舌が白い!正しい舌の磨き方って知っていますか?

舌を磨いても良いの?

舌が白い…舌の磨き方について

舌が白いと、舌を磨いてきれいにしようとするのではないでしょうか。でも、舌を磨いても、舌はきれいにならなかったのでは?

舌苔で舌が白いときには、舌を磨いても舌苔は取れません。その理由は、舌乳頭の隙間に汚れや食べカスがたまるからです。それだけではありません。

舌が白いと思っているのは、舌乳頭の角化によるものだからです。ですから、白い舌を舌磨きできれいにしようとすると、舌乳頭まで削ることになるのです。

だから、舌苔が悪化しているのかもしれませんね。

舌が白いからといっても、舌苔の状態は人によって様々です。ですから、同じように舌を磨いてはいけません。その人に適した舌の磨き方があるのです。

今回の記事は、舌が白い場合の「正しい舌の磨き方」についてです。舌が白いと気になっている場合には、ぜひご参考にしてください。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

舌が白い原因

舌の白いのが気になる女性

舌が白くなる(舌苔)の原因は3つあります。

  1. 舌乳頭の角化
  2. 免疫の低下
  3. ドライマウス

舌乳頭の角化から舌苔ができる

舌の角化

舌が白くなるのは、口中の常在菌があれば起こり得る健康な状態です。食事や会話でも舌は歯や口蓋にすれるため角化を起こします。だから、健康な人でも多少は舌が白くなります。

角化とは、角化細胞が角質細胞に至るプロセスをいいます。

表皮の角化細胞(ケラチノサイト)が、角質細胞へ至るまでの過程を総称して角化と呼びます。

引用:ドクターズオーガニック 角化

舌の表面が角化すると、汚れていなくても白くなることがあります。

引用:大阪大学歯学部附属病院

多少、舌の表面が白くなっている場合は、舌乳頭の角化が原因かもしれませんので、舌磨きをしないで様子をみましょう。

免疫の低下が原因

免疫の低下によって、舌苔ができやすくなります。

口腔粘膜は歯や食物によって常に刺激され(物理的・化学的に)、口腔内には多種の口腔内常在菌が存在していることから感染を起こしやすい環境にあります。

引用:東京医科大学 口腔外科学分野

仕事の疲れやストレスがたまると、免疫力が低下します。このことが唾液に影響し免疫が下がります。それだけではありません、唾液の分泌も減少するのです。このことが、舌を白くする原因となります。

ドライマウスが原因

ドライマウス

ドライマウス(口腔乾燥)になると舌苔ができやすくなります。唾液が減少し口腔(舌)が乾燥すると、細菌が増えるからです。

ドライマウスとは、さまざまな原因により主に唾液の分泌量が少なくなり、口の中が乾燥状態となることです。唾液量が少なくなると口腔内に細菌が繁殖しやすくなり、口臭の原因ともなります。

引用:大阪歯科大学附属病院 ドライマウス外来

唾液が少なくなる原因には

  • 加齢
  • 糖尿病
  • シェーグレン症候群
  • 放射線障害
  • ストレス
  • 筋力の低下(舌筋、顎筋など)
  • 薬の副作用(降圧剤、抗うつ剤、睡眠誘導剤など)
  • 水分摂取量が少ない

ドライマウス症でお困りな場合には、こちらの記事「歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!」をご参考にしてください。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

舌磨きのメリットとデメリット

舌磨きの効果

歯医者の舌磨き指導

「舌を磨くだけで口臭を75%落とす効果がある?」と、東京予防歯科研究会では発表されていました。歯磨きだけなら25%。歯磨きと舌みがきを併用すると口臭を85%落とす効果があるとのことです。

舌磨きを行う最大のメリットは、口臭を軽減できることにあります。

生理的口臭は、デンタルプラーク(歯垢)よりも、舌の上の表面の舌苔(ぜったい)といわれる白い苔(こけ)が原因であることが科学的に証明されています。

だから、口臭をなくすには、舌苔(ぜったい)を取らないといけない!

舌苔が取れないよ~

だから、舌磨きの道具が多く市販されているのですが、果たしてその効果は?

舌が臭くなる原因について詳しくは『舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?』をご参考にしてください。

舌ブラシの種類と使い方

舌苔を取る方法…舌ブラシ

舌磨きの是非を論ずる前に、市販の舌クリーナーにはどんなものがあるのか?そして、どのように使うのかを知っておくと良いかもしれません。

舌クリーナーは、大きく分けると2種類あります。
一つは、舌ブラシタイプ。もう一つは、舌ベラタイプ。

慣れないと、舌ベラタイプで舌をこするときに舌を傷つけてしまいやすいので、舌磨き初心者の場合は、舌ブラシタイプが良いといわれています。

舌クリーナーを使用しての舌磨きの方法は、舌ブラシタイプは、舌の奥の白い部分から前方に向かってやさしく撫ぜるようにして磨きます。

舌磨しても傷つかないの?

舌ベラタイプは、舌の奥から舌苔(ぜったい)をかき出すようにします。

これだけの説明でもどちらが良いか判断できると思います。
舌の粘膜は、胃腸などとおなじようにナイーブな細胞からできています。胃腸を舌ベラでこすって良いはずがありません。舌も同じです。

ブラシだからといってゴシゴシと舌をこすれば、舌ベラでこするのと何ら変わりません。歯ブラシで歯を磨くように舌を磨いている人がいますが、舌を傷つけ取り返しのつかないことになるかもしれません。

ところが、舌が白くなり困っている人の多くは、舌の磨き過ぎが良くないということを知りながらも仕方なく磨いていることが分かっています。

舌をきれいにするための方法が、「舌磨き」以外にないからなのです。

舌磨きのデメリット

過剰な舌磨き

舌磨きしない方が良い

舌磨きを行うことが習慣になると、過剰に舌を磨くようになります。舌ブラシでゴシゴシと舌を磨く人もいますが、過剰な舌磨きによって、舌が傷つき、舌炎のほか、舌痛症、味覚障害、舌乳頭が伸びる、舌苔、口腔乾燥などを起こすのでご注意ください。

それだけではありません。実は毎日舌をごしごし磨いていると、刺激によって舌癌になるかもしれません。そのようなことはないと思いますが、舌をチェックすることで舌癌の早期発見にもなるので、一度じっくり舌をご覧になってください。

⇒ 舌がん?それとも口内炎?見分ける方法と注意点とは?

舌ブラシが不潔

汚い歯ブラシ

舌苔は、舌の汚れのかたまりです。舌磨きをすると、舌ブラシには細菌や汚れが付着します。舌ブラシを使った後、よく水道水で洗浄しないで置くと細菌が増殖します。

翌日、細菌が付いている舌ブラシを使うと余計に舌苔ができる原因になるので、舌ブラシを使う時はよく洗ってからにしないといけません。

歯磨き粉が舌を白くする

歯ブラシで舌磨きはよくない

舌を磨く人の中には、歯磨き粉を付けて舌磨きをする方がいます。舌の汚れを取るためには、歯磨き粉を付けたほうが効果的があると思うかもしれませんが、歯磨き粉を使うのは良くありません。

お客様の調査でも、市販の歯磨き粉を使うと舌が白くなりやすいことが分かっています。

市販の歯磨き粉には合成界面活性剤が含まれていますが、この添加物が舌乳頭の角化を進めます。そのため、細菌が増え舌苔ができます。

舌乳頭の角化

こういうと、市販の歯磨き粉を使っていても、舌がピンク色でキレイな人がいるのはどうして?と思うかもしれませんね。

その理由は簡単です。舌が白くなる人とキレイな舌の人の大きな違いは、唾液の量にあるからです。唾液が少ないと口腔乾燥を起こし舌が白くなります。でも、常に唾液が出ている人の場合には、口腔内が洗浄されるため舌もキレイなのです。

ですから、唾液が多く出ていている人の場合は、たとえ有害な成分が入っている歯磨き粉を使っても、唾液が洗い流してしまうため問題がないのです。

しかし、唾液が少ない人の場合には、少しの歯磨き粉でも舌が白くなる原因になってしまうのでご注意下さい。詳しくは、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

舌磨きしても舌が白いのは

厚い舌苔

舌を磨いても白くなる原因

舌磨きしても白い」と嘆いている人が多いです。だから、私は舌磨きを行うことに反対です。

舌を磨いても白いままでキレイにならないのは、過剰な舌磨きによって糸状乳頭が傷つき化膿し、舌苔(ぜったい)が慢性化しているからです。

舌磨きのデメリットは…

  1. 舌を磨いても、舌苔(ぜったい)をなくす根本的な処置にはならない。それに、毎日舌磨きをしなければならないし、磨いても時間がたてば白くなるので舌を磨いた意味がない。
  2. 舌磨きをしすぎると、舌の粘膜を傷つけてしまい化膿する。そのことによって、逆に口臭が強くなってしまう。

この2つのことが舌磨きをしてはいけない理由です。口臭外来で有名な本田歯科医院の本田院長も、次のように舌磨きについて述べられています。

歯医者

舌磨きを行うと、一時的に口臭は緩和しますが、すぐに復活します。
さらに、過剰な舌苔は、より一層ついてくるようになります。

舌磨きのスパイラルが原因

本田院長は、さらに、舌は磨けば磨くほど、舌苔(ぜったい)も口臭も悪化する。だから舌を磨いてしまうというような悪循環になっていると嘆いておられます。舌がきれいにならないので、舌磨きが習慣になり一生続けることになると警告されています。

習慣的に舌を磨く人は、唾液自体が非常に臭くなり、例え歯科的な問題がなくても常に舌は不快な状態になり、しかも、乾燥すると唾液が臭くなります。

気持ち悪いので、さらに舌を磨くと悪循環になり、ほとんどのケースは死ぬまで舌を磨くことが習慣として身についてしまいます。結局口臭も習慣化してしまい口臭から逃れることはできなくなります。仕方がないので、臭いがひどいためにその都度舌を磨き口臭を抑制するしかない、という習慣は、人類の古くからの対症療法的な口臭に対する予防策だったのです。 舌を磨くという行為は、口臭というものを医学的に解決することではなく、素人が、なすすべがないので対症療法的に取り組んできた一時しのぎ的方法です。

舌が白くなるから舌磨きをする。舌磨きによって舌苔が厚くなる。舌磨きをしても簡単には落ちないのでゴシゴシと舌をこすり傷をつける。その結果…舌苔は段々厚くなり口臭もひどくなる。このような最悪なスパイラルにはまっているケースが多いのです。

詳しくはこちら『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

免疫の低下が原因

舌苔は、身体の免疫力が低下したときによくできます。風邪で高熱を出したり疲労がたまると舌苔ができます。

慢性の胃炎や消化不良の人、その他、妊娠・生理などでホルモンバランスが崩れた時や、喫煙本数の多い人に舌苔ができやすいのは、免疫力が落ちているからです。

舌磨きをしても奥は白い

舌の奥が白い

舌磨きをすることに同意できない理由に、「舌磨きをしても舌の奥は白いまま」きれいにならないからです。舌苔(ぜったい)は、舌の奥にできやすいのが特徴です。

舌の奥に舌苔(ぜったい)ができる理由は、舌の奥には唾液が届きにくいことと細菌が増えやすいのが原因です。

どうして喉に細菌が増えるかというと、細菌やウイルスを捕まえるための扁桃が喉にあるからです。扁桃炎について詳しくは、『扁桃腺は膿栓の溜まり場だった!?膿栓が溜まる理由と対処法とは?』をご参考にしてください。

だから、舌の奥に細菌が増えやすくなり、結果的に舌が白くなるのです。それでは、舌の奥が白くなっている場合には、どうすれば良いのでしょう?

舌の奥は舌磨きができないので、気になる場合はうがいを行うといいでしょう。

舌磨きでは舌はきれいにならない理由

舌磨きで舌苔を完璧に取ることはできません。その理由は、2つあります。

一つは、舌乳頭の凹の部分に細菌と汚れがあるため、凸の部分だけ磨いてもきれいにならないから。もう一つの理由は、舌の角化細胞に舌苔菌が根を張っているからです。

角化した乳頭に菌の根が張ってできた舌苔

だから、舌を磨いても、いっこうに舌苔(ぜったい)がなくならない。

糸状乳頭に隠れている細菌が、口臭の元となる物質を作っているのですが、このニオイの元が唾液に溶け込みます。だから、唾液も臭いのです。詳しくは『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く5つの方法とは?』をご参考にしてください。

舌磨きの方法はタイプで異なる

薄っすら舌が白い

健康な人の舌

舌の表面が薄っすら白くなっている場合は、舌磨きを行う必要は全くありません。舌の角化が原因かもしれませんが、この程度は正常の範囲です。

舌の奥が白い

舌の奥だけが白い場合も、「薄っすら舌が白い」場合と同様と考えてください。気になる場合は、うがいを行うといいでしょう。

舌苔で舌が真っ白

舌苔が増えて舌が真っ白(または黄色)になっている場合は、次のようにします。

舌苔で真っ白い舌

舌ブラシで舌苔の表面だけ取る。(舌苔を残す)

舌を磨き舌苔を取る

※舌がひりひりする場合は、舌保湿ジェルを塗る。

毎日、軽く舌を磨き、舌苔が付きにくくなったら舌磨きをやめる。

下図の状態になったら、水、またはアルカリイオン水でうがいを行い、舌苔を予防する。

舌磨きできれいになった舌

 

正しい舌の磨き方

舌磨きのし過ぎ

舌をきれいにするには、舌の苔を取ることは必要。でも、過剰に舌磨きを行なうと逆効果になるのでご注意ください。

では、どうすれば良いでしょう?

舌を磨くときに力を入れず、出来る限り優しく磨く。そして、磨く回数を最小限にする。(できれば、舌の奥のほうから2回だけ磨く。)

このようにすると、舌の粘膜を守ることができ、苔も少しだけ除去できます。少しだけというのは、この方法では、舌を磨いた後も白くなっているからです。でも、これ以上磨くと磨き過ぎることになります。

歯ブラシを使用する場合

舌苔を取る方法…薬用歯磨き

歯ブラシで舌を磨きたいという方のために、安全に舌磨きできる方法をご紹介します。ご参考にしてください。

  1. 極細毛の歯ブラシを使用する
  2. 歯ブラシを斜めに倒し、毛先を舌に垂直に当てないようにする
  3. 舌の奥のほうから手前に、歯ブラシを倒した状態で優しくなぜる。
  4. 舌を撫ぜる回数は、2回を限度とする

舌は、柔らかいブラシで優しく撫ぜる。ただし、同じ箇所を撫ぜるのは2回が限度です。

極細毛の歯ブラシ

舌のケア方法

水を飲むと舌が綺麗になる

  1. 「美息美人(びいきびじん)」でアルカリイオン水をつくります。
  2. 舌磨き用に使う歯ブラシ(極細毛の歯ブラシ)を準備する。そして、朝晩、アルカリイオン水で歯磨きをしたあとに、舌磨きを行います。
  3. 歯ブラシを舌に垂直に向けないで、ななめにして優しく撫ぜるように磨きます。
  4. 舌磨きは同じ箇所を3回以上磨かない。
  5. 舌磨きを終えたあとは、よく水道水でうがいを行い洗い流します。

水道水で口と喉をきれいに洗い流すことが大切です。その理由は、舌を磨いた後きれいに洗い流さないと細菌が舌に残るからです。

うがいで舌ケア

舌磨きを休んでいる間も、「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で歯磨きを行なってください。
重要なことは、日中も小まめにアルカリイオン水でうがいを行うことです。

口臭が消える美息美人

うがいの仕方は、ブクブクうがいだけではなく、喉の奥までアルカリイオン水が届くようにゴロゴロうがいもします。

舌をきれいにするには、ゴロゴロとうがいを行うのが大切です。

膿栓をアルカリイオン水のうがいで取る

[PR]頑固な舌苔をアルカリイオン水を使い除去する方法

舌苔(ぜったい)をつくっている細菌は、空気に触れにくい喉に多く棲んでいます。だから、舌の根元に舌苔(ぜったい)ができるのです。

ゴロゴロうがいを行うと、口腔環境をきれいにすることができます。これが、アルカリイオン水でゴロゴロうがいをおすすめする理由です。

舌苔を溶かす方法

舌苔が舌にびっしりと付いている場合には、通常の舌ケアだけでは、がんこな舌苔を取るのは難しいかもしれません。そのような厚い舌苔の場合には、次のように行ってみてください。

舌苔をコットンで拭きとる

  1. 化粧用のコットン(綿花)を用意する。
  2. 美息美人のアルカリイオン水をコットンに湿らせる。
  3. 2で湿らせたコットンを使い、舌の奥から前方へアルカリイオン水を舌粘膜に塗る感じで拭く。
  4. コットンの裏面を使い、もう一度、舌を拭く。
  5. 仕上げに水でうがいをして洗浄する。

※ 一度使ったコットンで何度も舌を拭くと、細菌やよごれを塗りつけることになるので、表面1回、裏面1回だけのご使用にしてください。

アルカリイオン水で歯磨きを行なうと苔がふやけるので、濡れたコットンで簡単にふき取ることができます。(コットンだからといって磨きすぎはいけません。コットンで拭く場合も2回が限度です。)これを数日繰り返すとかなりきれいになるのでお勧めです。

アルカリイオンが舌苔を溶かすイメージ

今回のように、びっしりと厚い舌苔ができて口臭がひどくなっていたら、アルカリイオン水の「美息美人(びいきびじん)」がおすすめです。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する