舌が白いのはドライマウスが原因

唾液の働き

舌が白いと口臭を発するようになりますが、舌が白くなるのは、舌の上に細菌が集まってできた舌苔(ぜったい)が原因です。

舌苔ができる原因で多いのは、ドライマウス(口腔乾燥症)です。ですから、舌の白い舌苔を治すには、ドライマウス対策が重要になります。

今回の記事は、舌苔ができる理由についてお伝えします。ご参考にしていただければ幸いです。

この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書きました。

舌苔の原因

健康な人でも、暴飲暴食や睡眠不足など生活の乱れや風邪をひいた時に、舌苔ができて舌は白くなりやすいです。この場合は、放置していても体調が戻れば、自然と舌苔がなくなり舌もピンクになります。

ところが、毎日舌磨きをしても取れない、舌に厚い舌苔が乗っていて口臭が酷いという場合は、ドライマウスや糖尿病などが舌苔の原因になっていることが多いです。

舌苔ができるのは、次のことが原因で口腔内の汚れと乾燥を引き起こすからです。

・ドライマウス
・病気
・ストレス
・喫煙
・虫歯・歯周病
・過剰なダイエット
・加齢
・妊娠・生理
引用:舌が白いと口臭になる!舌磨きのポイントは舌を傷つけないこと

舌苔の原因となるドライマウスの症状

ドライマウスの代表的な症状は、口が乾く、口が粘つくですが、ほかに以下のようなケースもあります。

・口が乾く
・口がねばつく
・唾液が溜まっている
・水をよく飲む
・話しづらい
・食事しづらい
・おいしくない
・舌が痛い
・口臭が気になる
・寝ていると口がからからになる
・入れ歯が合わなくなる
・入れ歯で口の中が傷つきやすい
・虫歯や歯周病になったり、増悪する
引用:大阪歯科大学附属病院 ドライマウス外来

口腔乾燥

唾液の分泌が減ると口腔乾燥を起こし、唾液が粘つきます。口腔乾燥は舌苔と口臭の原因になるので、唾液を出すようにすることは大事です。

→ 歯磨きしても口がネバネバする原因10!唾液の粘つき対策はこうする!

口腔異常感症

口が、ネバネバ、べとべとするなどの他に、口からドロドロしたものが出てくるとか味が分からない味覚障害など起きる「口腔異常感症」という病気があります。

原因が分からなく、脳の情報処理に問題があることも。

引用:ラクシア銀座歯科クリニック 口腔異常感症でお悩みの方へ

ドライマウスを引き起こす原因

舌をきれいに保つには唾液の存在が大切だということがお分かりになられたと思います。それでは、その唾液が減少する原因について1つずつご説明します。

加齢

加齢が直接唾液の分泌に影響するわけではありません。人は年齢とともに身体の組織が老化します。その一つに唾液腺の老化があります。唾液腺が衰えると唾液が減少します。

そして、唾液腺に影響する顎や舌の筋肉も衰えます。顎や舌を動かさないようになると唾液も出にくくなります。筋肉は動かすことで復活するので常に動かすようにすることが大切です。

舌のふちにデコボコ歯型が付いていたら、舌筋が衰えて低位舌になっているかもしれません。低位舌はトレーニングで治すことが可能です。

もう一つの理由は、加齢になると水分不足になること。老化すると身体の水分が不足しても感じにくくなり水分補給が少なくなる傾向にあります。身体が水を欲求していなくても水分を補給するようにしないといけません。

ストレス

自律神経の働きによって唾液が分泌したりしなくなります。人は食事やリラックスな状態になると副交感神経が活発になり唾液が出るようになっています。反対に、不安や緊張などストレスが多くなると、交感神経が活発になり唾液が止まります。

このように、ストレスがかかった状態になると唾液が減り、ネバネバ状態になります。ですから、趣味など楽しいことをして唾液を出すことが大切です。

ストレスがあると、喫煙や飲酒量が多くなることがあります。そして、舌が白くなっているケースがあるのでご注意ください。

薬の副作用

薬によっては、副作用で唾液が出なくなるものがあります。副作用のある薬には、抗うつ剤、降圧剤、精神安定剤、睡眠誘導剤、風邪薬、腹痛薬などがあります。

薬の副作用でドライマウスになっているかもしれないので、薬を飲み始めてから口が乾きやすくなったと感じる場合には、掛かり付けのお医者さんにご相談されると良いです。

病気による原因

唾液が出なくなるシェーグレン症候群という病気もありますが、全国で潜在的患者も含めて10~30万人と推定されている数少ない病気です。症状としては、ドライマウス、ドライアイ、鼻腔の乾燥、息切れ、関節痛、高熱など起きることがあります。
シェーグレン症候群は難病にも認定されていますので、もしかしたらと思う場合には、お医者さんに相談されることをお勧めします。シェーグレン症候群については、『シェーグレン症候群って何?治療方法はあるの?』をご参考にしてください。

その他に、糖尿病の場合にも口が乾くことがあります。

咀嚼回数の減少

食事をしているときに最も唾液が分泌されます。これは、顎と舌を動かすことが脳に伝わり唾液腺を刺激するからです。

ですから、最も有効な唾液を出す方法は、良く噛むことです。ところが、現在人の食生活は、野菜など繊維質が少なかったり、柔らかく簡単に飲み込んでしまう食べ物が多いため、噛む回数が少ないことが問題になっています。

唾液が少ない場合には、急いで食事をしないで、食べ物を一口入れたら良く噛むことが大事です。顎や舌を動かすと唾液腺が刺激されるので唾液が多量に分泌されます。

口腔乾燥

唾液の減少の他に、イビキなど口呼吸で口腔が乾燥することでも舌は白くなります。
また、睡眠時には唾液がほとんど分泌されないために、朝起きた時には、より舌が白くなる傾向にあります。

常に舌が白くなっている場合には、イビキと口呼吸を疑う必要があります。そして、もし、イビキや口呼吸であれば、鼻呼吸に変える訓練も必要です。

口腔乾燥がひどくなると舌がパサパサになるかもしれません。その場合の対応は、こちらの記事『舌がパサパサになる人必見!速攻でドライマウス対策する方法』をご参考にしてください。

ドライマウスが原因の舌苔対策

ドライマウスが舌苔の原因の場合には、唾液の分泌を良くすることが大切です。

舌苔ができないように、身体の仕組みはうまくできています。それは唾液の存在です。唾液が細菌を増えすぎないようにコントールしているからです。

唾液が分泌される量は、成人の場合1日に1リットルから1.5リットル。唾液は99.5%以上が水分ですが、残りの唾液成分の中には抗菌作用がある成分が含まれているのです。

ですから、唾液が出ることで、舌の上にある細菌を胃に流したり、殺菌したりできます。唾液のこの働きで、口の中や舌に棲息している細菌が増えすぎないようにコントロールできているわけです。だから、舌はきれいに保たれているのですね。(ふつうは。)

ところが、舌が白くなることがあります。それは、どのような時だと思いますか?

舌が白くなるのは、唾液が分泌しなくなった時です。

唾液の分泌が減少すると、細菌を洗い流すことができなくなり口内の細菌数が異常に増えます。その結果、舌が白くなります。

ところが、唾液が出ていても舌苔ができることがあります。それは、常にネバネバ唾液が分泌されているケースです。

実は、唾液にはサラサラ唾液とネバネバ唾液の2種類の唾液があります。サラサラ唾液は、食事中やリラックス時によく出ます。リラックス状態になると副交感神経が働きサラサラ唾液が分泌されます。

しかし、緊張や恐怖でストレスがかかるとネバネバ唾液が出るようになります。過度にストレスがかかると、交感神経が活発になり水分が少なくなるのです。ムチンを含むネバネバ唾液には、細菌をからめとる作用があるのですが、舌苔が増えている場合には、汚れを唾液の水分で洗浄する必要があるのです。だから、サラサラ唾液をたくさん出るようにしないといけないのです。

唾液が不足すると舌が白くなるという疑問が解決されたのではないでしょうか。

まとめ

ドライマウスの原因はいくつかありますが、多いのは…

1, 安定剤、睡眠誘導剤、降圧剤などの薬の副作用。
2, 自律神経失調症、精神的ストレス
3, シェーグレン症候群
4, 糖尿病、腎臓疾患

などがあります。
もし、口の乾く症状がひどい場合は、「ドライマウス外来」など受診されることをおすすめします。

舌苔がとれないからと精神的にストレスを抱えるのはよくありませんし、かえって口腔乾燥の原因にもなるのでご注意ください。

関連記事>>ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する