舌磨きしてはいけない。コットンにあるものをつけて舌を拭く?

舌苔どうして取れない

「舌磨きは良くない」ということを耳にされたことがあるのではないでしょうか。それでも、舌磨きをしているのでは?

舌磨きをしてはいけないのは、こういう理由からです。

加齢で舌筋が衰えると舌の動きが悪くなり、唾液分泌が減少します。そのため、舌苔ができるのですが、舌を磨きすぎると舌の組織を傷付けてしまい、口臭の悪化を招きます。

舌磨きが習慣になると、口臭だけでなく、口腔乾燥や味覚障害も起こすようになります。このように「舌磨きをしてはいけない」ことが分かっているのに舌磨きを続けるのは、他に方法を知らないからではないでしょうか。

正しく舌の清掃を行うと、舌を傷付けることなく舌苔を取り除くことができ、口臭の予防ができます。

今回の記事は、舌磨きをしてはいけない理由と、正しい舌のケア方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書きました。

舌の汚れが口臭原因になる

舌が白くなったまま放置すると、口臭を発生するリスクが高くなります。なぜなら、それはただの舌の汚れではなく、細菌と食べかすが固まってできた舌苔(プラーク)だからです。

嫌気性菌が、舌苔のタンパク質を分解すると、VSC(揮発性硫黄化合物)を産生して唾液中に溶け込みます。緊張などで口腔乾燥を起こした時にVSC(揮発性硫黄化合物)が気化して、口臭が発生します。

ですから、口臭を予防するためには、舌を磨くなど行って舌苔を除去する必要があるのです。

舌が汚れていると口臭の他にも次のような症状が起きるリスクが高くなるのでご紹介します。

  • 朝起きた時に、口がまずい。
  • 唾液がネバネバする。
  • 口が苦いなどの味覚障害。
  • 誤嚥性肺炎。
  • 歯周病の悪化。

口臭外来では「舌磨きしてはいけない」と指導する

ほんだ歯科など口臭専門の歯科医院では、舌を舌ブラシなどで磨いて無理に舌苔を取るような指導はしないそうです。その理由は、、 舌磨きをすると、舌乳頭が傷つき細胞が剥がれて嫌気性菌のエサとなり、かえって口臭を悪化させてしまうからです。

舌磨きが良くない理由は、それだけではありません。毎日、舌磨きを習慣にしている人の多くが、舌がヒリヒリと痛くなっています。ゴシゴシと舌を磨いたことで炎症をおこし、舌痛症になっているのです。

私「歯医者さんでは、舌苔や口臭のことで相談してくる患者さんに、どうやって答えてる?」
三女(歯科衛生士)「院長先生は、舌ブラシを使って舌磨きすることを勧めてるけど、私は、磨きすぎたら口臭が悪化するから、舌を磨くときは優しくしてねって指導しているよ。」

引用:舌苔の取り方って知っていましたか?

舌磨きしてはいけない理由

結論から申しますと、舌磨きはダメです。今から、その理由をご説明いたします。

舌苔を完璧に除去しようとして磨き過ぎるから

ゴシゴシと舌を磨くのは良くないため、「できれば、舌磨きしないほうがいいですよ。」とアドバイスしても、患者さんの心理としては、徹底的に舌苔を除去して舌をピンク色にしたいのが普通です。

だから、「舌を優しく磨いてください」と指導しても実行できない。それならば、「舌磨きしてはダメですが、磨かなくても舌を清潔にする方法があります。」の方が良くないですか?(記事後半でお伝えします)

舌に傷が付くから

顕微鏡で舌乳頭を見れば分かりますが、乳頭は細長く尖端はとがっています。
ですから、固い舌ブラシなどでゴシゴシと磨けば、舌乳頭の先は削れ傷つきます。
舌から削れた細胞は細菌のエサになり、さらに細菌が増える原因に。

舌磨きがよくないのは、それだけではありません。先が削れた舌乳頭は長くなるからです。舌乳頭が長くなると、舌には多量の汚れがたまります。これがびっしりと舌苔(ぜったい)が付いた状態です。
舌磨きによって舌苔(ぜったい)が厚くなっている人の舌乳頭を観察すると、舌乳頭が長く伸びていることがあります。もしかしたら?と思ったら鏡で見てください。舌乳頭が長くなっているかもしれません。

舌乳頭が長くなると舌に汚れが溜まり、さらに舌が白くなります。白いからまた舌を磨く。。。このような悪循環にハマっていませんか?

関連記事

舌が白い!!それならアルカリイオン水でうがい!?

舌磨きで傷ついた舌は何日で治る?傷の治し方はコレ!

舌炎に歯磨き粉がしみる

歯磨き粉は歯を磨くためのものです。ところが、舌を磨くときにも歯ブラシに歯磨き粉をつけて磨いている人がいます。このような方法は絶対にしてはいけません。

じつは、歯磨き粉が舌苔を悪化させているのです。

歯磨き粉に含まれている成分の中には、洗剤にも含まれているラウリル硫酸ナトリウムという合成界面活性剤があります。その他にも、発泡剤や香料などどれも刺激の強いものが。

舌が白くなり舌磨きを行うと、舌乳頭が傷つきます。傷ついた舌に洗剤をつけたらどうなりますか?

そんなことをしたら傷が悪化するので、ふつうはしませんよね。ところが、舌磨きのときには、歯磨き粉をつけて磨く方がけっこういらっしゃいます。

そして、「舌を磨いているのにきれいにならない」と。でも、ご安心ください。傷ついた舌を治すことは可能です。

それは、舌磨きをやめることです。人間の細胞には自然治癒力が備わっています。舌も同じです。でも、「舌磨きをやめると、よけいに白くなった!」という方がおられるのも事実です。

これは、どういうことかと申しますと、汚い口の中にはばい菌が多くあり、傷は治りにくいからです。

舌磨きによってできた傷を治すには、まず、口腔環境をキレイにする必要があります。口腔ケアをていねいにしてばい菌を除去すると、傷は治癒されていきます。

舌をきれいにするためには、舌磨き行うこと自体が良くないのに、歯磨き粉を使うのはもっとダメです。舌をきれいにするためには、この2つはお止めになってください。

舌磨きしても舌苔は取れない

口臭予防のために、舌苔ケア(舌磨き)をすすめる歯医者さんがいます。

私「歯医者さんでは、舌苔や口臭のことで相談してくる患者さんに、どうやって答えてる?」
歯科衛生士「院長先生は、舌ブラシを使って舌磨きすることを勧めてるけど、私は、磨きすぎたら口臭が悪化するから、舌を磨くときは優しくしてねって指導しているよ。」
※舌苔が厚くなると口臭原因になるため、舌苔の除去をすすめる歯科が多い。しかし、舌苔を完全に除去しようとすると、舌を傷つけてしまい逆効果になるのでご注意ください。
引用:舌苔のケア方法。完全に除去する必要はないってホント!? 

舌が白くなることで困っている人は多いのですが、舌苔(ぜったい)について知らない方がほとんどです。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」(びいきびじん)を購入されるお客さまの中にも、美息美人を使用すると、即刻、舌がきれいになると誤解されている方もおられます。

それだけではありません、一度舌がきれいになると、完治したものと誤解されている方も多いのです。世間一般では、「舌苔は一度治れば白くならない。」と信じられているかもしれませんが、舌の傷が治ったとしても何度でも白くなるのです。

この記事を読まれているあなたにとっては、期待ハズレでとても申し訳なく思いますが、舌をきれいにするにあたって重要なことなので、事実をお伝えさせていただきます。

舌磨きをしても舌苔は完治しないので、舌磨きをしてはいけないのです。

舌苔が取れるのは一時的だから

歯科医院で舌清掃を行ってくれるところもあります。水をジェット噴射させる器具を使い舌についた苔を落とします。舌苔がひどい場合にはいいかもしれません。

しかし、ジエット水流で舌苔が取れたとしても、それは一時的で直ぐに舌は汚れます。歯科医院に通い毎日舌清掃をするのなら別ですが、そんなことは不可能です。

舌苔がついているのは、ドライマウスなど舌苔ができる要因があるからです。その根本原因が改善されない限り、舌苔はできてきます。それほど舌苔は厄介なので、「舌清掃は悪くないけれど、あまり意味がない。」のです。

【舌苔ができる要因】

  • ドライマウス
  • 糖尿病など内科疾患
  • ストレス
  • 喫煙
  • 睡眠時の口呼吸(いびきなど)
  • 降圧剤、安定剤、睡眠誘導剤などの副作用
  • 自律神経失調症
  • 免疫異常
  • 溝状舌
  • 過剰な舌磨き

唾液を分泌させて舌を清潔にする

舌などの口腔粘膜は唾液によって保護されています。唾液が減り口内が乾くと、嫌気性菌が増殖して舌苔ができやすくなり、口臭も強くなります。

ですから、舌をきれいにする、口臭を予防するには、唾液をたくさん分泌させることが大切です。

>>ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

舌に優しいケア方法

舌を清掃することで、舌がきれいになり口臭も減少することが分かっています。(日本口臭学会でも発表されています。)

だからといって、ゴシゴシと舌磨きをすることはいけないのは理解できたと思います。では、どのようにすればいいのでしょう?

舌苔を取る方法

  1. 固い物を良く食べるようにする。
    固い物を良く噛むことで、舌の苔も削れて取れていきます。また、良く噛むことは唾液の分泌も促進するので、舌がきれいになり口臭も軽減します。
    舌苔(ぜったい)が出来ている人に多いのは、柔らかい食べ物が多く、よく噛まないで飲み込んでいることです。
  2. ガムを噛む
    ガムを噛み続けることで、舌苔(ぜったい)が取れます。また、長い間、口に入れているだけでも、唾液も出やすくなります。
  3. 舌拭きを2回だけ行う
    美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で歯磨きを行なうと、舌苔(ぜったい)がふやけます。歯磨きを終えたら、歯ブラシを斜めに倒して舌の奥の方から前方に2回だけ優しく撫ぜるように拭き取ります。この時、たとえ、まだ舌が白くなっていても、そのままにしておくことが大切です。毎日、続けることで、舌がきれいになっていきます。

舌苔(ぜったい)が出来てお困りでしたら是非お試しください。

>>口臭がアルカリイオン水のうがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・

コットンで舌苔を取る

舌苔の程度によっては、熱い舌苔がびっしりと付着しているケースがあります。このような場合には、「舌磨きは良くないから」と、何もしないで放置していては改善できないかもしれません。

というのは、舌苔は細菌とたんぱく汚れで出来ています。ですから、舌苔をそのままにしておくと、細菌が増え、舌苔も厚く広がってしまいます。

慢性化した舌苔や、厚い舌苔ができている場合には、舌苔を取ることも大切です。舌苔を減らしながら、舌ケアを行うのが良い方法です。そのために、おすすめするのは、「コットンで舌苔をふき取る方法」です。

具体的には、次の手順で行ってください。

1、 コットン(綿花)を準備する。
2、 歯磨きを終えた後、うがいで口をゆすぐ。
3、 先ほど説明した美息美人のアルカリイオン水をコットンに湿らせる。
4、 アルカリイオン水を湿らせたコットンを使い、舌苔に塗る感じでふき取る。
5、 一度舌を拭くと、コットンが汚れるので、同じ面は使わないようにする。
6、 コットンの表面、裏面と一回ずつ使うのが望ましい。

うがいで舌苔が改善する美息美人

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する