舌磨きの仕方はケースによって違う!知っていましたか?

舌磨きの仕方について

舌苔を除去するためにブラシで舌をゴシゴシと磨いていませんか?

しかし、舌磨きで舌をきれいにすることはかなり難しいです。それに、無理に舌苔を取ろうとすると、舌を傷付けてしまい舌苔の慢性化を招くのでご注意ください。

舌苔を取り除き舌をきれいにするには、優しく舌をケアすることと舌苔をできないようにすることがポイントです。

今回の記事は、ケースに適した舌磨きの仕方についてお伝えします。本当に簡単にできますので、ぜひご参考にしてください。
この記事は、現役歯科衛生士の上林ミヤコが書きました。

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

※このブログの一部記事は、オーラルウェルネスクリニック院長・
ファストロ滋子医師により監修を受けております。
オーラルウェルネスクリニック:https://oralwellness.jp/
本サイトの記事に関するお問合せはこちらまでお願いします:
株式会社アイオーン123@ueb-a.com

舌苔とは

舌苔の図

舌に白く苔が付いた状態のものを舌苔(ぜったい)といいます。舌苔(ぜったい)ができると口臭が強くなります。だから、舌苔を除去するために舌磨きをしているのではないでしょうか。

舌苔は口臭原因になる

舌苔は菌の集まり

舌苔(ぜったい)ができる原因の多くはドライマウスによるものです。この他、ストレスや免疫の低下も舌苔の原因になります。
詳しくは→ 舌が白い原因

唾液が少ないと細菌が増え、口臭が強くなります。

舌苔ができる原因(口臭)

舌苔(ぜったい)の正体は、細胞の死がいや食べかすなどの汚れと細菌のかたまりで、細菌がタンパク質を分解する時に臭い物質(口臭の元)が生まれます。だから、舌は臭いのですね。

ですから、舌苔が多かったら口臭があると思った方が良いかもしれません。

舌が白いから恥ずかしい

口臭発生の6割が舌苔(ぜったい)からと言われていますので、舌をきれいにしないで口臭予防はできないと思ったほうがいいです。

→ 口臭と口臭症の分類

舌磨きの仕方

できれば舌磨きをしないのがベスト

舌磨きによって舌苔が慢性化する人が多いです。どうしてかと言うと、舌苔は細菌の塊で、その菌糸が舌の角質に根を張っているからです。

角化した乳頭に菌の根が張ってできた舌苔
そのため、舌ブラシでこすっても舌苔を完璧に取ることは不可能なのです。だから、舌磨きをしても舌は白いままです。

それを無理に取ろうと舌磨きを行うと、舌が傷つき舌痛症になっている人もいます。だから、舌が白くなっていても、できるだけ舌磨きをしない方がいいです。

過剰な舌磨きで舌痛症になる

舌がぴりぴりと痛い場合は、舌ジェルを舌に塗るといいでしょう。

舌苔が薄い場合の舌磨きの仕方

薄っすらと舌が白くなっている場合は、何もしなくても大丈夫です。舌の色は、少し白い状態が普通ですのでご安心ください。

口臭が気になる程度に舌苔がある場合は、軽く舌を清掃すると口臭を軽減できます。舌磨きの方法としては…

  1. 舌ブラシを水道水で良く洗う
  2. 舌ブラシを使い、舌の奥から優しくなぜる。1回なぜる度に水洗いする。(2~3回なぜる)

舌の磨き過ぎは、舌苔を悪化させるので気を付けてください。舌磨きは、朝と寝る前が口臭を抑えることができるベストのタイミングです。

厚い舌苔が慢性的にある場合

舌に舌苔が付着

いつも舌苔がついて舌が真っ白(黄色)になっている場合は、舌ブラシで舌苔を取ることは難しいです。舌磨きをし過ぎると、舌苔が慢性化して口臭が強くなるのでご注意ください。

厚い舌苔が付着している場合は、次にご紹介するコットン法がおすすめです。

  1. コットン(綿花)に美息美人のアルカリイオン水を湿らせる。
  2. 舌苔の部分に、湿らせたコットンでアルカリイオン水を塗る。(※舌苔を拭くのではなく、アルカリイオン水を塗るのがコツ。)
  3. 10秒ほどそのままにし、その後、水道水でうがいをして洗い流す。
  4. 朝起きた時と寝る前の2回行なうと効果的です。

これを毎日行うことをお勧めします。
美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で歯磨きを行なうと、舌苔(ぜったい)がふやけて浮き上がります。

アルカリイオンが舌苔を溶かすイメージ

コットンにアルカリイオン水を浸み込ませ、ふやけた苔をふき取ります。一回ふくだけで、コットンに汚れが付いてきます。コットンを裏返して、同じようにコットンの裏面を使いもう一回ふきます。たったこれだけです。(※表と裏面、合計2回ふきます)

一度に舌をきれいにしようと思わないで、少しずつ舌の環境を改善するのがコツです。舌が少しずつきれいになれば、口内のストレスが減るので唾液の分泌が期待できます。唾液が出るようになれば、自然と舌もきれいになるというように良い循環になっていきます。

舌磨き以外に大切な予防

舌苔の予防は毎日の舌ケアです。
ドライマウスであったり慢性的な体調不良の場合には、たとえ舌苔を除去しても直ぐに舌は白くなります。根本原因を改善することが大事ですが、毎日の舌ケアを続けることで口内環境がきれいになり舌苔が付かないようになります。

【舌ケアのポイント】

  1. 毎日、優しく舌をケアする
  2. 歯磨きをていねいに行う
  3. 鼻呼吸を心掛ける(深呼吸も良い)
  4. 小まめに水を飲む

→ 舌苔うがい!口臭を防ぎ成人病まで遠ざけるすごい健康法

まとめ

舌苔は口臭原因になります。ですから、口臭が気になる場合は、舌をケアして舌苔を取り除くことが大切です。
しかし、舌ブラシで磨き過ぎるのはかえって舌苔ができる原因になります。舌をきれいにするためには、優しく舌をケアすることがポイントです。
今回ご紹介したアルカリイオン水を用いた「コットン法」も効果的です。また、毎日の生活の中で、歯磨きをていねいにするとか水を飲むなども心掛けると、より早く舌苔は改善されることでしょう。


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する