うんこ臭い口臭がするのは便秘だから?本当の原因は?対策はこうする!

便秘でうんこ臭い男性

うんこ臭い口臭の原因と対策について

今回の記事は、うんち臭い口臭についてです。

というのも、「口からうんちの臭いがする。」とか、「うんこ臭い口臭で悩んでいる。」というご相談が多いからです。

一言に、うんち臭いといっても、その臭いの原因も様々。そして、原因も違えば対策方法も異なります。

今回の記事では、うんち臭い口臭の原因と対策方法についてお伝えします。もし、うんち臭い口臭でお困りでしたら、是非ご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

日本人に多いうんこ臭い口臭

うんこ臭い口臭・便臭は、口臭外来で有名なほんだ歯科の本田歯科医師によると日本人特有の口臭のようです。

日本人であれば、誰でも多かれ少なかれうんこ臭い口臭をしているということです。安心しましたか?

ところで、この場合のうんこ臭い口臭というのは、胃腸の中で発酵してできたガスが原因となって呼吸するときに出る臭いのことです。

便秘や過敏性大腸炎によって腸内に異常発酵を起きることが原因です。ほかにも胃腸胃の働きが悪いとか内臓疾患があっても胃腸内にガス発生します。

でも、よく考えてみてください。胃腸が悪くなる原因の多くはストレスです。それだけ日本人はストレスが多い。そして、ストレスに弱いのかもしれません。

だから、うんち臭い口臭は日本人特有の口臭なのでしょう。
口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

次のように、ストレスで腸が悪くなり「うんち臭くなった。」というご相談が多いです。

(うんこ臭で悩んでいる方からのご相談です。)

ずっとドライマウスで悩んでいます。また、内臓疾患もあります。そのためか、口臭はウンコくさいです。胃が空っぽになると口臭がひどくなり、便秘もひどく、緊張するとさらに口臭が悪化しているみたいです。

うんこ臭は何の臭い?

うんこ臭・便臭の口臭を発するのは、大きく分けると5つの原因があります。

  1. 膿栓・膿汁
  2. 虫歯
  3. 歯周病
  4. 舌苔
  5. 副鼻腔炎・副鼻腔癌

うんこ臭・便臭だからといって、腸内発酵だけが口臭の原因ではありません。口や喉、鼻からもうんこ臭に似たニオイがすることがあるのですが、それは、いくつもの臭いが混じったことでうんこ臭のようなひどい口臭になっています。

膿栓(のうせん)・膿汁(のうじゅう)の臭い

膿栓(のうせん)や膿汁(のうじゅう)ができると、うんこ臭がします。詳しくは、「喉から出る臭い液は膿汁だった。膿汁が出ない方法とは?」をご参考にしてください。

膿栓(のうせん)は、上の写真のように口蓋扁桃に出来、悪臭を発するので臭い玉と呼ばれます。

膿栓ができるのは、扁桃炎が原因のことが多いです。膿栓(のうせん)と膿汁(のうじゅう)は、蓄膿症やアレルギー性鼻炎になり喉に細菌が増えることでできます。

膿栓ができることの問題は口臭が起きることだけではありません。膿栓が出来ると、喉がイガイガするので咳をよくするようになる、喉を圧迫するなど常に違和感を感じるようになります。

そのため、膿栓を取り除きたいと思いご自分で膿栓を除去しようとする人がいますが、喉を傷付けるかもしれないのでおすすめできません。それに、たとえ膿栓を除去したとしても膿栓は何度でもできるので無意味かもしれません。

完全に膿栓を無くそうとするのなら、膿栓が出来る元となる扁桃腺の除去手術になります。詳しくは「扁桃腺の手術をすれば膿栓が出なくなるのは本当か?専門医に聞いてわかったこととは?」をご参考にしてください。

膿栓(のうせん)がうんち臭い原因だと思っている人が多いのですが、実は、膿栓よりも膿汁(のうじゅう)が原因になっていることが多いのです。それもそのはず、膿汁は固まって膿栓になるので、臭い痰のような粘液です。

膿汁(のうじゅう)が出て口に流れ込むと、唾液に交じるため、唾液がうんち臭くなるだけではなく、その唾液が舌乳頭の間に沈着し舌苔(ぜったい)ができます。舌苔はタンパク質などの汚れと細菌が集まってできているのですが、細菌が産生する臭い物質も舌苔中の唾液に溶け込んでいます。

そのため、緊張し口が乾くと、臭いが呼吸に混じるためにうんち臭く感じます。

虫歯からでる臭い

虫歯になるとうんこ臭いニオイを感じることがあります。虫歯が悪化すると、根管の神経などタンパク質が腐敗するため、うんち臭いガスが発生するからです。虫歯の人の息が臭いのは、このためです。

歯周病による膿の臭い

歯周病になると、血なまぐさい臭いをするようになります。その理由は、歯周病菌は、食べかすや細胞の剥がれ落ちた死骸のほか、血液などタンパク質を分解して増殖します。タンパク質の分解過程で発生するメチルメルカプタンというガスを発生するからです。

歯周病の臭いは口臭の中で最も臭いといわれています。この臭いもうんこ臭く感じます。詳しくは『歯周病で口臭が治らない!歯周病が治るまでの期間と費用は?』をご参考にしてください。

舌苔からの臭い

舌苔は口臭原因の6割以上を占めるといわれています。歯磨きをしても舌苔はできます。舌苔は口内細菌が作るため、唾液不足やストレス、体調不良が原因でできることが多いです。

臭い唾液は舌苔に浸透しているため、口腔が乾燥すると臭い物質が気化して口臭となります。

副鼻腔炎(蓄膿症)による臭い

副鼻腔炎の場合もうんこ臭(便臭)がするので、うんこ臭がするからといって口内に原因があるとは限りません。

歯科医師による口腔清掃を行った直後の息の中に、口臭物質が高い濃度で検出される場合には、口臭の原因として口の中以外の病気を疑います。今までに、副鼻腔炎(蓄膿症)が原因で口臭が発生していた患者さんが数名おられました。

引用:大阪大学歯学部附属病院 口臭で悩んでいるのですが

副鼻腔癌の場合も口臭がひどくなります。

(口臭の一つとしては)口とつながっている鼻や副鼻腔などに原因がある場合です。例 として副 鼻腔炎や副鼻腔癌が挙げられます。
引用:東京女子医科大学 医学部 歯科口腔外科学教室 教授:扇内秀樹先生

うんこ臭・便臭になるのは何が原因

ストレスが原因

腸が欧米人と比べて長いからという俗説があります。しかし、日本人の腸が長いという根拠がないそうです。

それよりも、日本はストレス社会で、精神的・肉体的にもストレスがたまりやすい。ストレスがあると、腸が活発に動かないことから、ストレス性胃腸炎になっていたり、過敏性大腸炎、慢性便秘が原因で腸内の異常発酵が起きやすいことが原因のようです。詳しくは『その口臭!ストレスが原因かも?』をご参考にしてください。

便秘が原因

  • 朝ゆっくりとトイレに入る時間がない。
  • 運動不足。
  • 肉類が中心で、繊維の含まれる野菜を摂取しない。

などの理由から、現在社会では便秘ぎみの人が多くなっています。便秘になると腸内の排泄物が発酵しガスが出来ます。

腸内のガスが、直接、口に出てくるわけではないのですが、腸内にガスがたまると、血液に吸収されて肺を通って呼気となって口や鼻から、うんこ臭・おなら臭として出ます。

ですから、うんこの臭いというよりも、正確にはおならの臭いかもしれません。詳しくは『胃腸が弱ると舌が白くなる!口臭がする!対策はこれ!』をご参考にしてください。

胃腸以外の原因

うんこの臭いをしているかといって、胃腸が原因とは限りません。人によっては、喉からうんこ臭がすることがあります。

喉からの臭いは、蓄膿症や鼻炎によって喉の両脇に「臭い玉」(膿栓のうせん)が出来たり、臭い粘液が出ていることが原因です。この場合、うんこ臭というよりも下水の臭いに近いかもしれません。

他にも、舌に真っ白い苔状のものができる舌苔(ぜったい)によって、凄い悪臭を放つことがあります。舌苔(ぜったい)の場合のにおいは、どちらかというと、漬物の臭いに近いかもしれません。

ドライマウスが原因

ドライマウス症の人の場合には、歯周病や虫歯、そして、舌苔(ぜったい)や膿栓(のうせん)もできやすくなります。

それだけではなく、口が乾くため、唾液中の臭いが凝縮され口臭が強くなります。

ドライマウス症は体質的な問題ですので、それ自体を治すことは困難です。対策とすれば、内科を受診して相談することも大事ですが、ストレスが原因となってドライマウスになっていることもあります。ドライマウスの口臭について詳しくは、『ドライマウスも口臭も舌苔も無くなる方法とは?』をご参考にしてください。

以上のことを行うと、ウンチ臭い口臭もかなり減少すると思いますが、できれば、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用するとより効果的かもしれません。

うんこ臭がする例外的な症例

1、歯周病で膿(うみ)が出ているケース。

2、歯根の外に膿の袋ができ、(根尖性歯周炎)膿が口に出てニオイを発生するケース。根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)について詳しくは、『歯根膜炎になると口臭が強烈』をご参考にしてください。

3、歯根にひび割れができ、そこから細菌が入り込み細菌が増殖してニオイを発しているケース。 歯根のひび割れについて詳しくは、『歯根がヒビ割れて口臭が…歯根破折の原因と対策』をご参考にしてください。

4、抜歯により歯ぐきに穴があき、食べかすがたまり腐敗ガスを発生する。

これらは、歯ブラシが届かないところで口臭を発生しているため、どれだけ丁寧に歯磨きをしても臭いを抑制することはできません。

対策方法は一つ。
歯医者さんで治療する以外に方法はありません。

自臭症で口臭がする

口臭はやっかいです。口臭は自分で判断できないからです。そのため、周囲が気になる人の場合には、少しの臭いでも「うんこ臭で迷惑をかけている」と過剰に反応することがあります。

自分に口臭があるかどうかを正確に判断する事もできません。これは、鼻は口とつながっているため、自分の臭い(口臭)に鼻が慣れてしまうためです。つまり、口臭はデリケートな問題であると同時に、その状態を客観的にとらえることが難しいのです。

引用:新潟大学医歯学総合病院 口臭外来

うんこ臭い口臭の対策

うんこ臭は、胃腸や喉、または舌が原因ですから、このうんこ臭(又は、おなら臭)がしてるからといって、歯ブラシで歯をどれだけ磨いても、このニオイを消すことは不可能です。

それどころか、歯磨き粉の香料とうんこ臭が混じると異様なニオイとなることがあります。
歯磨き粉を選ぶときには、香料が入っていないか気をつけないといけません。

胃腸の不調が原因となるうんこ臭(又はおなら臭)を消したいのであれば、次の方法をお勧めします。

うんこ臭を改善するための方法

  1. 腹筋運動やウォーキングなどの運動をして腸の動きを活発にする。
  2. リラックスしてストレスをためないようにする。
  3. 暴飲暴食しない。
  4. 喫煙習慣をやめる。喫煙は腸内にガスがたまります。
  5. 食物繊維や発酵食品をよく摂る。
  6. 肉の多い食事を減らす。
  7. 睡眠時間を十分とる。

腸が健康になれば、うんこ臭(又はおなら臭)が治るだけではなく身体全体が元気になれますので、是非、お試しください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

まとめ

腸内に異常がないのに口臭がする場合には、舌苔(ぜったい)や膿栓(のうせん)などに口臭原因があるかもしれません。

人の嗅覚には個人差があり、同じニオイを嗅いでもいろんな取り方をします。たとえば、下水のニオイや残飯が腐ったニオイでも、「うんこの臭い」と感じる場合があります。だから、一言に「うんこ臭」といっても、違うニオイの場合があります。

今からご紹介するのは、そのようなうんこ臭の原因です。

  • 虫歯からでる腐敗臭
  • 歯周病菌がつくる膿の臭い
  • 舌苔からでる口臭
  • 膿栓・膿汁の臭い
  • 蓄膿症(副鼻腔炎)の膿の臭い
  • 歯磨き不足でプラークからでる腐敗臭
  • 口腔がん、舌がん、咽喉がん、など

これらが原因となっても、うんこ臭(便臭・おなら臭)に近い口臭が発生します。口臭原因は人によって様々、そして、対策方法も異なります。詳しくは『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

[PR]治らない口臭をアルカリイオン水うがいで消す方法

【参照リンク・参考文献】
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク8020
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用語
・日本口臭学会誌 口臭への対応と口臭治療の指針2014
日本口腔ケア学会
大阪大学歯学部附属病院 口臭で悩んでいるのですが
東京女子医科大学 医学部 歯科口腔外科学教室 教授:扇内秀樹先生
新潟大学医歯学総合病院 口臭外来

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する