いでしょう?

結論から申しますと、舌苔が目立つ時以外は、舌磨きはしない方が良いでしょう。

舌が臭いから歯ブラシで磨く

舌苔が目立つ時でも、舌磨きをする頻度は、朝と夜の歯磨きの時だけにしてください。そして、舌ブラシを舌の奥から前方に2回動かすだけにしてください。

何度も申しますが、舌磨きだけで舌苔を完全に取り除くことはできません。ですから、舌磨きに期待し過ぎないで、舌苔が軽く取るためのものだと思った方が良いかもしれませんね。

アルカリイオン水で舌苔を除去する

膿栓をアルカリイオン水のうがいで取る

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」はアルカリイオン水の歯磨きです。
アルカリイオン水を口に含むと、唾液と同じように舌の汚れをふやかし浮かすことができます。柔らかくなった舌苔は、歯ブラシかコットン(綿花)でも優しくなぜるだけで取れていきます。

舌苔をコットンで拭きとる

アルカリイオンで舌苔を溶かす

しかし、表面の舌苔(ぜったい)が取れても、舌乳頭の間に隠れている汚れの一部は取れません。この残った汚れは、ただの汚れではありません。人の口にとって大切な汚れです。

というのは、人の口には、健康上必要となる菌があるからです。よくいう常在菌です。だから、すべての菌を取るのは間違った考えなのです。

だから、美息美人(びいきびじん)を使った後も、薄らと白く見える程度が望ましいといえます。

そして、もう一つあなたの知らないことがあります。

それは、今まで唾液が出なかったのは、舌が汚れていたことが影響していたのです。舌の汚れが取れ口腔環境がよくなれば、ストレスが減り唾液の分泌が良くなります。

そのため、日ごとに舌がキレイになります。毎日、美息美人を使っていると、ドライマウスの人の唾液がよく出るようになることがあります。その理由は、口腔環境が改善されることによって自律神経が整うからです。

ピンク色の綺麗な舌

アルカリイオン水を使う口腔ケアの方法

  1. 美息美人でアルカリイオン水を作る(コップにボトルを一振り入れて水を入れるだけでアルカリイオン水ができます)
  2. 2~3回うがいをした後、何もつけずに歯磨きを行う。
  3. 歯磨き中もうがいをして口内を洗浄する。
  4. 歯磨きを終えたら、コットン(綿花)にアルカリイオン水を湿らせて舌の奥から2回だけ拭く。
  5. 水でうがいをして口内を洗浄する

アルカリイオン水を使用する口腔ケアの方法は、たったこれだけです。もし、舌が白くなっているからと不安になっていたのでしたら、これで安心できたのではないでしょうか。

「ご安心ください。」と申し上げたいのですが、舌苔(ぜったい)を作っているのが菌なので、舌のケアをおこたるとすぐに舌が白くなってしまいます。

そうならないためにも、美息美人(びいきびじん)で毎日舌をケアし予防することが大切です。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」はこちら ↓

まとめ

舌苔は口臭原因になると言われているために、舌磨きを行っている人が多いです。人によっては、歯ブラシで舌をゴシゴシと磨く人も。

しかし、舌を磨き過ぎると舌乳頭が傷つき、舌苔が悪化したり慢性化する原因になります。舌磨きがダメな理由は、それだけではありません。舌磨きによって口腔を乾燥させるため、口臭を悪化させてしまうのです。

そのようなことにならないためにも、舌のケアは舌に優しく行うことが大切です。また、歯ブラシなど口腔ケアをていねいに行い、口腔環境がキレイになれば自然と舌苔もできないようになります。

そのためには、舌磨きだけに頼らずに、毎日のブラッシングやうがいなどをていねいに行うようにすることをおすすめします。

【参照リンク・参考文献】
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク8020
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用語
日本耳鼻咽喉科学会 代表的な病気
日本口臭学会誌 口臭への対応と口臭治療の指針2014
日本口腔ケア学会
福岡歯科大学医科歯科総合病院 口臭クリニック
国立大学法人大阪大学 歯学部附属病院 口臭で悩んでいるのですが
NHK 美と若さの新常識
AERA
医療法人ほんだ歯科口臭バイブル

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する