舌が白いと口臭が発生します!舌苔の原因と予防方法

臭くて鼻を触る女性

口臭の種類は色々ですが、不快な口臭がする原因で多いのは舌苔です。

舌の奥が白い(または黄色)とイヤな匂いがしますよね。これは、舌苔は細菌の塊だからです。口内が不清潔になると細菌が増殖し、口臭もひどくなります。

舌が白いとお困りですか?

口から出る不快な臭い

口から出る不快な臭いには、におい物質の成分によって臭いの種類も異なります。

細菌代謝による硫黄化合物

  • メチルメルカプタン;腐った玉ねぎのにおい
  • 硫化水素;腐った卵のにおい
  • 二酸化メチル;腐ったキャベツのようなにおい

生体代謝による窒素化合物

  • アンモニア;刺激臭
  • トリメチルアミン:腐った魚のにおい
  • インドール;糞便臭
  • スカトール;糞便臭

他の口臭

  • 糖尿病;アセトン臭
  • アルコール(お酒);アセトアルデヒド(刺激臭)
  • 糖・アミノ酸の摂取;酢酸(酸っぱいイヤなにおい)

なぜ口臭がするの?

口臭予防歯磨き粉「美息美人」通販ショップの上林です。口臭の悩み相談をされるお客様にアドバイスをさせていただいております。

口臭の原因は人により異なりますが、90%が歯周病や虫歯などの疾患のほかに舌苔など口内に原因があります。残りの10%は、耳鼻科疾患、腸内の異常発酵、糖尿病など内科疾患による臭いです。

口内の嫌気性細菌は、細胞の死がいなどのタンパク質を分解して揮発性硫黄化合物を産生します。揮発性硫黄化合物がガス化することで口臭になります。

常に口臭がある場合には、唾液の分泌が少ないか口呼吸をしているケースが多いです。

予防のための第一歩は、唾液量を増やすことです。そのための対策も知っておきましょう。
>>ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

舌苔が臭う

日本歯科医師会による口臭に関する報告では、「口臭の6割以上は舌から発生している」そうですので、舌が白い場合は要注意です。

※舌苔とは、「舌の表面に生ずる白色または黄褐色のリンパ球、上皮細胞、食物残渣などによりなる苔」のことをいいます。

舌には舌乳頭がじゅうたんのように生えてあり、広げると畳8畳から12畳ほどの面積になります。そのため、唾液や食べかすなど汚れが溜まりやすく、細菌の温床となり、口臭の原因となります。

だからといって、舌の大きな人ほど口臭が強いわけではありません。揮発性硫黄化合物は唾液中に含まれるので、唾液量が不足することが一番の原因です。

ドラッグストアや薬局では、舌苔を除去する舌ブラシなどのケアグッズが多く販売されています。
>>舌苔除去用のグッズ

<舌苔の予防のために>
①口内をいつも清潔にする(臭いがしたら注意を)。
②唾液の分泌量を促すようにする
③睡眠をとりストレスを軽減することで、からだの抵抗力を高める。
④適切に舌みがきを行う
⑤歯周病や虫歯かなと思ったら、早めに歯科を受診して検査を受ける。

>>正しい舌みがきの仕方

成人の8割以上が口臭を気にされていますが、大半の方は、臭いが治まると舌ケアを止めてしまいます。
嫌気性細菌は菌糸を伸ばして乳頭の内部に潜んでいるので、再発をくり返すことも少なくありません。症状が治まっても、ていねいな口腔ケアを習慣にしましょう。

【関連記事】

舌が白いと口臭になる!舌磨きのポイントは舌を傷つけないこと

舌をピンクにする!?健康なピンク色にする7つの方法

口臭の原因がわからない!?よくある口臭原因と適切な対策方法

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する