舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?

うわぁ…「舌を指でなぜて嗅ぐと臭い!」なんて経験をしたことはありませんか?

舌が白くなっていると嫌ですよね。白い舌を見た瞬間にテンションが下がるのでは。舌の白いところを「これ、何だろう?」と不安に思いながら、そおっと指で舌をなでて鼻に近づけて嗅ぐと、やっぱり臭い!

たいていの人は、舌が臭うことにショックを受けますが、私もそうでした。
今回の記事では、「舌が臭う時の治し方」についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

※この記事はオーラルウェルネス歯科医院院長ファストロ滋子医師により監修を受けた記事です。
ファストロ滋子医師による監修記事
オーラルウェルネスクリニックへのお問合せ先 https://oralwellness.jp/

舌が臭いと口臭が心配

舌が臭う場合は、口臭がしている可能性が高いです。

舌が臭うのは、舌に付いている唾液が臭いからです。これは、唾液の中に口臭原因物質が溶け込んでいるために起きます。唾液には酵素なども含まれるため、口臭の心配がない人でも多少はニオイがします。ただし、この場合は、口臭が強い人のように酸っぱい臭いや下水臭ではなく、「ぷん」と漬物が臭う程度の口臭になります。

ただし、舌が唾液で濡れている時は口臭が発生しにくいです。でも、緊張などで口腔が乾燥すると唾液が気化して口臭が出るのでご注意くださいね。

このように、舌が臭いと感じるのは唾液が臭いからです。詳しくは、『唾液が臭いのは舌が汚れているから。うがいで口臭を洗い流す方法とは?』をご参考にしてください。

舌が臭くなる原因

舌が臭くなる原因は、次のように人によって様々です。

  1. 舌苔
  2. 歯周病
  3. 虫歯

歯周病や虫歯になると、臭い物質が生成されるので舌が臭くなります。しかし、舌が臭くなる一番の原因は舌苔です。舌苔といっても、人によって程度は様々ですが、「舌が白い」と口臭が発生します。

次の画像のように舌全体が白くなっている場合には、風邪などで発熱した時や胃腸を悪くして体調を崩した時に多いです。このように舌全体が白くなっている場合には、熱っぽい口臭がするのが特徴的です。

舌苔レベル1

次の画像は、常に舌苔が出来ている場合です。このように厚い舌苔が出来ると、ばい菌や腐敗物も多くなるため、舌からどぶ臭・下水臭がするようになります。

常に厚い舌苔が出来ている場合は、美息美人で舌ケアを行うことをおすすめします。

うがいで舌苔が取れる歯磨き粉

舌が臭いのは病気?

舌の匂いを直接嗅ぐことはできません。でも、指で舌をなぜて嗅ぐことで、「自分の舌の匂いはこんなニオイなんだな」と感じることができるので、一度自分の舌の匂いを嗅いでみてはいかがでしょう。

舌の匂いを嗅ぐことによって、いろんな病気のサインを感じることができます。たとえ、病気ではなくても、「口臭がしているかどうか」の判断もできます。

この時勘違いしないでいただきたいのですが、「舌は無臭ではない」ということ。よく、「舌を触ると匂いがするから口臭もしているのでは?」と心配される方がおられますが、唾液には酵素や食べた物の匂いが溶け込んでいるため、誰でも多少は匂いがしても問題ありません。

しかし、舌の匂いが、ドブの臭いや生臭い臭いだったら要注意です。舌の匂いがひどい場合は、歯周病、舌苔、慢性扁桃炎の他にも、耳鼻科や内科の病気のこともあります。もし、舌の匂いが強い場合は、一度お医者さんでご相談されると良いと思います。

舌が臭くなることについて詳しくは、『舌苔や口臭をうがいだけで取り除くことができる美息美人とは?』をご参考にしてください。

舌が白くなると臭い!

sitanigamu

元々、舌の色はピンク色に近い肌色?

人によって赤みがかっていたり、茶色っぽかったり、色が違います。これは、肌の色が違うように舌の色も違うからです。そして、健康状態によっても舌の色は変化するということをご存知でしたか?

それだけではありません。

舌肌の表面には、白い(または黄色い)ものが、膜状に着くことがあります。

これは、舌の肌の上で生息している細菌が、食べかすや細胞がはがれた死骸をくっつけて作ったものです。

白いものは、プラークと呼び、歯にくっついているプラークと同じようなものなので、英語でタン・プラークともいいます。正式には、舌苔(ぜったい)といいます。

プラークは、誰にでもできるものです。だから、健康な人でも舌は多少白くなっています。

プラークとは別に、舌の表面には糸状乳頭がたくさん生えています。糸状乳頭は細いため、食事などでもこすれて角化するため、すぐに先が白くなります。

そのため、健康な人の舌の代表的な状態は…

正常な舌の色

ピンク色の舌の上にうっすらと白い膜が張ったように見えます。

ところが、唾液の分泌が少ないとか口呼吸(又はいびき)をしていると、口が乾燥し細菌が異常繁殖します。

その結果、舌のプラークが厚くなり「真っ白」になることがあります。それが舌苔(ぜったい)です。詳しくは『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く5つの方法とは?』をご参考にしてください。

舌がドブ臭い

台所の排水溝

舌を指でこすって嗅ぐと、このような臭いがします。それは…

生ごみが腐ったような臭い
ドブ臭いにおい

どちらにしても、良いにおいではありません。

舌が白くなっていない場合でも、舌の奥のほうをこすってから嗅ぐと臭いと感じるかもしれません。
その時、「舌が臭い」と感じたら、不安になるかもしれません。

多くの人たちが、このようにして舌の臭いを嗅いでから、口臭の不安を感じています。

もしかしたら、自分の舌だけが臭いのではと悩んでいるかもしれません。ご安心ください。
誰でも舌を指でこすって嗅ぐと臭いものです。

その理由は…

舌が臭いのは舌が白いから

舌のニオイが臭く感じるのは、舌の表面が乳頭で覆われていて乳頭の隙間に食べかすなどの汚れがたまりやすいからです。

余談ですが、舌の表面に乳頭があるのは、舌面積が広くなることで味覚を感じやすくなっているからだそうです。しかし、このことによって舌には汚れがたまりやすい。

だから、舌が臭くなるのですね。でも、不思議ではありませんか。それなら、みんなの舌が臭いはずですよね。舌が臭くなる人には、共通した原因があります。それは、舌の苔ができていることです。

舌苔(ぜったい)は、汚れに細菌が繁殖してできたものですので腐敗臭を発生します。この舌苔ができる人には、ドライマウスという共通点があります。ドライマウスは唾液分泌が少なかったり口呼吸をしている場合に起きます。

もし、舌苔ができている場合には、ドライマウスが原因になっていることが多いのですが、低位舌(ていいぜつ)がドライマウスに影響していることもあります。低位舌について詳しくは、『歯型が舌に付くのは口臭がひどくなる証拠。舌苔を防ぐ方法と対処法とは?』をご参考にしてください。

そして、舌苔(ぜったい)ができると、唾液も臭くなる。このことが舌を臭くしている原因なのです。

舌苔(ぜったい)が臭い

舌の表面に付いている白い苔(または黄色い苔)のことを舌苔(ぜったい)といいます。

舌苔(ぜったい)には個人差があり、びっしりと白い(黄色い)苔状のものが着いている場合もありますし、うっすらと白い膜が張っているだけで、ピンク色に見える人もいます。

舌が臭いと感じるのは、この舌に着いている白い(または黄色い)苔が、臭いからです。

もちろん、舌苔(ぜったい)が多量に着いているほうがニオイも強いです。苔の量の分、ニオイ成分が蓄積されています。

saikin

舌に着いている苔の正体は、食べかすと細胞の死骸などですが、それに細菌が繁殖して塊を作ります。舌苔(ぜったい)は、歯に着くプラークと同じものです。

歯の表面はツルツルなので、プラークが付着しにくい。ところが、舌の粘膜は乳頭で覆われているために、じゅうたんのようにザラザラの面です。
ですから、歯よりも何倍も汚れが付着します。

舌の表面には、細菌が増殖し苔をつくります。苔の細菌はタンパク質を分解して臭い物質をつくり蓄積しているのですが、舌が乾燥すると臭い物質がガス化し口臭となるのです。

舌を指でこすって嗅ぐと臭いのは、苔が指に付き臭い物質がガス化するからです。

唾液が臭い

irasutokousyu

舌苔(ぜったい)が出来ると、苔の中に臭い物質が蓄積されるのですが、臭い物質は唾液に溶け込みます。

だから、唾液を指で触って嗅ぐと臭い。元々、唾液は酵素が含まれるのでニオイがしますが、舌が白くなっている人の唾液のニオイとは違います。

それに、舌が白くなる人の場合には、唾液が少ないのが特徴です。ですから、水分の少ない粘ついた唾液に臭い物質が溶けこんでいるので、ニオイも強くなります。唾液が臭い場合は、こちらの記事『唾液が臭いのは舌が汚れているから。うがいで口臭を洗い流す方法とは?』もご参考にしてください。

白い状態の舌には、苔の他に臭い唾液が付着しています。ですから、舌苔(ぜったい)が付いているとニオイが強くなるのですね。

指でこすらなくても臭い!
この2つのことが、舌が白くなると口臭が強くなる理由なのです。

舌奥からドブのような口臭がする

口臭がドブのような臭いがする、卵の腐った臭いがする、下水の臭いなどひどい口臭の場合には、舌苔だけが原因ではありません。

このような口臭がしている場合は、舌の臭いに加えて喉からも口臭がしているかもしれません。特に舌の奥の方が白くなる舌苔で悩まされている患者さんで多いケースです。

アレルギー性鼻炎や蓄膿症など喉鼻に炎症が起きやすいと、慢性の扁桃炎になった時に喉に臭い痰のような粘液ができます。この粘液は痰、鼻汁、細菌の死がい、に細菌が混じる膿なので、膿汁(のうじゅう)といいます。

この膿汁自体が、臭い粘液でドブ臭を発します。ところが、膿汁は舌の奥に多く舌粘膜に付着し、舌苔を作る原因になっています。舌苔ができた人の口内が乾燥すると口臭を発生します。その時の口臭は、初めに申したような悪臭になるので、この対策をしないと口臭は解決できないでしょう。

膿汁について詳しくは、『喉から出る臭い液は膿汁だった。膿汁が出ない方法とは?』をご参考にしてください。

舌苔(ぜったい)が出来る原因

isyasoudan

舌が臭いとき、口臭がしないように行なってほしいことがあります。それは、舌苔(ぜったい)を減らすことです。が臭くないようにするには、舌苔(ぜったい)を減らすことしかありません。

すぐにでも、舌苔(ぜったい)を取りたいかもしれませんが、その前に舌苔(ぜったい)が出来る原因を知ることが重要かもしれません。
舌苔ができる原因は、大きく分けると次の3つです。

1、内臓の不調と免疫の低下
2、口腔内の乾燥
3、口腔内の不衛生

普段は舌がピンク色の人でも、風邪をひくと一辺に舌苔ができて舌が白くなります。これは、体の免疫が低下することで口内環境が悪化することが原因です。

また、内臓は健康を維持するために不可欠な臓器ですが、この内臓の調子が悪くなると免疫が低下し、舌苔の原因となります。

舌苔は口内の細菌によって作られますが、唾液が少ないとか口呼吸で舌が乾燥する人の場合には、細菌が増殖しやすくなります。このことが舌苔のできる原因になります。

そして、歯磨きが十分にできていない人や、歯周病や虫歯が多い人の場合には、細菌が舌に感染するため、舌苔ができやすいといえます。

舌苔(ぜったい)は、唾液が少なくなると出来ます。
ドライマウスの人の場合には口腔内が乾燥します。そのため、細菌が増え舌苔(ぜったい)が出来るのです。

舌苔(ぜったい)が出来るのは、こういう理由からです。

口呼吸をしていると口腔内が乾燥するということは分かります。でも、唾液が少なくなる原因までは知らないのではないでしょうか?

唾液が減少する原因

mizuonomu

  1. ストレス
  2. 加齢
  3. 薬の副作用
  4. 胃腸が弱い
  5. 睡眠不足など疲労
  6. 暴飲暴食

これらの原因によって唾液が出なくなると舌苔(ぜったい)が出来ます。舌が白くなる場合には、これらの原因を改善することが大切です。

冬は部屋の乾燥が舌苔を増加する

加湿器

冬は口臭が強くなります。その理由は空気の乾燥。冬は外気も乾燥していますが、暖房を使うためお部屋の中はより乾燥します。

乾燥した空気を吸うため、口の中が乾燥します。そのため、舌が乾き細菌が増え舌苔ができやすくなるのです。

長時間、乾燥した部屋にいると、喉もからからになりますよね。喉の粘膜が乾くと細菌が増えるので、臭い粘液(リンパ球などの免疫物質)が分泌されます。

この臭い粘液が、口臭の問題児です。細菌がいっぱいの粘液が、唾液に混じり舌粘膜に付くと舌にも菌が繁殖。舌苔が出来ることになるのです。乾燥すると舌が臭くなるのは、このような理由からです。

対策は、暖房をつけるときには必ず加湿器もつけることです。それだけでもかなり効果がありますが、人によっては、寝ている時に開口しているため、朝起きると、喉がからからになっているなんて人も。そのようなケースでは、マスクをして寝ると口腔と喉の乾燥を防げるかもしれません。

「舌が臭い」ときの治し方

指をなめる

「舌が臭う時の治し方」は、どうすれば良いと思いますか?

今あなたが想像しているように、臭くないようにするには舌をきれいにすることしかありません。そして、舌をきれいにするには、臭いの原因となっているプラークを除去しないといけません。

舌磨きで舌が臭うのを治す

汚れた舌苔をきれいにするためには、舌磨きが手っ取り早いように思いませんか?だから舌磨きをする人が多いのですよね。

でも、汚れた舌をキレイにするだからといって、舌ブラシでゴシゴシと舌を磨いては逆効果になります。舌の粘膜が傷つき、細菌の餌となりよけいにプラークが着くことになるので注意が必要です。ですから、舌磨きは決してしてはいけません。舌磨きをしなくても舌苔を取る方法があります。詳しくは、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

その証拠に、舌苔で困っている人たちの多くが、舌磨きをしているにもかかわらず舌苔が慢性化しているケースがほとんどなのです。このように、舌をきれいにする方法は簡単そうですが、結構難しいものです。
舌をきれいにする方法は、こちらの記事「舌苔や口臭をうがいだけで取り除くことができる美息美人とは?」を参考にしてください。

唾液を出して舌が臭いのを治す

舌が臭いのを治す一番の方法は、唾液を出すことです。唾液には、殺菌作用のほかに舌の汚れを洗浄する効果があるので、唾液が沢山出るようになれば、舌が臭いのを治すことができます。

それだけではありません。舌がきれいになれば、臭いによる悩みが軽減します。口腔内が清潔になることでストレスが減り唾液の分泌も良くなるかもしれません。唾液を出すには、唾液分泌の障害になっているストレスを軽減することが大切なのです。

サラサラした唾液が多量に出るようになれば、唾液自体のニオイも軽減します。
舌の苔が取れて唾液が出るようになれば、「舌が臭い」ことも解決できます。

水を飲んで舌が臭いのを治す

舌が臭いときに一番手っ取り早い方法は、水を飲むことです。「えっ?水だけ?」と思われるかもしれませんが、水を飲むと口内の汚れと唾液中に浮遊している細菌を洗い流します。口内がきれいになるので口臭も軽減します。

また、水を飲むと唾液の分泌が促進されるので舌苔が予防できます。水を飲むだけで、口内の乾燥が予防でき、舌の臭い、口臭も予防できる効果が期待できるので、是非おすすめしたい方法です。

美息美人で「舌が臭い」を治す

舌の臭いを治す方法は、言葉でいうとこんなに簡単ですが、実際、唾液が出ないなどの障害を改善することは困難かもしれません。ですから、舌だけではなく、歯や歯ぐきなどもきれいにすることから始めることが大事なのです。

そこで、ご紹介したいのが、

美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水をつかった舌苔対策。

mizu

美息美人(びいきびじん)は歯磨きにも使用できますが、アルカリイオン水の効果によって舌の苔がふやけた状態になります。

歯磨き後にふやけた苔をそのままにしないで、コットン(綿花)で優しく拭き取ります。

kottonhou

その時、たとえコットンでもゴシゴシと磨かないようにするのが大切です。磨き過ぎると舌乳頭が傷つき、今まで以上に苔が着くことにもなります。

コットンで拭いたあと、まだ舌が白くなっていてもそのままにします。このことがコツです。


この行動を1日朝晩2回行うだけで、舌の状態が徐々に改善されていきます。
このことで、「舌が臭い」と困っていた多くの人たちが、改善されています。

次にご紹介するお客さまの感想をご参考にしてください。

ひまわり様
今まで様々な口臭予防商品を使ってきましたが、舌が白く、食後などは特に食べた物が舌に残るようで不快感があり、舌の臭いも気になっていました。

美息美人を使い始めてから、舌の色も良くなってきて、においもかなり気にならなくなりました。

今でも疲れている時などは舌が白くなってしまいますが、不快感も大分改善され効果を感じています。

個人的には、コットンで拭き取ったことと、上林さんがアドバイスされているように舌の磨き過ぎに気をつけたのも良かったのかもしれません。

まとめ

キス

舌が臭いと、キスをすることにちゅうちょするかもしれません。また、「口臭がしてないだろうか?」と不安にもなります。口臭が気になると楽しく会話をすることもできません。

ですから、舌をきれいにしたいと考えるのかもしれませんが、舌をきれいにしても舌はきれいになりません。たとえ、舌を磨いてもその時だけきれいで、時間が経つと白くなります。

その理由は、舌苔(ぜったい)を作る細菌は、口腔内(歯、歯ぐき、粘膜、唾液)すべての所にあるからです。

舌をきれいにするには、舌だけではなく、口腔全体を清潔にする必要があるのです。そのためには、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水がお勧めです。

口腔内の衛生状態が良くなると唾液の分泌も増えます。そのためにも、口腔ケアが重要なのですね。

舌が臭いとお困りでしたら、美息美人(びいきびじん)をお試しください。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する