舌苔うがい!口臭を防ぎ成人病まで遠ざけるすごい健康法

舌苔うがいで舌を綺麗にする

舌苔うがいで口臭を予防するために

舌苔(ぜったい)うがいという言葉を初めて耳にしたと思います。「舌苔うがい」は、うがいで舌苔を除去し口臭を予防する方法です。

このように言うと、舌苔を取るために舌磨きなど色々努力したけれど、どの舌清掃も効果がなかったので、舌苔うがいも同じだと思ってしまうかもしれません。

実は、これまで実行された方法で舌苔が取れなかったのは、舌苔の構成を無視しているからです。舌苔は、細胞の死がいや食べかすなどのタンパク質に嫌気性菌が増殖してできています。

それだけではありません。舌苔の菌糸が舌の角質に根を張っているのです。だから、舌磨きをしても舌苔を取ることはできない。また、歯磨き粉に含まれる合成界面活性剤やマウスウォッシュのアルコールが、舌を乾燥刺激し舌苔を悪化させるのです。

舌苔を除去するためには、舌苔を作っている菌を除菌させることも必要です。そのためには、アルカリイオン水でうがいを行うと効果があります。

今回の記事は、舌苔うがいで舌ケアをして口臭を予防する方法をお伝えします。舌苔が改善しないとお困りでしたら是非ご参考にしてください。
この記事は、現役歯科衛生士の上林ミヤコが書きました。

※このブログの一部記事は、オーラルウェルネスクリニック院長・
ファストロ滋子医師により監修を受けております。
オーラルウェルネスクリニック:https://oralwellness.jp/
本サイトの記事に関するお問合せはこちらまでお願いします:
株式会社アイオーン123@ueb-a.com

舌苔が口臭原因

舌苔ができる原因(細菌が集まる)

口臭原因の9割以上が口内にありますが、その大半が舌苔(ぜったい)が原因になっています。

口の中には、約1,000億~6,000億個の細菌があるといわれます。細菌が多いのは舌苔だといわれていて、舌苔が一番の口臭原因なのです。ご存知だったでしょうか?

舌には歯周病菌などの嫌気性菌が多く棲息していて、舌苔があると歯周病になりやすいという口臭学会の論文もあります。

歯周病菌のイメージ

嫌気性菌は、細胞の死がいなどのタンパク質を分解して硫黄ガスを発生します。舌苔ができると硫黄臭の口臭がするのはこういう理由からです。

ですから、口臭を予防するためには、嫌気性菌対策が重要になるのです。

→ 舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?

歯磨きで口臭が改善しない理由

口臭が発生するのは、虫歯や歯周病が原因のことが多いです。嫌気性菌が虫歯の穴や歯周ポケットに歯垢として巣くうからです。だから、口臭を予防改善するために歯磨きケアをていねいに行っているかもしれません。

しかし、口臭の原因が舌苔の場合には、歯磨きケアでは口臭の予防や改善はできません。当然ですが、舌に口臭原因になる嫌気性菌があるのですから、舌清掃をしないと対策にはならないのです。

食事で口臭が強くなる

舌苔の嫌気性菌はタンパク質をエサにします。ですから、牛乳やヨーグルトなど乳製品の飲料や食べ物を摂ると口臭が強くなるのでご注意ください。

また、糖分の多いお菓子などを食べると口内が酸性になり嫌気性菌が増殖する原因になります。口臭を抑えるためには、タンパク質と糖を控えると良いでしょう。

舌苔について詳しくは『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?』をご参考にしてください。

舌清掃で注意するポイント

舌清掃をしても舌苔を除去できないことがあります。舌苔が取れない理由についてご説明します。

舌苔は角質に根を張っている

舌苔は舌ブラシなどでこすっても取れません。どうしてだと思いますか?

舌苔のイメージ

舌を磨いても舌苔は取れないどころか、取ってもすぐに舌苔が再生します。舌苔は、食べ物かすや粘膜のはがれた物にリンパ球や菌が集まり、舌にくっついているからです。

だから、舌磨きをしても舌苔は取れませんし、多少きれいになったとしても直ぐに元に戻り白くなります。

舌苔は、岩に生えているコケが、岩に根を張ってるのをイメージしてください。このように、舌の角化部分に菌糸を張っているのです。

角化した乳頭に菌の根が張ってできた舌苔

喉の菌が舌に感染するから治らない

ドライマウスの舌

舌苔があると舌清掃をするでしょう。しかし、舌苔の嫌気性菌は喉にもあるので、舌だけ清掃しても無駄になるかもしれません。

喉の左右両側には口蓋扁桃(こうがいへんとう)と舌の根本にある舌扁桃(ぜつへんとう)があり、喉にばい菌が増えると粘液(リンパ球などからなる免疫)が分泌されます。

この粘液(膿汁)が後々の問題になります。その理由は、粘液中(膿汁)にはたくさんの菌があるからです。その汚い粘液が舌にくっつくことで舌苔が出来るケースが多いということをご存知でしょうか。

膿汁で喉の奥がネバネバする

舌の奥に苔ができる場合は、粘液が原因になっていることが多いのです。舌苔が治らない場合には、扁桃からの粘液が影響しているかもしれないと考えると良いかもしれません。このようなケースでは、舌苔の原因となっている粘液を除去する必要があります。

また、粘液の分泌は、扁桃炎のほか、蓄膿症、アレルギー性鼻炎、逆流性食道炎、いびき、喫煙などが原因になっていることが多いので、気になる場合は耳鼻科を受診されることをおすすめします。扁桃炎について詳しくは、『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

[PR]におい玉をアルカリイオン水で取る方法

舌磨きでは舌苔は取れない!

舌ブラシで舌を磨くのは簡単。だから、舌苔ができた時には舌磨きをするかもしれませんが、それで舌がきれいになることはないと思います。

舌苔が取れないよ

舌苔は、舌乳頭の間に汚れがたまってできているため、きれいに舌苔を取り除こうとすると舌乳頭を削ることになります。そのため、ゴシゴシと舌磨きを行うと、舌乳頭が毛羽立ち白くなるのでご注意ください。

舌磨きで舌乳頭は傷つき化膿します。すると、ばい菌が集まり更に舌苔ができます。

それどころか、傷ついた舌乳頭は長く伸びてしまい先端が角化する。長く伸びた乳頭の間には、汚れがたまりやすくなるため、舌苔ができやすくなるのです。

この悪循環を断ち切るためには、まず、舌磨きの習慣をやめることです。舌磨きが良くない理由について詳しくは、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

→ 舌をキレイにするのは舌磨きではなく″うがい″だった。その理由とは・・・

マウスウォッシュで舌苔は取れない!

マウスウォッシュを使うことは簡単です。歯磨きのついでにクチュクチュとやれば良いだけですから。しかし、マウスウォッシュでクチュクチュしても、口の中の洗浄はできるかもしれませんが、舌苔まで取ることは難しいです。

舌苔が取れない理由

また、注意してほしいのは、マウスウォッシュの種類によっては、アルコール含有タイプのものがあります。アルコールを口に含むと、口腔乾燥を起こしやすいため、舌苔が出来やすくなります。マウスウォッシュを使用する場合は、アルコールが含まれないタイプを使うようにすることをおすすめします。

うがい薬では舌苔は取れない!

イソジンうがい薬には殺菌剤が含まれているので、口の中をきれいにする効果があります。ですから、舌の表面がうっすらと白い程度であれば、イソジンでも良いかもしれませんが、厚い舌苔になると、たとえイソジンでも除去できません。それほど、舌苔はやっかいです。

それに、舌苔はスポンジのように水分を吸収します。そのため、舌苔に食べ物や飲料の色素や味が付着して、いつまでもニオイがすることがあります。これと同じことがイソジンを使用した時にも起こります。

イソジンの色が舌苔に付き、赤紫色に染まることがあるのでご注意ください。

→ 重曹うがいの舌苔除去効果は?正しく舌をケアして口臭予防する

合成界面活性剤が舌苔を悪化させる

ほとんどの市販の歯磨き粉には添加物が入っています。合成界面活性剤、香料、発泡剤などの刺激性のある添加物が含まれています。これらの添加物は、洗浄力を高めたり、歯磨き後のスッキリ感を得るためのものです。

歯磨き粉を付けてはダメ!

しかし、これらの添加物は舌苔がある場合にはよくありません。舌苔が悪化する原因になります。

その理由は、舌苔ができていると、食べ物の味や臭いが付着していつまでも残りませんか。これは、舌苔がスポンジのような性質をしているからです。

だから、歯磨き粉を使うと、舌苔に添加物がくっつき残ります。舌苔がない舌がキレイな人の場合には、歯磨き粉を使っても流されますが、舌苔がある人の場合には刺激性の添加物が残ってしまうのです。

このことが、舌苔が治らない原因だということを知っている人はほとんどいないと思います。

舌苔うがいの効果

口臭予防

口臭の7割以上が舌苔から発生します。

舌苔ができる原因(口臭)

だから、口臭をなくすためには舌苔を取り除かないといけません。でも、間違った舌磨きでは舌苔が悪化することがあります。これでは、何もできないと思ってしまいますよね。

そんなことはありません。ご安心ください。「うがい」が舌苔対策に効果があるのでご紹介します。

→ 口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・
→ 膿栓はうがいで取れる!喉うがいで口臭予防ができます

舌苔が予防できる

舌苔うがいで舌を綺麗にする

舌磨きが良くない。また、添加物の入っている歯磨き粉が悪いことも理解されたと思います。

アルカリイオン水は、舌に残ることがないので舌粘膜にやさしい。舌苔は、喉のうがいをしないことには予防できないので、水タイプであることは重要なことです。

唾液がよく出る

舌苔ができる方に多いのは、ドライマウスです。口の中が乾くと舌に苔ができます。このように、ドライマウスの大きな原因は、唾液不足によるものです。

赤ちゃんの時には唾液がたくさん出ているのに、加齢とともに唾液量は減少していきます。どうしてだと思いますか?

唾液の出し方を教えます

一つは、口の周りや舌の筋肉の衰えです。筋肉が衰えると自然とやわらかい食べ物を好むようになるため、悪循環です。加齢によって口の周りや舌の筋肉が衰える。そして、唾液腺への刺激が減りドライマウスになっている人が多いのです。

唾液量の分泌が悪くなると、口の中のばい菌や食べかすを洗い流せなくなり舌苔ができます。そして、舌苔のばい菌が、歯周病や口臭を引き起こします。

唾液量が減るもう一つの原因は、ストレスによるものです。ストレスには、精神的ストレスと環境ストレスがありますが、どちらのストレスも唾液分泌に影響します。

緊張や恐怖などの精神的ストレスがあると、交感神経が活発になりネバネバ唾液になります。

ところが、口内が汚れ不衛生になることもストレスになります。舌苔ができると口内環境が悪くなるためストレスとなります。そして、唾液量が減り口腔乾燥をおこすのです。これも舌苔がある人の特徴的な悪い循環です。

だから、舌をきれいにするためには、毎日うがいを行うことが大事です。うがいを行うと、口の周りや舌の筋肉を鍛えることが出来、唾液の分泌も増え舌がキレイになります。

舌がきれいになると口臭もなくなります。

成人病の予防

舌苔うがいが習慣になると、口の中をいつもキレイに保てます。口内が清潔になると虫歯や歯周病になるリスクが減るだけではなく、口臭予防にもなります。

しかし、舌苔うがいによるメリットは、それだけではなかったのです。口の中のばい菌はからだのいろんな病気に関わってることが分かってきました。

口の中のばい菌が、毛細血管から侵入し身体全体をめぐり悪さをするのです。

心臓手術する医師

「歯原性菌血症」と言い、そのことから、動脈硬化、脳梗塞、アルツハイマー型認知症、心筋梗塞などの心臓疾患、糖尿病、骨粗しょう症、高脂血症などの一因になると言われています。

歯周病と成人病との関係については、『歯周病が引き起こす病気!糖尿病・心臓病・関節リウマチ、、、歯周病の予防はこうする!』をご参考にしてください。

歯周病になると、歯ぐきから出血することがあります。その時に、歯ぐきの毛細血管から歯周病などのばい菌が入り込み身体中を駆け巡るのです。

ですから、常日頃から口を清潔にしておくことで、これらの病気になるリスクが抑えられます。

他にも、口内がキレイになると唾液の分泌が良くなります。舌苔が出来ている時には、唾液が少なく口が乾くため口腔環境が悪くなっていますが、唾液がよく出るようになると口内環境がキレイになるので健康になります。

口の中にばい菌が増え口内環境が悪いと、舌がん(口腔がん)や口内炎にもなりやすいといわれているので、舌苔うがいは舌がんのリスクも低くする効果も期待できますね。

舌が白いと怖い病気だと思うかもしれません。その場合は「舌がん?それとも口内炎?見分ける方法と注意点とは?」をご参考にしてください。

「舌苔(したごけ)うがい」のやり方

うがいで膿栓を取るにはコツがいる
口の中をばい菌から守りスッキリさせる「舌苔(したごけ)うがい」。

誰でもすぐに始められるとても簡単なうがいです。やり方を覚えて実践するだけでいつもお口の中を清潔にしキレイな舌を保つことができます。

舌苔(したごけ)うがいは水道水でもできますが、おすすめはアルカリイオン水によるうがいです。水よりずっと効果を上げられるので、おすすめします。

舌苔うがいの基本手順

  1. アルカリイオン水を用意します。
  2. アルカリイオン水を口に含み、クチュクチュと5回うがいをしたら吐き出します。
  3. 再度、アルカリイオン水を口に含み、右側の奥歯に当たるように5回うがいをしたら、同じように左側の奥歯に当たるように5回うがいをして吐き出す。
  4. アルカリイオン水を口に含み、喉を立て右側の扁桃(へんとう)に水が当たるようにガラガラうがいを6回したら吐き出します。
  5. 同じ要領で、左側の扁桃(へんとう)に水が当たるようにガラガラうがいを6回し吐き出す。
  6. 最後の仕上げは、水道水でブクブクうがいとガラガラうがいによって洗浄します。

喉のガラガラうがい

膿栓をアルカリイオン水のうがいで取る

舌苔の原因となるばい菌は、喉からの粘液に混じり舌の表面に感染します。そのため、扁桃腺(へんとうせん)と舌扁桃(ぜつへんとう)から分泌される粘液を洗浄しないと、舌苔の予防はできません。

だから、喉のガラガラうがいを行うことが重要なのですね。うがいと言うと、口の中でクチュクチュとする人が多いですが、それでは効果はほとんど出ないと思います。

うがいの仕上げは水を飲む

うがいの後、水を飲む理由は2つあります。一つは、うがいをしても喉の奥まで届かないからです。水を飲むことで喉の奥の汚れを洗い流すことができます。

水を飲むもう一つの理由は、口腔や喉の保湿です。

舌苔ができやすい方の特徴は、唾液が少なく口腔が乾燥すること。舌苔うがいの効果を上げるには、口腔乾燥を予防することが大切です。

口腔乾燥を予防するためには、舌や口内の粘膜に保湿ジェルを塗る方法もあります。しかし、簡単にできるのは、「水を飲む」ことです。水を飲むのは簡単で、口に潤いを与えるためにはとても効果があるのでおすすめな方法です。

水を飲む

水を飲むことでばい菌を洗い流す効果もあります。また、水を飲むと唾液腺を刺激するので唾液が出やすくなります。舌苔でお困りでしたら、毎日小まめに水を飲むようにすると良いです。

ドライマウスについては⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

舌苔を完璧になくすために、もう一つ行ってほしいのは、やっぱり歯磨きです。うがいだけでは、歯面に付いている歯垢(プラーク)を落とすことはできません。ですから、ていねいにブラッシングすることは重要なことです。

歯磨きと舌苔うがいの両方を続けることで、口内環境がキレイになるのでぜひお試しください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

まとめ

舌苔は口臭の最大原因。そのために、舌ブラシを使い舌磨きをする人が多いです。しかし、舌苔は舌の角質に根を張っているために、完全に取り除くことができません。

舌磨きをやり過ぎると舌苔が悪化します。そのようなことにならないために、「舌苔うがい」を行ってほしいです。

舌苔うがいの効果を上げるには、アルカリイオン水がおすすめです。アルカリの作用でたんぱく質の舌苔を溶かすので、毎日のうがいで舌苔の予防と対策になります。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する