舌が白くなり痛い!舌痛症のケース別の対処法

舌が痛くない舌苔の取り方を教えてほしい

舌が白く痛いときの対処について

「舌が白くなり痛い」といっても、その原因はがんのこともあればカンジダだったりと様々です。しかし、舌が白くなり痛い場合は、唾液分泌の減少で口腔乾燥を起こしている場合が多いです。

唾液が減ると、細菌感染症や口内炎(色んなケースがあり原因は分かっていない)などが出来やすくなります。

口腔が乾燥すると口内細菌が増殖して舌苔ができるようになります。厚い舌苔が付くと、舌にひび割れや地図状舌ができたり、味覚障害を起こすことがあります。

それだけではありません。ドライマウスによって舌がひりひり、ピリピリと痛むことにも。

今回の記事は、舌苔で舌が白くなり舌痛症を起こす原因と対処法についてお伝えします。舌が痛いとお困りでしたら、是非ご参考にしてください。

舌が白く痛くなるのは

舌と口の粘膜は、胃腸と同じ消化器の延長であるため、柔らかくデリケートな組織です。しかし、口の中(舌)は、唾液が分泌されていることで粘膜が保護されています。また、唾液には殺菌作用があるため、粘膜は細菌の感染からも守られています。

しかし、唾液分泌が減少すると、粘膜(舌)は傷つきやすく、白い口内炎にもなりやすく、ぴりぴり痛くなることがあります。

初期の舌がんの場合は痛みはありませんが、癌が進行するとしこりができて痛みを感じるようになります。また、癌化する白板症などもあるので、舌や粘膜が白いとか異変がある場合は、受診させることをおすすめします。

関連記事

舌がんと口内炎の違い!見分け方と注意する4つのポイント

舌をピンクにする!?健康なピンク色にする7つの方法

舌が痛い、ひりひりする原因

舌が白く痛いときの原因は、舌の病気だけではありません。ケースによって様々ですので、次をご参考にしてください。

  1. 熱い食べ物を食べたことによる火傷
  2. 硬い歯ブラシによる舌磨き
  3. 義歯で傷がついた
  4. 口内炎
  5. 口腔カンジダ
  6. 扁平苔癬(へんぺいたいせん)
  7. 白板症(はくばんしょう)
  8. 口腔乾燥症(ドライマウス)
  9. ヘルペス性歯肉口内炎

舌が白く痛い時の原因と対処について

舌が白くなり痛みがあるケースをご紹介します。

ドライマウス

舌苔ができると舌が白くなりますが、舌苔ができると舌が乾燥し痛くなりことがあります。舌の痛みを取り除くためには、舌苔ケアがポイントになります。

舌苔は苔のようなものです。舌苔とはうまく言ったものですが、舌苔は口内の汚れに細菌が集まってできたプラークです。舌苔の細菌は、舌や口内の粘膜からはがれ落ちた細胞や血液などのたんぱく質を分解し口臭を発生します。

だから、口臭を改善するためには舌苔を取らないといけません。だからといって、過剰に舌磨きを行うと舌を傷めます。

関連記事

舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

ドライマウスは更年期だから?口が粘ついたり口臭が気になる場合の対策について

口臭原因は舌にあった!口臭対策は舌苔清掃がポイント

舌磨きのし過ぎ

舌がヒリヒリと痛む症状を「舌痛症(ぜっつうしょう)」と言います。実は舌痛症で意外と多いのが、「舌磨き」です。

私「歯医者さんでは、舌苔や口臭のことで相談してくる患者さんに、どうやって答えてる?」
三女(歯科衛生士)「院長先生は、舌ブラシを使って舌磨きすることを勧めてるけど、私は、磨きすぎたら口臭が悪化するから、舌を磨くときは優しくしてねって指導しているよ。」

引用:舌苔の取り方って知っていましたか?

舌苔が出来ると、舌を舌ブラシ(または歯ブラシ)でゴシゴシとこすって取ろうとする人がいます。しかし、舌粘膜は手足のような皮膚ではなく、胃腸の粘膜のようにデリケートな組織からできています。舌の表面は、顕微鏡で見るとじゅうたんのようにヒダヒダの乳頭で覆われています。

舌を歯ブラシで磨く

細い乳頭を舌ブラシでこすると、乳頭の先が削れてしまし傷つき化膿します。この細胞の死がいに細菌が繁殖して舌苔ができてしまうのですが、このことを知らないと、「舌磨きをしても、また舌苔が出来た!」と余計に強く舌磨きをするということを繰り返すことに。

→ 舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・

また、舌苔が出来ると口内にストレスを生むため、唾液が出なくなり口腔乾燥(舌も乾燥する)を起こします。痛んだ舌が乾燥することで、ヒリヒリと舌が痛むことになるので、もし、過剰に舌磨きを行っていましたら、すぐに舌磨きをやめることが大事です。

舌痛症の原因は、舌磨き以外にもありますので、ご紹介します。

  • 虫歯で歯がとがり舌に当たり刺激となり痛む
  • 義歯の不適合により舌が良く当たり刺激になる
  • 口腔乾燥症(加齢、ストレス、薬の副作用、シェーグレン症候群などが原因)で舌がヒリヒリする
  • 鉄欠乏性貧血、亜鉛欠乏症、舌動脈硬化、舌下面の静脈瘤など、疾患に伴う舌痛症
  • びらん性舌炎、口内炎、カンジダ症、ヘルペス、水痘、帯状疱疹ウイルスなど感染症による舌痛症
  • 舌癌による痛み。
  • 神経通
  • ほとんど異常がない、精神的要因による舌痛症

舌の磨き過ぎによって舌を傷めると舌がんのリスクを高めます。

→ 舌にガンができた?それとも口内炎?見分ける方法と注意点とは?

【正しい舌の磨き方】

舌を傷めずに舌苔を除去するためには、次のようにすると良いでしょう。

  1. 舌磨き専用の舌ブラシを準備する
  2. 舌を思い切り前に出す(舌を出さずに磨くと嘔吐反応がでる)
  3. 舌ブラシを舌の奥から前方に優しくなぜるように動かす
  4. 1度舌を磨いたらブラシを水で洗う
  5. 1回の舌磨きは、ブラシで2~3回こするだけにしてください
  6. 舌を磨いた後、水でよくうがいして洗浄する
  7. それを朝と夜の2セットする

※1、舌が痛い場合は、舌磨きをやめる
※2、舌磨きした後に舌ジェルを塗ると保湿効果がある

→ 舌が白いなら保湿ジェルをつけるのがおススメ。なぜおススメなのか・・・

歯磨き粉が原因

歯磨き粉を使うと舌がピリピリ痛いという人がいます。これは、歯磨き粉の刺激成分が舌にしみるから痛いのです。

それに、添加物が入ってる歯磨き粉の使用が、舌苔を治らなくします。 舌苔が治らない人が使っている歯磨き粉のほとんどが添加物含有のものです。どうして添加物が含まれていると、舌苔に良くないのでしょう?

市販の歯磨き粉には、合成界面活性剤や香料、発泡剤が含まれているからです。 これらの添加物が舌に付着すると、舌粘膜を刺激し舌苔を治りにくくします。 これが、舌苔が治らない原因です。

このように言うと、「市販の歯磨き粉を使っていてもピンク色の舌の人がいる」と疑問に思うかもしれませんね。その理由は、舌がキレイな人は、唾液分泌が多い。だから、添加物が入っている歯磨き粉を使っても、唾液が歯磨き粉を洗い流してしまうのです。

舌苔が慢性化している場合には、今使われている市販の歯磨き粉をやめて無添加の 歯磨き粉に変えられることをおすすめします。間違っても、市販の歯磨き粉で歯みがきをし、ついでに舌磨きまでするという行為はしないようにしてください。

→ 舌の汚れが取れない原因は、えっ!歯磨き粉・マウスウォッシュ・舌磨きだったの?

禁煙が原因

ヘビースモーカーの多くは、舌苔ができています。その理由はこうです。喫煙中は口呼吸になり 舌が乾燥するからです。

それに、喫煙は歯周病の原因にもなっていることをご存知でしょうか?歯周病菌は、プラークというネバネバした物になり歯に付着するだけではなく、舌粘膜にも付き舌苔を形成します。

それだけではありません。舌苔ができている喫煙者の口臭は、煙草の臭いが混じりひどくなるので、今すぐに禁煙されることをおすすめします。

→ タバコは口臭をひどくする!喫煙後の口臭を消す方法

ストレスが原因

ストレスは、舌苔ができる原因になります。過剰に不安や緊張などのストレスがかかると、交感神経が活発になり唾液が出なくなり口腔環境が悪化します。
このような精神的なストレスが舌苔の原因になっている場合には、半身浴をしたりマッサージを受けるなどして自律神経を整えることが有効です。他にも、好きな趣味や運動でストレスを発散することも良いことです。

また、ストレスには、精神的なものだけではなく、環境ストレスもあることをご存知でしょうか。どういうことかというと、舌苔が出来ると口内環境が悪くなるので、ストレスを生みドライマウスの原因にもなります。この場合には、口腔ケアを十分にし口内を清潔にすることで、唾液の分泌を促すことができます。

→ 舌苔が取れないのはストレスが原因!ストレス解消と舌のケアはこうする!

舌が白く痛くならないための根本的な対策

舌苔ができ舌が白くなるのは、唾液が少ないか口呼吸が影響しているので、その対策が大事です。

口呼吸を鼻呼吸に変える

睡眠中にいびきや口呼吸をしていると舌苔が出来やすくなります。睡眠時のいびきや口呼吸は自覚していない人が多いので、家族に教えてもらうといいかもしれません。

口呼吸をしていると、口腔(舌)が乾燥するため舌苔が出来る原因になります。この場合は、口呼吸を改善することが大事です。最近は、ドラッグストアなどで口呼吸をしないよう予防するための「口唇に貼るテープ」が売られています。それらを利用するのもおすすめです。
いびきや口呼吸は、舌苔だけでなく体にいろんな弊害をもたらしますので、治らない場合は、専門の病院で診断してもらってはいかがでしょう。

ドライマウス対策

唾液の分泌が減少するドライマウス症は、舌苔の大きな原因になります。
ドライマウスになる原因には、ストレスなど色々な原因がありますが、薬の副作用が影響していることがあります。副作用があるお薬には次のようなものがあるのでご参考にしてください。

  1. 降圧剤
  2. 睡眠誘導剤
  3. 安定剤

これらの中には副作用があるお薬があるので、服用されている場合は、処方されているお医者さんにご相談されてはいかがでしょう。他に稀ですが、シェーグレン症候群というドライマウスやドライアイになる病気もあります。

口腔が乾燥すると、細菌が増殖するので舌苔ができる原因となります。ですから、舌苔を取るためにはドライマウス対策が重要なのです。

→ ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

水を飲む

人によってドライマウスの原因は異なりますが、共通して効果があるのは、「水を飲む」ことです。

唾液成分の99.5%は水分なので、水分摂取が少ないとドライマウスが改善できません。一度に水を飲むことは難しいですので、少量の水を小まめに飲むことをおすすめします。ただし、腎臓に障害がある場合は、医師にご相談くださいますようお願いします。

舌の体操

舌を動かす体操をご紹介しますので、ドライマウスでお困りの場合には是非やってみてください。

  1. 舌で唇の右左をなめます。
  2. 次に唇の上・下となめます。
  3. そして、唇の周りをぐるりとなめ、「あっかんべー」と舌を出します。

これを、2~3回行うと 唾液腺が刺激され唾液が出てきます。毎日続けることで、舌筋や唾液腺の機能が高まるので、ぜひお試しください。

舌苔の予防

舌の痛みをなくすためには、普段から舌苔予防をしておくといいでしょう。

口腔ケア

舌苔の予防で一番大切なのは、「歯磨き」と「うがい」で口腔を清潔にすること。毎日の歯磨きケアとうがいで口腔環境をキレイに保つことが舌苔対策ではもっとも大切です。

舌苔ができると、舌を磨いて舌の苔を取ろうとする人がいます。しかし、舌苔を取っても、口腔内が汚れていては効果はなく、すぐに舌苔が再発します。当然ですが、口腔細菌は生き物なので、他から直ぐに感染するため、すぐに舌が汚れます。

唾液を出す

唾液には、口内の汚れを洗い流し細菌を制御する働きがあります。ですから、唾液がよく出る人は、歯周病や虫歯になりにくいです。同じように、細菌が集まってできる舌苔もできにくく、キレイな舌の人が多いのです。

ですから、舌をピンクにしたいのなら、唾液を出すように努力することが大事です。唾液を出すためには、次のような方法があるのでご参考にしてください。。

  1. 口の体操(舌や顎を動かす)
  2. 良くしゃべる
  3. 食事ではよく噛む
  4. 緊張や不安などのストレスを軽減しリラックス状態を多くつくる
  5. 水を飲む
  6. ガムを口の中で転がす

唾液を出す方法については、こちらの記事『唾液が臭いのは舌が汚れているから。うがいで口臭を洗い流す方法とは?』をご参考にしてください。

免疫力を高める

舌苔を予防するためには、唾液が増えるだけでは効果が少ないかもしれません。唾液の殺菌効果を高めるには、免疫力を高めることが大事です。免疫力を高めるためには、次のような方法があるのでご参考にしてください。

  1. よい睡眠を取り脳と体を休める
  2. 暴飲暴食を避け胃腸に優しい食生活にする
  3. 乳酸菌を積極的に摂り胃腸を健康にする
  4. 趣味や軽い運動を楽しみリラックスする
  5. 入浴やマッサージで自律神経を整える

まとめ

舌が痛くなる原因で多いのは、ドライマウスです。ドライマウスになると舌苔ができるために、味覚障害や舌痛症を起こします。

さらに、舌苔ができると口臭が強くなるため、一日も早く舌苔を取りたいと思うかもしれません。だからといって、舌をゴシゴシ磨くと舌を傷めてしまい舌苔が悪化することになるのでご注意ください。

舌を磨く時は、今回ご紹介したように「正しい舌の磨き方」を参考に優しくなぜるのがコツです。また、舌磨きをした後も舌ジェルを塗るなどのケアも大切です。

そして、舌の運動で唾液を出すとか、ストレスを軽減することも舌苔の予防には効果があります。

舌苔の改善は、今日明日に結果が出ないかもしれませんが、実践することで少しずつ改善されると思います。もっと効率よく舌苔を取りたい場合には、口臭予防歯磨き粉「美息美人」がおすすめです。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する